『気象業務の構造と将来的課題』と称する文書

手許に出典不明だけど興味深い文書がありましたので、全文をアップします。作成者、作成の経緯等についてご存知の方がおられましたらコメントにてご連絡ください。
0
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

ファイル名:気象業務の構造と将来的課題 最終更新:2013年11月19日17時45分 作成者名:プロパティに記録なし  (つまり、少なくとも気象庁の行政情報ネットワーク上で作成されたものではない)

2017-02-20 22:12:01
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

【気象業務の階層化による整理】 現行法の枠組では、プロダクトの種類及び用法によって気象業務及びその成果物(気象資料、情報等)を区分している。しかし、将来に向けた政策上の枠組である「気象庁が行う気象情報の提供は国が行う必要があるものに限定する(中央省庁等改革基本法§22十)」

2017-02-20 22:12:28

注:法令の条項名として「§nn」で条、丸数字で項、漢数字で号を表示している。これは、法令起草経験者にみられる手法の一つである。例えば「第一条の二第三項第四号」は、「§1-2③四」と表記される。

生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

の範囲について、また、その対として民間活力を導入できる/すべき領域について検討するためには、この整理だけでは精度に欠ける。よって、これを代替又は補足するための枠組として、以下の層状の区分を導入する。

2017-02-20 22:12:36
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○社会資本(インフラ)層 観測網、基幹数値予報用ハードウェア・ソフトウェア、通信網(庁内向け・防災関係機関向け)、官署等及びこれらに係る技術についての基準策定・構築・維持・更新

2017-02-20 22:12:45
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○基盤的データ(Basic Data)層 ・観測値、解析値・図、数値予報出力(~予報電文)、ガイダンス、統計等の作成・発表(気象庁予報・警報担当者が用いる予報資料に相当するものを想定)

2017-02-20 22:12:56
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

・狭義には加工性のもの(≒電子データ)を指す ・インフラ構築・管理者として、気象庁には基本データ提供の必要と責任

2017-02-20 22:13:02
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○コンテンツ(あるいはプロダクト)層:以下の既存の区分をともに含む 1.ナショナルミニマム 防災気象情報、天気予報(現在の府県天気予報レベル)、統計情報の作成・発表

2017-02-20 22:13:17
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

2.カスタム 各種事業(官民とも)における利用のために、特別な要素、対象地域、発表時刻、表現形式等を以て作成・発表されるもの

2017-02-20 22:13:24
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○サービス層 ・多様かつ明確な目的を想定した業務 >基盤的データ層~コンテンツ層の成果物の高度な可視化 >高速・高信頼性の伝達(現行の民間気象業務支援センターの情報提供業務に相当) >他分野データ・コンテンツとのマッシュアップ

2017-02-20 22:13:46
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

>気象情報の特性、利用法等についての普及啓発(アウトリーチ)活動、等 ・コンテンツ層、特に2.との境界は必ずしも明確でない (他の区分/階層化の枠組) ・MAR第2報告書(NRC, Nov. 2012)の基本的価値連鎖・第2の価値連鎖の機能分担

2017-02-20 22:14:05

注:MARとは、米国国家気象局(NWS)において1989年から2000年にかけて行われた近代化・組織再編事業"Modernization and Associated Restructuring"の略称である。この事業については、米国科学アカデミー(NWS)から2次にわたる事後評価報告書が出版されている(日本語版は出版社が見つからずに頓挫したとのこと)。

リンク www.nap.edu The National Weather Service Modernization and Associated Restructuring: A Retrospective Assessment | The National Academies Pre Download a PDF of "The National Weather Service Modernization and Associated Restructuring" by the National Research Council for free. Description: The Modernization and Associated Restructuring (MAR) of the National Weather Service (NWS) was a large and
リンク www.nap.edu Weather Services for the Nation: Becoming Second to None | The National Academies Press Download a PDF of "Weather Services for the Nation" by the National Research Council for free. Description: During the 1980s and 1990s, the National Weather Service (NWS) undertook a major program called the Modernization and Associated Restructuring (MAR
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

・気象審議会第18号答申における官民の役割分担 【防災気象情報というカテゴリの明確化】 警報(~特別警報。現行法§2⑦・§13-2①)及びこれを予告・補足するために作成・発表される情報をいうこととする。

2017-02-20 22:14:42
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

・警報と同時に発表されるとは限らない(警報と同じ要素についての注意報、気象情報等)。 ・それ自体としては予報ではない、§11に基づく情報でもよい(記録的短時間大雨情報、土砂災害警戒情報の一部要素等)。

2017-02-20 22:14:59
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

・法規上の根拠や表す内容が同じものであれば、形式・様式が異なって(図形式情報、XML電文等)も防災気象情報であることには変わりはない。 >内容によってはコンテンツ層2.~サービス層に該当し、民間(や防災機関)による実施がふさわしい場合もありうる。

2017-02-20 22:15:03
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

【行政上の課題との関係】 ○気象庁の定員削減 ・下位層(特にR&D、国際協力等)・防災気象業務の維持は最低線 ・事業規制・罰則適用に専門性を持つ職員の不足・補充(人事計画)の困難

2017-02-20 22:15:12
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

>採用・育成の優先度も低い >規制行政の持続性にとっての不安要因 ・上位層/非防災気象業務における民間活力導入は不可避

2017-02-20 22:15:22
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○ICT等の高度技術の高度化・コモディティ化 ・社会資本層(特に観測・通信)における官民それぞれに可能な/行うべき領域の変動 ・民間における情報生成・発表に係る技術基準・適法性の評価・基準遵守を保証する枠組(行政による規制?民間の自主規制?)

2017-02-20 22:15:32
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

・基本データ層についても時間差で同様の課題が発生 ・国際データ交換手段の無線/専用回線からインターネットへの移行 >国内向けと国際向けとでコンテンツやサービスを差別化することが困難/不可能/無意味になる

2017-02-20 22:15:41
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

>国外の気象機関・民間企業からのデータ・情報(特に予報)が流通することへの対応(規制?キュレーション情報の公表?) ・気象庁自身による大容量・高解像度データの配信の容易化(センターとの役割分担の変動)

2017-02-20 22:16:04
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

>基礎データ・ナショナルミニマムコンテンツ層の拡大~サービス層として残すものの整理 >データ流通における「中抜き」の拡大~「報道機関の協力」の内容・スキームの見直し

2017-02-20 22:16:06
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

○オープンデータ化の推進 ・応用サービスへの淘汰圧力:高付加価値化しないと存続できない! ・政府データの利用促進とそれを利用するサービスに対する国の規制との両立困難 ・予報業務許可制度への影響

2017-02-20 22:16:21
生やし長二郎(こののにおじさん) @Retina014

>生産者と消費者(incl.第三者機関)との情報格差の縮小 ←末端消費者側デバイスの自動処理による供給側専門技能の一部代替 ←品質確認の容易化、等

2017-02-20 22:16:30
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?