10周年のSPコンテンツ!
3
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
「World of Guns」というゲームを始めた。 銃の分解組み立てを楽しむゲームだが、奇妙な日本語訳を楽しむゲームでもあるらしい。 一時停止を押して出てくるこれの「閉」を押すと、この表示である。 #ワルガン pic.twitter.com/3hCreoswWq
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
「Gun Disassembly」 のリベレーターの断面図を見たけど、銃ってここまで簡略化出来るんだとしか感じない。 pic.twitter.com/uqq6va1kq4
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti  FRー45って粗雑な銃とは聞いていたけど、ここまでとは。 スプリング右のリングを出っ張りが抑えてあるくらいしか機構と呼べるものが存在しない。 コッキングピースも南京錠みたいな部品に撃針がついてあるだけ。
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
「Gun Disassembly」MP40のボルト周り面白いな。 ボルトキャリアの後ろにある二本の筒が伸び縮みするアンテナみたいな動きをする。 pic.twitter.com/9FdlzjhgsC
拡大
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
「Gun Disassembly」でデザートイーグルをゲット。 かなりブロック化されており、他のハンドガンに比べて組み立てやすい(面倒なトリガー周りがこれ) pic.twitter.com/G6X5HKzOVv
拡大
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 機関部は右側に集約されている。 構造は単純と言えば、単純なんだけどネジの数が予想より多いけど、火打石を留めるネジ以外は釘で代用できると思う。 pic.twitter.com/yAMNHKvhe5
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 異世界で現代兵器で無双するためには、何はともあれネジづくりが最優先事項になるだろな。 画像は尾栓。 pic.twitter.com/b1EZvrWqSO
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 銃身側のネジの彫り方は銃身を熱し柔らかくした所で、雄ネジをねじ込み成形、銃身が冷え固くなったら、また銃身を熱する工程を繰り返していくらしい。
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 実際分解してみて分かったのは、今まで銃身をストックに固定するのは、尾栓にあるネジだけかと思ってたけど、銃身下部に固定用の輪があり、ストックの穴と銃身下部の穴を平たい棒が貫いて固定する仕掛け pic.twitter.com/Wg9sXfs47N
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
Gun Disassemblyで高貴な銃ことシングルアクションアーミーを入手。 何のタクティカルアドバンテージのない彫刻入り。 pic.twitter.com/vHOLB4HUYv
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 正直、SAAの特徴である四段階あるハンマーポジションで色んな所のロックが変わるをゲームで再現できてないのが痛い(3段階目でシリンダーグルグルとかやりたいのに)。
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
シングルアクションアーミーは個人的には嫌いな分類に入る銃。 ハンマーが本当に面倒くさい。youtu.be/QWF0U5RDW14?t=…
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
SAAを分解してみて分かったのは、ハンマーにスプリングとの接触を滑らかにするローラーが付いていることと、一体成型かと思ってた撃針と撃鉄が別々だったってこと。 pic.twitter.com/VmoQOPWHy6
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
Gun DisassemblyでG36の派生型、「SL9SD」というのを入手したけど、売られていたのかすら分からん。 pic.twitter.com/14wgUY1TyC
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti 謎の銃ではあるけれど、G36のSF的デザインに消音狙撃ライフルという要素が加わってかなりカッコいい。
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
@komakikiti  内部構造は普通だが、銃床がネジとかで調節するタイプじゃなくて、ダンベルのようにブロックを重ねていくことによって、長さを調節するのがこの銃の特徴か pic.twitter.com/LFDR1JskRO
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
デリンジャーの一つのトリガーで二連発を可能にする最重要パーツ、トリガーについた特徴的な歯車 pic.twitter.com/3Ig3UCYZyg
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
この歯車の役割は、撃鉄が倒れる深さを一回目と二回目で微妙に変えること。 pic.twitter.com/rgTbQTZ01U
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
デリンジャーで新たな発見だったのは、ブレイクオープンするためのスイッチが今まで、二本の銃身間ににあるスライドスイッチだと思ってたけど、これは排莢用のモノで、ブレイクさせるためのスイッチは、トリガー上のレバーだったってこと pic.twitter.com/1wDoe5mhMK
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
デリンジャー見れば、見るほど風の谷の某ガンシップに似ている pic.twitter.com/agcKNy6g1I
拡大
拡大
拡大
拡大
内調フクロウの憂鬱(自由を奪った状態で殴る) @komakikiti
World of Guns: Gun Disassemblyで、ポケットピストン、AMTバックアップを入手。 pic.twitter.com/21PrtqqE4U
拡大
残りを読む(58)

コメント

ヘルヴォルト @hervort 2017年1月10日
でもーお高いんでしょー?(どこでおいくらで販売していますかの意味)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする