このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:02:02
    アインシュタイン氏が導入した世界の見方、「一定時間に光子が動く距離は、どの慣性系からも同じ長さで座標に記述すべき。」は、 もろくも、線路上を水平移動する客車内空間の光時計筒(つつ)内空間の光子存在が「ピタゴラスの定理」の斜辺になって、崩壊した。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:06:51
    でもそれは、デカルト座標、という、普通のxy平面で記述したから失敗したんであって、 複素平面座標に書き直せば、アインシュタイン氏の提言、 「どの慣性系から見ても、一定時間の光子の動きは、同じ長さの軌跡になるように座標に記述しよう。」が、生きる。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:08:31
    でもでも、専門家という頭が堅(かた)いオツムになっちゃったものには、小学生の素直さ、わからなくなってしまってるかもなので、ダメ押しの練習をしておこう。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:10:54
    反証が1つでもあったら、その仮説は崩れるって、わかってても、まだアインシュタイン氏の特殊相対性理論が唱える、慣性系毎(ごと)に時の流れは違うの発想をやめることができない貴殿の想(おも)いもあるだろう。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:27:13
    そこで、「内部空間なんてない」ってのを、お見せしよう。もちろん、この世が、あの世に包まれているなら、「この世」自体が内部空間なんだけど、 線路上を走る列車。その客車内空間なんてのは、ヒトのイメージのものであって、物理世界には関係ないことを、徐々にお見せいたします。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:14:09
    まずは、原子と光子の話から。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:20:10
    客車って、鉄原子でできている。いまは、アルミニウムとか使ってるでしょうけど、アインシュタイン氏の居たベルンの路面電車は、電気で動いて、木製だったのかな。1900年の頃。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:30:38
    Time and motion: the old clock tower and an electrified trolley in Bern. history.aip.org/history/exhibi… pic.twitter.com/GpsY0vWvNh
     拡大
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 09:50:20
    光時計筒(つつ)は、ガラスでできているから珪素原子(Si)。 客車は鉄でできているとして鉄原子(Fe)。 光子は photon。 pic.twitter.com/bOBt5x1Hga
     拡大
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:04:45
    ヒトは原子の集合体を客車だとか、円柱ガラス容器を光時計筒(つつ)と呼ぶけど、俺、サルトル興味ないで、アルベール・カミュにしか興味ないけど、マロニエの樹🌲の板根(ばんこん)見て、どうのこうの。俺、読んでいないんで。 で、珪素原子と鉄原子と光子だけを描いてみました。 客車中央の。 pic.twitter.com/kvXvX8r64l
     拡大
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:13:05
    デフォルメして、鉄原子と珪素原子と光子を大きく描いて、水平方向のベクトルと鉛直方向のベクトル、書き添えました。 列車は速度Vで水平方向右に動いている。 pic.twitter.com/n1ysPNTTdp
     拡大
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:17:11
    従来の思い込みイメージでは、鉄原子も珪素原子も光時計筒内の光子も、線路慣性系に対して、同じ内部空間のものだから、同じ時の流れが作用しているとしていました。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:22:08
    だから鉄原子も珪素原子も、客車内の光子と同じように年を取らないと。光子が年を取るかどうか、ま、素粒子の崩壊速度の話をしたいのではないので、話を戻しますが、 双子のパラドックスでは、乗客となった片割れのヒトは、光時計筒内の光子と違って、客車内で、じっとしてるんじゃないかな。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:34:59
    東海道新幹線に乗って、富士山側のE席から、太平洋側A席に移動する。ビールか炭酸飲料の缶を開けながら。 炭酸の泡が、 新幹線の進む方向と、 富士山側から太平洋側と、 上下方向の上に、同時に移動している。 線路慣性系からだと3重の入れ子。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:35:25
    富士山側はAかEか? 新幹線の座席予約で勝てる方法 mag2.com/p/news/23467
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:42:27
    さあ、ここでの本題に入りましょう。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 11:25:52
    線路慣性系に対して動いてる客車内空間光子は、線路系慣性系で1秒間で描く光子軌跡より長い長さで xy平面座標に描いてよいとしたのが、「中学生でもわかる」をはじめとする特殊相対性理論の解説本の数々です。 時間 x 速度 = 距離
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:48:32
    時間を線路系と客車系で異なるものにすれば辻褄合う。が、アインシュタイン氏の論法。 でも、イメージと論理を組み合わせれば、
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 10:58:13
    珪素原子も鉄原子も客車慣性系なんだから、線路慣性系のときと違って、光子軌跡だけじゃなく、原子軌跡も長く描くべきですよね? 線路慣性系1秒あたりの時間経過移動分の原子軌跡を。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 11:19:04
    なんか難しい話になってきました。 根本的見過ごし。ボタンの掛け違いをそのままにして、難しい論理や、数式に使われている単語、「時間」に違いを付与したって、無駄です。 ここで光子と原子の違いがあるって言っても、無駄。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 11:05:45
    でも、光子と原子には違いがある。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 11:11:12
    線路や客車の鉄原子は、そのままの位置に居座ったり、線路の上を動いているだけです。 光時計筒の円柱ガラス珪素原子も、 光時計筒内光子も、線路に沿って動いてるだけ。 でも、日常じゃ、光子が網膜やカメラの撮像素子群にぶつかって、イメージが作られる。
  • zionadchat @zionadchat 2017-01-03 11:14:53
    光時計筒内に閉じ込められた光子は線路や客車の鉄原子と同じ。存在として動いているだけ。 一方、映像情報をもたらす光子は、網膜やカメラ撮像素子や、望遠鏡に入り込んでくる夜空の宇宙からの光子と同じ。 進行方向の違い。わかるかな。

コメント

カテゴリーからまとめを探す