アマヤドリ 2017『ロクな死にかた』福岡&東京公演 感想まとめ

アマヤドリ 2017『ロクな死にかた』の感想まとめです。 2017年2月24日(金)~ 26日(日)@ぽんプラザホール 2017年3月4日(土)~ 6日(月)@スタジオ空洞 公演詳細:http://amayadori.co.jp/archives/9046
舞台芸術 舞台 広田淳一 演劇 アマヤドリ 群舞 アート ダンス 小劇場
1
石本政晶 @ishimoto_isshi
アマヤドリ『ロクな死にかた』東京凱旋公演が無事に終演いたしました。昨年のロングランから数えると通算43ステージくらいだったそうで、一つの役をこんなにやった経験は今までになかったですし、お陰様で壁に打ち当たってばっかりの実りの多い作品になりました。というわけで、毬井くん、さよなら。 pic.twitter.com/bDJcoKD4fk
拡大
榊菜津美{アマヤドリ☔︎チケット発売中! @sakakinatsumi
アマヤドリ「ロクな死にかた」 去年から合わせて、43ステージが無事終了しました。 本当に本当に、ありがとうございました。 チサト、さよなら。 そして、毬井くん、本当に、さよなら。 pic.twitter.com/4bPaoWFzhF
拡大
しんぱちくん(shou) @ho_ro_shou
ストーリーは難解でなく自然に入ってくるのもよい。死生観という難しい物を観客に考えさせるのであるからそこを深く考えずに見れたのはよかった。全然興味あるはある意味生き続けている証拠なのか… 人は忘れられたときに死ぬのです
しんぱちくん(shou) @ho_ro_shou
アマヤドリ『ロクな死に方』鑑賞。おそばせながら感想。久々に衝撃的。創作する人ならだれもがぶつかるであろう死生観について。この作品は少なくともその答えに近いものを見つけている作品だと思った。小説をしばらく書いてない自分が嫉妬してしまうくらいだった。
宮内 萌々花 @engeki_smile2
毬井の興味なさそうに興味ある意思を見せるの面白かった。 チサト「3歳児ー!」は腹筋プルプルさせながら、毬井と一緒に笑いこらえてしまった。笑 武田とみいはゼクシィ買ってお幸せに! 村瀬とたっくん演じる回想シーン「よかった(微笑み)」でやられた。 白井はダーツ楽しんでください。笑
宮内 萌々花 @engeki_smile2
毬井の死んだ後の山手線、たっくんの生まれる時と死ぬ時の描写、水の音が心に響いてきて目が離せず耳からも離れず。 水野家の母( 兼 父かな?)のリズムや言葉が面白いんだけど深かったなぁ。チサトの気持ちも分からなくない。自分もチサトの立場だったら、きっとああなる。
宮内 萌々花 @engeki_smile2
「自分が死んでからもSNSが更新されたら」なんて考えもしなかったから、少し見終わってから意識するようになったなぁ。ツイートは。 ラストシーンの看病される女と一平は涙なしには見られなかった。 東京公演のみ参加だった倉田さんの生方、とてもとても好き(´;ω;`)
宮内 萌々花 @engeki_smile2
【 3/5 アマヤドリ@amayadorix 「ロクな死にかた」】 アマヤドリ群舞はいつも涙腺を崩壊させにくる。 どちらかというと狭い空間、上手寄りの大きな柱が演出の妨げになっていない。むしろ活用されて世界観を引き出していた。演者が上手下手で自分以外のシーンを見ていて好き!
萬野展 / 押田鉄生 @bannohiroshi
>>手法の先鋭化で勝負するタイプの芝居ではないのだ。前回も感じたことだが、ワンアイデアを膨らませてイマジナブルなエピソードを作っていくところは、イキウメに似ていると思う。こういう手法で手綱を緩めず、テーマ、言いたいこと、感じたことがまっすぐに伝わる。それは実は稀有なことだと思う。
萬野展 / 押田鉄生 @bannohiroshi
>>むしろ今の小劇場芝居では後衛の手堅さを感じる。身近な死というテーマに対して大風呂敷を広げず、手の届く距離、思いやれる範囲の思考、想像、対処の糸をはりめぐらせていき、実感でき「言葉にできる」だけではない、「言葉の手触りが実感できる」ところまで落とし込む、実に丁寧な作業。>>
萬野展 / 押田鉄生 @bannohiroshi
アマヤドリ『ロクな死にかた』@スタジオ空洞。急遽。当日券で。空洞に来るのは3度目くらい、アマヤドリは2013年以来2回目。4年前の記憶はおぼろげだが、伝統的な小劇場芝居と思えた手法は、時代に合わせてアップデートしているように思った。しかし先端ではない。>>
umeco @u_meco
2、3年の間年に1本位しか観てないような時期もあったけど、やっぱり広田さん過ごすぎるし、本当に作品が素敵で素晴らしいのでまた沢山観れるように頑張ろう。
umeco @u_meco
土曜のソワレで観た『ロクな死にかた』が頭から離れない、とういうかもうアマヤドリが胸に突き刺さったまま取れない。去年の再演の時に観れなかったので初演で観て以来久しぶりに触れるその世界はただただ美しくて儚くて大好きだったしこれからもきっとずっと大好き。
taka @taka_akbn
昨日、スタジオ空洞にて、アマヤドリ『ロクな死にかた』千秋楽観劇。 アマヤドリさんの舞台を観るのはまだ三作品目でしたがいいね!次回公演も期待(^-^) 写真はアマヤドリの相葉るかさん,一川幸恵さん,榊菜津美さん,相葉りこさん pic.twitter.com/MeAPzcnGtK
拡大
拡大
友 裕城@SHOWROOM再開? @tomo_actor25
昨日見たアマヤドリの広田淳一さんのような方と出会えたら劇団に入りたいと思えるんだろうな。 自分はまだ出会えてない。 にしても、あの完成度の高いクオリティでも3000円でうてるのね…
ようめい @HR61178
「銀髪」に次いで2度目のアマヤドリさん「ロクな死に方」。先日観た🎥「素晴らしきかな人生」での"愛・時間・死"というWORDを思い出しながら観てた。登場する女子が皆めっちゃ女子で(笑)愛おしく😆舞台全体が白と差し色の淡いピンクがフランスっぽくて素敵で♥若いエネルギーに満ちてた♪
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑭ <遠藤さん> バイクで来たのにマッコリ飲んじゃだめだよーと突っ込みたくなる(笑) 武田とみいに振り回されながらもついていく。うーん・・いい奴😀
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑬ <沼田さん> 麦チョコたっくんとスズキくん。 良かった、の笑顔が鉄板。 死んだ時の記憶に一緒に吸い込まれる感じ。
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑫ <宮崎さん> コミックリリーフで、毎回鉄板の笑い。「IPアドレス」はこの劇で一番印象に残るセリフかも。 高級ジャムパンは何個つぶしたんだろう(笑)
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑪ <一川さん> お母さんへの突っ込みがだんだん激しくなったような。大き目バッグを抱えながらの群舞は大変だったのでは。 言い争いしながらも心配している妹思いな感じが伝わってきた。
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑩ <相葉りこさん> なぜか食べ物飲み物に縁がある役どころが多いような。マッコリに酔ってからの捲し立てが可愛い😊
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑨ <相葉るかさん> 劇中は一平の話を聞いて驚いたり笑ったり。一緒に乾杯したりつり革持ったり。今年は持ち手を変えたような? 秋本さんの影響で口元も気になったり(笑)
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑧ <中野さん> ネイティブの北海道弁はやっぱりいい。去年以上に喜怒哀楽が激しかったかな~というイメージ。
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑦ <石本さん> チサトと言い争う論理的な感じが、毬井というより石本さんそのままのイメージ。 アドリブを受けるシーンでは笑いを我慢するのが大変そうだった😅
akkey @akkey641
アマヤドリ『ロクな死にかた』⑥ <榊さん> 回を追うごとに激しくなる姉妹の言い争い。アドリブが毎回楽しみ。 最後の群舞で倉田さんの髪をいじってたのは何だったのか訊くの忘れた(笑)
残りを読む(197)
「#演劇」

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする