分析・概念分析・分析哲学──ピータ・ウィンチ『社会科学の理念』とエスノメソドロジー

イベント準備する笠木さんとその周辺、ならびにイベント後のやりとり。 ※社会学研究互助会第9回例会「ウィンチ『社会科学の理念』と概念分析の社会学(エスノメソドロジー)」 http://socio-logic.jp/gojo/08.php 続きを読む
14

二ヶ月前

縮限 @contractio

12月25日(土)に 「ピーター・ウィンチ『社会科学の理念』とエスノメソドロジー」(仮) と題する研究会を開催します。「実践におけるア・プリオリと概念分析」をサブテーマに、下記三名にお話を伺います。 ・笠木雅史、山田圭一、浦野茂 bit.ly/2eDS31N

2016-10-25 11:38:02
縮限 @contractio

それぞれ、 ・笠木雅史さんには「分析哲学の伝統において「概念分析」とはなんであったか」 ・山田圭一さんには「ウィトゲンシュタインと『社会科学の理念』」 ・浦野茂さんには「エスノメソドロジーは『社会科学の理念』をどう受け止めたのか」 といったことについて伺えればと考えています。

2016-10-25 11:39:50
縮限 @contractio

ちなみに、この研究会は社会学研究互助会第08回(2014年3月1日)に開催した 「ギルバート・ライルの現象学とエスノメソドロジー」 の続編として開催するものです。 bit.ly/2eDS31N

2016-10-25 11:41:47
縮限 @contractio

近く告知を開始しますが、テーマに関心のある方はスケジュールを空けておいてください。 ちなみに、12月初旬には論文集が刊行され、17-18日には慶応でもシンポジウムの開催がアナウンスされています。 twitter.com/FURUTA_Tetsuya…

2016-10-25 11:40:25
縮限 @contractio

ということでスケジュール的に考えて山田さんはこのあたりで氏ぬ可能性が。

2016-10-25 11:40:53
縮限 @contractio

今回の課題図書は ・ウィンチ『社会科学の理念』 ・前田ほか編『ワードマップ エスノメソドロジー』 ・酒井ほか編『概念分析の社会学2』 です。 たくさんあって大変だけど、頑張ってね♪ 読みながら募集開始をお待ち下さい。 socio-logic.jp/gojo/

2016-11-24 18:05:58
縮限 @contractio

ちなみに、社会学研究互助会は おそらくこれが最後の例会になるので、みんな卒業式のつもりで参加してね。 bit.ly/2eDS31N

2016-10-25 12:58:07

一ヶ月前

yyyy/mm/dd @Zahlangabeheft

「われわれは可能性の条件大好き太郎ですよ」(本日のパンチライン)

2016-12-01 21:13:00
Masashi Kasaki @kasa12345

概念分析の来歴を辿る勉強はけっこう楽しいのだが、一旦中止。今週は実験哲学の論文を1つ書かないといけない。1月締切でもう1つ書かないといけないし、間に合うかな…。

2016-12-03 23:54:40
Masashi Kasaki @kasa12345

そういえば、Whiteheadも1927年のこの論文で、conceptual analysisという言葉を使っているのだが、哲学方法論の文脈とは無関係で、経験の1様態を指す言葉として出てくる。anthonyflood.com/whiteheadsymbo…

2016-12-04 00:13:45
analitic / analitical
yyyy/mm/dd @Zahlangabeheft

昔、ダメット『分析哲学の起源』の原タイトルを"Origins of Analytic Philosophy"と書いて、"Analytical Philosophy"でしょと訂正された。確かにダメットはいつもそう書いているんだが、一体どこの慣習なんだろう。

2016-12-04 13:09:28
Masashi Kasaki @kasa12345

@Zahlangabeheft これはほんとよく分からない。Michael Beaneyでさえ、分析哲学の歴史についてのアンソロジーの序章の一番初めの注で、違いは分からないとしている。ここで読める。oxfordhandbooks.com/view/10.1093/o…

2016-12-04 18:59:51
yyyy/mm/dd @Zahlangabeheft

@kasa12345 ありがとうございます。Beaneyが言う通り内容的に違いはなくて、純粋に伝統の問題だろうなと思いますが、Dummettの他に"Analytical"を使う人にArthur Dantoがいて、この両者が共に属す伝統なんてある?というところで止まっております。

2016-12-04 23:22:48
Masashi Kasaki @kasa12345

@Zahlangabeheft 検索するとanalyticalもかなりヒットする. Google先生によると、最近はanalyticが圧倒的だけど、それ以外はほぼ同じで、70年台に一瞬大きく相違する。そこでなんかあったのかも。books.google.com/ngrams/graph?c…

2016-12-04 23:33:23
yyyy/mm/dd @Zahlangabeheft

@kasa12345 何となく、"analytical"は1960年代以前の用語法というイメージはあります。

2016-12-05 00:06:32
Yuko Murakami @yukoim

@Zahlangabeheft @kasa12345 石黒先生が両方と親しいね。彼女はどちらを使ってましたっけ。

2016-12-05 02:09:40
yyyy/mm/dd @Zahlangabeheft

@yukoim @kasa12345 石黒先生は「そもそも分析哲学って何? 現代英米哲学って言えばいいじゃない」派だった気が。

2016-12-05 02:13:58
Yuko Murakami @yukoim

@Zahlangabeheft @kasa12345 ダントなどコロンビア勢には分析哲学=石黒さんというイメージだった、とダント本人に聞いたことがある。

2016-12-05 02:18:51
Masashi Kasaki @kasa12345

@yukoim @Zahlangabeheft ColumbiaはE. Nagelがいて、科学哲学系の優秀な博士を輩出しているので、それほど大陸系が強いという印象はないですけどねー。

2016-12-05 03:04:39
Yuko Murakami @yukoim

@kasa12345 @Zahlangabeheft 石黒さん着任時はそんな感じだったそうで。その辺の変遷はよくわからない。

2016-12-05 09:15:08
残りを読む(414)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?