当Twitter小説アカウントの敗北の考察・管理者自身のまとめ

Twitter小説アカウント「レッズ・エララ神話体系」の2017年1月現在の今後の予定。創作をやめるわけではなく、あくまでwebサイト http://www.redselrla.com/ 作品のドラフト(草稿)としてTwitterアカウントを使っていく予定ですが、それでも現在のTwitter小説更新としてはやはり敗北と称せざるを得ないので、このようなまとめをつくりました。これはトゥギャッターからの当アカウントへの流入してくだすった方々へのアナウン続きを読むTwitter小説アカウント「レッズ・エララ神話体系」の2017年1月現在の今後の予定。創作をやめるわけではなく、あくまでwebサイト http://www.redselrla.com/ 作品のドラフト(草稿)としてTwitterアカウントを使っていく予定ですが、それでも現在のTwitter小説更新としてはやはり敗北と称せざるを得ないので、このようなまとめをつくりました。これはトゥギャッターからの当アカウントへの流入してくだすった方々へのアナウンスでもあります。
modernclothes24 601view 0コメント
2
ログインして広告を非表示にする
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:00:15
    アカウント管理人です】2016年12月25日以来、HPの改装に力を費やしてきましたが、そろそろこのアカウントをどのように稼働させるか、暫定的にでも結論を出さなくては(無理に、ともいう)。 現時点での暫定結論は、「当垢をHPでの連載テキストのためのドラフトとして使う」です。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:01:41
    ドラフト=草稿、という意味です。ドラフト会議ではありません。いや、もっと正確な意味ではそれも含まれるかもしれませんが……キャラクター本編参入ドラフト会議……! さて、このアカウントはTwitter小説連載として、不定期に活動してきました。ですが管理人の体力は、続きません→
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:03:17
    とにかく、独りで小説作成Twitter更新まとめ(トゥギャッタとかモーメントとか小説投稿サイトとか)作業、の全部をこなさないといけないので、明らかに時間と体力が足りません。管理人はちょっとした病気までも抱えているもので。 それで、年末の5日くらいの連続更新すらできない始末。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:06:39
    Twitter小説を敗北して改めてニンジャスレイヤー翻訳チーム @NJSLYR ファイナルファンタジーSの連載管理者 @bot_FFS 黄昏のブッシャリオン運営チーム @tsbslion といったTwitter小説の先達達のバイタリティとクリエイティヴに畏怖の念を抱きます。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:08:23
    Twitter小説の最大の利点は「小回り」だと思っています。140文字制限で次々文章を生み出せる気軽さとしての小回り。読者との交流の小回り。リアルタイム更新のヴィヴィッドさの小回り。 ですが、それは常にマグロ的な走行スタイルを求められます。必然的に長期スパンのランナーとして……
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:10:56
    自分に合った執筆/創作スタイルを見定めないといけない。自分の体力的に。つくづくそう考えました。 そして同時に、敗北の二つ目の理由として、このアカウントが「Twitter小説システムを使う理由付け」が足りていなかった、ということがあります。以下詳しく語ります。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:13:08
    あるメディア(TwitterのようなSNS、webシステムのようなものを考えてください)を、物語伝達手段として使う場合、そこには「そのメディアを必要とする【システムルール】」が求められます。同時にそれは「【システムルール】に従い、最大限にそれを利用する物語」でなくてはなりません
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:14:33
    難しく書きましたが(ごめんなさい)、ようは、Twitter小説をうまくいくようにさすためには、この【システムルール】を、各管理者が構築する必要があるのです。「ゲームルール」と言い換えても結構です。我々は独つのアカウントとして、Twitter小説というゲームをします。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:16:46
    ゲームには【システムルール】がなくてはなりません。それはすなわち「制限」です。しかしこの制限(システムルール)なくして、真に「創作の自由」はないのです。特に、特に、とりわけTwitter小説においては。【システムルール】は物語をある程度歪めます。そしてそれ故に逆に魅力を高めます。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:18:36
    どのようにTwitter小説ゲームをするかは、個々の管理者の自由です。誰も、管理者と小説執筆者(原作者)以外は口出しすることはできません。そのようなエゴを前提とします。Twitter小説が本質的には一人遊びの様相があるのはそこです。 ですが、もしそのゲームが魅力的だったら……?
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:19:53
    まあそれは、語るまでもないことは、Twitter小説に熱狂している人たち(本アカウント管理者もその一人です)が証明しています。屋上屋はやめましょう。ここで言いたいことは、【システムルール】なくしてTwitter小説はなく、本アカウントはそこの魅力追及が大いに足りなかった、ことです
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:21:01
    本アカウントは、かなり適当に始めました。Twitter小説という「小回り」の効くメディアであれば、自分の創作力がある程度はブーストされるのではないか、と思い。繰り返しますが、管理者は体力がなく持病を抱えています。 しかしそこで【システムルール】の構築を忘れていた
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:22:29
    あるいは【システムルール】がその時定まっていれば、この敗北はなかったのでしょう。ですが、それは「たられば」話です。 だから、今からでもTwitter小説をするのであれば【システムルール】を作らねばなりません。その暫定結論が、当アカウントは「ドラフト(草稿」として使う、という事です
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:25:08
    さて、ではこのドラフトとしての使用は、どのようなものか。 まあ、正直に言えば、単なるメモ帳です。当アカウントのサイト redselrla.com でのテキスト発表のため、設定をメモったり、キャラをメモったりするような。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:26:28
    それは決して魅力的な【システムルール】ではありません。Twitter小説としては。ですが、今の自分は、軸足をこのサイトでの作品構築に費やすことこそが、自分のより大きな意味での【システムルール】だと思っています。 真の敗北は、Twitter小説の中止ではなく、創作の中止なのですから
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:27:55
    というふうに、このアカウントは自らを位置づけています。(これもまたひとつのドラフトです) それでも……いくばくかの寂しさは、あります。自分の敗北を認めるということは。 それでも……前を向いて、物語を自分に合った形でつくらねばなりません。キャラを殺すわけにはいかんのだ
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:29:10
    Twitter小説を完全にやめた!というわけではありません。ドラフトのやり方によっては。また、急に新しく【システムルール】が定まったら、このアカウントをTwitter小説として再稼働するかもしれません。それはわかりません。自分を束縛したくはありません。体力的事情もありますしね。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:30:20
    ただ、このような物言いは、どうしても読者の方に寂しさを感じさせるものだとは、思います。 それをどうにかするには、これからまた、どのような形でも、何らかの作品を作っていくことが必要なのでしょう。 当アカウントからの、この件(Twitter小説敗北)については、以上となります。
  • レッズ・エララ神話体系 @RedsElrla 2017-01-22 07:31:23
    当アカウントは、トゥギャッタからの流入があるようなので、トゥギャッタで一応このくだりをまとめておきます。また、HPのほうでも、これらをエディットして、まとめたものを掲載する予定です。よろしくお願いします。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「大喜利」に関連するカテゴリー