津田敏秀さん「福島県県民健康調査 甲状腺がんデータ分析」(2016年 12月 27日現在)

岩波「科学」2017年 2月号掲載
1
seki_yo @seki_yo

2016年 12月 27日 第25回 福島県「県民健康調査」検討委員会発表より、甲状腺がんデータの分析 (津田敏秀さん)

2017-02-20 09:42:07
seki_yo @seki_yo

先行検査 および 本格検査における 外部比較 (全国 0〜9歳 年間甲状腺がん発生率 (2001〜2010年) との 比較

2017-02-20 09:44:02
seki_yo @seki_yo

地域 : 18歳以下の人口 : 吸引細胞診によるがん症例数 (手術例数) : 外部比較・発生率比 : (95% 信頼区間) : 外部比較・標準化発生率比 : (95% 信頼区間)

2017-02-20 09:46:40
seki_yo @seki_yo

2011年度 (相双) 地域 (先行検査) : 47,770 : 15 (15*) : 29.9 : (16.73-49.31) : 37.1 : (20.3-62.3) * 良性腫瘍を含む

2017-02-20 09:50:22
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 49,455 : 17 : 39.37 : (22.93-63.03) : 41.0 : (23.9-65.7)

2017-02-20 09:51:39
seki_yo @seki_yo

仲通り北地区 (福島市・桑折町・国見町) (先行検査) : 57,211 : 12 : 19.76 : (10.21-34.51) : 28.1 : (14.5-49.0)

2017-02-20 09:53:35
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 59.498 : 11 : 24.14 : (12.05-43.19) : 24.2 : (12.1-43.3)

2017-02-20 09:54:48
seki_yo @seki_yo

中通り中部地区 (二本松市・本宮市・他) (先行検査) : 21.051 : 11 : 50.38 : (25.15-90.15) : 75.8 : (37.9-135.7)

2017-02-20 09:56:33
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 21.808 : 4 : 24.48 : (6.67-62.67) : 26.1 : (7.1-66.7)

2017-02-20 09:57:45
seki_yo @seki_yo

郡山市 (先行検査) : 64,378 : 25 : 38.54 : (24.94-56.89) : 62.2 : (40.2-91.8)

2017-02-20 09:59:31
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 66,762 : 17 : 35.39 : (20.62-56.67) : 36.7 : (21.4-58.8)

2017-02-20 10:00:41
seki_yo @seki_yo

中通り南地区 (白河市・西郷村・他) (先行検査) : 18,486 : 8 : 40.49 : (17.48-79.79) : 62..6 : (27.0-123.3)

2017-02-20 10:02:22
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 19,353 : 2 : 13.67 : (1.66-49.37) : 15.0 : (1.8-54.3)

2017-02-20 10:03:26
seki_yo @seki_yo

いわき市 (先行検査) : 62,293 : 24 : 40.46 : (25.92-60.20) : 67.2 : (43.0-99.9)

2017-02-20 10:04:54
seki_yo @seki_yo

同 (本格調査) : 64,309 : 7 : 15.47 : (6.22-31.87) : 9.6 : (2.0-19.7)

2017-04-01 21:57:09
seki_yo @seki_yo

福島県南東部 (いわき市以外) (先行検査) : 38,310 : 9 : 25.2 : (11.5-47.8) : 48.3 : (22.1-91.7)

2017-02-20 10:07:41
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 39,767 : 4 : 14.24 : (3.88-36.47) : 14.7 : (4.0-37.7)

2017-02-20 10:08:55
seki_yo @seki_yo

福島県西部 (会津地方) (先行検査) : 49,927 : 12 : 29.7 : (15.3-51.8) : 62.9 : (32.5-109.9)

2017-02-20 10:10:30
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 51,767 : 5 : 15.53 : (5.04-36.23) : 15.5 : (5.0-36.3)

2017-02-20 10:11:40
seki_yo @seki_yo

福島県北東部 (相馬市・新地町) (先行検査) : 8,426 : 0 : (0-48.3) : 0 : (0-123.0)

2017-02-20 10:13:04
seki_yo @seki_yo

同 (本格検査) : 8,563 : 1 : 17.28 : (0.44-96.29) : 18.6 : (0.5-103.6)

2017-02-20 10:14:19
seki_yo @seki_yo

「本格検査の 受診率が 先行検査に 比べて 低下している 理由は ... 受診者の 年齢が 18歳を 超える 割合が 大きくなり、進学や 就職で 地元を 離れることにより 主に 生じていると 思われる」(津田敏秀さん)

2017-02-20 10:36:49
seki_yo @seki_yo

「こうした 受診率低下に 対する 大まかな 補正方法としては、1次検査と 2次検査の 両方の 受診率が 関係している がんの 発生率は」

2017-02-20 10:39:05
seki_yo @seki_yo

「2014年度で 約1.65倍、2015年度で 約2.23倍」

2017-02-20 10:40:17
seki_yo @seki_yo

「(「1次検査の 受診割合 x 2次検査の 受診割合の 逆数」から 算出)」

2017-02-20 10:42:16
残りを読む(3)

コメント

seki_yo @seki_yo 2017年4月1日
まとめを 更新しました。岩波「科学」2017年 4月号 注記により いわき市 (本格調査) 標準化発生率比の 値を 訂正。
0