33
後藤寿庵 @juangotoh
学生時代に撮った写真って、多分7割位白黒だった。いや、世の中の名誉のために言うと、1980年代に家族旅行や運動会などでお父さんが撮る写真はもうカラーが普通だったよ。でもカメラを手に入れた若者がとにかく沢山撮ってみようとするときには、モノクロフィルム使うことが多かったと思う。
後藤寿庵 @juangotoh
当時一泊旅行とかにいくとき、24枚撮りのカラーフィルムを一本買っていって、ぎりぎり使い切るかどうかくらいの写真撮影数だったんだよな。数撮って成功作品を一枚か二枚選び出すなんてのはプロカメラマンがやることで、家族写真は基本9割成功でなければいけないプレッシャーが
後藤寿庵 @juangotoh
んで、カメラを手に入れた小僧はキャパにでもなったような気分でモノクロ写真をとりまくるわけです。なにしろ安かったから。あとモノクロなら頑張れば自分で現像できたし。
後藤寿庵 @juangotoh
富士フィルムがダークレスっていう現像キット売ってたな。パトローネのまま現像液につけてぐるぐる回すの。あれは結構高かったんで、本気で現像やるなら現像タンクと、なんだっけ、黒い布でできた腕突っ込むやつ、あれ買ったと思うけど。
スミス☆マギカ@多馬しすてむ @ASUKAKIRYU
@juangotoh 写真部は理科室に暗室持ってたりするし白黒現像は自前現像もしやすかったですからね
後藤寿庵 @juangotoh
当時粒子が細かくて、階調がなめらかなフィルムとして、フジのネオパン100(ASA100)があって、でも、ハイコントラストで粒子の荒いコダックのTRI-X(ASA400)がステータスで。
後藤寿庵 @juangotoh
「究極超人あ~る」で、「トライXで万全、これを4号か5号で焼いてこそ味が出る」ってセリフがあったけど、もともとハイコントラストのトライXで、4号か5号という硬調印画紙に焼くというのは、モノクロ写真のすげえ王道路線なのでした。これやると寝ぼけた街の写真も戦場みたいになる
後藤寿庵 @juangotoh
当時はコダックがTRI-Xの長尺フィルムを丸い缶に入れて販売してて、多分プロの写真家なんかは自分でパトローネに詰めたりしてたんだろうけど、これをヨドバシやさくらやもやってて、現像で回収したパトローネにTRI-Xを36枚分の長さにカットして詰め、安っぽいラベル貼って売ってたのよ。
ひきがえる @ikebukuronomori
@juangotoh あれ本来はスポーツ報道用に、高級一眼レフの専用バックパックに詰め替えて使用するものでしたよね。カメラの両側に、リスやハムスターの頬袋みたいなでかいユニットを付けるやつw
スミス☆マギカ@多馬しすてむ @ASUKAKIRYU
@juangotoh 写真部の友人とヨドバシに買い物行った時によくフィルム売り場でその廉価版フィルム買ってましたよ
後藤寿庵 @juangotoh
フジに比べて高くて、プロ用っぽいTRI-Xが、かなりの割引価格で買えたのです。しかも12枚とか24枚とかけち臭いこと言わない。詰め替え工程の都合だろうけど36枚撮りだけ。コダックのロゴがない。箱に入ってすらいない。パトローネにざらざらしたラベルがてきとーに貼り付けてある
後藤寿庵 @juangotoh
あの詰替えトライXは多分かなり売れてたと思うよ。
後藤寿庵 @juangotoh
あー、ネオパン100って書いたのはまちがい。当時富士フィルムが出してたモノクロフィルムはネオパンSSだったな。僕が小学生の頃からあったけど、たしかその前にネオパンSっていう、ISO感度50のフィルムがあったような。
後藤寿庵 @juangotoh
now だいたい普通に買えるモノクロフィルムはネオパンSSとTRI-Xで、TRI-XはISO感度400っていう、当時としては相当高感度なフィルムだった。
後藤寿庵 @juangotoh
@ASUKAKIRYU 中学時代、写真部がなかったけど理科準備室に暗室があって引き伸ばし機からなにから揃ってたので、科学部員が写真現像を主にやってました。
スミス☆マギカ@多馬しすてむ @ASUKAKIRYU
@juangotoh 現像液とかの薬品保存の観点からも理科室とか準備室は定番でしたねえ、高校の時に写真部部長がクラスメイトだったんで撮影したカラーフィルムを余ってる大きい印画紙に白黒写真で引き伸ばしてもらったりしてました
後藤寿庵 @juangotoh
トライXの詰め替え廉価版の販売ってコダックは黙認してたんだろうか。まあ商品が売れてる事は間違いないしなあ。後一応当時まともなフィルムには不良品は交換しますという保証ついてたけど、廉価版は無保証だったと思う
後藤寿庵 @juangotoh
yodobashi.com/%E3%82%B3%E3%8… トライXはまだ売ってるようだ。より微粒子のT-MAXが出ていても、需要あるんだろうなあ
後藤寿庵 @juangotoh
昔のヨドバシってジャンクカメラ売るワゴンとかあって、なんかある時期どっから回収したのか、プラスチックの安っぽいポラロイドカメラが山積みで一個1000円とかだったので買ったことがある。ちゃんと使用できたぜ。
後藤寿庵 @juangotoh
@ASUKAKIRYU 昔は写真を大きく引き伸ばすと、写真屋だと結構なお金がかかったので、八つ切りや六つ切りのプリントを作れるというだけでも暗室が使えるのは面白かったですねえ。
スミス☆マギカ@多馬しすてむ @ASUKAKIRYU
@juangotoh それで文化祭用の大きく引き伸ばした作品現像したりしてましたからね
後藤寿庵 @juangotoh
いまやヨドバシなどの量販カメラ店も、フィルムや現像用品の売り場は見るカゲもなく縮小され、隅っこに追いやられてますが、これも時代の流れ。まだ現像バット売ってることに感謝すべきか。
後藤寿庵 @juangotoh
そーいやカラー現像システムは、ついに一般個人が民家の風呂場でやれるレベルでの普及はなかったのだけど、確か大学時代にヨドバシカメラいったら、チバガイギーのカラーフィルム現像システムを展示してて、現像タンクをモーターで動かして温度管理もしてというものが売られてた。まあ普及しなかった。

コメント

後藤寿庵 @juangotoh 2017年1月28日
まとめを更新しました。
言葉使い @tennteke 2017年1月28日
いまフィルムって高いよね。コンビニには置かれてないんじゃないかな。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年1月28日
今はもうコダックといえばかわいいポケモンだしなあ
@ @NekochaQB 2017年1月28日
公務員時代に、領空侵犯のおそれがある不明機の レーダー航跡を証拠として写真撮影する そのフィルムが白黒で夜勤中に暗室で現像した 思いでが。 黒くて丸い箱に無灯火でフィルム入れて 処理液を注いでひたすらシャカシャカ回す 作業が寒い時期にキツかった記憶。
しょーた @shota243 2017年1月28日
詰め替えフィルムは海賊版でもなんでもないですよ。正規の100ft.巻きを仕入れて加工して再販しているだけ。パトローネに自分で詰めるのは自分でフィルム現像する人間は普通にやっていました。それ用の器具も大手写真・暗室用具メーカーが出しているし、100ft.巻きを買う時に一緒にビニール袋に空パトローネを20個くらい入れたものをもらいました。36枚撮りしかないのはそれ以外需要がないからでしょうね。だって36枚撮りだって1日に何回カメラに詰め替えると考えれば短いフィルムなんて無意味ですよ。
たろー @hanpa64 2017年1月28日
モノクロ現像やプリントはまたやって見たいんだけど、個人でやるには廃液処理がおっくうでなぁ。
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2017年1月28日
トライXがいまだに売っていて使う人も多い理由はいろいろあるけど、現像液の選択肢が多く、それ故使える「わざ」も多いからではないかと。微粒子系(T-MAXとかDeltaとか)は押してもあんまり荒れてくれないですし。T-MAXは事実上専用現像液(T-MAX Developer)しか使えんからなあ…
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
100ft.巻はTri-Xだけじゃ無くて、ISO125のPlus-Xにも有った。英国のILFORDにも有って、自分は全部使った事有る。 一番のお気に入りはPlus-Xだったけど、ILFORDも階調表現は好きだったなぁ。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
100ft.巻自体はまだ買えるし、再利用出来るプラ製のパトロネはLPLが販売してる。パトロネに詰めるための「フィルムローダー」もLPLは販売中。ダークバック(暗幕で作ってある手を突っ込んで使う袋)も現役販売されてる。 自分は浅沼商会のKingブランドのフィルムローダーと、ドイツのhama製パトロネ使ってな。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
パトロネは、昔はフジとサクラ(コニカ)はカシメじゃ無かったから再利用がラクだった。コダックのはカシメて有ったから再利用不可。 フジとサクラがカシメになった関係でプラ製パトロネが売れだしたんだよね。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
カラーの現像は、エクタクロームとかフジクロームみたいな内式カラーはコダックの自家現像キットで現像可能だったな。90年ごろにエクタクロームを自家現像良くやったよ。 コダクロームは現像後に色素入れる外式だったから自家現像出来なかったけどね。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
長尺は、実はポジフィルムにも有ったんだけど一般には売られてなかった。カラーポジの長尺は本来の使い方が「映画の配給フィルム作成用」だったから。 感度自体はスチル用の100とかだったらしいので、写真で使えない事は無かった様子。でもまぁ、カメラ雑誌の記事で読んだだけで現物を見た事は無いなぁ。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
tennteke 一応売ってますよ。フジのカラーネガの400だけですけど。で、枚数は24枚が多いかな?
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
shota243 中身がネオパンSS詰めた12枚撮りを浅沼商会が販売してたので需要は有ったかと。 最も、頻繁に少ない枚数撮って現像する人は100ft買って自分で詰めていたと思われます。
ハドロン @hadoron1203 2017年1月28日
酸っぱい臭いがする想い出だな笑。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
フジよりかなり高いTri-Xってトコ読み落とししてたんで補足すると、80年代当時でもTri-Xの36枚撮りって米国で1000円位だったはず。日本ではフジとコニカが頑張って安価に製造してたので、コダックは日本向けは米国より安く売ってた。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月28日
sheepfactry で、フジにしろコニカにしろ米国でも日本より高いとはいえコダックよりは安かったのでダンピング提訴されてるんだよね。
nekotama @nukotama001 2017年1月28日
とにかく沢山撮るのにモノクロなんて知恵がなかったので、カラーで動物の写真ばかり撮ってた。親類と出かけても動物園の動物とか水族館の魚しか撮らないので閉口されてた。
しょーた @shota243 2017年1月28日
sheepfactry kingブランドの奴とか愛光商会のライトパンSSとかは、中身はネオパンSSですが独自のパトローネ・パッケージを生産して短いフィルムを安価に販売したり安価なカメラに付属させたりしていましたので、一応メーカー品の位置づけでどの写真店にも現像に出せました。大手カメラ店の手巻きのは中古パトローネにシールのラベルでしたので自分で現像する人向けではなかったでしょうか。販売した店なら現像受け付けてくれたのかな?
しょーた @shota243 2017年1月28日
shota243 前者は撮影数が少なくて大手メーカーのフィルムは長すぎて高価過ぎるという人向け、後者は撮影量がそれなりに多いので安いフィルムが欲しい人向けということになりますが、確かに現像用具を買うくらいの人であればフィルムローダーも買って自分で巻くので結構ニッチな商品でしたね。
しょーた @shota243 2017年1月28日
sheepfactry TXがアメリカでそんなに高かったとは知りませんでした。パトローネ入りを買ったことはありませんが100ft.巻きが当時4000円くらいだったように思います。ネオパン400と比べても2割は違わなかったんじゃないでしょうか。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
shota243 自分は高校生の時から100ft.缶で買ってたので大手カメラ店のがラボ出しおkだったかは不明です。現像も自分でやってましたし。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
shota243 米国のフィルム価格の高さは、写真雑誌で読んでびっくりした記憶があります。日本ではコダックもフジと比べてめっちゃ高いと言う訳じゃ無かったですが、あくまでもフジやコニカに合わせてた価格だった訳です。 Tri-Xについては、100ftから36枚撮りが20本位作れたので、おおよそ半額位で買えた感じでした。
後藤寿庵 @juangotoh 2017年1月29日
shota243 あー、ライトパンSS思い出した。あれはヨドバシやさくらやのトライX詰替えと違って、箱に入れて全国販売してましたよね。当時田舎で情報もないし、安いので質が悪いんだろうと思ってました
Tetsuo Sakaguchi @tsaka1 2017年1月29日
「黒い布でできた腕突っ込むやつ」=ダークバッグですよね。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
juangotoh |∀゚)氷酢酸は中外の99%濃度を1L買ってた。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
juangotoh 浅沼と愛光のフィルムは写真用品ショーのカタログにも載ってましたから当然ですね。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
ダークバックとhamaのパトロネ、Kingのフィルムローダーを以下のリンクで晒してみるw https://twitter.com/sheepfactry/status/825451956978151424
セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2017年1月29日
酢酸の臭さは慣れるけど、ハイポの微妙な臭さに慣れない…
ハドロン @hadoron1203 2017年1月29日
juangotoh 酢酸廃液を中和処理して捨てようと重曹入れたら、ぼこぼこ泡立って一気に吹きこぼれてしまったのはいい思い出です笑。
しょーた @shota243 2017年1月29日
sheepfactry 自分は高校までは100ft.巻きの存在は知りませんでしたが自分で現像していましたし、大学から大きな町に出て100ft.巻きを買うようになりましたが、その町にヨドバシはなかったし店手巻きという商品は馴染みがないのです。どこかで見てへーと思って記憶に残ってはいますが。自分が100ft.を買っていたのは主に ILFORD の FP4 でしたが値段は PX や TX と同程度で、学生でも値段を理由にSS に流れない程度の価格差だったと思います。
みなみぞうあざらし @Brother_chang 2017年1月29日
トライXの詰め替えはやったな~。ヨドバシでパトローネ沢山貰って帰ったり。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2017年1月29日
shota243 100ft.巻きは普通に街の写真店で注文してました。80年代の茨城の田舎住みでしたが、D76やミクロファインも普通に売ってました。現像液はD76使うのに、定着液はフジフィックスばっかり使ってましたねぇ。 なので、詰め替え済みフィルム自体は買った事無いです。
しょーた @shota243 2017年1月29日
sheepfactry あー、そうですね。うちの近所の写真店でもミクロファインとかは売ってました。私も高校時代はミクロファインだったけど大学時代は D-76 と スーパーフジフィックスだったかなあ。
k_wakita / 〈ムゲンダイマジネーション〉♪ @k_wakita 2019年3月30日
ヨドバシカメラのあやしい売り物というと、円高が凄かった時代に売ってた、富士フィルムの韓国版ネガカラーフィルムを思い出すなあ。国内版の3~4割引だったかな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする