人権研修セミナー

人権研修セミナー
0
薄羽恵 @Kei_Usuba

ゲームを使った授業の研修、無事終わり。魂抜ける~~~

2017-02-02 17:20:45
薄羽恵 @Kei_Usuba

先日、支援学校の教員向けに『ゲームを利用した人権尊重の授業づくり~「かたろーぐ」を利用して~』というタイトルで研修をさせていただきました。こういった研修で話をするのは初めてで緊張のなかでのトークでしたが、ある程度楽しんでもらえたように感じています。以下、レポートを呟きます。

2017-02-04 13:51:50
薄羽恵 @Kei_Usuba

あ、そうだ最初に少し。私の所属や学校名等、今回の呟きでは出しません。 当アカウントからはお答えも出来かねますので、そこだけご容赦を。

2017-02-04 13:52:29
薄羽恵 @Kei_Usuba

狙いとしては、かたろーぐのもつ「主題者のことを理解する」、翻って「回答者との差異を認め、楽しむ」性質に触れながら、このようなゲームを利用して授業を豊かにすることはできないか、という問いかけをすることがありました。また、ゲームという言葉のイメージを、広く持ってもらいたいという部分も

2017-02-04 13:53:43
薄羽恵 @Kei_Usuba

ありました。それこれをどれだけ話せるかな、と思いつつ、手始めにかたろーぐの簡単な紹介をする所から話を始めました。 支援学校の教材としてみたとき、児童生徒に求める最低限の技能は「複数の選択肢から自分で決めて1つ選ぶ」ができること。 この点を説明して各自の担当児童生徒を想起させます。

2017-02-04 13:55:22
薄羽恵 @Kei_Usuba

その上でちょっと難しい話ですが~と前置きしながら今日いう所のゲームとは何ぞや、という部分に。 ゲームの定義は色々ありますが、今回はホイジンガの定義を参考に「ある共通のルール(合意)に従って、1名以上のプレイヤーが、一定の目標に向かい、個々に裁量性をもち行なう活動」としました。

2017-02-04 13:57:04
薄羽恵 @Kei_Usuba

鬼ごっこではどこに逃げるか、サッカーではどうやってゴールまでボールを運ぶか、大富豪ではどのカードを場に出すか。こういう裁量性がゲームにはあるとしたうえで、立ち幅跳びなどのプレーにはほとんど裁量性がない点で区別できると線を引きました。この部分、もっとうまく話せたなと反省。

2017-02-04 13:58:30
薄羽恵 @Kei_Usuba

そこからテーブルゲームの特性を挟んで、かたろーぐの体験に。今回利用したシートはペットとして馴染みのある生物が15種類描かれたもので、この中からベスト5を決めてゲームをしてもらいました。

2017-02-04 14:00:18
薄羽恵 @Kei_Usuba

今回の研修では特に座る人のランダム化はせず、仲のいい人同士を中心に座ってよいとした部分も働いて、会場のあちこちで楽しい声があがる時間になりました。管理職の先生も散らばってテーブルについていましたが、楽しそうにゲームに参加していた様子が記憶に残っています。

2017-02-04 14:02:12
薄羽恵 @Kei_Usuba

体験終了後は、シートの変更で簡単にいろいろな授業にフィットさせられるところをアピール。特に小規模グループでいく校外学習先での食事時、フードコートの店選びなんかにどうでしょうという部分では、なるほどなーというリアクションがあったように思います。

2017-02-04 14:04:10
薄羽恵 @Kei_Usuba

締めはゲームに期待できる効果と注意点を。 楽しさによる自主的とりくみ←→楽しくないなら強制しない 上下関係の一時的緩和←→上下を持ち出したり一方的にルールを変えない プレイヤーはルールに守られる←→プレイヤーはルールを守らねばならない そして、自主的な選択を尊重しようと話しました

2017-02-04 14:05:28
薄羽恵 @Kei_Usuba

かたろーぐ以外のゲームの展示紹介をして、本当におわり。 そんなこんなで50分程度。しっかりトークを終えることができました。 たくさんの情報提供をしてくださった、かたろーぐ作者のかわぐちさんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

2017-02-04 14:06:36

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?