流山線の幸谷駅と武蔵野線建設用貨物線

小さな駅の大きな物語
18
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

今更ですが、今月の10日は流山線幸谷駅の移転開業から35周年でした。 マンションに併設されている駅舎の部分には かつて武蔵野線建設用貨物側線がありました。 ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B8… >1982年(昭和57年)1月10日 小金城趾駅寄りに300m移設 pic.twitter.com/HY1C1NWfwo

2017-01-26 22:55:17
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

流山線・幸谷駅移転開業35周年 『1982年(昭和57年)1月10日 』 マンションなどの集合住宅に併設されている駅はかの有名な姫路の大将軍駅、神奈川の五百羅漢駅等がありますが、マンションの一階をまるごとプラットホームとしているのはこの駅くらいでしょうか。 pic.twitter.com/Jw6Mijuo96

2017-01-26 23:06:21
拡大
リンク Wikipedia 幸谷駅 幸谷駅(こうやえき)は、千葉県松戸市新松戸にある流鉄流山線の駅である。東日本旅客鉄道(JR東日本)新松戸駅の向かい側にある。単式1面1線ホームの地上駅。駅舎は集合住宅「流鉄カーサ新松戸」の一階にある。旅客部分は、切符売り場など事務室前の小さなコンコースと改札口、ホームのみ。2010年(平成22年)度の一日平均乗車人員は2,226人である。 近年は減少傾向にあり、特に2005年から2006年にかけてはつくばエクスプレス開業の影響で大きく落ち込んでいる。しかしながら当駅以上に馬橋、流山両駅の減少幅が大きかった

流鉄流山線 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/流鉄流山線
歴史
貨物輸送量の減少
>国鉄武蔵野線の建設が始まるとその建設資材輸送に流山線が使用され、貨物輸送量は多少増加し

まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

かつて松戸市の新松戸という街が造られ始めた頃、当時の総武流山電鉄線から資材輸送用に貨物線が敷かれた。常磐線より引き継がれた砕石等を積んだ貨物列車は、流山線の機関士が運転するDLにより馬橋〜貨物線を走った。

2011-06-04 13:19:23
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

この貨物線は当時に建設されていた国鉄武蔵野線の為に使用された。痕跡は区画整理で全てと言っていほど消え失せている。流山線からの分岐点は今の幸谷駅付近だった。

2011-06-04 13:22:36
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

1975/01/11(昭50)の国土地理院空中写真より白い屋根は開業ほやほやの新松戸駅。 赤の矢印が移転前の流山電鉄幸谷駅黒の矢印が今の幸谷駅になる前の場所です。 この場所にかつて約一年間、幻の貨物線がありなんと武蔵野線とつながっていたのです。 pic.twitter.com/LmKScEj7bw

2017-01-26 23:23:09
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

遠い日の流山 40年目の定点観測。 編集長敬白 鉄道ホビダス rail.hobidas.com/blog/natori/ar… より画像引用 流山線を走る電車の左側に無蓋車が停まっています。 これが1972年前後の数年だけ使用された武蔵野操車場工事材料授受線で、流山線経由で砕石輸送が行われました。 pic.twitter.com/yYZkBhVklj

2017-01-26 23:40:41
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

「遠い日の総武流山電鉄」によせて。 rail.hobidas.com/blog/natori09/… >武蔵野線建設工事にともなう資材送り込み用に仮設された流山電鉄の貨物側線です。

2017-01-26 23:44:41
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

>これは1968(昭和43)年11月に始まった日本鉄道建設公団による武蔵野線建設資材輸送にともなって馬橋駅基点1.660km地点より敷設されたもので、鉄建公団から内燃機関車2輌が流山電鉄に貸し出され、1972(昭和47)年11月まで流山電鉄線を経由して資材輸送が行なわれました。

2017-01-26 23:44:49
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

railwaytrackdiagrams.web.fc2.com/tokyo_north/jo… 北小金駅 武蔵野操車場工事材料授受線 >「授受線」とは、武蔵野操車場工事のための諸材料を鉄道輸送するために設けられた側線で >2、馬橋ルート(流山電鉄経由) 建設公団専用の貨車授受のために設けられた仮停車場(幸谷)を利用する。

2017-01-26 23:47:18
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

この空中写真、奇跡的な一枚です。 1970/04/23(昭45)の国土地理院空中写真より 赤の矢印が移転前の流山電鉄幸谷駅。黒の矢印が今の幸谷駅になる前の場所です。 茶色の矢印の先に写っている列車、よく見てください。数両編成の無蓋貨車を牽引する機関車らしきものが見えます(続く pic.twitter.com/CUzShN3HnI

2017-01-27 00:09:45
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

先ほどの空中写真のアップ、下の馬橋駅方向に進行中の貨物列車。 これが正に「鉄建公団から内燃機関車2輌が流山電鉄に貸し出され、1972(昭和47)年11月まで流山電鉄線を経由して資材輸送が行なわれました」 のシーンなのです。 pic.twitter.com/67zNuRk3QF

2017-01-27 00:22:15
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

当時、流山線にいた自社のDB1形機関車は構内入換用でした。本線で貨車を牽くのは、滅多になく(1950年代にガソリンカー改造の客車列車を牽引した事はあるらしい)、公団側から2両のDLを流山電鉄の運転士が運転したそうです。 ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95… より引用 pic.twitter.com/15WxSuFxuo

2017-01-27 00:29:59
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

鉄道要覧の流山電鉄線の近年の項目には動力に電気・内燃動力と記述があるのですが、DB1機関車が1978年までいた事とだけでなく、営業中の軌道の上を流山線の運転士が内燃機関車を運転していた事に因むものと推測されます。

2017-01-27 00:37:16
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

たしか鉄道要覧には平成半ばに入っていても流山電鉄改め総武流山電鉄には、内燃動力の記述があり、当時の武蔵野線への建設工事列車の内燃機関車を運転した動力車操縦者の方がいたものと思われます。

2017-01-27 00:40:22
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

新松戸駅周辺の道路、空中写真で撮影年を追いかけると周辺住民のP&Rが路駐から空き地利用の駐車場に変化していく様子が見れて楽しい。 まだ流山線の幸谷駅は左下の旧駅にあり今の駅舎は建設前。 左の写真の上に見える特徴的な丸いビルは新松戸中央総合病院。 pic.twitter.com/R8wTbu8CAS

2017-01-27 00:59:58
拡大
拡大
まも【ドボ鎮】 @Kojimamo

1960年代の空中写真より 新松戸駅周辺の武蔵野線建設が始まった頃、本線と北小金駅への連絡線の高架橋がようやく立ち始めた頃。 シムシティかA列車でいこうの開発画面かw pic.twitter.com/G2ibXoIhMA

2017-01-27 01:09:13
拡大

コメント

まあおど @maodonekomy 2017年1月27日
流鉄は他の路線と仲良くしなきゃだめよ。特に常磐新線
0
炊飯ジャー🍚再び活動休止 @Berthier87 2018年3月25日
この近くに数十年住んでたけど、貨物線のことは初めて知った。
0