「漫画家が飢えて死ぬか、読者が飢えて死ぬか。」を読んで考えたこと

@qisaru さんの「漫画家が飢えて死ぬか、読者が飢えて死ぬか。」http://togetter.com/li/105692 @m_non さんの「「漫画家が飢えて死ぬか、読者が飢えて死ぬか。」への藤原 祐先生のつぶやき」http://togetter.com/li/106614 この二つを読んで、最近私が感じていることを思いつくままつらつらとつぶやき、まとめてみました。最初だけちょこっと順番を入れ替えてあります。中古車業界にいた経験から、中古の流通は新品販売を阻害するものではなく、むしろ促進するものだと考えています。なお、発端は漫続きを読む@qisaru さんの「漫画家が飢えて死ぬか、読者が飢えて死ぬか。」http://togetter.com/li/105692 @m_non さんの「「漫画家が飢えて死ぬか、読者が飢えて死ぬか。」への藤原 祐先生のつぶやき」http://togetter.com/li/106614 この二つを読んで、最近私が感じていることを思いつくままつらつらとつぶやき、まとめてみました。最初だけちょこっと順番を入れ替えてあります。中古車業界にいた経験から、中古の流通は新品販売を阻害するものではなく、むしろ促進するものだと考えています。なお、発端は漫画家さんのつぶやきですが、小説やゲームなど、デジタル化が可能なコンテンツは一通り当てはまることだと思っています。 ※加筆修正してブログに載せました → http://ow.ly/472OK ※「新古書店」問題と、著作者への利益還元について http://togetter.com/li/107643 ※ブックオフを超える?古書委託販売の可能性 http://togetter.com/li/107918
漫画家
k_takanon 7521view 27コメント
38
ログインして広告を非表示にする
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 14:55:47
    .@qisaru さんのまとめ(http://togetter.com/li/105692)を読んでいる。発端になった新條まゆさん( @shinjomayu )のTWは違法ダウンロードに対する問題提起だったのに、途中から古書流通の話が混在してややこしくなった。別問題と思う。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 14:40:38
    中古物品の流通市場のほうが大きいんだよね。車業界にいたからよく判る。メーカーがそれを是としているのは、経年劣化するので流通には限界があるから。「下取」や「買取」のリセールバリューで、新品の販売を促進することができる。ユーザーの裾野を広げられる。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 14:49:34
    本は黄ばんだり汚れたり破れたりと劣化するし、運ぶコストや置き場もとる。それが流通の前提だった。しかし、デジタル化された情報は劣化しないし、コピーにコストがかからないからどこまでも広がっていってしまう。だから、古書流通と「zipでうp」は、全然次元の異なる問題。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 15:05:24
    中古物品の場合、メーカーは「それでも新品が売れればいい」と割り切る事ができる。しかしデジタル情報の場合、劣化しないコピーが無料で拡散してしまうので対価が極小化する。マジコンも同じ。コピーできない仕組みの中でしか従来型の流通はありえない。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 15:21:43
    デジタル化によって従来型の流通が壊れ始めている。代替として考えられている電子書籍は、現状大半が「コピーできない仕組み」の中で従来型の流通市場を作ろうとしている。消費者には、中古としてリセールできないというデメリットがある。つまり、中古流通が新品販売に与えてきたメリットが消える。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 15:28:57
    不法コピーや違法ダウンロードは無くならないし、従来型の市場流通は確実に減っていく。これを前提として、新しいマネタイズの手法を生み出していくしかないと思う。このあたりの問題に直面している人は、クリス・アンダーソンの「フリー」は絶対読んでおくべき(今更ですが)
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 15:43:02
    私が以前いた会社では「売上第一」ではなく「お客様の満足の結果対価を得る」と言われていた。著者にとってまず大切なのは「読者に喜んでもらうこと」だ。しかし、それによって対価が生まれなければただの趣味。お金が稼げなければ「プロ」じゃない。でも今やその対価を得る手段が壊れ始めている。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 15:55:13
    従来型の流通が壊れることで、著者・編集・校閲・デザイン・印刷・製本・取次・運送・書店・広告宣伝などの役割も変わっていく。少なくとも、印刷~書店の役割は確実に小さくなる。古書ビジネスもそうだね。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:01:43
    中古流通が新品販売に与えてきたメリットについて。リセールバリューによって、新品の販売を促進することができる。つまり、古本として売ったお金は、新刊の購入に充てられる可能性があるということ。高く売ることができれば、それだけ可能性は高くなる。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:16:19
    カーディーラーは、昔は中古車をオークションでの流通相場よりかなり安く下取していた。そこで、オークション流通相場に基づく買取という新しいビジネスモデルが生まれた。昔のように、古本を全部まとめて二束三文で買い叩くというビジネススタイルは、今後は難しい。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:21:03
    ヤフオクのような個人間売買手法の発達で、手間ひまを惜しまなければ古本屋に叩き売るより高く売れる可能性がある。相場の見える化によって、人気書籍は古本屋に流通しなくなる。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:25:57
    少し待てば新品同然のモノが安く手に入るなら、中古に流れる消費者は多くなる。逆に言うと、買ったモノの価値が簡単には下落しないことは、新品販売を促進する要因となる。つまり、健全な中古市場が形成されることは、新品販売にとっても良いこと。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:33:16
    電子書籍に中古市場は形成されない。つまり、リセールバリューが必ずゼロになる。その分、安価でなければ売れない。印刷・製本・取次・運送などのコストがかからない、という送り手側だけの理由で考えてはダメ。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-01 16:45:12
    こうやって考えてみると、図書館への新刊大量入庫問題と、不法ダウンロード問題って、ちょっと似ているところがある気がする。図書館への入庫は二次流通を生まないので、中古市場と違って「裾野を広げる」メリットしか無い。

コメント

  • ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2011-03-01 23:53:10
    車はたいてい一台しか乗らないし、漫画は本棚の大きさまでしか新品を買えない。でも電子書籍は……という話か。でも違法mp3が蔓延ってたのにiTunes Storeがアメリカで流行ったという実例あたりでややこしい話ではある。
  • ちくわ@だいぶヱロい @tikuwa_ore 2011-03-01 23:56:53
    比較目的でデジタル書籍を購入したことがありますが、コピー不可、低解像度、実本と比べて減ページ。しかし実本と価格が殆ど変わらない。古書流通が絶えないのは当然です。出版社が自らの利益を減じない限り、未来はないでしょう。
  • うわらざくん @urawazakun 2011-03-02 01:57:59
    言いたいことがだいたい纏められてていいトゥギャです。まとめお疲れさまでした。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2011-03-02 02:00:01
    FREEの作者と或る種の漫画家さんは似てると思うんだ。ただ業界の位置が違うだけで。コモンズの人々とフリーの人は違うんだよね。これを意図的に混同し、デジタルは只という風潮を作ってるのは、フリーの人なんだけど、そういう人達と或る種の漫画家さんや編集は似てると思う。
  • セルフ執事 @SF_yomi 2011-03-02 02:04:05
    だから、コンテンツはタダという風潮、デジタルならタダという風潮は、決して自然発生したものではなくて、作られた風潮という点は、強く認識して置くべきだと思う。で、貴方はその風潮を嫌う右手を人に見せているけども、左手で何をやってるの? と感じる編集や漫画家さんもいる。
  • SMT @SuperMTec 2011-03-02 04:23:22
    他のまとめで書いたが、14世紀までの手書きの写本→15世紀からの活版印刷による大量生産が、書籍とそこの情報の価値を下落させたように、21世紀における情報流通革命は情報の価値を限りなく無料のレベルまで下落させるのが歴史の必然。大衆は容易に流通できる情報・コンテンツに対価を支払う価値を認めないし、そもそもその情報を見て欲しいのはお前の方だろ?と問い詰め始める。それを批判しても始まらないと思う
  • SMT @SuperMTec 2011-03-02 04:30:23
    自分はコンテンツはタダ、デジタルはタダ(であるべき)という認識は、情報流通革命が自然にもたらした価値観だと思う。流通の利便性が突き詰められたことで、今後問われていくのはその情報発信者の意図と情報の意義で、大衆はそれに対価を認めないだろう。つまり商業活動は成り立たず、精神文化的なものに洗練されていく。そも欧州で最初の写本の多くは宗教書だった。書籍によって信仰という精神的価値を発信していたのだから、それは原点回帰といえるやもしれぬ
  • 汀こるもの@レベル96 @korumono 2011-03-02 05:32:57
    コンテンツ無料が当たり前になったとして配信者がどうやって元を取るかという。結構いろいろ金かかるもんだぜ。もうアレかことあるごとにコーラ飲んだり窓からPS投げ捨てたり○○社の携帯電話は優秀ね!とか言ってみるか!
  • ええな@ねこモフ&ねこガブ @WATERMAN1996 2011-03-02 06:40:44
    ある程度安ければ電子書籍も普及する目はある。タダで違法vs安い適法では、安い適法が勝ったというのがiTunesであるわけで。違法を摘発しつつ安い適法を用意するという二段構えが良かった。日本の場合、安い適法を用意しないのが問題。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 09:48:53
    皆様コメントありがとうございます。私は「フリー」は極論だと思っていて、情報革命後においても媒体特性が異なるため、紙に一定の需要は残ると思っています。TVが普及してもラジオがまだ生き残っているように。ただ、従来の手法で得られる対価は確実に小さくなる。固執したら生き残れない。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 10:02:51
    新しい手法について。マンガで言えば、赤松健さんのJコミ(絶版+無料配布+広告モデル)は非常に面白い。希有馬さんが始めた、プロが同人誌(Webコミ→セルフプロデュース書籍化)という中抜きもアリだと思う。今や音楽CDはメジャーレーベルよりインディーズの方が儲かるらしいし。
  • Rick=TKN @RickTKN 2011-03-02 10:04:42
    デジタルコンテンツを「コピーし放題だから悪」と見るか、「流通コストが限りなく低いから良」と見るかだと思う。あと、ユーザーの気持ちに一番近い形で動いてるのはJコミだろうな。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 10:08:52
    繰り返しになるけど前提として、著作者にとってまず大切なのは読者に喜んでもらうこと。今まではそこから先は仕組みが出来上がっていて、著作者が儲ける方法なんて考えなくてもよかった。これからは、従来の仕組みが壊されたことを嘆いたり批判したりするより、儲ける方法「も」考えた方が建設的。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 10:21:18
    「寄付」という手法もありますね。ろじっくぱらだいすのワタナベさんが提唱したWeb投げ銭や、Wikipediaが有名です。フリージャーナリストでPaypalを使っている方々もいますね。これが当たり前のことになってくれば、ニコ動で「振り込めない詐欺」のタグが消えるかも。
  • カズマ[OTAFK-FORCE] @OtafkForce 2011-03-02 10:45:12
    受け手が送り手に対して寄付、というのは面白いかも、比較的手軽に送金できる場とシステムが有れば面白いかな?
  • カズマ[OTAFK-FORCE] @OtafkForce 2011-03-02 10:48:03
    ニコ動ならプレミアム会員の月額課金に数百円を上乗せそれをポイント(P)として、気に入った動画に任意のPをつける事で送り手側に寄付として振り込まれる、とか。Pを使いきる事で受け手にも何かメリットを設けて振り込み易くしたりとか。
  • 藤堂考山 @ko_zan 2011-03-02 12:09:59
    結局、この手の話ってさ、携帯電話コンテンツの仕組みで答えはハッキリ出てると思うんだけどな。結局、圧倒的な利便性なんだよ。買いたいと思ったときに、なんの手間も無く買えるは大きいよ。ソーシャルゲーム然り、今まであらゆる携帯で展開されてきた課金コンテンツ然り結局課金のプラットフォームの問題。着うたは全然伸び盛り。PCの課金の敷居の高さは異常。そんな中、ニコニコは耐え忍んでマジで頑張ったと思うけどね。
  • rshibuya @4bu8r 2011-03-02 13:19:06
    漫画でも小説でも、初版限定版みたいなのをもっとやっていいと思う。作家さんのサイン会応募券とか、特別な一枚絵のプレゼントとか。違法アップロードで売れないという怒りも判るけど、競争相手は確実に昔と違って増えてるんだから(携帯、ゲーム、同業者の数も増えてるでしょう)、売る工夫も必要と思う。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 14:36:41
    おまけ戦略は一考の余地ありですね。「侵略!イカ娘」第3巻BDは、初回限定特典のミニイカ娘ちゃん欲しさに複数購入している方々もいて、販促に繋がっているように見えます。しかし、ミニイカ娘ちゃん単独で販売すれば、爆発的に売れる可能性もあるわけです。おまけじゃもったいない。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 14:41:50
    ちょっと本題とはズレますが、仮にミニイカ娘ちゃんが単独で販売され、1体500円くらいだったら、1人で100体くらい買って「部屋が侵略されたぁあああ!」って喜ぶ方々って結構いると思うんですよね。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-02 14:46:46
    でも、既に初回限定特典としておまけしてしまったので、今から単独販売なんかしたらBDを複数購入してくれたコアなファンを確実に怒らせてしまう。
  • カズマ[OTAFK-FORCE] @OtafkForce 2011-03-02 17:40:41
    圧倒的な利便性、ってのは確かに重要だと思いますね。こと漫画に限らず、音楽なんかでも言える事ですが。欲しい時に欲しい物が買える状況を売り手が用意できれば収益ももっと伸ばせるんじゃないかと思うんですが。
  • うわらざくん @urawazakun 2011-03-03 01:05:41
    とりあえずまとめ主がイカ娘に対して何らかの強い思い入れがあることは分かった。 AKBの番組寄付が一番近い形してると思う。番組続行したいなら携帯から一口50円の寄付をお願いしますってやつ。なんだかんだでコンテンツ生かすのに一番手っ取り早い手段な気がする。後は、提供するまでの過程に存在する企業を淘汰したり、場合によっては切り捨てて、コンテンツ自体のコストを低く保ち続けるのも良いかも。現在の紙媒体より、これから話題になりそうな媒体に、如何に安く見やすい物として提供出来るか考えた方がラクだと思う。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-03 14:05:27
    既に侵略されているじゃなイカ?!
  • たかのん @k_takanon 2011-03-03 14:12:08
    「健全な中古市場が形成されることは、新品販売にとっても良いこと」に誰も反応してこなかったのは意外だった。「古書流通は作者にお金が落ちないから、できれば新品を買おう」という主張への反論だったのだが。
  • ǝunsʇo ıɯnɟɐsɐɯ @otsune 2011-03-03 17:39:34
    反応できるほど中古市場について語れる人はポジション的に「黙っていたほうが得」という立場が多いと思うし、そもそも「ふーん。まぁそんな面も有るかもね」ぐらいの反応する気が起きない話題だとは思う。
  • たかのん @k_takanon 2011-03-03 17:54:02
    なるほど、新條まゆさんみたいに身分を明かした上で、中古市場批判をする方は珍しいわけですね。ただ、カウントを別途取得すれば匿名でも発言はできますからね。さほど刺激的な話題ではないってことかな?

カテゴリーからまとめを探す

「プログラミング」に関連するカテゴリー