「求む通訳 時給1200円!」 日本の技術ダンピング

求む、国立西洋美術館の研究補佐 条件:修士号持ち、西洋美術史に関して知識があり、美術館における勤務経験があり、英、仏、独、伊のうち2か国語以上が堪能なこと 時給1240円、1年契約 …こんな求人が日常になっている日本の労働市場 応募しなければいいだけのこと vs 技術にお金を出しなさい 語学力を材料に、高い技術を持つ人材を買い叩くことの是非を問う。
語学 労働市場 通訳 外注 ブラック 翻訳 求人
Kelangdbn 31626view 29コメント
49
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー