ゴリのMHDまとめ

MHDSSです。
ゲーム モンハン ゴリのmhd
2
gori@創作 @gorryyyyyy
被り笠の先が凍る。濃藍に凍てつく大地は、刀身の藍をより深く、より鋭くしていた。 力みはない。身体は決して凍らず、水であり続ける。彼は冷たい一振りの刀となり、その切っ先を彼奴に向ける。
gori@創作 @gorryyyyyy
ごつごつとした四ツ脚の骨格に、虎模様の厚い鱗。肉に飢え血走る眼。 ——轟竜。このユクモ村の地域では、そう呼ばれる。 彼奴は向けられた殺意を感じ取ったのか、被り笠の男へと振り向く。 腰を低くし、徐々に歩を速める一振りの刀。
gori@創作 @gorryyyyyy
そのまま加速の一途を辿る。重心を低く保ち、ぬるりと轟竜へと向かっていく。 それを見た轟竜も、応えるように両の脚をがっちりと広げ、顎を引く。そこからは、呼応と呼ぶには余りにも強大な咆哮を男に浴びせた。
gori@創作 @gorryyyyyy
轟竜の咆哮が、身体の隅々まで波打つのがわかる。この常人では耐え難い衝撃も、彼にとっては身体を通過する「波」であり、「鬨の声」であった。
gori@創作 @gorryyyyyy
遂に加速は最速点に達する。太く骨張り、掌より大きい爪が生えた前脚を抜け、一直線に彼奴の懐へ。 男はイメージしていた。歩数と軸脚。腰から対角線上の肩の位置までの刃の軌跡、そして残心。角度・速度・拍子。イメージしたそれらがぴたりと重なり、刃は撫でるように後ろ脚を断ち切った。
gori@創作 @gorryyyyyy
引き裂くような絶叫をあげ、両脚を暴れさせながら伏す轟竜。 「——ノブツナ。」 低い声でそれは被り笠の男を呼んだ。
gori@創作 @gorryyyyyy
——パチン、と乾いた音が、彼の背後から聞こえた。振り向くまでもない、ペイントボールの音だ。 そして彼は、その後に起こるであろう事態に備え、右脚で地面を蹴り、轟竜の背後へと飛び退く。
gori@創作 @gorryyyyyy
被り笠の割れ先から見えたモノは、段差から身を投げ出す男。黒の装備に、逆立つ金髪。 そして、空中で大きく振り上げられた、光り輝く鉱石結晶の大槌であった。
gori@創作 @gorryyyyyy
大槌は無防備な轟竜の顔面を容赦なく打ち砕いた。 頭蓋ごと氷に叩きつけられ、地響きにも似た打撃音と共に、氷の大地に浅く亀裂が走る。
gori@創作 @gorryyyyyy
「ナイスBillyィー。」 被り笠の下からそう言い、ニヤリと笑う。顎先の尖った白髭に、青く光る瞳。
gori@創作 @gorryyyyyy
大槌を肩まで持ち上げ、のたうち回る轟竜を冷たく見下ろす、金髪の男。 尻尾のように長い結髪が、風に靡く。
gori@創作 @gorryyyyyy
被り笠の男——ノブツナは、再び氷の大地を踏みしめ、軸脚を中心に一回転。 眼前にある反り上がった尻尾目掛けて、すれ違いざまに大回転斬りを見舞った。 刃は堅い鱗と鱗の合間を縫うように、すっぱりと尻尾の半分を切断する。
gori@創作 @gorryyyyyy
尻尾はぼとりと横たわり、再び轟竜が悲鳴をあげる。 堪らず後方へ大きく飛び退いた轟竜。こめかみの骨は粉々に砕けているものの、その眼は更に血が煮え滾り、血管は鱗の上からでも目視できる程に紅く浮き出ている。
gori@創作 @gorryyyyyy
氷土全体が揺れる程の大咆哮。 亀裂がミシミシと音を立てて広がり、氷山の内部で咆哮が木霊する。
gori@創作 @gorryyyyyy
金髪の男——Billyは、この張り詰める澄んだ空気が嫌いではなかった。 彼は怯むことなく、身の丈程もある大槌を構え、ゆっくりと熱い息を吐き出す。 「……まるで狼煙だな」 「?」 「いや、こっちの話だ」
gori@創作 @gorryyyyyy
お互いに目を見やり、同時に弾けるように二手に別れた。大きく楕円形を描きながら、二人は轟竜へと狙いを定めた。 それを見た轟竜は左右からやってくる二人に交互に目を泳がせる。
gori@創作 @gorryyyyyy
「さあ!どっちを選ぶ!」 笠の下から白い歯をのぞかせるノブツナ。 血に染まった視界に自らの尻尾だったモノが入った轟竜。瞬間、ノブツナの息の根を止めんと彼奴は右前脚を振りかぶる。 突如として足を止める二人。
gori@創作 @gorryyyyyy
「——残念、どっちも囮だ」 ノブツナは人差し指で笠の端を上げる。 「……ぅわぁぁああああ!」 空から悲鳴が鳴り響く。一人の青年が、崖の上から落ちてくる。 丈の長い赤い衣に赤いとんがり帽子。まさに空色といった髪と瞳。その目には僅かながら涙が浮かんでいる。
gori@創作 @gorryyyyyy
「ぁぁぁああああ!」 青年は赤い帽子を抑えながら、背中の黄金の狩猟笛を咄嗟に引き抜く。 「ああああああオラァアアア!!」 青年の振り下ろした狩猟笛が、鈍い鐘の音と共に轟竜の脳天に炸裂した。
gori@創作 @gorryyyyyy
完全に沈黙した轟竜の横で、息を切らせて這いつくばる青年。 ノブツナは溜め息混じりに頭を掻き、崖を見上げるのであった。
gori@創作 @gorryyyyyy
「お前だろー!SEVENー!」 崖の上から、ひょっこりと顔を出すドレッドヘアーの男。その右手には青年を突き落としたであろう黒角竜の槍がしっかりと握られている。 「あり?」 「あり?じゃねぇよ!とっとと降りてこーい!」
残りを読む(704)

コメント

ゴリ.jp @M_shiro27jp 2017年1月2日
「ゴリのMHD」のまとめを更新しました。
ゴリ.jp @M_shiro27jp 2017年1月12日
「ゴリのMHD」のまとめを更新しました。
ゴリ.jp @M_shiro27jp 2017年7月30日
「ゴリのMHD」最終幕のまとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする