奈良市高畑裁判所跡(興福寺松林院跡)開発計画の現地はどういうところか

奈良公園の「浮見堂」のある鷺池、その南岸の小高い丘は、かつて興福寺の子院が立ち並んでいた場所です。 そのうち院家「松林院」の敷地は、明治以後、豪商「山口家」別宅になったほか、裁判所官舎があったりした場所ですが、長年、土塀に囲まれたまま放置されてきました。 国から移管された県が、公園にすぐ近くの立地を活かして、宿泊施設などとして活用する業者を募集することになったわけですが、道を挟んで南側の、NT続きを読む奈良公園の「浮見堂」のある鷺池、その南岸の小高い丘は、かつて興福寺の子院が立ち並んでいた場所です。 そのうち院家「松林院」の敷地は、明治以後、豪商「山口家」別宅になったほか、裁判所官舎があったりした場所ですが、長年、土塀に囲まれたまま放置されてきました。 国から移管された県が、公園にすぐ近くの立地を活かして、宿泊施設などとして活用する業者を募集することになったわけですが、道を挟んで南側の、NTT保養所を取得したモンベル辰野会長(隣接する位置に邸宅もある)が反対の声を上げ、アウトドア関係などで交友関係のある方達を集めて、反対署名を集め出しました。 あたかも、子鹿が自由に駆け回る原始林の一角に、リゾートホテルが出来るかのような呼びかけなのですが、ちょっと待って、現地がどんなところかちゃんと見てから考えてみてというのが、このまとめの狙いです。
モンベル 高畑 奈良公園 宿泊施設 裁判所跡
sarukame999 8279view 43コメント
11
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする