2017年1月22日

聖書と同性愛についての@hosotaka氏との対話③

聖書と同性愛についての@hosotaka氏との対話② https://togetter.com/li/1073018 の続きです。◇は個別の会話ごとの区切りです。 会話の最初のツイートへのリンクから飛べば、どのような文脈から展開していったかがわかります。
5
まとめ 聖書と同性愛についての@hosotaka氏との対話① botからの引用は口語訳からのものです。 そのため、まとめ中の方が引用したさいの文面と異なる事があります。 1853 pv 2 1 user 2
まとめ 聖書と同性愛についての@hosotaka氏との対話② 聖書と同性愛についての@hosotaka氏との対話① https://togetter.com/li/1073008 の続きです。◇は個別の会話ごとの区切りです。 さらに続きます。 会話の最初のツイートへのリンクから飛べば、どのような文脈から展開していったかがわかります。 1023 pv 2
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 「誠実な同性カップルの在り様をさしているのですか?」とのこと。その問いに答える前に、聞きたい。異性間の既婚者の不貞行為と婚姻制度の正当性と異性間の一夫一婦制による苦しむ人がいることと、異性愛者が結婚しないのであれば、不貞行為を責めるのかどうかを。

2017-01-21 10:41:44
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 私は責めません。「私は」責めません。正直、カトリック文書で相手が不貞しても離婚できないと書いてあるのを見た時にはドン引きしました。

2017-01-21 10:50:01
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 「これはさすがに不公正だ。実はカトリック教会の考えも実は自分と同じな筈」と言っても、それは事実にはなりません。 とのことだが、誰の発言でしょうか?

2017-01-21 10:58:51
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka これは発言の引用ではなく、論理の例示のようなものです。

2017-01-21 11:08:43
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 論理の提示と仰ってるが、あなたのツイートのどこにあるのですか?

2017-01-21 12:48:36
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 。「これはさすがに不公正だ。実はカトリック教会の考えも実は自分と同じな筈」は「論理的」という意味では「論理」ではありません。私もそのようなものとして書いてます。「論路」でなくて、「理路」「理屈」またカタカナ表記の「ロジック」の提示、ほうがよかったですかね。

2017-01-21 12:52:52
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 『「これはさすがに不公正だ」よって「実はカトリック教会の考えも実は自分と同じな筈」である』という理屈のことです。

2017-01-21 12:58:49

細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 また、聖書のどこに、同性間の婚姻を否定する記述があるのでしょうか?

2017-01-21 10:37:52
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 「性行為」の存在しか可視化されていない環境で、わざわざ「同性間の婚姻をしてはならない」と書かれない事は不自然でも何でもありません。そのような法や規範は世界中にあるでしょうが、あなたはそれらと、それらを定めた人々全員が実は同性婚賛成派だと考えるのでしょうか。

2017-01-21 10:43:53
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka それは「同性間の結婚を認めていない国や地域」の法への、つまり「あるべきもの(同性間の結婚の権利)」の欠如への指摘ですよね。

2017-01-21 10:48:13
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 異教の神にしても、聖書で言及されているのはオリエント、地中海で信仰されていた総数からすればごく一部なわけです。聖書を書いた共同体によって(問題として)認識されなければ、直接否定する文章など書きようがありません。

2017-01-21 10:46:00
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 古代ユダヤにおいては、そうですが、今は、違いますし、キリスト教の始まりからして、その範囲にとどまるというのは、違うのです。

2017-01-21 10:47:20
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka イエスもパウロも、その主張における正当性の根拠は啓示にありました。その範囲からさらに踏み出し、なおかつ彼らと同様に宗教的な正当性を主張するためには、その人に啓示が下されている必要があります。もしも神や、イエスから直接啓示を授かった。その内容がこうであると、

2017-01-21 11:04:34
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 「神にとって、同性間の結婚・恋愛・性交を正当であり、善である」と語れば、その信仰の体系内において矛盾はありません。神がそう考えていると確認がとれている形になるので。逆にイエスがメシア、預言者でなければ彼が定めた離婚禁止もただの律法(先行する啓示)の歪曲です。

2017-01-21 11:07:24
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 「神にとって、同性間の結婚・恋愛・性交を正当であり、善である」と語れば、その信仰の体系内において矛盾はありませんとのことだが、原罪を部分否定しており、神学命題として不完全です。

2017-01-21 12:47:47
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 「原罪を部分否定しており」どの部分でですか?

2017-01-21 12:49:39
細川 隆好,세천 륭호, Xìchuān lónghǎo, @hosotaka

@MontyGlycon1 「「神にとって、同性間の結婚・恋愛・性交を正当であり、善である」と語れば、その信仰の体系内において矛盾はありません。」の部分です。また、そもそも、同性愛という概念が生まれるより以前の聖書を、同性愛や同性間の性交という視点で読解することは、誤謬です。

2017-01-21 12:52:44
新CMTC @MontyGlycon1

@hosotaka 例えばフェミニズムの概念が生まれるより以前の全ての思想は、フェミニズムと衝突しない、という事はないです。聖書の時代から後の時代に生まれた異教神なら聖書と衝突しない、という事もありません。思想や観点がある特徴を持つ限り、聖書と合致したりしなかったりします。

2017-01-21 12:56:43
残りを読む(36)

コメント