Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2017年2月7日

共謀罪質疑「立法事実じゃないんですか?もしこれが立法事実じゃないとおっしゃるなら、国民に向かった印象操作、イメージ操作じゃないですか!」

2017年2月6日衆予算委員会 民進党山尾志桜里委員の質疑 ①https://togetter.com/li/1077935「法案に書き込むのでなければ「これまで3度廃案になった共謀罪と同じです」 ②https://togetter.com/li/1078135「なぜ法務省が積み上げてきた判断をかなぐり捨てるのか?」
15
buu @buu34

衆予算委 民進山尾 テロ等準備罪、政府提出3つの穴 三番目「テロ組織の複数のクラッカーが分担してウィルス・プログラムを開発し、そのウィルスを用いて全国各地の電力会社、ガス会社、水道会社等の電子制御システムを一斉に誤作動させ、

2017-02-06 17:21:05
buu @buu34

大都市の重要インフラを麻痺させてパニックに陥らせることを計画した上、例えば、それらのクラッカーが、コンピュータウィルスの開発を始めた場合」 山尾「現行法では対応できないので共謀罪が必要だと。本当にそうなんでしょうか。

2017-02-06 17:21:59
buu @buu34

山尾「まずお伺いします。サイバーテロを共謀した集団が、ウィルスの開発を始めた時から処罰をする必要がある、ウィルスを使ったプログラムが出来ちゃってからでは遅いんだ、開発段階から対応する必要がある、そういう見解ですね」 金田「ご質問につきましては必要な場合もあるものと考えております」

2017-02-06 17:22:35
buu @buu34

山尾「開発スタートした段階から対応しなければならないと。これは、現行法、刑法168-2 不正指令電磁的記録に関する罪(ウィルス作成等罪)の法文の問題。サイバー条約の担保法として、民主党政権の時、国内法を成立させ、サイバー条約に批准をした経過がございます。

2017-02-06 17:23:18
buu @buu34

山尾「自民党政権下では、共謀罪と抱き合わせで審議をされ、必要な法律で条約も早く批准をする必要があるのに、共謀罪と抱き合わせであったからこそ必要なものが一向に成立しなかった。民主党政権の時に、共謀罪と抱き合わせでやるべきものではない~切り出して、2つの要請に応えようと、

2017-02-06 17:24:56
buu @buu34

山尾「国内法を成立させ、条約を批准した。その上で、お伺いしたい。確かにこの時成立させた法律は、作成には未遂がありません、既遂だけ。従って、この事案でウィルスの開発をスタートした段階では、未遂であって既遂にはならない。確かに、今のこの法律では対応できない。

2017-02-06 17:25:38
buu @buu34

山尾「しかし、この法律も、それなりの考え方があって、その作り方をした。自民党も賛成をして頂いた。(ウィルス)作成段階では既遂から。完成して提供する場合には未遂から処罰をするのが適切だと。しかし、今大臣は、ウィルスの開発の段階から処罰をする必要があるとおっしゃいました。

2017-02-06 17:26:14
buu @buu34

山尾「どういう理由で考えが変わったのですか?」 金田「一般人によるウィルス作成途中の行為について、一般を処罰すべきではない、という意味ではない。あくまでも組織的犯罪使用によるテロ等の計画がある場合に処罰する必要性がある、という意味でございます」??

2017-02-06 17:26:48
buu @buu34

山尾「全く質問に答えて頂いてない。開発のスタート段階から処罰をする必要があると言う風に、法務大臣としてお考えなわけですよね。既遂では遅い、未遂から罰する必要があると。では、この元になっているサイバー条約では、ウィルス作成の未遂から罪とすることまで求められているかどうか、いかがか?

2017-02-06 17:27:27
buu @buu34

金田「条約の解釈の問題につきましては、ぜひ外務省にお尋ね頂きたい」 山尾「あは(笑)」 委員長「山尾さん、もう一回聞いてくれます?」 山尾「答えて頂きたい。理事がレクをされてますけど。国内法で、作成の未遂は、私たち、制定していません。それでも、この条約は批准できています。

2017-02-06 17:28:32
buu @buu34

山尾「そこからお考えになって頂いてもいいのかと思います。このサイバー条約は、ウィルス作成の未遂まで、各国国内法で処罰することを求めていますか?いませんか?ご存じありませんか?」 金田「委員のご質問についてなんですが、具体的な通告も頂いておりませんし、外務省の所管に属すること

2017-02-06 17:29:44
buu @buu34

金田「差し控えさせて頂きます」 山尾「法務大臣、大臣が出してきた具体的な事案について、私は質問をしております。国内法でいくと、ウィルス作成のスタート段階、これは国内法では処罰の対象としていない。その背景となっているサイバー条約は、そもそも処罰の対象とすべきと、

2017-02-06 17:30:24
buu @buu34

山尾「言ってるんですか?言ってないんですか?あの、この場で考えて頂いても分かると思うんですが。未遂がなくても条約批准してるんですよ。考えて頂けば分かると思います。ご存じないなら、ご存じないと。もう一度答弁を求めます」 金田「繰り返しになりますが、具体的な通告も頂いておりませんし。

2017-02-06 17:30:52
buu @buu34

金田「外務省の所管に属することなので、差し控えさせて頂きます」 (山尾「知らないなら、知らない(と)」) 速記止まる 金田「あのー、未遂罪が無い形で、条約を成立して、結んでいるという状況に鑑みて、

2017-02-06 17:31:27
buu @buu34

金田「私の個人的な、ま、意見を求められるのであれば、そういう、えぇ、えー、その批准がされている以上、私としては、それで、未遂が無いと言うことも含めて、それが整合性がとれているんだと思いますが、具体的な通告も頂かないと言うことと、外務省所管の事項に属するということで、

2017-02-06 17:31:56
buu @buu34

金田「差し控えたいという気持ちはご理解を頂きたい」 山尾「(苦笑)、これ、個人的な意見は求めていないんですね。私が申し上げているのは、この3つ目の事案、サイバーテロが計画されてウィルスの開発がスタートした時点から対応する必要があると、法務大臣自らが出してこられたわけですね。

2017-02-06 17:32:29
buu @buu34

山尾「そういう判断をされたなら、当然、今の法律、見てらっしゃいますよね?今の法律には、なぜか、作成は既遂しかない、未遂は処罰の対象としてない、なぜだろうと、まず考えますよね?そうしたら、その根拠になってるサイバー条約を見ますよね?確かにサイバー条約では、作成の未遂からは求めてない

2017-02-06 17:33:02
buu @buu34

山尾「従って我が国の国内法も、未遂はやってない。そこまでは当然、勉強してというか、把握をして、理解をして、それでもなお、条約も、そこまで求めていない、今の国内法、自民党が賛成して出来た国内法も、そこまで求めていない、なぜその時は求めなかったんだろうと言うことまでしっかり検討して、

2017-02-06 17:33:36
buu @buu34

山尾「なお必要だから出してこられたんじゃないですか?そいう検討がされていないということが、今明らかになって、私はビックリしてるんですよ。では、なぜこの当時、ウィルスの作成の、国内法で、未遂は設けずに、既遂からとしたんでしょうか?国内法の問題です」

2017-02-06 17:33:54
buu @buu34

金田「えー、不正指令電磁的記録作成罪・ウィルス作成罪でございますが、未遂罪を設けることにつきましては、その場合に、不正なプログラムの開発を始めた時点での実行の着手が認められる、そして未遂罪が成立すると言うほかなく、ウィルス作成行為一般に、処罰範囲が不当に広がることになると言う

2017-02-06 17:34:25
buu @buu34

金田「問題が一方であると受け止めております」  山尾「そうなんですよ、不当に処罰範囲が拡がる危険があるから、その際は自民党の皆さんの賛成も頂いて、未遂は作らなかった。じゃ、なぜ今回、不当な処罰範囲が拡がる可能性があるのに対応したいと言ってるんですか?」

2017-02-06 17:34:47
buu @buu34

金田「えー、私たちが現在検討しているテロ等準備罪は、ただ今の、私が申し上げたことに対して、『(原稿 ①)厳格な組織的犯罪集団の要件や、実行準備行為を必要とすることによって、重大な結果が発生する危険性が高く、事前に抑止する必要性が高いものに限定をしていく、一般の方々が

2017-02-06 17:35:18
buu @buu34

金田「処罰の対象とならないことを確保しつつ、十分なテロ対策を行うことが可能になる』のではないか、このように考えております」 山尾「全く答えてない。これは条約になぜ求められなかったかということとも関係するが、結局開発をスタートする時には、ウィルスを作ろうとしているのか、

2017-02-06 17:36:13
buu @buu34

山尾「それに対抗するための、例えばウィルス・バスターのプログラムを作ろうとしているのか、にわかには判断しがたい。プログラマーがコンピュータに向かった瞬間から、未遂罪の対象となるというのは、ウィルス・バスターのプログラマーの方も心配ですよね、

2017-02-06 17:36:42
buu @buu34

山尾「そういうものを作って、しっかりテロ対策に貢献しようとしている会社だって心配、躊躇するんじゃないか、サイバーテロを防止するための国内法が、むしろサイバーテロに立ち向かうための、そうしたバスターのプログラムを作る人たちをためらわせてしまっては、本末転倒、

2017-02-06 17:37:07
残りを読む(49)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?