40
李氏 @BLUEPANOPTICON
なんか波に乗ってきた感じもあるので昨晩に続き怪談話をもう一つ
李氏 @BLUEPANOPTICON
高校時代の友人が体験した話
李氏 @BLUEPANOPTICON
そこは都内の高校だったんだけど、電車通学する人も珍しくなくて、これから話す僕の友達もその一人だったのね。んで結構遠いところからはるばる通ってきてるみたいで、通学途中に何回か駅で乗り継ぐような感じで
李氏 @BLUEPANOPTICON
そのうちの一つの駅で、長い何もない地下の廊下みたいなところを通らなきゃ行けないところがあって。「かったるいなぁ」って心の中で愚痴吐きながらそこ通って毎日学校行ってたみたいなのね
李氏 @BLUEPANOPTICON
それで九月の初めくらいだったかなあ、結構まだ暑くて。朝学校に行く道中で、通勤のサラリーマンなんかもわんさかいて。満員電車とオッサンの仏頂面に気が滅入りながら駅乗り繋いで、んで例の廊下に入ったのよ
李氏 @BLUEPANOPTICON
その時何か違和感を感じて何だろうと思ってよく見てみたら、どうも人ごみの流れがあるポイントを避けて動いてるみたいで。「昨日はこんなのなかったのにな、おかしいな」って思いながらゆっくり進んでくと、段々その場所が近づいてきて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
いったい何なんだろうって床を覗いてみたんだって
李氏 @BLUEPANOPTICON
そうするとまずブルーシートが目に入って、ほらお花見とかで使うような奴、それでその上に四十代くらいかなぁ、バッチリ七三の髪型で決め込んだオッサンがまるで胎児みたいな感じで横たわっていて。それ以外にはなにもなくて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
これだけでも十分異様なんだけど、そのオッサンの服装というか見た目がとにかく変で、というのも上に着てるのが真冬に着るようなダウンジャケットなのに下は半袖のパンツになってて、靴は小学生が穿くような蛍光色のスニーカーをサイズだけ大きくしたようなので。
李氏 @BLUEPANOPTICON
膝下から足首までが痣、切り傷でもうズタボロな感じで、とにかく異常としか言いようのない姿で。うわ何だこいつって思って逃げるようにその場を立ち去ろうとしたらそいつと目が合っちゃって。
李氏 @BLUEPANOPTICON
「まぁそんときは失神しそうになったよね」って昼休みの教室で友人が興奮気味に語ってくれて。世の中いろんな奴がいるんだなと小学生並の感想をその時は抱いて。んで学校終わったあとに「ちょっとあのときのこと思い出してたんだけどさ」って友人が言うから。
李氏 @BLUEPANOPTICON
「何か俺以外のサラリーマンとかさ、もちろんそいつを避けて行ってたんだけど。何かそいつの存在には気付いてないっていうの。何モンだよこいつって思ってるのが俺一人しかいないみたいな。まぁとにかく不気味だよね」って。
李氏 @BLUEPANOPTICON
その時はへぇーとしか言えなかったんだけど。
李氏 @BLUEPANOPTICON
翌日また学校で話を聞くとまた似たようなのが駅の廊下にいたみたいで、今度は七十代くらいのおばあさんがブルーシートの上で同じように横たわってて。女子高生の着るようなセーラー服で、何故か右腕が包帯でぐるぐる巻きになってて、手首から先がなくて先端部分に血がにじんでて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
んで今度は目が合わないようにって何とかその廊下をやり過ごして、駅のホームまで辿り着いて、電車が横からやってきて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
「これでやっと一息つけるって思って、ホッとしながらドアの中入ったら、婆ちゃんが目の前立っててさ」
李氏 @BLUEPANOPTICON
「思わず絶叫しながら電車の外でたよ。本当に死ぬかと思った」
李氏 @BLUEPANOPTICON
そう語る友人の肩は心無しか震えているように見えて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
その後彼から話を聞くと、その日から似たような連中が駅の廊下以外の場所にも出没するようになったらしくて。
李氏 @BLUEPANOPTICON
「次は家の中に出てくるんじゃねぇだろうなぁって。もう頭が変になりそうだよ」って。
李氏 @BLUEPANOPTICON
やつれた彼を見て僕はただ話を聞くことしか出来なくて
李氏 @BLUEPANOPTICON
そうこうしているうちにあの事件が起こって。
李氏 @BLUEPANOPTICON
当時友人には付き合ってるガールフレンドがいたんだけど、妙なのに取り憑かれていることは彼女には言ってなくて、でも明らかに彼の様子が変だってことで向こうから心配されて、仕方なく事情を全部話したらしいのね。
李氏 @BLUEPANOPTICON
それでガールフレンドの方が色々調べてくれて、どうもそういう事案を専門的に扱っている拝み屋みたいなのがいるってことで、二人で一緒に行こうって話になったらしくて。
残りを読む(30)

コメント

李氏 @BLUEPANOPTICON 2017年2月6日
まとめを更新しました。追記です。
ミスター@大失敗創刊号通販開始 @hahaha8201 2017年2月6日
面白かった!インスパイアされたのでオイラも怪談を書こうと思う
かたなし @stml189 2017年2月6日
フィクションなのかノンフィクションなのか分からなくなるくらい物語にのめり込んでしまう…… インスパイアされました、どうしてくれる
しょき @TW_ok_WT 2017年2月6日
蛇囚人さんの怖い話(https://togetter.com/li/532005)に語り口がよく似ているけど同じ方かな?
うちゅぎひのえ @uchugi 2017年2月7日
高校時代に地図アプリがあって数年後に再会って何歳設定で何年前なのかと思ったらフィクションか。本文に友人の名前出してない(フィクションだから設定してない)のにその友人の母を名乗るってハードル高いなと思いました
Simon_Sin @Simon_Sin 2017年2月7日
ツイッターホラー小説という新しいジャンルである(こわいこわい
いかおとこ @mororeve 2017年2月7日
林先生案件かと思った。
転倒小心 @tentousho 2017年2月7日
オチ書いててくれてよかった・・・実話怪談が本業のazuki先生に取材をお勧めするところだった・・・
teragossa @teragossa 2017年2月7日
最後に、「あなたの後ろに老婆が」的な、こっちに振ってくる話じゃなくてよかった。
李氏 @BLUEPANOPTICON 2017年2月7日
‪新作ができたのでこちらも良かったら読んであげてください。いい暇つぶしになってくれれば幸いです。 https://togetter.com/li/1078693
加納織る子 @woruko666 2017年2月7日
蛇囚人さんの廉価版って感じかな?
nekotama @nukotama001 2017年2月7日
いや、怖いからもういいです。
宅湾(たくわん) @takuwaning 2017年2月8日
高校時代の思い出話って体で 地図アプリって言葉が出てくるのが一番のホラー
はくはく@めう @F_hkhk 2017年2月8日
フィクションかノンフィクションかわからないが、今の年齢が25歳以下なら高校生時代にアプリあっても別におかしくないよ?だってiPhone4とか出てた頃だ(iPhone4発売は2010年)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする