2017年1月20日

遠藤周作の思想と『沈黙』におけるジレンマ

99
ニューズウィーク日本版 @Newsweek_JAPAN

【映画】スコセッシ『沈黙』、残虐で重い映像が語る人間の精神の勝利……キリシタン弾圧を描く遠藤周作の名作が、巨匠スコセッシに長年の夢を実現させた newsweekjapan.jp/stories/world/… #沈黙 #スコセッシ pic.twitter.com/JlzdxOGLUs

2017-01-20 11:16:01
拡大
HODGE @HODGE_EGDOH

マーティン・スコセッシ、『沈黙』をバチカンで特別上映! ローマ法王にも面会 - エキサイトニュース excite.co.jp/News/entertain… ”スコセッシ監督は1988年に制作した映画『最後の誘惑』が、保守的なクリスチャンから大きな非難を受けた過去がある。”

2016-12-10 13:16:24
a @asilefor

いよいよスコセッシの新作、「沈黙」がアメリカで公開。原作は遠藤周作。1988年のスコセッシの作品「最後の誘惑」との関連性についてスコセッシ自身がコメントしている。当時大問題となった「最後の誘惑」を撮るにあたって遠藤周作の「沈黙」に大きく感銘と影響を受けている様子とがよくわかる。 twitter.com/usatoday/statu…

2016-12-21 09:24:54
Yuko Kato @yukokato1701

なるほど。やっぱり「最後の誘惑」との関係性は大事なんだろうな……→「原作と出会ったのは、『最後の誘惑』であらゆる議論が沸き起こる中で「自分の信仰心をちょっと見失っていた時」 news.walkerplus.com/article/98016/

2017-01-16 17:59:42
まとめ 映画「沈黙」から~原作者・遠藤周作の思想と、カソリックの教えに差異はあるか…、など(こなたま氏を中心に) 遠藤周作の小説「沈黙」がスコセッシによって映画化されました。 以前から、遠藤周作はカソリック信者であると自認し、作品もそう扱われているけど、よく読んでみるとその思想は、カソリックとは言えないんじゃないか?という話がありまして、それを中心に収録。 そのほか、検索して収録したものも。 カテゴリは「歴史」 17612 pv 51 40 users 169
merciluke @merciluke

あの遠藤周作氏の「沈黙」が出版された刻、イエスに対する解釈がカトリック的に逸脱したものであったため、長崎教区にて発禁になるなど教会からの反発を受けた。氏は輪廻転生を信じていたしローマ・カトリックの教えが此の世の総てをカバーしているとは考えていなかった。つまり、彼は異端者だった。。

2013-07-07 01:38:05
お砂糖インク🖋 @sugar_inc_

>RT 異端者…かなりヤバイ人扱いだったってことです…

2017-01-19 10:48:50
三田典玄 @tengenmita

大変に申し訳ないとは思うけれども、遠藤周作的な、あるいはパール・バック的な「宗教観」は、本来のキリスト教とは、やはり相容れないものであるのは、その人たちの苦悩と行動がキリスト教を否定したことによって、ちゃんと証明されていると思う... fb.me/3moehQtmZ

2013-11-16 08:36:38
三田典玄 @tengenmita

大変に申し訳ないとは思うけれども、遠藤周作的な、あるいはパール・バック的な「宗教観」は、本来のキリスト教とは、やはり相容れないものであるのは、その人たちの苦悩と行動がキリスト教を否定したことによって、ちゃんと証明されていると思うのですね。

2013-11-16 08:37:15
三田典玄 @tengenmita

つまり、パール・バックはそのために結局宣教師を辞めてしまった。遠藤周作は「日本的なもの」に本来のキリスト教を改変した。遠藤周作のやったことは「キリスト教の扱っている神とか慈悲とかの、観念のパーツを使って再構築された、キリスト教ではないもの」を作ることだった。

2013-11-16 08:38:07
三田典玄 @tengenmita

これは、全く方向性が違うとは思うけれども、オウム真理教だって同じことをしていたわけですが。

2013-11-16 08:38:13
三田典玄 @tengenmita

だから、あれは「遠藤周作教」であって「キリスト教」ではない、と、私は思う。だから、キリスト教から、遠藤周作教に必要のないパーツは取り払ってあるわけです。「家族より神を愛せ」とかの「パーツ」は、遠藤周作教には不都合ですから。

2013-11-16 08:38:28
三田典玄 @tengenmita

とはいうものの、キリスト教の原本になる「福音書」さえ複数ある。しかし、その福音書があるおかげで、ぼくらはキリスト教の源流にかなり近いところまでさかのぼることができ「それが本来のキリスト教と比べてどうなのか」という議論をすることができる。

2013-11-16 08:39:01
三田典玄 @tengenmita

だから、遠藤周作を「あれはキリスト教とは違うじゃないか」とも言える。

2013-11-16 08:39:06
三田典玄 @tengenmita

つまり、遠藤周作教はキリスト教本来から言えば「異端」にならざるを得ない。聖書を「すべて」受け入れていないし、都合のいいところだけとってきて組み合わせて、キリスト教を「偽装」しているわけだから。とは言うものの、日本におけるキリスト教団という「人の団体」にとって、

2013-11-16 08:39:36
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan

「カソリック作家という看板を掲げていながら、その思想は教会と違い過ぎる作家のまとめです」「曽野綾子まとめですか」「それは置いといて」 / “映画「沈黙」から~原作者・遠藤周作の思想と、カソリックの教えに差異はあるか…、など(こな…” htn.to/4bovE58

2016-11-25 12:06:59
新CMTC @MontyGlycon1

カトリック信徒のamazonレビュアーのPoulain "chemin de la croix"氏が遠藤周作をめっちゃ否定してた。

2016-11-25 19:27:01
新CMTC @MontyGlycon1

遠藤周作『沈黙』についてのレビュー ”★☆☆☆☆ 遠藤周作の思想を鵜呑みにすることは極めて危険です。, 2013/5/22 レビュー対象商品: 沈黙 (Kindle版)   本書の提示する思想が、聖書的なイエス像と全く相容れないものであることについては

2016-11-25 19:33:34
新CMTC @MontyGlycon1

”、「キリスト者の信条・踏み絵について」(世のひかり社)に収録されたデルコル神父およびバルバロ神父の批判を参照してください。もちろん神は人の弱さゆえの罪を赦しますが、罪そのものを正当化し罪を行ってよいなどとは絶対に言わないのです。この区別は重大なことです。”

2016-11-25 19:34:26
新CMTC @MontyGlycon1

”「私の考えでは、遠藤氏の文学は、キリスト教や聖書をテーマにしたにしても、布教にとって大きなマイナスであり、とくに非キリスト者にとっては、”ゆがめられたキリスト教”を紹介したに過ぎないのである」(デルコル神父)”

2016-11-25 19:35:31
新CMTC @MontyGlycon1

”「キリストは「弱い人々」のために来た。それは真実である。・・・しかしキリストは一度も、人間の弱さをあおったことはない。むしろ「自分の生命を救いたいなら、それを捨てよ」と教えたではないか。」(バルバロ神父)”

2016-11-25 19:36:09
新CMTC @MontyGlycon1

”踏み絵においてキリストの像を踏み人の前で信仰を否むことは罪です。人は自分の弱さに居直って罪を正当化してはいけません”

2016-11-25 19:39:48
新CMTC @MontyGlycon1

”またカトリック信徒であることを公言してきた遠藤周作は「私にとって神とは」(光文社文庫)p.166、p.215でテイヤール・ド・シャルダンを絶賛しまくっていますが、ヴァチカンはこの本の初版の出版の前に二度にわたってテイヤールの著作に関する厳しい警告を出しています。”

2016-11-25 19:40:15
新CMTC @MontyGlycon1

”「(テイヤールの流通している諸著作が)カトリック教義に反する曖昧性や深刻な誤謬を含んでいることは十分に明白である。それゆえ、・・・聖庁は、全ての教区司教、修道会上長、神学校校長、大学総長に、テイヤール・ド・シャルダン神父と彼の追従者の諸著作によって引き起こされている危険から、”

2016-11-25 19:41:32
新CMTC @MontyGlycon1

”人々の精神を、とくに若い人々のそれを守るように強く勧告する。」 (WARNING REGARDING THE WRITINGS OF FATHER TEILHARD DE CHARDIN ,Sacred Congregation of the Holy Office )”

2016-11-25 19:42:11
残りを読む(45)

コメント

長介 @chousuke 2017年1月20日
そういうキリスト教のジレンマに踏み込んでカトリックの正統を踏み外すところまで行ったからこそ、遠藤周作の小説は文学として大きな価値があるのだろう。「カトリックから見れば気に食わない」という意見はまあそうだろうな、と思うが、外から見れば「ああ貴方がたからみればそうなんでしょうが、それだけのことですね」ととしか言いようがないわな。
22
長介 @chousuke 2017年1月20日
「カトリック作家でありながら」ってのは勝手なレッテルだよね。自分がバチカンから異端扱いされてたことを遠藤周作は隠してないし、バチカンの権威を背負った作家だなんて彼は名乗ってない。
27
dag @digital_dag 2017年1月20日
というか批判してる神父も遠藤の見出した「弱者を許す神」の存在を否定しているわけではなく 「布教にマイナス」とか「ゆがめられたキリスト教を紹介した」とか言ってるんだが。 ここで批判されているような問題はキリスト教の神の捉え方に不都合が出るっていうんじゃなくて 人間世界にあるキリスト教組織の人間にとって不都合ってだけなんじゃないの?
14
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年1月21日
自分にとっての神は「あまりおれを信じすぎないほうがいい」と言ってくれる神です。
4
名無一号 @nanashi1gou 2017年1月21日
論の併記と言うと聞こえは良くても向いてる方向がバラバラでみんな壁に向かって喋ってるようなまとめ
4
ザ タク @O_THE_TAKU 2017年1月21日
正直いって自称「正統な」信仰を持っている人の宗教的な背景の批判なんてどうでもよくて、キリスト教徒でありながら「沈黙」を著し、遺作が「深い河」であることの遠藤周作氏の苦悩と悲しみを考えると胸が痛くなる。
10
愚者@8/15広島MBFesシ02 @fool_0 2017年1月21日
このまとめで遠藤周作叩いてる人達は、それこそ彼の著作にある『善魔』そのものだよなあと。
1
岡崎美合 @OkazakiMiai 2017年1月21日
遠藤周作の『沈黙』は「長崎では発売禁止になったような作品」と言うが、それは『長崎で小説を発売禁止にできる圧力集団の存在』とも読める。40年も過去の話とはいえ、平然と何の躊躇もなく「長崎では発売禁止になったような作品」と言える集団には薄気味悪さしか感じない。
16
ろんどん @lawtomol 2017年1月21日
遠藤周作氏が異端だのなんだのはどうでもいいですから、なぜ神は「沈黙」しているのか?その問いかけに答えて下さいな。
6
tweet🌏meme @CoolTweetMeme 2017年1月21日
くだらん原理主義的解釈ばかり。回帰する傾向に拍車がかかっている。ネットとSNSによる住み分けが起きていて、より原理的解釈派の住む居場所が確保されやすくなっている故。
1
客人 @kyk_ren47 2017年1月21日
日本でキリスト教が広まりにくいのは、純粋性を求めすぎて土着化(地域の宗教を取り入れる)への拒否反応が高いからと書いていたのは、どの書籍だったかしら?
0
せんだいみやぎコンテンツプロジェクト実行委員会 @smcp_info 2017年1月22日
死を選択すべきとの原理性や棄教の計り知れない重さ、あるべき姿をある人々が説いているわけだが、ちょっと脈絡のない言い方をすると、世俗のたとえば311の一瞬で亡くなった16000人弱あるいは行方不明者2500人を今も思う家族にとっては、救いになるのか。人が如何に生き延びるのか、生存の希求をあきらめない大切さがどこにも読めない。ただただ単純に思うのは、宗教のあるべき姿ってそういうものなの?
1
muramasa @muramasa931 2017年1月22日
聖書的なイエス像と全く相容れない。「神の不在」を論じるクリスチャンというのはカルトではない日本人にとっては好感度が上がる要素でしかないとおもうが? カトリックがどーのこーの、プロテスタントがどーのこーのなどというカルト同士の乳繰り合いは勝手にやっといておくんなまし。
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年1月22日
信徒レベルでは様々な解釈や受け取り方がされて当然だが、まあ教える立場でそうは言えないだろう。警察の公式発表では、車が来ていないからといって歩行者が赤信号の横断歩道を渡る行為を認めるとは言えないが、実際それを目撃したからといって警察に取り締まられることはない。
0
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2017年1月22日
単に「異端」「発禁」などとくくらずにこれをみるべし。沈黙はプロテスタント的だけども、当時のバチカンやイエズス会はプロテスタントとの教会一致運動を進めていたから非常に好意的に受け止められた。一方革新派と違いカトリック保守派は強く批判し禁書扱いを行った、との内容  → 遠藤周作の代表作である『沈黙』は、カトリック教会の禁書に指定… - 人力検索はてな http://q.hatena.ne.jp/1344564565#a1161385
6
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2017年1月22日
zxcvdayo 沈黙がプロテスタント的というか、カトリックの司祭が最終的にプロテスタント的な部分にたどりついて、カトリックとして許しを与える、といった部分
2
あんとに庵 @antonianjp 2017年1月22日
こんなまとめがあったんか。遠藤の小説は彼自身の信仰告白な書だと思うんで、あれを代表として扱うのはたしかに違うし、かといってここで「正統」「異端」だの振りかざしている人々もカトリックの代表でもなく、つまるとこ色々おるんだな。。しかし、なんつーか「ヨブ記」を連想するなぁ。
0
新CMTC @MontyGlycon1 2017年1月23日
まとめを更新しました。ご本人から要請のあったツイートを削除しました。
0
kamayan1192 @kamayan1192 2017年1月24日
遠藤周作はキリスト教の非人間的非人情的なところが嫌いだったんだよ。だからキリスト教正統が遠藤周作を嫌うほどイエスは遠藤周作の側にあると非キリスト教徒は感じるのだよ。
4
ユーコン @yukon_px200 2017年1月25日
人数が多いだけのカルトだから、内部で「アイツは異端だ!」と内ゲバするのよねw
0
新CMTC @MontyGlycon1 2017年1月25日
(自分が旧約の予言の成就だと解釈する)十字架刑にかかろうとするイエスをいさめようとした弟子に「下がれサタン」と言い、自分が来たのは平和をもたらすためではなく剣をもたらすため、敵対させるために来た、といって私より家族を愛するものは自分にふさわしくないという人が興した宗教なので非人情的な所はありますね。彼は情け深い顔も見せるがそれが全てではない。
1