週刊少年ジャンプ2016年ベストバウトランキングトップ10

2016年に週刊少年ジャンプ本誌に掲載されたバトル(2016年05・06合併号~2017年04・05合併号)の中で、個人的に特に素晴らしかったと思った10つを、ランキング形式で発表したものをまとめました。
5
コウ @s_g_hrak

えー、2016年も今日でもう終わりということなので、今年週刊少年ジャンプに掲載されたバトルの中で、特に素晴らしかったと思われるバトルトップ10を発表したいと思います。なお、このランキングはあくまで私個人の主観に基づくものということをご了承ください。

2016-12-31 11:56:00
コウ @s_g_hrak

では、10位から順番に発表していきたいと思います。

2016-12-31 11:56:56
第10位 アスタ&フィンラル・ルーケライス&バネッサ・エノーテカVS"絶望"のヴェット(ブラッククローバー)
コウ @s_g_hrak

【10位】アスタ&フィンラル・ルーケライス&バネッサ・エノーテカVS”絶望”のヴェット ”絶望”の名を冠するヴェットさんを撃破することで、アスタが持ち前の『諦めない』心で文字通り”絶望”に打ち勝つことを体現してみせた名バトル。 pic.twitter.com/fG6ff9S9Dq

2016-12-31 11:57:40
拡大
コウ @s_g_hrak

【10位】 特にフィンラル・バネッサの2人がアスタを先輩らしくサポートする姿が素晴らしかった。その精神性もさることながら、バネッサがアスタを糸で操りつつ、フィンラルが空間魔法で移動を補助するというギミックは大変見応えがありました。このバトルで3人の絆は確かなものになったと思います

2016-12-31 11:58:35
第9位 黒崎一護&阿散井恋次&藍染惣右介VSユーハバッハ(BLEACH)
コウ @s_g_hrak

【9位】黒崎一護&阿散井恋次&藍染惣右介VSユーハバッハ 連載中は色々困惑する部分もあったけど、今振り返ってみれば良いバトルだったと思う。月島さんの再登場とか藍染と共闘とか初期斬月で決着とか、ファンにとっては嬉しい要素満載でした。 pic.twitter.com/gMnWin0Z8M

2016-12-31 12:17:02
拡大
第8位 國崎千比路VS加納彰平(火ノ丸相撲)
コウ @s_g_hrak

【8位】國崎千比路VS加納彰平 蛍のどんな手段を使ってでも勝とうとする意志を受け取って、千比路が実際に”勝つ”ということを蛍に見せ付けた姿に惚れた。この試合で自分の中の千比路への評価が、確固たるものになりました。 pic.twitter.com/d4UV3OyajY

2016-12-31 12:27:57
拡大
コウ @s_g_hrak

【8位】 蛍は勝つための力がなかったからこそ、その勝とうとする姿が勝つための力のある千比路に響いたし、だからこそ結果千比路は勝つことができた、というのが力士同士の影響の与え合いとして熱すぎる。

2016-12-31 12:32:24
第7位 左門召介&ネビロスVSマステマ(左門くんはサモナー)
コウ @s_g_hrak

【7位】左門召介&ネビロスVSマステマ とにかくネビロス閣下がカッコよすぎる。閣下が普段受肉してるという設定は前々から示されていたものだから、カマトロPずぅえっってェェェェこの展開初期から考えてたんだろうなと思えてクッソ熱くなれた pic.twitter.com/AEH9QG9Rfi

2016-12-31 13:02:44
拡大
コウ @s_g_hrak

【7位】 左門くんとネビロス閣下は普段はお互いに嫌い合っていることが何度も描かれてきたからこそ、このバトルにおいてコンビネーション抜群だったことが、2人が召喚師と悪魔としてのお互いのことは信頼してることの証明になってるんですよねえ。盛りs…祓くんや他六柱の活躍のさせ方も上手かった

2016-12-31 13:10:55
第6位 我妻善逸VS蜘蛛鬼(鬼滅の刃)
コウ @s_g_hrak

【6位】我妻善逸VS蜘蛛鬼 吾峠先生は名バトルしか生み出せない作家さんとして有名で、鬼滅は今年連載開始した作品にも関わらず名バトルが多すぎてどれを選ぶのかめちゃくちゃ迷ったのですが、善逸好きとしてはやはりこの戦いを推したい。 pic.twitter.com/rSqYAgitI6

2016-12-31 14:50:51
拡大
コウ @s_g_hrak

【6位】 バトル漫画として視覚的にものすごくカッコいい動きと、それとは対照的にとても切ない夢を見る善逸のモノローグとのギャップにやられてしまった。善逸と炭治郎、出会って1日ちょっとでこの絆の築きようは泣くしかないでしょ。 pic.twitter.com/k3bIaLNCfL

2016-12-31 14:55:02
拡大
拡大
第5位 緑谷出久VS血狂いマスキュラー(僕のヒーローアカデミア)
コウ @s_g_hrak

【5位】緑谷出久VS血狂いマスキュラー 緑谷出久が初めて1VS1で『勝って救ける』ということを成し遂げた戦い。自分より格上の相手を前にしてそれでも”救ける”という憧れを体現する姿は、まさに『僕のヒーロー』としか言い様がない。 pic.twitter.com/zmqb8U0Qss

2016-12-31 16:13:12
拡大
拡大
拡大
拡大
コウ @s_g_hrak

【5位】あとウォーターホースに眼を潰されても、そのことを恨むことなく自分の掟に従って殺戮を行おうとするマスキュラーさんは、まさしくヴィランの鑑だったと思います。彼が相手だったからこそ、ヒーローデクの『勝って救ける』姿が映えたと思う。 pic.twitter.com/M74YE3h3IH

2016-12-31 16:17:30
拡大
拡大
第4位 界境防衛組織ボーダーVS惑星国家ガロプラ(ワールドトリガー)
コウ @s_g_hrak

【4位】界境防衛組織ボーダーVS惑星国家ガロプラ この戦いはいくつかのバトルで構成されているのですが、流石にそれら1つ1つを全部ノミネートしてたらランキングがワートリで埋まってしまうので、ボーダーVSガロプラとしてノミネート。 pic.twitter.com/hwhkvppu4W

2016-12-31 16:52:01
拡大
拡大
拡大
コウ @s_g_hrak

【4位】 那須・熊谷VSウェンにおける菊地原の聴覚による助言も、三輪・米屋VSコロスケにおける迅の風刃も、攻撃手4強VSガトリンにおける太刀川の真っ二つも、全て以前から提示されてた情報に基づくものなのが徹底されてたのがワートらしい。 pic.twitter.com/qzx2jUEk7A

2016-12-31 17:04:52
拡大
拡大
拡大
コウ @s_g_hrak

【4位】 そして最終的にヒュースの活躍で締め、彼が玉狛第2に入隊する展開になることを示したことで、主人公たちが登場しなかった戦いから主人公たちの戦いへとスムーズに繋げたのが素晴らしい。あとレギー、お前は今、泣いていいッ!!! pic.twitter.com/XhbIEPOMTE

2016-12-31 17:17:04
拡大
第3位 オールマイトVSAFO(僕のヒーローアカデミア)
コウ @s_g_hrak

【3位】オールマイトVSAFO 本作のラスボスとされるAFOと、そこから生まれたOFAという個性を継承するオールマイトの頂上決戦。 pic.twitter.com/qIoRG19GTu

2016-12-31 17:46:16
拡大
残りを読む(14)

コメント

トゥギャッター編集部 @tg_editor 2017年1月2日
個人的には納得の第一位でした。
0
とびー @tobigitsune 2017年1月4日
全体的に同意しかない。
0
will_in_hiki @will_in_hiki 2017年2月14日
チヒロも凄かったけど、蛍vs首藤もかなり
0