私の好きな山本弘の言葉

初期作サイバーナイトから一貫して自身の関わるジャンルで南京大虐殺の主張を行う山本弘を尊敬してやまない。
南京大虐殺 山本弘
iciinoseyayoi 1678view 3コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-28 10:55:25
    サイバーナイト「政治家までが南京大虐殺は中国人のでっちあげだと言い出すのではちょっと冗談ではすまされません」から始まり、TRPG妖魔夜行、と学会、更にはビブリオバトルと、どこの世界であっても災厄を防ぐ為にご自身の活動を行う山本弘を尊敬してやみません。
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:34:36
    「南京大虐殺はでっちあげだ」とか「コメ不足はアメリカの陰謀だ」とか「阪神大震災は地震兵器による攻撃だ」とか「ヘア・ヌードによって大衆は洗脳されている」などと主張する投書を、まともな新聞社が取り上げるはずもない。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:35:18
    「アメリカは原子爆弾というやつを二発も日本に落とした」「そんな虐殺行為をやった国を、なぜ日本は憎まないのですか」 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:35:59
    「洗脳されているからだよ、日本軍が大陸で虐殺行為を行ったと、嘘八百をでっちあげた。東京裁判によって日本はアジアを一方的に侵略した悪の国家に仕立て上げた。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:36:31
    東京裁判によって日本はアジアを一方的に侵略した悪の国家に仕立て上げた。今でもアジア諸国から日本人は悪人扱いされている。恩知らずどもが!わしら日本人が、八紘一宇の理想の元、あいつらを西欧の植民地支配から解放してやったというのに。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:36:58
    知っているか、日本が中国でどんなひどいことをしたか、陸軍七三一部隊は大勢の中国人を生体実験の材料にした。細菌の実験台にしたり、生きたまま解剖したりしたんだ。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:37:54
    いくら目をそむけようと、事実は事実なんだ。日本軍の蛮行については、中国人だけじゃなく、元日本兵の証言もたくさんある。現地調達と称して略奪を働いたり、女性を暴行したり、捕虜を拷問にかけ、虐殺したり……ありとあらゆる蛮行を行ったんだ。中国だけじゃない。朝鮮半島や台湾、アジアの各地で
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:38:26
    中国だけじゃない。朝鮮半島や台湾、アジアの各地で、日本人は現地の人たちを苦しめたんだ。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:38:51
    満蒙開拓団なんて称していたけど、未開の荒野を開拓してたわけじゃない。現地の人が耕していた畑を強引に取り上げて、自分たちの土地にしてしまったんですもの。恨みを買うのは当然かもしれない。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:39:27
    日本人はみんな揃って赤信号を渡り、車にはねられた、それがあの戦争なのよ 「日本人はいっぺんひどい目に遭って懲りてるんだし、昔と同じ間違いはしないよ」「そうかな?日本人は懲りてないと思うよ」 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:40:29
    ここ何年か、どんな小説が売れてるか知ってる?架空戦記。どの作品にも共通して言えるのは、日本の軍人がすごく有能に描かれてるってこと。民間人虐殺とか、従軍慰安婦とか、インパール作戦とか旧日本軍の恥部になってる事件は、まず扱われないな。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:40:56
    終戦の直前にソ連軍が国境を越えて攻めてきた。関東軍は慌てて撤退した。開拓団の人たちを置き去りにして撤退したんだ、民間人を守るべき軍隊が、民間人よりも先に逃げたんだぞ!それがお前の愛した大日本帝国の正体さ。おかげで開拓団の人たちは、ソ連や中国人の暴徒に襲われて、ほとんど全滅した。
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:44:08
    カーティス・E・ルメイ少佐は、従来の高高度からの爆撃が正確さに欠けることに不満を抱き、低高度で爆撃するよう命じたのだ。これは日本軍の高射砲や戦闘機の猛攻の中を飛べということだ。この作戦が発表されたとたん、兵士の間からいっせいにブーイングが起こったという。 「魔獣めざめる」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:44:37
    さらにルメイはB-29からすべての対空機銃を下ろさせ、完全な無防備にした。機の重量を軽くし、一個でも多くの爆弾を積むためだ。兵士たちの中には、ルメイの狂気を非難する者や、死刑を宣告されたと感じて絶望する者も多くいた。 「魔獣めざめる」
  • 山本弘 『BIS ビブリオバトル部』 @hirorin0015 2017-02-08 16:07:55
    爆弾を落とされる方も怖いけど、落とす方も怖いだろうなあ。この対空砲火の中に突入するんだから。「ニューラルネットワークによる自動色つけカラー画像で見る #この世界の片隅にtogetter.com/li/1079143#c34…
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:19:38
    関東大震災で虐殺された朝鮮人の数について山本弘は6600人なんて言ってません。 「神は沈黙せず」では数千人、「悪夢ふたたび」では6000人と書いています
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:20:53
    広島の爆心地やアウシュビッツのガス室跡に、何百何千人もの霊が出現した話など、聞いたことがない。「神は沈黙せず」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:21:26
    関東大震災の直後、「朝鮮人が井戸に毒を入れて回っている」というデマが流れて、数千人の朝鮮人が惨殺されたことがある。それらの虐殺現場を調べて周り、どこにも朝鮮人の霊が出現したという噂がないことを確認した。「神は沈黙せず」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:22:47
    人々は自警団を作って、罪もない朝鮮人たちを狩り立てた。関東一帯で殺された朝鮮人の数は六〇〇〇人とも言われている。朝鮮人だけじゃない。朝鮮人に間違えられて、中国人も何百人も殺されたんだ……。「悪夢ふたたび」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:23:48
    その頃、私は南葛飾に住んでいた。今の江東区の大島町のあたりだ。その頃は機械工場が建ち並んでいて、大勢の中国人の労働者が石灰運びなんかの力仕事をしていた。家は今みたいに多くなかった。東の方の荒川沿いには牧草地や蓮池なんかもあって、のどかな風情が残っていたもんだよ……。悪夢ふたたび
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:24:55
    そんな平和な町が、あの日は地獄になった。大正一二年九月三日──大震災の翌々日だ。 何百人もの群集が、手に手に竹槍や鉄棒や薪割りを持って中国人労働者の宿舎を襲ったんだ。「悪夢ふたたび」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:25:32
    兵隊や警官の姿も混じっていた。中国人たちは泣き叫びながら表に引きずり出されて、めった打ちにされた。その日の、その町だけで、三〇〇人以上殺されたんだ。ボロ雑巾みたいになった死体は空き地に運ばれて、山のように積み上げられた。ゴミでも捨てるようにね 「悪夢ふたたび」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:26:19
    「信じられない……」「そんなのちっとも学校で習わなかった……」 「だが、事実なんだよ。ほんの七〇年前に、この東京で起きたことなんだ」 「教科書には載ってないかもしれないな」「この国の政治家どもは、自分たちに都合の悪い歴史は子供に教えたくないだろうからな……」 「悪夢ふたたび」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:26:50
    「最近、そういうのが多いんですよ」「上野でも、新宿でも、池袋でも、外国人が襲われる事件が続発しています。相手はヤクザとは限りませんけどね。酔っ払いの集団とか、普通の学生とかが、面白半分に外国人を袋叩きにするんです。マスコミはぜんぜん取り上げてませんが──」「悪夢ふたたび」
  • いちのせやよい @ichinoseyayoi 2016-11-01 13:27:25
    「──これ、危ない傾向ですよ。大きな災害とかがあったら、それをきっかけに、いっきに爆発するかもしれない」「関東大震災の時のように?」「ええ」 「悪夢ふたたび」
残りを読む(35)

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「文学・書籍」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする