451
ログインして広告を非表示にする
  • さとうとしお @sugarAsalt 2017-01-06 18:59:09
    努力の方向を間違える人が大好きなので、「銀行の金庫荒らしを目論む主人公は首尾よく銀行の隣の空きテナントを購入するが、カムフラージュのために始めたクッキー屋が大繁盛してしまい・・・」みたいなあらすじを見るとたまらず視聴してしまう
  • 原さん@イカ民 @haratakashii 2017-01-07 13:04:59
    @sugarAsalt FF外から失礼します。あらすじ読んですごく内容が気になったのですが、タイトルを教えてもらえないでしょうか?
  • さとうとしお @sugarAsalt 2017-01-07 13:19:27
    @haratakashii ウディ・アレンの「おいしい生活」という映画です。
  • リンク Wikipedia おいしい生活 『おいしい生活』(Small Time Crooks)は、ウディ・アレン監督・脚本・主演による2000年のアメリカ合衆国のクライム・コメディ映画である。元ギャングのレイとその妻のフレンチーは、銀行の隣の空家を借り、穴を掘って金庫を破りする計画を立てる。Rotten Tomatoesでは96件のレビューで支持率は66%である。Metacriticでは32媒体で69/100となった。
  • 原さん@イカ民 @haratakashii 2017-01-07 13:19:58
    @sugarAsalt ありがとうございます! 今度見てみます!
  • えふたか @f_taka_ 2017-01-06 23:19:36
    @sugarAsalt TLに流れて来ました。昔のSF小説みたいですね。「会社の金を横領して大儲けしたい。でもそのためには経理の勉強をする必要がある。仕事も真面目にしてどんどん高額の仕事をしよう、そうしたらいつの間にか大出世してしまい…」って小説がありました。
  • さとうとしお @sugarAsalt 2017-01-06 23:20:55
    @f_taka_ 星新一ですね、あれも大好きでした。あれのせいでこういうのが好きなのかもしれません。
  • えふたか @f_taka_ 2017-01-06 23:57:08
    @sugarAsalt 星新一の小説は寓話的なところがすごくありますよね。ショートショートは今でも色褪せません。(最初は眉村卓だったかな?と思ったのですが。)
  • 荒木 九郎 @stein00000 2017-01-07 09:37:26
    @f_taka_ @sugarAsalt 星新一には、 「大手ライバル社にスパイしに入れ」と言われて入社して、機密に触れられるよう仕事がんばったらどんどん出世して果ては社長の娘を嫁にもらって次期社長になった→よしもといた会社潰そう というのも。
  • ↓こちらに収録されていたはずです。タイトルは「雄大な計画」。

  • リンク Wikipedia 1 ボッコちゃん 「ボッコちゃん」は、星新一が1958年に発表したショートショート。星の代表作の一つであり、同作を含む短編集の題名にもなった。近未来を舞台に、バーで働く女性型アンドロイド"ボッコちゃん"に対する男性客の絶望的な恋を描いた作品。初出は同人誌『宇宙塵』の1958年(昭和33年)2月号だが、名作の呼び声が高く、商業誌『宝石』の1958年(昭和33年)5月号に転載され、1957年の「セキス..
  • @_minami_nosima 2017-01-07 21:17:47
    星新一読みたくなった
  • 銭形雷一@SCP財団&カクヨム @K9alBVp29gGG8sB 2017-01-07 08:40:11
    うろ覚えですが実際にあった話で、麻薬の密売人がカモフラのためにホットドッグ屋をやるのですが、怪しまれないためにそちらも真面目にやった結果麻薬やるより儲かるようになり、司法取引で麻薬の販売ルートを警察に売ってホットドッグ屋を本気で始めたというのがあります。 twitter.com/sugarAsalt/sta…
  • 本屋 @Bookstore_06 2017-01-07 21:24:37
    確かヤクのカモフラージュで始めたホットドック屋がバカ売れした話あったな
  • 低品質mohikan @mohikan_893 2017-01-07 21:18:07
    麻薬売買のカモフラージュの為に始めたホットドッグ屋が大繁盛してそのまま足洗ったって話には草生えた事ありますねぇ!
  • 梧桐柾木(市クロ1~13巻発売中!) @m510studio 2017-01-07 21:37:47
    なんかアメリカでホットドッグ屋を隠れ蓑に麻薬の売人やってたけど、ホットドッグ屋で充分稼げるようになって売人やるのアホらしくなって売人やめたって話を彷彿とさせるなぁ。
  • 山本貴嗣 @atsuji_yamamoto 2017-01-07 21:49:04
    昔『謎の円盤UFO』のノヴェライズで、地球防衛組織SHADOのカモフラージュのために作った映画会社がうっかりヒット作を出してしまい・・・というエピソードがあったように思いますw>RT
  • ユウマ@サンムーンまったり攻略中 @yu_u_ma_212_F_c 2017-01-07 21:14:33
    ぼくの中で努力の方向性を間違ってしまった人ナンバーワンはスクールランブルの播磨拳児
  • リンク Wikipedia 播磨拳児 播磨 拳児(はりま けんじ)は、小林尽の漫画『スクールランブル』や、テレビアニメ『スクールランブル』などの派生作品に登場する架空の人物。アニメの声優は高橋広樹。その他の人物についてはスクールランブルの登場人物を参照。塚本天満と並ぶ本編のもう一人の主人公である。サングラスと諸葛亮孔明風のヒゲ、カチューシャそして1本だけはねた髪が特徴。だが、一時期ハゲになったり..

コメント

  • 岐阜羽島 @e_hashima 14日前
    まとめを更新しました。
  • やすゆき @Seto_yasu1987 14日前
    この手の改心話大好物
  • もうだめぽ @moudamepo150701 14日前
    落語であった気がするんだが思いだせない
  • 箸呂院マジチキ @kairidei 14日前
    やはり悪事が完全に不発に終わったほうが読者受けはいいのかな。カモフラする時点でかなり迷惑をかけているケースはほっこりしない。
  • ポポイ @popoi 14日前
    藤嵜ヒトシ(ふじさきひとし)「俗物王」(全8巻、講談社)終盤の、結婚詐欺師のお姉さん。読者視点主人公を騙すが、結局普通に結婚。
  • mech_terran @mech_terran 14日前
    似たような感じで舞台or映画の「プロデューサーズ」が思いつくかな。詐欺をやるために絶対にコケる映画を作ろうと共謀するプロデューサーと会計士の話。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 14日前
    @sugarAsalt 「成功した」とは言い難いのですが(笑)「こち亀」25巻にも、ヤクザが喫茶店をやるという回があります https://twitter.com/gryphonjapan/status/817815750492581888 両さんたちがさぼっているのを見た部長が「現場を見つけたぞ!」と怒鳴ったので銃撃戦に(笑)/ こち亀には、「几帳面で綺麗好きな泥棒が、忍び込んだ家がいつもなぜか汚く、だらしないので思わず掃除や育児をやってしまう」という回もありました。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 14日前
    「ヤクザが真面目に〇〇をする」系のものは何でも面白いけど、小林信彦の「唐獅子株式会社」で一生懸命テレビ局や社内報を運営するヤクザも「努力の方面が間違っている」カテゴリーでいいのかな?http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20100303/p2 /水戸黄門の「ニセ黄門」の回も、大抵はサギ目的で黄門さまご一行のふりをしているニセ集団が、クライマックスでは一念発起して正義のために奮闘、リアル黄門様がそれをサポートする…が定番でした。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 14日前
    定番の中には「人のいい誘拐犯が、いつの間にか人質のほうに主導権を握られ(て、義賊的な行動をす)る」というパターンもありますね。そんなのを、昔一覧にしてみました http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150622/p2
  • gryphonjapan @gryphonjapan 14日前
    「戦時中、当局の目をカモフラするために検閲官の言われるままに芝居の筋を変えていた喜劇作家が、思いのほか話が面白くなり、検閲官と一緒になって劇をさらにギャグ満載にしてしまった」→三谷幸喜「笑の大学」https://www.youtube.com/watch?v=yI1ZCFMEZ-0
  • カスガ @kasuga391 14日前
    ロイド・ベーコンの『詐欺請負会社』(1942年)と菊田一夫の『花咲く港』(1943年)が、正にこのまとめにピッタリの話ですよ。
  • ならづけ @nara_duke 14日前
    戦国魔人ゴーショーグンのドクーガ幹部もこのジャンルかね。
  • az12 @az1255377783 14日前
    善悪は逆ですが踊る大捜査線ファイナルの冒頭にもありましたね。容疑者の実家の張り込みで、青島とすみれさんが揚げ物屋やって繁盛していましたね。
  • あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today 14日前
    児童文学の大どろぼうシリーズってあんまり有名じゃないかな? 子供の頃結構繰り返し読んでた。
  • 松吉信和 @N_Matsuyoshi 14日前
    gryphonjapan ちなみに日本のヤクザの特徴は、構成員の中に一切犯罪行為を行わない人居る場合があること。山口組三代目の田岡組長がリスクヘッジのため、一定の組員に普通の仕事を行わせたためこうなっています。まあこれは警察が資金源を断ち切って干上がらせようとしても干上がらせきることができないという問題点につながるのですが。
  • karedo @susumu_karedo 14日前
    むかしTVで見た映画で、老姉妹の妹がDV夫を殺してしまって、死体をどうしていいのかわからずオロオロしてると、姉がニワトリのエサにしたり食事の中に入れて少しずつ食べていこうって提案をするんだけど、そのニワトリでつくる姉妹の料理がメチャクチャ美味しくて、どんどん人が集まるんだけど、あるとき姉妹の住む家に下宿していた元刑事の老人が気づいて・・・みたいなのがあったんだけど・・・タイトル覚えてる人がいたらぜひ教えてください・・・
  • いぬだわん @InuWang 14日前
    鬼平犯科帳にも幾つか有るね。 池波正太郎の江戸ワールドでは多くの盗っ人が表の稼業持ってるからこの手の話になりやすい。
  • 北斗柄@生涯六壬者.多分 @hokutohei 14日前
    筒井康隆の富豪刑事の中に、犯人逮捕の証拠をつかむために中小企業作ったら、犯人逮捕できたけど、初っ端に過剰な設備投資やったせいで品質の好い製品ができちゃって黒字化してしまい、父親に怒られて終わるってのがあった。
  • ぺるにあ @EriPhila 14日前
    仕事中屋根から落っこちたところを両親がそれぞれ不倫相手と出奔してしまったという双子に助けられ、脅迫まがいに請われて父親業をすることになっちゃったプロの泥棒が主人公の小説「ステップファザー・ステップ」好き。黒板に仕込んだ強奪麻薬を一時寝かせつつ監視するため教師のふりをするだけだったはずが、そのうち同僚や子供達に愛着の湧いてきちゃう殺し屋の漫画「ジーザス」も。
  • basock @basock10 14日前
    adenoi_today 大どろぼうホッツェンプロッツでしょう? あれは面白かったなあ。 最後は改心してレストランを始めたはず。
  • 五木千冬@ネタがない…… @ituchitorps 14日前
    adenoi_today 読んでました! さえない泥棒がちょっとした特技で市民や巡査の目を欺こうとしたら好評でそのまま商売始めましたエンドですよね。
  • きゃっぷ @kyapp11cats 14日前
    もう こーゆーの大好きです
  • ヴィス @2vis 14日前
    キャッツアイが美人姉妹喫茶店で繁盛してしまう話か! ←違うw
  • kanako taniyama @tanikan84 14日前
    No.2の買収後、世界的に成功したスターバックスも仲間に入れてもらえるだろうか。(オースティンパワーズ)
  • でんでろ@ヨーグルシンジケート @dendero_1981 14日前
    人間真面目に働いたほうが成功するのだという希望でもあるが、この道が好きだという気持ちは成功にはあんま関係ないという皮肉さもあるような。
  • ひろっぴ@(自称)鉄道記録家 @hiroppi1969 14日前
    西岸良平の漫画「鎌倉ものがたり」でも、美術館の美術品を狙う怪盗「鎌倉ルパン」が地下に穴を掘って盗むために美術館の近くにひなびた喫茶店をオープンしたら、主人公にエッセイで取り上げられたために大繁盛してしまって・・・、って話がありましたね。
  • 梅村直仙水 @777ume777 14日前
    。。。(努力は尊い
  • 狐謡 @Towa_towa_to 14日前
    EriPhila ステップファザー・ステップ面白いよな。確か前にドラマ化だか映画化だかしてた気がするけど、あれは面白かったんだろうか・・・
  • @pararinopuuuuuu 14日前
    gryphonjapan 宮部みゆきのステップファザー・ステップはその中に入らないのでしょうか…?
  • ヒジャチョンダラ @citabow 14日前
    hiroppi1969 大繁盛でも、良い豆を使って安く提供していた為、大赤字になって撤退! って話でしたねえ。
  • r1h3 @r1h33 14日前
    もうちょい身近な例としてはカンニングペーパーの作成は最高の復習って奴だな、テスト範囲から重要な部分を抜粋しそれをわかりやすく簡潔に纏めなければならないと言う
  • Tamemaru@俺得本舗 @Tamemaru 14日前
    おいしい生活はAmazonプライムで見れますよん https://www.amazon.co.jp/dp/B00FNI2FRA/ref=cm_sw_r_tw_dp_eyACybGAC3B6V 結構面白かった。
  • 輪王ひろみ@コミケ91全日参加 @rinnou 14日前
    ちょっとズレるけど筒井康隆の『富豪刑事』。親が悪事で儲けた金を、正義(犯罪捜査)のために使いつくそうしているが、商売が成功してしまい、毎回預金残高は増えてしまう。
  • Ragi's Q・装甲竜's A~仙台~ @Ragi_Mari 14日前
    宮部みゆきのステップファーザーステップもこの類になるのかな?
  • 殺人鬼4コマ漫画@創作垢 @negyutyubu 14日前
    虐待児をさらって臓器売ろうとしたが育児に突入した漫画を描いてる。悪人が改心系好きだ。マジメな人が雨の中捨て猫拾ってもふーんで済まされるが俺様ドs不良だと・・・理論
  • 黒川 @kurokawa92 14日前
    ホワイトハウス狂騒曲はちょいと違うか?
  • さかえたかし @sakaetakashi051 14日前
    hiroppi1969 同じ西岸作品の「蜃気郎」でも全国を怪しまれずに泥棒するため美人でもない女性を歌手に仕立てて適当な歌を自作して営業するふりしてたら最後は大ヒットって話もありました。
  • CD @cleardice 14日前
    殺人鬼の人肉料理がやたら繁盛してるとかは入るのだろうか
  • Rick=TKN @RickTKN 14日前
    nara_duke ドクーガ幹部は、「本業(?)が儲かってるからドクーガから抜ける」って訳でもないので違うような。
  • ピロコ @pirocoro 14日前
    adenoi_today おおどろぼうはケーキ屋さん、のシリーズかな?持ってました。
  • KAMO nang-bang @dead_san 14日前
    RickTKN ドクーガ幹部は本業伸ばすためにドクーガやってるのでw
  • KAMO nang-bang @dead_san 14日前
    カットナル「両親暗殺した奴倒すのにアメリカ大統領になるンゴ!ドクーガ利用したろ」 ケルナグール「ワイ将パンチドランカー。拾ってくれたヨッメ楽させるため商売繁昌!ドクーガ利用したろ」 ブンドル「本業じゃヤミに流れた美術品漁れないンゴ。ドクーガ利用したろ」 結論・みんなゴーショーグン観るといいよ!
  • おいちゃん @semispatha 14日前
    まんが日本むかし話で怠け者が大黒様に打ち出の小槌借りようとしたら柄が折れて無理だと言われ、それじゃ鍬の柄を使ってくれと言ったらも少し使い込んで黒光りしてないとダメと言われ、畑仕事で使い込むうちに打ち出の小槌が要らないくらい裕福になったという話が。
  • 想 詩拓@『文机』文フリ京都い-44 @sou_sitaku 14日前
    わかる。「仕掛け人 藤枝梅安」の梅安や彦さんも表向きの家業としてやってる鍼医者と楊枝職人の仕事で仕掛人家業の身動きに制限がいくつか出てますが、これはちょっと違うかな。
  • karedo @susumu_karedo 13日前
    tknr_koume あっありがとうございます!たぶんこれです!
  • 浅見くん @as_a_me_09 13日前
    ホットドッグ屋の話ソースが2ちゃんのコピペしかねーじぇねーか殺すぞ
  • @maryallyman 13日前
    西岸良平先生の漫画で見た!と思ったらコメ欄で既に出ていた。そして、真面目に働けば安泰なのに何故かずっと悪の組織(?)で頑張るポケモンのロケット団のムサシとコジロー(とニャース)は違いますかね?違いますね。
  • KO_iti @ko_iti30 13日前
    マーティン・ローレンス主演の『ブルー・ストリーク』はどう?出所した泥棒が逮捕前に宝石を隠した場所が警察署になっていたからニセ警官になって事件を解決しながら宝石を探す。泥棒なので同業者の思考は良く分かるのがミソ。だったと思う。
  • 節穴 @fsansn 13日前
    こういうのは大好物だけど、それ自体が肝だったりしてネタバレになるのであまり具体例を挙げられない
  • 葉月 @ao_necolove 13日前
    成田良悟のBACCANO!に出てくるカモッラも、表の仕事であるレストランの方が売上がいいみたいな感じじゃなかったっけ。ボスが宝くじにあたったとかだっけ。
  • marumushi @marumushi2 13日前
    確か宮部みゆきのでそんなのが…と思ったらコメ欄に答えが書いてあった
  • SAKURA87@多摩提督 @Sakura87_net 13日前
    侵略にきた宇宙人はたいてい本来の目的忘れてる気がする。イカとか蛙とか。
  • 珈琲中毒 @_Coffee_Junkie 13日前
