編集部イチオシ

原作者による劇場版黒執事「Book of the Atlantic」Tips

原作者の枢やな先生(@toboso_official)がツイッターで豪華客船編の小ネタを呟いてくれたものをまとめました。担当編集で映画のスーパーバイザーの熊剛氏(@takekumax)と特効の入佐氏(@irisa_chiemi)のツイートも。 (03/09更新) 黒執事アニメは、OVAや劇場版を含め全部で5作品ありますが、アニメオリジナルストーリーも多いです。 劇場版は原作コミックス11巻~14巻までの話です。 続きを読む
アニメ 枢やな 黒執事
101
枢やな_Staff @toboso_official
「劇場版黒執事 Book of the Atlantic」ついに明日1/21日劇場公開!スクリーンで繰り広げられる彼らの大活躍、是非劇場でご覧下さい【枢】 kuroshitsuji-movie.com pic.twitter.com/iWfIzS68Q2
拡大
枢やな_Staff @toboso_official
ここで話してる小ネタ知らなくても何の支障もない設定なので「ふーん」とスナック菓子のように楽しんでください。知らなくても本編には全く影響のないTIPSです【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
普段はあまり作品の解説をしないので、なんだかちょっと恥ずかしくなってきました。画集の時は「解説がそっけない」と言われてしまったのですが、加減が…(笑) 本編に描かれている以上のことは語らないようにしていますが、まだ観てない方の不意打ちネタバレになってたらすいません【枢】

コミックナタリー @comic_natalie
[Power Push] 劇場アニメ「黒執事 Book of the Atlantic」特集 枢やな担当編集・熊剛氏インタビュー|まさに“劇場版”な「豪華客船編」の裏話を明かす natalie.mu/comic/pp/kuros… pic.twitter.com/8DhZHF6zdn
拡大
クマ🍽☎︎🧙‍♀️ @takekumax
→RT 「黒執事」劇場アニメ化記念で、僕のインタビュー掲載!ナタリーさんはアニメ漫画知識が豊富で、これも僕は他社作品例出しまくりでw話してるのを分かりやすく説明してくれてます!もし次があるとすれば枢やなさん本人に出てもらます!劇場版見る前に是非! #黒執事
リジーの小ネタ
中田譲治 @joujinakata123
田中敦子と私の娘で、CV.田村ゆかりが弱いわけはなかろう。 pic.twitter.com/hv4mJicdoW
拡大
枢やな_Staff @toboso_official
なんという説得力…!ありがとうございます!!【枢】 twitter.com/joujinakata123…

枢やな_Staff @toboso_official
豪華客船編で出てきたリジーのあれそれはキャラを作った二話の段階で靴とか設定だけはもうあったんですが実際周りを固め始めたのはリジー母(フランシス)初登場の3巻。その後豪華客船編まで原作ではリジー母はちょこちょこ出てくるのですが、アニメシリーズだと通して未登場なんですよ【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
なので原作読者さんは豪華客船編で「なるほど」とすぐ受け入れてくれた感があったのですが、フランシスがアニメでは未登場なのもあり、説得力が出るか実はドキドキしてました。でも何の心配もいらなかったですね。画と音楽と田村ゆかりさんの演技とで全てが漫画を上回る説得力!【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
劇場版でセバスとスネークがフランシスの前に出るときだけ特殊な装い(?)をするのですが、その理由も原作のフランシスの言動に由来しています。原作未読の方は「なぜ突然!?」と思うかもしれませんが、もし気になったら原作を見てみて下さい!(笑)【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
最近は「リジーの設定優先でフランシスをあのキャラ設定にしたけど、ヴィンセントの妹だとおもうと死ぬほど似てない兄妹だな」とは思っています。(笑) でもヴィンセントはディーデリヒみたいにお堅いタイプと仲良しだったので、もしかしたら妹をとても可愛がっていた可能性も…?【枢】

枢やな_Staff @toboso_official
リジーの声を演じてくださる田村ゆかりさん。いつも可愛いリジーをバシッと完璧に演じてくださる方に、今回は何テイクも試行錯誤をお願いして出来上がったのが劇場版のリジーでした。リジーに可憐さと彼女ならではの強さを両方与えてくださった田村さんに感謝です【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
「誰かの望む綺麗な自分」であり続けようと努力するのは苦しいし、武装という武装を剥ぎ取られて最後に残った裸の部分を曝け出すのは誰だって嫌だよなあ、と思う【枢】 pic.twitter.com/vw1IBIVKUP
拡大
枢やな_Staff @toboso_official
1番好きな人の前で、ヘアセットもズタボロ状態の下着姿でゾンビと取っ組み合いしろって言われたら絶対嫌だよなぁ〜と思ったので、せめて読者さんには可愛く思ってもらえるように描こう…と思ってました。当時。リジーのあの格好、ヴィクトリア時代的にはブラとパンツ一丁も同然なんで【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
もの凄い小ネタですが、シエルはリジーより背が小さいのでリジーは借りたジャケットの前ボタンが留められてないんです。でも好きな男の子が貸してくれたから最後までそれを着てるという。格好付けようと思ってもキマりきらないところが、この年齢の男子ならではかな〜と【枢】

枢やな_Staff @toboso_official
豪華客船編連載当時も、読者さんから1番反響が大きかったのが三年半ぶりの登場のグレルでも、正体を明かした葬儀屋でもなくリジーだったんですよね。その勢いに押されて単行本表紙もリジーを描いた記憶があります。グレルと迷ったんだけど、グレルは今後もっと活躍の場もありそうだし、と【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
個人的にはリジーみたいな善意がゆえの行動が空回ってる若干困ったちゃんな明るい女子キャラが大好きなんですが……でも「悩みが無さそうでいいよなぁ」って人ほど、陰で明るくあるための努力をしていたりするんですよね。シエルは豪華客船でその辺を少しリジーから学んだのかもしれません【枢】
枢やな_Staff @toboso_official
でも原作のシエルはその後も緑の魔女編で出会った少女・サリヴァンに自分のペースで冷たい対応をしてキレられてリジーに怒られたりしていたので、まだまだ英国紳士としての修行が足りないようです(笑)【枢】


葬儀屋の小ネタ
残りを読む(136)

コメント

文里 @wenly_m 2017年1月30日
コレはまとめて欲しかった。
グレイス@1月末引っ越し予定 @Grace_ssw 2017年2月1日
豪華客船編は黒執事屈指の名作シリーズなんだけど、実は原作のそこまでの積み重ねがあってこその名作なんだ。だからこの漫画は本当に1から全部、ゆっくりでいいから通しで読んでいってほしい。ワーウルフ編で雑誌購入が止まってしまったので、俺自身もちゃんと買い直したいと思ってる。
グレイス@1月末引っ越し予定 @Grace_ssw 2017年2月1日
それはそれとして、豪華客船編は蛇使いと葬儀屋が主役だと思いきや、最後の最後にリジーが全てを持っていく素晴らしい話なんだ。彼女が二本の剣を構える理由と、そこに至るまでの心の機微は是非映画や原作で確かめてほしい。彼女は本当にレディで、そして最強なんだ。
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2017年2月1日
ちょっとだけ贅沢をいうなれば、電車のつり広告で剣を構えたリジーは出さず、いつもの可愛いリジーで通して、劇場に見に来た初見の人をびっくりさせる要素として温存してほしかったかな、という点。多分ほとんどの人が原作を読んだうえで映画を見に行くのだろうけれども(そして個人的には原作でこの場面を読んだ時、ああ、黒執事を読み続けてて良かった!と心から思ったのだけども)、サプライズも物語の重要なスパイスなので
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする