編集可能

「節分の豆は鬼にぶつけるのでなく、ばら撒けば鬼が数えるのに熱中してしまうのだ」…との説から派生した、各種考察

あくまで一説なんですけど、 ツイートを読んだときに、かなりの人が「帝都物語にこんな記述あったな…」という反応をしてたようです。 ものを数える、マス目や籠の目で邪気(邪眼)を祓う・・・・民俗学・宗教学などにも広がるテーマです。 ただ、まとめ主は帝都物語の記憶も曖昧で、さらに深い知識もないです(笑) ここからさらに深く知るために、皆さまの知恵も拝借したいと思ってます。 カテゴリは一応「人文」の「その他」に。 続きを読む
50
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

節分の豆は「ぶつける」んじゃなくて「撒く」んですよ。鬼はなんでも数えてしまう習性があるので、家の周りに撒かれた豆を見るとつい数えてしまって人を襲うことを忘れてしまうの。鬼にぶつけて撃退するんじゃないんですよ。

2017-02-03 18:11:18
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

ちなみに節分は立春の前で季節の変わり目。そういう時は体調を崩しやすかったりしますよね。昔は体調不良は鬼や悪霊の仕業と考えられていたので、新しい季節を無病息災で迎えられるように鬼に退散ねがって豆を撒くんですね。

2017-02-03 18:20:45
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

豆なんて表に撒いとけば充分ですから。わざわざ鬼の役をさせられて豆をぶつけられることは無いんです。

2017-02-03 18:40:26
サトシ @satoshi_1989

@yusai00 家の中にいる鬼はどうやって追い出すんですか?豆数えちゃって出ていかないじゃないですか。困ります。

2017-02-03 19:02:21
ビーチク口ニクル @bakker7

@yusai00 それだと家の中にいた鬼は家の中で数えてしまうので出て行かないのでは?

2017-02-03 19:58:28
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

家の中にすでにいる鬼は、中から外に向かって撒けば出ていくんじゃないでしょうかねたぶん。

2017-02-03 20:38:37
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

@barp_satake 数え終わった頃には人を襲う目的を忘れてしまうそうです。豆数えて満足するんですかね。

2017-02-04 08:03:30
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

昔だったら祈祷したりお祓いしたんだろうけどね。

2017-02-03 20:39:24
ライダー神風 @raida_kamikaze

@yusai00 @reichi062 フォロー外より失礼します。 節分の豆まきて・・つまり、軍用機で云うところのチャフみたいなものですか?

2017-02-03 21:42:43
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

@raida_kamikaze 似ていますね。鬼に向かってチャフ撒いたら、やっぱり数えてしまうかもしれません。

2017-02-03 21:51:33
諸説あります(数え説は、そのうちの一つ)
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

もちろんありです。起源については諸説ありますから。なぜ「豆ぶつけ」や「豆投げ」ではなくて「豆撒き」というのかを説明したかったのです「 RT @iemn: @yusai00 三石三升の炒豆(大豆)で鞍馬山の鬼の目を打ち潰したのが起源ならぶつけるのも有りでは?

2017-02-03 20:41:33
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

確かに語弊のある書き方ではあったかもね。

2017-02-03 20:43:49
クラブタイプ @crabtype

@yusai00 そうだったんですか。 鬼の弱点が豆だから、ぶつけて攻撃って事かと今まで思ってましたよ。

2017-02-03 21:13:17
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

@crabtype 諸説ありますので。鬼の目を豆で潰す話もあったかと思います。今回は豆「ぶつけ」ではなく「撒き」なのは何故か?という観点でツイートしました。分かりにくくてすみません。

2017-02-03 21:34:56
非柑橘系のポイズン @hikannkitukei_d

@yusai00 ぶつけたらぶつかった豆の数と落ちてる豆の数の両方を数えるから効果二倍ですね!

2017-02-03 21:32:10
クロコズ @Qrokozz

@yusai00 このお話が本当なら、見えない鬼に全力で豆をぶつけるポーズが恥ずかしすぎて豆まきができなかった私が報われます…!

2017-02-03 21:13:38
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

@Qrokozz それです!そういう人の苦労が報われればと思って書いたのです!良かった!

2017-02-03 21:35:39
マスナリジュン @msnrjn

「ぶっちゃけ、豆なんて痛くもかゆくもないんすよ。でもほら、怖がることになってるんで。あと子どもに泣かれちゃうと正直ツラいっすね。」

2017-02-03 21:37:24
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

当たり前ですけど、起源については諸説あります。行事では良く鬼の役の人に豆をぶつけるのになんで豆「撒き」なのか、という疑問に答えられればいいかなぁと思って書いたのです。

2017-02-03 21:44:14
ヤギの人(お彼岸) @yusai00

あと、あの節分の鬼の役ってけっこう嫌な役じゃないですか。痛くもない豆ぶつけられて痛がるフリして。そういう人の苦労が何かちょっとでも軽減出来たらいいなぁとか、まぁそんな事を思って書きました。

2017-02-03 21:47:28
かまど @kamadossc

私は鬼の目にぶつけて倒す説を推します。 RT @yusai00 節分の豆は「ぶつける」んじゃなくて「撒く」んですよ。鬼はなんでも数えてしまう習性があるので、家の周りに撒かれた豆を見るとつい数えてしまって人を襲うことを忘れてしまうの。鬼にぶつけて撃退するんじゃないんですよ。

2017-02-03 21:41:47
残りを読む(117)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月4日
@yusai00 さんはじめ各氏に多謝(アカウントは前文の欄に)。誰でも編集可能です
0
言葉使い @tennteke 2017年2月4日
別件でエスパー魔美を引っ張り出して呼んでいたら、「後楽園球場の人工芝は何本ある?」という問いに「約二百五十三億本」と即答し、「人工芝の密度は一平方センチメートルに二百二十本という記事を読んでいたから総面積一万一千五百平方メートルを掛け合わせた」と解説していましたんで、豆の平均的な大きさと部屋の広さから粒数を答える妖怪も出てくるかもしれません。
0
文蛙 @fumibickey 2017年2月4日
なら落花生でもみかんでもOKだね!
0
atlan @atlan1701 2017年2月4日
↑豆が均等に蒔かれているならば可能かもしれないが・・・
0
塩こうじ @shikuji 2017年2月4日
関連:「吸血鬼は細かいものを見ると数えたくなる」という説について - Togetterまとめ https://togetter.com/li/401200
1
水野修平 @mizunosyuhei 2017年2月4日
fumibickey 節分の日に大豆に代わって落花生を捲くという恵方巻と並ぶ謎の習慣が千葉県限定で広まりつつある件。
0
水野修平 @mizunosyuhei 2017年2月4日
節分に豆をまくと、鬼が豆を数えることが夢中になって大人しくなってしまうの方が、何だかほのぼのとしていて個人的には推していきたい。
0
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2017年2月4日
撒いたものを食べるなら落花生を使うのは理にかなってるな
2
塩こうじ @shikuji 2017年2月4日
ピタゴラスの豆タブーも「数」に関係してるのだろうか
0
みこみこ。 @MikoMiko2048 2017年2月4日
何でも数えるなら何かを数えててそもそも人前に出てこないのでは?
1
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2017年2月4日
猿に玉ねぎを与えると延々と剥きつづけるとか言うなw
1
りんご斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2017年2月4日
ものを数えるというソースがないので眉唾物。普通に豆=魔滅からきているという説明ばかりだし。以下ソース:深大寺 節分会豆まき式について http://www.jindaiji.or.jp/event/setsubune.php 『私たちに襲いかかる「魔」を「滅」し尽くして下さるという、その広大な威力を表わしているものです。』
0
りんご斗米道改二@ショートランド @sansenhk 2017年2月4日
甘春堂 節分の由来と歴史 http://www.kanshundo.co.jp/museum/saijiki_yogo/setubun01.htm 『毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。』
1
Chariot @BLACK_RX_24 2017年2月4日
「豆の芽が出たら娘を嫁にもらいに来る」というのに対して「芽の出ない炒った豆を渡した」っていうのを聞いたんだが…?
4
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月4日
sansenhk ソースが何かの書籍と定義するなら、まとめ中に収録した「黒潮の文化史」の記述をもってソースとならないでしょうか。
0
深井龍一郎 @rfukai 2017年2月4日
mizunosyuhei そういう風説を流布する行為は感心しませんね。落花生を撒くのは主に東北などの積雪のある地域で、千葉は当然含まれません。 https://twitter.com/OIDE_hokushin/status/827362448143298560
2
ちがや @Chigaya_Arneb 2017年2月4日
鬼というと脳筋wなイメージで、豆を数えるなんて意外!と思ったんですが、もしかして今ほど知的障害に理解がない時代、話が通じない粗暴な存在を忌み嫌い鬼としたならば、数を数えるという"ひとつの事柄に集中"したり拘ったりする特徴は障害と合致しませんかね? とすると国を問わず対応が似てくるのも自明と言いますか…
4
b2086216 @b2086216 2017年2月5日
穀物を撒くと数えだすって、物拾いをしてる貧民を卑しみつつ、寒さの厳しい冬に穀物を扶助することで、飢えに由来する窃盗犯罪を防ぐ、という感じの文化っぽいと思った。調理する必要がない炒り豆というのがそれっぽい。籠はものひろいに便利だし。寒さを防ぐ藁の山を捨てておくパターンがあればさらにそれっぽい。
1
にゃるらっとほってふ @nyalrathottep 2017年2月5日
節分はそも追儺の鬼だろう。豆を数えたくなる鬼など聞いたこともない。
1
転倒小心 @tentousho 2017年2月5日
なぜまめなんだろう?から始まる想像ゲームとしては面白いですが、上の方もおっしゃるように追儺の鬼の儀式で石もて鬼(役の人)を追い払うのがそもそもですし、その話が出てこないのはちょっとかき消されるみたいでやだなあと思いました
1
水野修平 @mizunosyuhei 2017年2月5日
rfukai そういう地域がある事は別の方からも指摘を受けましたが、本来、千葉ではなかった筈の習慣が行われている事から首を捻っている訳でして……。 ここ最近は成田山新勝寺の豆まきでも、大豆と落花生の両方が撒かれているそうで。 新横綱の稀勢の里らが豆まき 成田山新勝寺 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170203/k10010863221000.html
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月5日
「帝都物語」も「黒潮の文化史」も、元は南方熊楠「十二支考」の「蛇」の回を基にしてるhttp://www.aozora.gr.jp/cards/000093/files/2536_20184.html …みたいだと判明しました。別の説が多々あること、それが最有力かは兎も角も、「数える説」が存在すること、そういう『細かい何かが、悪魔の災いを防ぐ(気をそらす)』という考え方が世界的にある、ということは間違いないと。個人的にはこれで満足。
0
深井龍一郎 @rfukai 2017年2月5日
mizunosyuhei それは成田山新勝寺が勝手にやっていることで、それを千葉県限定などという乱暴すぎるまとめかたをするのがよくないのです。そもそも他の落花生を撒く習慣がない地域にある神社仏閣では落花生など断じて撒いてはいないという確証でもおありなんですか? https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/rekishi/saijiki/february/setubune.html http://ooyamatohp.net/service.html
1
こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年2月5日
古事記的にいうと、穀物の神オオゲツヒメが体の穴から生み出した(というか死体から出てきた)五穀のうち、大豆は尻から出てきたものとされる。つまり、大豆をぶつける=糞くらえ。つまり、糞をぶつけるという鬼以上の鬼畜の所業に、鬼は恐れおののいて退散するというわけだ。
0
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年2月5日
このまとめを作っての、個人的な総括・感想です。【「豆まき」「九字」の議論で思い出した諸星大二郎体験~自分の民俗学的興味の原点 - http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20170205/p2
0
TBT1102 @TBT1102 2017年2月5日
何故か吸血鬼にも同様の習性があるのだが起源はどこなのだろう…
1
TBT1102 @TBT1102 2017年2月5日
ちなみに上記のまとめでは出典不明とされているが「非日常実用講座シリーズEX 魔法使いになる方法」(1997年)には既に記載があるので元ネタはもっと前だ。
0
BABA Motoharu @calc3 2017年2月5日
陰陽五行説でいうと冬→夏で陰→陽になり夏→冬で陽→陰となるので、その変わり目である立春に豆(=種=芽吹く力=陽の力)を撒くこと陰の気を終わらせる(鬼を祓う)という儀式だったいう説も。時代が下って家の中で芽が出られると困るから便宜上炒った豆になったとか。元々の呪術的な意味合い台無しw
0
ゴマすりクソバード@自由人 @animefigure3d 2017年2月8日
鬼に豆をぶつけて良いのは、罪を犯したことのない者だけだ!
0