    ウメボシ食べてスッパマンの人が本来の目的を忘れて地球人の排…(自粛)
  • dareka @DokkaDareka 13日前
    本当にこの手の話は可愛らしい。
  • ふぉい @soama39 13日前
    最悪な実例は「過激な主張をする政治団体を調査させようとスパイを送り込んだら、スパイが政治活動に本気になってしまった」というヒトラーですね。
  • tachibana @tatibana_t_tt 13日前
    ロバートデニーロの「俺たちは天使じゃない」は、脱獄した囚人が街の神父のふりをして身を潜めていたら、次第に信仰に目覚める話
  • プリベッチ @Pribetch 13日前
    『スパイダーマンブギ』を200万枚売ったモンスター教授とアマゾネスもそのままプロモーション事業でも始めていれば…。
  • かんきち @shin_kaaan 13日前
    おいしい生活は確かアマゾンプライムにあった気がする
  • しろやま @shiroyama1975 13日前
    犯罪じゃないけど、ビデオレンタル屋にあるビデオの内容が全部消えてしまい手作りで『ゴーストバスターズ』等を作って貸して「スウェーデン製リメイクだ!」と言い張ってたら大人気になっちゃう『僕らのミライへ逆回転』大好き。
  • nz @darks508 13日前
    うむ こち亀で定期的にあったやつ
  • 木下(正月ボケ) @onece_a_fool 13日前
    富豪刑事はこの逆パターンってことになるのかな。
  • がらえぽ @glaepo 13日前
    ここまでカリオストロの城なし…
  • きゃっつ(Kats)⊿2/19リトグリ @grayengineer 13日前
    イソップなんかにもありそうですよね。「他人の足を引っ張ることを考えるより、自分をより高めることを考えろ」みたいな教訓を含んだ話
  • 蒼穹のスズシロTHE BEYOND @suzushirosan 13日前
    実話があるっていうのがとどめだわなあ、これw
  • わいてい @mizuka19 13日前
    鬼平の盗人はたいてい商売やってて繁盛してることが多いんだけど目的(盗み)を達したらどれだけ繁盛しててもスパッと次の盗みのために止めてしまう辺り他と違って初志貫徹していて素晴らしいですね!(違う、そうじゃない)
  • the loyaltouch @theloyaltouch 13日前
    強盗が誘拐した子供に影響されて孤児院を作りはじめてやがて村を作るようになった『すてきな三にんぐみ』はこの類に入るのかな?
  • わい(ry @waidottowai 13日前
    961プロから765だか346だかに送り込まれて、でもまずは信頼を得るために頑張るとアイドルみんなから好かれて…ってSSがあったのを思い出した。
  • 魅魔 @mimarisu 13日前
    寿司屋の社長が魚の輸送中海賊が出るところを通らねばならずそこを仕切ってる海賊に傭兵を依頼したら思ってたより平和でそのまま社員として雇ってその近辺で漁業を依頼したら海賊が壊滅した話
  • Live long & prosper @titan3xFnfxte 13日前
    2vis キャッツアイは職業が喫茶店で、怪盗は趣味じゃない。むしろ副業でやってる海坊主さんの方が……(本業は殺し屋?傭兵?)
  • ぉざせぃ @hijirhy 13日前
    Towa_towa_to TBSでドラマ化されてましたね。いろいろ設定変更されてましたが、まぁそこそこの出来だったと思います。
  • Live long & prosper @titan3xFnfxte 13日前
    as_a_me_09 「ホットドッグ屋の話ソースが2ちゃんのコピペしかねーじぇねーか」  同感だな。実話っぽく扱われてるけどソースが見つからん。都市伝説の類ではないのか。
  • ぉざせぃ @hijirhy 13日前
    「笑の大学」はちょっと違わないか?と思ったけど検閲官の側から見たら面白くなくしようとした結果余計面白くなっちゃったってことで・・・やっぱり違うんじゃないか?
  • イエーガー[V8を讃えよ!] @Jaeger75 13日前
    逆パターンだと、「踊る大捜査線」で潜入捜査の為に青島刑事が中途採用の営業に成りすまして大きい契約取っちゃったり、唐揚げ屋に扮してたらその店が大繁盛してたりしましたねw
  • 芋煮会 @imo_dot 13日前
    宝塚の「カナリア」を思い出した …あれは悪魔が騙される話だから微妙に違うか
  • 地下猫 @tikani_nemuru_M 13日前
    京極夏彦作品にもある。窃盗団がカムフラージュのためにはじめた美食倶楽部が大当たりしてしまうやつ。たしか、「百器徒然袋 雨」に収録されている「 山颪」。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 13日前
    『オースティン・パワーズ』も悪の組織が皿売ってちゃんと稼いでたよね。
  • rxk14007 @rxk14007 13日前
    ゾルゲ事件でマックス・クラウゼンという技術者が、カモフラージュのためにコピー機の販売を手掛けて商売繁盛したというエピソードがあったよね。
  • Rick=TKN @RickTKN 13日前
    _Coffee_Junkie それは「ブビビンマン」。スッパマンの従兄弟。
  • monolith @se_monolith 13日前
    スティングは・・・店が通常営業で繁盛するわけじゃないから違うか
  • nekosencho @Neko_Sencho 13日前
    ドロンボー一味は商売に成功しても悪事を忘れない
  • たか橋 @taka_hashy 13日前
    がんばれば結果が出るっていうの才能の話だし、努力したら出世できたっていうのホワイト企業だし、なんかもうどうあがいても希望
  • 洋瀬府駿平太 @josephsyunpeita 13日前
    コヨーテラグタイムショーの、難攻不落の金庫破るために、普通にその銀行に就職して大口契約バンバン取って出世して、ついには頭取まで登り詰めて金庫開けるってのはちと違うか
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    moudamepo150701 「落語」で考えると、これまたやや変則ですが「遊郭で代金を支払えず、その店に閉じ込められた男が、店の雑用や、客のヨイショに天才的な才能を見せ、いつしかその店に欠かせない存在に…」という居残り佐平次http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2004/10/post_5.html があります(youtube音源も多数)。これは「男の意図」に関して、更にもう一ひねりあるのですが…。
  • 玉藻(公式)@きつね㌠ @Roseate_Rosy 13日前
    ああ、プロデューサーズの話やっぱり出てたか(笑) メル・ブルックスいいよね!
  • ケスイダ @muraseka 13日前
    銀行強盗を想定した訓練で、強盗役の警官があまりにも真面目だった為に本当に銀行強盗になってしまった映画があったな。「遊びの時間は終わらない」だっけか。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    この流れで考えたのですが、自分が上で書いた「ニセ黄門」も含め【「ニセ〇〇が、本当にその〇〇が必要とされる状況に際して、逃げたり、俺は本当の〇〇じゃないんだ!と白状したりせず、その〇〇役を務めようとする」というのも、リンク先のパターンの亜種ではないか?と。】https://twitter.com/gryphonjapan/status/818085586292514816 に例を挙げた。けど、これ定番だよなあ。O・ヘンリーとかが元祖かしら?
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    muraseka あれ名作ですね。ただ、あくまでも最後まで「訓練」だし「ごっこ」なのです。…予定調和で終わらず、メンツ丸つぶれの上層部が本気になり、マスコミが飛びついて一大イベントになっただけで(笑)… 臆面もなく自分の過去の紹介記事を。http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20071228/p6
  • bun @bun3559 13日前
    glaepo いや、ルパンはトンデモナイものを盗んでいるから(お約束)。
  • 浅見くん @as_a_me_09 13日前
    おいしい生活見てきたけど最初の30分でクッキー成り上がりパート終わってんじゃねーか殺すぞ
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 13日前
    同じウディ・アレン監督の映画だと、芝居の出資者であるギャングのボスに愛人を使えと脅された主人公よりも、ボスの子分のほうが脚本作るのがうまくて、この話では大根すぎて使えないと子分が愛人を撃ち殺していろいろめちゃくちゃになる『ブロードウェイと銃弾』というのもあります。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    ontheroadx 「ブロードウェイと銃弾」と「笑の大学」はコンセプトが似すぎていて、三谷がマネしたのではないか?という指摘があり、三谷幸喜氏が、いや違うと答えたりする一件があったそうで。https://twitter.com/mitanin_bot/status/723557946605490176  
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    で、ちょっと話を広げすぎかもしれんで恐縮だけど、このテーマも「犯罪者がカモフラがばれないように色々取りつくろう」のが笑わせどころだとすると、自分は以前から、それも含めて「取りつくろいもの」というべきジャンルがあるのではないか、と思っております。http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080107/p8で一覧化に挑戦したが、新作もいろいろあって、なかなか作り切れないが…この一部に、このまとめのテーマも含まれていると考えておりマス。(だからここぞとばかり語っちゃった)
  • gryphonjapan @gryphonjapan 13日前
    そういう広い範囲でだと「東ドイツ時代に昏睡し、ようやく目が覚めた東ドイツ共産党員の母親。とっくに祖国は消滅しているが、ショックを与えないため息子は『まだ東ドイツがある』とカモフラージュ。だがそれが、どんどん大がかりになり…」という「グッバイ、レーニン!」という映画が。https://www.youtube.com/watch?v=xrpJGqGy-Rg …あれ?公式にyoutubeで全編公開してる!!
  • 深井龍一郎@C91お疲れ様でした @rfukai 13日前
    ウルトラマンオーブのババルウ星人のエピソードはちょっと違うか。ババルウ星人がオーブに化けて悪事を働こうとしたら、そこに偶然現れた怪獣から子供達を守る結果になって感謝&ちやほやされたので本物みたいに振る舞う気になっちゃう。
  • Kumicit Transact @kumicit 13日前
    ホットドッグ屋でマネーロンダリング (2009年) http://transact.seesaa.net/article/305079141.html このホットドッグ屋は、ほとんど客が入ってなかった...
  • Ukat.U @t_UJ 12日前
    gryphonjapan 取りつくろう話だと、ポルトガルの独裁者、サラザールの晩年、2年間の昏睡から覚めてすでに権力を失っていたサラザールにショックを与えないように側近が執務室をそのまま保存して、偽の新聞まで作ったって言うのがありますね。
  • Ukat.U @t_UJ 12日前
    サラザールは偽の新聞を読んで、何の効力もない命令書を書き、権力を失ったことも、ポルトガルの混乱も知らないまま亡くなったとか。
  • Ukat.U @t_UJ 12日前
    誤解されたのをきっかけに頑張る話だと、「ギャラクシークエスト」が好き。スタートレックのような映画の過去のヒットで食いつないでいたキャストの面々が、本物のヒーローの記録映画と勘違いした宇宙人に助けを求められて大活躍する話です。あれは名作。スネイプ先生も出てきますよ!
  • こいん @360coin 12日前
    大砲とスタンプ5巻に出てくるドンゾコ自由国がオススメです
  • Simon_Sin @Simon_Sin 12日前
    「親の仇をぶっ殺そうとしたけどそいつが地元の人のためにトンネル掘ってるっていうからトンネル完成まで待ってやるか→早く殺したいから手伝うか→完成!でも情が移って殺せない」という菊池寛の『恩讐の彼方に』とかかな
  • 夢の夢 @__Y_Y 12日前
    あとで観よう。
  • 鮎缶@AMICRON @ryuga999 12日前
    コメ数多いからどんな荒れ方してるのかと思いきやみんなのオススメが並んでてほっこりした
  • さんちょ @sanbonchop 12日前
    俺もそういうの大好物です
  • ぱんどら @kopandacco 11日前
    BJの恩師の話とかこの派生系か。功労者のBJは先生に正体を明かさないためにあえて同窓会に出ない。
  • たっつみー @tattsumireds 11日前
    有川浩の『三匹のおっさん』に出てくるニセ三匹も、最後はちゃんと夜回りおじさんになってるんだよなあ。
  • akita_komachi @antiMulti 10日前
    詐欺目的で政治家になった詐欺師が環境問題に取り組んじゃうエディ・マーフィの「ホワイトハウス狂騒曲」は楽しい。
  • akita_komachi @antiMulti 10日前
    情報探索のために一月だけ結婚生活した相手に惚れてしまう忍者を描いた、風野真知雄「妻は、くノ一」は、ちょっと違うのかな。でも、かりそめの生活の方が充実してて、本業に疑問を抱くという構図は同じだよね。
  • 高村四郎 【絶対修了】【絶対課題完成】 @st_today 10日前
    彼氏の家が見える場所で占い師の変装して彼氏見張ってたら占いが繁盛してしまった、という話を聞いたことがある。
  • 上野 良樹@土曜:東P43b @letssaga3 10日前
    星新一「雄大な計画」は、「自分の力で社長になったのに、今更元の会社に戻っても…」と主人公が変心。激怒した元の会社が「社長は我が社のスパイ」と暴露するが、従業員は(事実なのに)デマと判断して発憤、元いた会社を倒産させてしまうというものでした。子供心に理不尽な結末と思いましたが、現実にもありそうですね。
  • 小野(旧姓鈴木)真理子 @MarikoOno_suzuk 10日前
    盗んだ卵を温めて雛を育ててから食べた方がお腹がいっぱいになる!とたくさん卵を集めて雛を育てるんだけど、情が移っちゃって結局みんなのお父さんになっちゃうイタチの話「はらぺこプンタ」という児童絵本は名作なんでみんな読んで欲しい。途中、どうにもならなくて葛藤して動物園に子供達を置き去りにしたりするのが妙にリアルなんですよ
  • @mouth0717 10日前
    犯罪のカモフラのために出した店が思いのほか繁盛。思わぬ実入りに犯人グループの穏健派はこれを機に犯罪から足を洗おうと提案する。しかし何としても犯行を成し遂げたい過激派はこれを快く思わない。深まる対立。あと一歩で殺し合いというある日、店の人気を聞きつけたテレビに生放送番組で取り上げられる。ちょうどその頃、遠くの町で偶然放送を見ていた刑事「この顔……昔俺が追っていて、証拠不十分で立件できなかった男じゃないか。店なんか出して一体何を企んでやがる」……というような展開を妄想した。
  • スキヨ @sukiyo01 10日前
    「コミケで買い専ダミーサークルとして申し込んだはいいが、ダミーと運営に思われないために言い訳用の本を作りはじめたらマジになってしまって普通に創作を始めた」って話を思い出した
  • 戸国梨 @nanashi_tu 9日前
    とあるドイツっぽい国家で仕方なく軍人になったが、出世と後方勤務の為に評価されるべく行動していたら前線を縦横無尽に走り回る幼女が(違うそうじゃない #幼女戦記
  • にゃほ同志@政治的正しさ @Temp002a 8日前
    麻薬取引人の収入は時給換算で3.32ドルなので、それより上手くやるというのは難しくないという側面も。データは「ヤバイ社会学」から。
  • アルミ缶 @toolazytobegood 8日前
    Tamemaru 感謝!早速観てみますね!
  • Irulan @Irulan_Corino 8日前
    全く逆で犯罪者でなく刑事だけど、潜入捜査のために幼稚園教諭になった刑事がいい先生になってしまった「キンダガートン・コップ」も好きです。
  • ペンギン海未ねこちゃん @Penginumineko 8日前
    電撃Gsマガジンで連載してたアイマスの漫画もそれ系統だった。961プロのスパイとして765プロに入社したさえない主人公が、春香、雪歩、響のユニットのプロデューサーになっちゃって最終的に黒井社長と決別してスパイやめて、真剣にプロデュースするって話。
  • ヨーチ @yoryol11 8日前
    「狐のお客さま」もこの部類に入るかな?
  • シ中田艦長ver.ネコ(虚弱) @ken0419 7日前
    眼鏡をかけた学級委員長の女の子がいけ好かないと言うので男子が共謀してクラス一のイケメンを差し向け、手ひどく振って笑ってやろうとしたら直前になってイケメンが委員長に本気になって惚れてしまっていて、みたいな昔の青春物ドラマを思い出した。勿論、眼鏡の奥は美少女と言う設定。
  • 黒山 @ku6yama 7日前
    富豪刑事のドラマもこんな話だったね
  • ぷーすけ @usk117 7日前
    こち亀でもあったな。悪質セールスに両さんが潜伏捜査してたら、たちまち頭角を現して幹部になるという、あ、これ逆だ。
  • gryphonjapan @gryphonjapan 6日前
    解除不能 PCウイルスSporaの脅威 #BLOGOS http://blogos.com/outline/205763/ 実話だから深刻ではあるんだけど、無駄にサービスと営業力が充実してることは認めざるを得ない(笑)
  • FADAC @81FADAC 6日前
    ドナルド・E・ウエストレイクの「ジミー・ザ・キッド」なんかどうだろうか。ドートマンダーの相棒ケルプが、作家リチャード・スタークの悪党パーカー・シリーズの誘拐ものを、そのまま犯罪計画に応用して金持ちの子を誘拐する。が、例のごとくグダグダになって、子どもの良いようにしてやられる。オチが傑作で、解放された子どもが実体験を原案として映画の脚本化して、大ヒット。リチャード・スタークが盗作として訴えようとしたけど、弁護士に「誘拐犯を訴えることはできるが」と止められる。
  • FADAC @81FADAC 6日前
    あ、ドナルド・E・ウエストレイク=リチャード・スタークね。別PN。
  • うずらねこ @uzuranek0 5日前
    深夜にこういう映画やってるとつい録画しちゃう

カテゴリーからまとめを探す

「電車」に関連するカテゴリー