「共時性/島宇宙化した世界線で人々を繋ぐもの」〜時間と空間の現在:初音ミク,口ロロ,坂本龍一,小沢健二,ハイデガーまで〜

濱野智史氏が初音ミクのライブ「ミクFes'09」に衝撃を受けたことや、津田大介氏が口ロロのUst配信ライブを例に「ライブの現場は何処にある?」という問題を俎上に乗せた。 USTやニコ生でのライブ生中継が盛況な今、本当の「現場」とは一体何なのだろうか? 全てが島宇宙化したポストモダン社会において、それでも人々が繋がり合う為の最後の拠り所。 続きを読む
37
牧村G憲一 @makiji

リハーサルの映像観ながら、やはり「同時体験」こそこの時代の最重要課題なのだと納得。1秒づつ明日が近づいているぞ! ( #skmts live at http://ustre.am/rN7j)

2011-01-08 13:33:05
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

「同時体験」は多様な価値観で分断された人々を否応無しに文脈の中に取り込むことが出来る。Ustやニコ生やツイッターはそのインフラを整えたと言えますね。RT @makiji リハーサルの映像観ながら、やはり「同時体験」こそこの時代の最重要課題なのだと納得。 #skmts

2011-01-08 14:33:15
牧村G憲一 @makiji

これは嬉しい意見!こうして 短いセンテンスなのに通じていくことはtwitter魅力です。RT @jsato_FLEET 「同時体験」は多様な価値観で分断された人々を否応無しに文脈の中に取り込むことが出来る。Ustやニコ生やツイッターはそのインフラを整えたと言えますね

2011-01-08 20:50:48
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

さわやかさん @someru がユリイカ2月号「ソーシャルネットワークの現在」に寄稿した論考“「現場」の「現在」”を読んだ。ぼく自身、思いを巡らせつつモヤモヤしていた、「インターネットで生中継されるライブの現場とは本当は何処にあるのか?」という疑問に1つの解を示してくれた。(1)

2011-02-20 01:30:42
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

濱野智史氏が2009年に初音ミクのライブ「ミクFes'09」について、「ニコ生で中継を見た人はライブ会場に行きたかったと言い、実際にライブ会場にいた人はニコ生でコメント付きで見たかったと言っていた」という例を挙げ、ライブの「現場」は何処にあるのか?という問題を溯上に上げた。(2)

2011-02-20 01:37:42
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ミクFesは図らずしもリアルの現場とネット上の現場という2重構造を生み出したわけだが、2010年の口ロロのライブ(会場の客全員がUst中継してOK、ツイッターとも連動)について、津田大介さんは「会場の現場」と「ネットで見てる人々の現場」を“意識的”にズラしている、と語った。(3)

2011-02-20 01:54:30
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

濱野氏のミクFesの話と津田さんの口ロロの話は、どちらも刺激的で「ソーシャルネット時代におけるライブの現場とは?」という新たな問題を俎上にのせ、アテンションを集めたが、しかしその解については語っていなかった。(4)

2011-02-20 02:02:48
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

そこに、さわやか氏 @someru は今回のユリイカの論考で、まず「現場」という単語そのものが持つ未規定性を、DOMMUNEを例にイアン・コンドリーの言葉を引用して、「<現場>という概念は具体的な空間を指し示しているようでありながら実際には<理念>」であると指摘する。(5)

2011-02-20 02:17:06
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

さらに、その理念そのものも未規定であり、「現場」という単語はサイファとして機能している。宇川直宏氏はDOMMNEを立ち上げた理由としてSNSの「身体性の欠如」を挙げている。そしてさわやか氏は身体性」の欠如とはとはすなわち物理性、空間の欠如と直結していると指摘する。(6)

2011-02-20 02:33:00
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

その上で、そもそも「空間」を共有するということ自体、ネット上においても、実際のライブ会場やクラブにおいても、有り得ない、幻想であると暴いていく。何故ならライブ会場では、究極的には2人の人間が空間的に完全に同じ位置に留まることは不可能で音の聴こえ方もステージの見え方も異なり、(7)

2011-02-20 02:37:27
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ネット上においても、ツイッターにしろ、Ustにしろ、ニコ生にしろ、各人が全く同じ環境でそれを視聴することは有り得ない。ツイッターに至っては各人が見ているTLは実は全く異なっている。従って便宜上「現場」という用語は残るにしてもそれが尊重していた「空間性」は退けられてしまう。(7)

2011-02-20 02:43:20
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

では「空間性」が完全に退けられた今、我々が共有している「現場」とは一体何なのだろうか?結論としては「時間」であると、さわやか氏は指摘する。リアルタイムウェブでは「他人と同じ時間を過ごす」ことが客観化される。時間だけは地球上の誰もが共有可能。(8)

2011-02-20 02:52:46
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ライブ会場やクラブの「現場」においても人々は同じ場所を共有してるわけではないが、同じ時間を共有している。そして、ミクFesを会場でライブを体験している人々と、ニコ生で視聴している人々を繋ぐもの、それは「共時性」なのだ。それは、神聖かまってちゃんだろうと何だろうと同じことだ。(9)

2011-02-20 03:00:16
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ソーシャルネットワーク上では我々は場所も理念も見るものも異なり、共有しているのは時間だけ。それを前提として我々が何を共有するかが試され、そのことを織込み済みでなお他者と共有していると錯覚しあおうとするもの。それがソーシャルネットワーク時代に新しく生まれる「現場」の姿だ。(10)

2011-02-20 03:11:03
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

…と、こんな文章で論考は結ばれている。このさわやかさんの論考を読んで、ぼくは数年前の小沢健二氏の言葉を思い出した。当時、小沢はエリザベル・コールとともに「おばさんたちが案内する未来の世界」という映画の自主上映会を全国で行なっており、そこで小沢が語ったという言葉。(11)

2011-02-20 03:19:32
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

「ぼくたちは空間に生きているんじゃない、時間に生きているんだ。」当時はなるほどね〜くらいにしか思わなかったが、ソーシャルネット時代の今になってこの言葉が現実的な実感と重みを持って再び立ち現れる。そしてこれは、ハイデカーが20世紀初頭に既に指摘済みのことでもある。(12)

2011-02-20 03:37:22
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

大きな物語を失い、身体性を失い、空間性を失い、全てが島宇宙化した今、それでも人々が繋がり合う為の最後の拠り所。それが「時間」つまり「共時性」なのではないか。これからより本格的に無縁社会(ネーミングの是非は置いておいて)を向かえる上での鍵になるのではないか。そんな事を考えた。(終)

2011-02-20 03:55:06
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ということで「時間」というテーマは本当に面白い。だからぼくは「バックトゥザフューチャー」にしろ、「凉宮ハルヒの消失」にしろ、「シュタインズゲート」にしろ、「クォンタムファミリー」にしろ、「ドラえもんのび太の魔界大冒険」にしろ、「時間」が鍵となっている物語が好きなのかもしれない。

2011-02-20 04:14:24
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

そうなってくると宇野常寛氏 @wakusei2nd がNHKの無縁社会の番組に出演したときに語ってた、「衣食住は行政が、精神はネットで、ということも視野に入れなければならない」という言葉が染みて来る。ネットにしろ実際の空間にしろ、人々の精神を繋ぐには「共時性」が鍵になってくる…。

2011-02-20 05:59:36
someru @someru

.@jsato_FLEET とても丁寧な感想をありがとうございます!「現場」についての考察は場を変えてウェブ連載で続けることになりました。さっきゲラを戻したので今月中には始まるかもです。すでに章だてはできていて、ハイデガーにも言及予定です!

2011-02-20 04:56:39
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

ほんとに大量公式RTですね!wこちらこそありがとうございます。ハイデカーへの言及、楽しみです! RT @someru .@jsato_FLEET 丁寧な感想をありがとうございます!「現場」についての考察は場を変えてウェブ連載で続けることになりました。ハイデガーにも言及予定です!

2011-02-20 05:14:00
someru @someru

@nova_forma わ!ありがとうございます!ぜひ!

2011-02-20 05:03:55
佐藤純一 Junichi Sato【fhána】 @jsato_FLEET

@nova_forma ぜひ読んで下さい! @someru さんのテキストもすごく面白いし、2月号の特集自体、とても良かったですよ!

2011-02-20 05:17:51
someru @someru

新連載はコンドリーもちょっとだけ詳細に読みます。現場ってファン、アーティスト、マスコミ、レコード会社が相互作用する文化創出の場として想定されるんだけど、なぜか物理空間なことも重視されるから同じことやっててもニコ動はスルーされるとかそういう話

2011-02-20 05:14:45
残りを読む(44)

コメント

tai @tai4ta 2011年2月26日
非常に興味深い。先日の坂本教授韓国ライブUstを見ていた時の「感動してる自分」を思い出した。その時自分が感じた会場(ライブ会場、Ust視聴者)との驚くほどの一体感とは、共時性がベースだったんだなと。
0