たった5ツイートで旧土人保護法を理解する。

丹菊氏によるミニマルな解説をどうぞ。
アイヌ 明治時代 旧土人保護法 先住民族
kotnei 5989view 16コメント
97

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 丹菊逸治 @itangiku 2016-12-27 17:39:46
    先住民族とは「手続き論によって騙され、あるいは黙らされた人々」である。彼らは今や「手続き論は信用できない」と知っている。だから、先住民族を手続き論で黙らせようとしても無駄である。
  • 丹菊逸治 @itangiku 2016-12-27 17:57:07
    「手続き論」というのは例えばこういうものである。「土地を移民にも先住民族にも分配する。早い者勝ちである。ただし申請書類は移民の言語で提出」。先住民族には移民の言語ができる者が少なく、結局土地を取得できない。
  • 丹菊逸治 @itangiku 2016-12-27 18:04:49
    .@itangiku 「ごめんごめん、先住民族に知らない言語で申請しろっていっても無理だよね。じゃあまずは移民にだけ分配する。その間、先住民族が使ってる土地は国有化して守っておくね」。その結果、なんと国有化された先住民族の土地が移民に分配され始める。
  • 丹菊逸治 @itangiku 2016-12-27 18:06:49
    .@itangiku 「またもごめんね。もうあまりいい土地が残ってないけど、それを先住民族に分配するね。ただし、前は移民の言語や文化を知らなくて損をしたわけだから、移民の言語や文化の勉強を義務化しよう」。こうして先住民族は土地に続いて言語も文化も失う。
  • 丹菊逸治 @itangiku 2016-12-27 18:19:15
    .@itangiku これが明治期のアイヌ民族政策である。

  • 上のツイートは以下の法令をもとにしたものです

  • 北海道地所規則 明治5年(1872)

    第七条 山林沼沢従来土人等漁猟採仕来シ地ト雖更ニ区分相立持主或ハ村請ニ改テ是又地券ヲ渡
    第八条 原野山林等一切ノ土地、官属及従前拝借ノ分目下私有タラシムル地ヲ除ノ外都テ売下地券ヲ渡永ク私有地ニ申付ル事

  • 北海道地券条例 明治10年(1877)

    第十条 旧蝦夷人住居地所ハ其種類ヲ問ワス当分総テ官有地第三種ニ編入スヘシ

  • 北海道旧土人保護法 明治32年(1899)

    第一条 北海道旧土人ニシテ農業ニ従事スル者又ハ従事セント欲スル者ニハ一戸ニ付土地一万五千坪以内ヲ限り無償下付スルコトヲ得
    第三条 第一条ニ依リ下付シタル土地ニシテ其ノ下付ノ年ヨリ起算シ十五箇年ヲ経ルモ尚開墾セサル部分ハ之ヲ没収ス
    第九条 北海道旧土人ノ部落ヲ為シタル場所ニハ国庫ノ費用ヲ以テ小学校ヲ設クルコトヲ得

  • 旧土人児童教育規程 明治34年(1901)

    第二条 旧土人児童ノ教科目ハ修身、国語、算術、体操、裁縫、農業トス

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「北海道」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする