MSX/X68000用転送ソフトJOYCOM開発秘話

X68000とMSXのジョイスティックポート同士をケーブルで繋いでファイル転送するソフト群『JOYCOM』の開発秘話。
パソコン MSX joycom x68000
7
Y.Sugahara @moveccr
書類を片付けていたら20年前に @isaki68k と設計した JOYCOM の設計資料が出てきて顔真っ赤wwww
isaki @isaki68k
マビノギオンか何かかな RT (中二病感
isaki @isaki68k
JOYCOM は、X68k と MSX のジョイスティックポート同士をつなぐ謎のケーブルと、その上でファイル転送するソフト群。レイヤー1から7くらいまで全部作ったんよね。(途中の細かい区別はもちろん薄いけども
isaki @isaki68k
X68k の外付3.5FDDとかいう高価なもの(?)がなくて、学校のPC98とかとファイル交換が不便だった時代に、PC98で2DDフロッピーに書いて、家帰ってMSXにフロッピーさしてJOYCOM使ってX68kに転送するとかいう使い方してた。
isaki @isaki68k
MSXtR→X68000 は 11kB/s、X68000→MSXtRは6kB/s くらい出てたらしい。わりと快適だった。(速度が違うのはX68000のジョイスティックポートの出力ピンが少ないのでそっち方向はデータバス幅が狭いという通信路)
isaki @isaki68k
ゆかいなインターネッツに公開してたところ青森県にお住まいの方(だったかなたぶん)から謝意のメールが届いたことがあるので、地球上に少なくとも2セットは存在が確認されている()
isaki @isaki68k
でこれ当然、MSXとX68000にそれぞれ送信側と受信側のソフトがいるわけだけど、その通信路がないから今これを作りたいのであって、最初に(おそらく2DDで)入手してきたX68000受信側ソフトをX68000に転送する方法がないわけで(続く
isaki @isaki68k
受信側の機能を超限界まで削って298バイトのバイナリ作ってそれのバイナリダンプ(テキストファイル)をつけて、これをX68000側で打ち込んで受信プログラム作ってから、本来の受信ソフトを受信してね、というwww (正しいブートストラップの使い方
isaki @isaki68k
MSXの音声出力端子とX68000の音声入力端子をつないで、MSXでPSG鳴らしてX68000でADPCMで録音したのを逆フーリエ変換(だっけ?)して、3ビットくらい取り出せたことならあるけど、実用的ではなかった。(何故に人は以下同文
isaki @isaki68k
あともう覚えてないけど何故か当時、こっちから @moveccr さんへは電子メール(学校から出してたのかなあ)で、@moveccr さんからこっちへはFAXっていう非対称通信で、設計のレビューとかソースコードとかやりとりしてた。

コメント

おりひか いくお @Orihika 2017年1月8日
※バイナリ入力の懐かしさ。
Localio Projects @LocalioProjects 2017年1月8日
ブートストラップ用ミニプログラムとか、Laplinkがnull modemケーブルで同期時にシリアルポートのリダイレクトで入力可能なミニプログラム送信に通じるところがありますな。

いまツイッターで話題の記事

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする