10周年のSPコンテンツ!

ジャズ理論は簡単なのにモダンジャズができないドタバタ日本

ジャズができないと理論のせいにする風潮があるのだけれど、ジャズ理論というのは実にシンプル。クラシックの機能和声学が三和音以外を色彩音とするのに対して、ジャズでは四和音による代理関係を体系化しているだけだ。それがわからないというだけで、ダンモ(モダンジャズ)、Be-Bopができないとか、苦手という言い訳は、いわせない(笑)。 ドリフターズも植木等も、ジャズができないことをドタバタにしたのに、ピコ太郎はドタバタにならないよ。ジャズができないから、笑ってただけとはいえなくなってしまった。最近、遠隔地の方からのリクエストで、少しネットレッスンに応じているのだが、それが早めに終わったので、そこからツイートが始まる。じつはジャズ理論も簡単。そんな簡単なもののせいにして、ジャズができないなどというのは、お笑いにもならない。
音楽 こじらせジャズスノッブ セルフまとめ PPAP タモリ ビバップ コメント欄で色々察するまとめ ジャズ ジャズ理論 ジャズフルート
42
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
サクッとネットレッスン終わり。Be-bopの時代はたった20年だが、あの狭い時代の音楽だけは、ピアニストのように自前でテンションを理解するか、パーカーの劣化コピーか、その練習をしない限り、あのリズム感にはならない。頭で考えてもできるようにはならない。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
bopのⅡⅤのコード進行は、ドミナントは♯9と♭9、それ以外はすべて代理でm9thをターゲティングにして遊んでいるだけだが、それができるのもリズムに勢いがあるから。西欧音楽がバルトークまでできなかったことを、パーカーが安々と乗り越えたのだから。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
モード以後は、ⅡⅤがないので、今度はリズムのキレだけ。たとえばドルフィーになると、boppishな跳躍のリズムのデフォルメだけ、のようになっていく。だから、ただロングトーンで♯9というだけでもだめで、拍ウラオモテの感覚を、身体で覚えるしかない。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
復習で、クラシックの和声学は三和音(ドミソ、ファラド、ソシレ)だけの体系で後は色彩音だが、ジャズ理論は四和音(ドミソシ、レファラド、シレファミ)のように代理関係を体系化している。さらにアドリブラインは、テンション(UST)で遊んでいると思えばよい。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
その場合、コード記号はベース音を指定しているだけで、ウワモノ奏者は、USTだけを考えている。それがドミナントでは♯9と♭9、それ以外は代理先のm9をターゲティングルート(C△7ならAm9というように)にする、というアドリブの体系化。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
1960年代に入ると、今度はm9thではなく、m11thやm13thをターゲティングノートにして、そこを繋いでメロディーを作り、ウェインのようなオリジナル曲を作るのがブームになっただけなのだ。西欧音楽から考えると難しいことをやっているのだが、実は難しくない。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
とはいえ、私はいまこうした9thターゲティングというジャズ教育のメソッドで教えているのだが、めぐたんの場合は、コード進行がとれていないのだ。それは自分でピアノでコードを押さえる、という練習をしないと身につかないかもしれない。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
9thターゲティングしようとして、どこがそのコードだっけ?と泳いでしまう。そういうことはピアノ奏者ならないのだ。だから本来は、ピアノでコードを一通り押さえられないとアドリブは難しい。単旋律奏者が単線だけでそれを考えるというのは、かなり天才性に依存している。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
バップのⅡⅤというのは極めてコーダルなので、自分でコードが浮かんでない人には絶対にできない。それが嫌でモードはドリアン、Ⅱだけでアドリブするようになったのだから。ⅡⅤもⅡだけでもいいし、Ⅴだけでもよいのだが、そこで遊べるようになるためには、まずコーダル。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ⅡⅤをⅡだけでやってもいいし、Ⅴだけにして、オルタードやコンディミやホールトーンで強烈にやらかしてもよい。たったそれだけの遊びに興じているだけなのだが、そのⅡⅤがどこにあるのかわからないというのは、まずピアノで枯れ葉なら枯れ葉のコードを探るところからだね。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
その際、コードをDm7なら、最初はレファラドと押さえてもいいが、なるべくすぐにジャズヴォイシングの法則で覚えると、バッキングできるようになる。生徒さんにピアノはじめて二ヶ月でジャズバッキングができるようになった人がいたが。そういう世界なのよ。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
たとえば、枯れ葉のCメロ部など、4小節で5度圏半周もしてしまう。それなのに、一つのスケールでアドリブしようとしたりしてるでしょ? @PiyoMegtan pic.twitter.com/yTMXQYXtsT
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
この五度圏の図を凝視してね。Fには裏コード(代理)のBが来てるでしょ? これはバルトークチェンジなのだが、クラシックの三和音による機能和声学にはこの考えは存在しない。四和音によるジャズ理論とはこの代理関係を体系化する理論のこと。@PiyoMegtan pic.twitter.com/sZ3m1RYGas
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ジャズ理論では、ドミナント以外はダイアトニック内に代理関係があるが、ドミナントだけは、バルトークチェンジ(G7ならD♭7と同等)になる、という理論。これを天才的に単旋律のスピード感のあるチャーリー・パーカーが、ある時ひらめきで発見した、と言われているのだ。@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
だから、モンクのWell you needn'tのマイルスチェンジが、G♭7→F△なのよ。だからモンクとマイルスが喧嘩したのかはしらないが(笑)、G♭7はC7の裏コード(オルタード)だから、転調ではなくアドリブ奏者には一つのトーナリティーに聴こえてるのよ。@PiyoMegtan pic.twitter.com/xwl85e94vo
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ジャズ理論って、たったこれだけのことなので難しく考え込まないように。ジャズ理論の本(バークリー理論)が分厚くなるのは、これに則って4声のビッグバンドをヴォイシングするには、というアレンジ理論なので、あまりアドリブ奏者には役立たない、箪笥の肥やしになるでしょ?@PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
あれ? 箪笥の肥やしって言う言い方はへんだったかしら? 押し入れの肥やしだったっけ? まあどっちでもいいけどww (^-^)/ @PiyoMegtan
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
それだとバッハになるのよね。肝心な音だけ狙うという引き算のリズム感が身につかない。だからエレクトーンやってた子とかのほうが早いのよ。@LitoSnowfield 単音楽器奏者にはコードとその進行感覚が壁だったりしますからね〜 マイナスワンに合わせてアルペジオ練習しました(笑)
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
昔あったのだ、左手コードを弾いて、右手アルペジオしてみましょう、というジャズ練習本、いまはジャズハノンになっちゃったけどね。ああいうのやったところで、こればっかりはできるようにはならん。アルペジオは上手くなるだろうけどね(笑) @LitoSnowfield
りと🍮 (5さい) @LitoSnowfield
@sunamajiri まぁ…その練習法はそれ以前の段階でまず四和音が想起できるようにというものですからリズムは度外視ですからね(*^o^)> と…そのコード感覚と引き算のターゲットなリズム感の練習法となるとコピーになるでしょうか(・o・)?
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
コピーでは、自前でフレージングができない、となるので、最近はサーチング&9thターゲティング、というのがアメリカでのジャズの教え方の一つになってきてるんだろうな。肝心な音だけ狙えと。でもリズムの悪い日本人がこれができないので、どうしたものかと。@LitoSnowfield
りと🍮 (5さい) @LitoSnowfield
@sunamajiri ああ…それのひとつとしてのスキャット練習(*^o^)>
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
母音半拍あつかいの鹿児島弁がいいかも。ドイツ人が聴き取れないギリシャ語の半母音みたいな。笑 @LitoSnowfield ああ…それのひとつとしてのスキャット練習(*^o^)>
りと🍮 (5さい) @LitoSnowfield
@sunamajiri あはは(*^o^)> 灯台下暗し的な(笑) ハードル上がったような気もしますが(*^o^)>
残りを読む(38)

コメント

ゴイスー @goisup 2017年1月16日
IIVってなんですか?w 7thくらいちゃんと書きましょう。 ジャズ理論以前の問題でしょw あんまり音楽家舐めないほうがいい
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri 2017年1月16日
マジレスしてあげると、ジャンル内の話だからね。Bebopの話題ではⅡⅤというのは他を省略してもそれのことだ。ジャズミュージシャンなめたらあかんぜよ。 goisup
ゴイスー @goisup 2017年1月16日
2-5ってことなら理解する
ゴイスー @goisup 2017年1月16日
ケーデンスに寄り添いたいのか、モーダルな自由を求めるのか。そんなもん、どっちでもいいんです。個々人が好きにやればいい。日本がモダンジャズ出来ないってお題設定がアホらしいってことに気づけ。狭すぎるんだよ
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri 2017年1月16日
厨房(コトバの定義がどうの、とジャーゴンに躓く人のこと)がわいたので、戒めを付加したよ(^-^)/
Masahiko Kono 河野正比古 @_k0n0- 2017年1月16日
すみません、ローマ数字で仰っているⅡⅤと言うのはⅤⅡのことでよろしいですね?横入り失礼しました。
公然秘密結社社員 @higrik 2017年1月16日
ⅡⅤと記述しているのはてっきり四度進行(Tow-Five)のことかと思ったのですが、違うのですね。
🐔名無し🐔 @ScreamIcecream7 2017年1月16日
ジャズスノッブこじらせすぎじゃないっすかね こんなツイートしてる暇あったらKind Of Blueあたりを1回でも多く聴いたほうが良いんじゃないかなーと
くぼま さや @kikutan_sax 2017年1月16日
なんとなくわかりやすかった。 吹きたくなるなぁ。
PSGOZ㌠ @PSGOZMIKU 2017年1月25日
"ⅡⅤのコード進行"だからⅡ-Ⅴのことだな。ハイフン一個でコメント欄が大騒ぎである。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする