HoloLensコンテンツ開発ハンズオン in 熊本 まとめ

熊本で開催されたARコンテンツ作成勉強会,HoloLens編の様子。 イベント情報→https://eventon.jp/5754 ARコンテンツ作成勉強会について → http://www.vizyoshinaga.sakura.ne.jp/arfukuoka/
ガジェット AR HoloLens UNITY MR
2
まこらぎ @makoragi
ARコンテンツ作成勉強会 in 熊本:HoloLensコンテンツ開発ハンズオン eventon.jp/5754 @eventonjpさんから #AR_Kumamoto
まこらぎ @makoragi
いやー、ARってすごいなぁ。頭がハゲて見えるよ。HageLensすげー。 #AR_Kumamoto pic.twitter.com/9Jg4VKd5b8
拡大
まこらぎ @makoragi
.@_shinjism さんの誕生日がHoloLens発売に近いそうなので、誕生日プレゼントに是非! #AR_Kumamoto
まずはHoloLensの概要説明
Tanboo @tanabechy
Hololens ・・・マーカーなしで空間を認識できる。通常使うソフト(Twitterなどなど!)も空間において使えます!!  #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens
Tanboo @tanabechy
Hololens 付けてる時に激しく動かないでくださいね。。 Hololens落ちると吉永先生のテンションがガタ落ちします。。 #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/nUWkcTztsq
拡大
Tanboo @tanabechy
今日作成するコンテンツ  エアタップすると、認識した空間に箱が落ちてくるよー! #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/jbX7Z8mt6f
拡大
Tanboo @tanabechy
Hololens 実機がなかったら、エミュレーターありますのでそちらで確認可! #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens
Unityの使い方を覚えよう
まこらぎ @makoragi
編集に戻るときは絶対に実行を止めてから!とのこと。これ本当に大事。 #AR_Kumamoto
Tanboo @tanabechy
Unity オブジェクトの位置など調整するには? という基本的な部分から説明中です。Unity初めての方も”安心の内容”となっておりま〜す。 #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/7BHglsvkVH
拡大
Tanboo @tanabechy
Unity 上がY、Zはカメラに対して奥行き方向となります! #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/47LrPwQJHA
拡大
Tanboo @tanabechy
Unity CGの色設定、重力影響の設定変更は? ここら辺を一切ノンプログラミングで可能!というのがUnityの良さ! #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/lVpW4bIllN
拡大
拡大
Tanboo @tanabechy
あとで、地面はhololensで認識した地面を使う事になります!  #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens
Tanboo @tanabechy
Unity 突然落ちる事があるので、こまめに保存していきましょう。 #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens
続いてHoloToolkitの使い方
Tanboo @tanabechy
さあ、ここからHololensが絡んできます! Hololens Cameraの設定 #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens
Tanboo @tanabechy
普通のCameraを削除して。。 Hololens Cameraをアセットから追加!!! これだけでHololens Cameraを設定できます。 #AR_Kumamoto #えきまえスペース #HoloLens pic.twitter.com/s8FQUH5ASz
拡大
残りを読む(36)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする