稲田徹氏が語る「ドギーズ・メモリー」

2004年2月から2005年2月まで放映された『特捜戦隊デカレンジャー』で、ドギー・クルーガー役を演じた稲田徹氏。 来週(3月13日)放送の『海賊戦隊ゴーカイジャー』での再登場を前に、当時のことを振り返っておられます。 ※稲田氏のドギー役への思い入れに関しては以下の東映公式サイトでも言及されてます。 海賊戦隊ゴーカイジャー 第5話 http://bit.ly/ehOZhE 続きを読む
稲田徹 デカレンジャー
38
稲田徹 @trombe_boss
明日のゴーカイジャーは、オンタイムで試聴できそうだ。 明日のオンエアは、けっこう楽しみな回だ。
稲田徹 @trombe_boss
ゴーカイジャー試聴中。 4話から中盤並の熱い展開だなぁ。
稲田徹 @trombe_boss
ゴーカイジャー、本編終了。 さあ、皆さん予告に注目!
稲田徹 @trombe_boss
皆さん!お待たせしました。 デカレンジャーが!ジャスミンが!バンが!そしてボスが!帰ってきます! 次週『海賊戦隊ゴーカイジャー』お見逃しなく!
稲田徹 @trombe_boss
なんか、フォロアーさんが今日だけで300人以上増えてないか? これはデカレンジャー効果に他ならないな。 来週の日曜を待ってくれてる人たちが俺以外にも沢山いるんだね。 デカレンジャー復活のカウントダウンを盛り上げるべく、デカレンジャーのDVD視ながら思い出話でも書こうかな。
稲田徹 @trombe_boss
デカレンジャー本編を振り返るのは明日からとして、オーディションの思い出を少々。 戦隊の声のオーディションは、タイムレンジャー以降毎年受けさせてもらってたと思う。ガオレンジャーで最初の1クール目の敵側のボス・シュテン役に決まった時は本当に嬉しかった。
稲田徹 @trombe_boss
ガオレンジャー以降、シュリケンジャーや爆竜等、声優でも良いモンやってる方々を横目で見ながらも毎年悪役のオーディションを受けさせてもらい続けていた。 俺の声質じゃあ悪役しか枠はないと思ってたし、それに不服は全然ないし、むしろ誇らしいポジションだと思ってる。
稲田徹 @trombe_boss
そんな中来たのが、ドギー役のオーディション。 まさかの良いモン側。しかも小学校の頃刑事ドラマにどっぷりハマり、2番目の将来の夢が刑事だった俺にとっては、ストライクど真ん中にやりたい役。そりゃあ気合い入ったし、役のイメージは、原稿読むなり浮かんだ。
稲田徹 @trombe_boss
今まで受けた中で、オーディションの段階でこれは確実にもらった!と思った役は3つあって、その1つがドギーだった。 結果は見事合格した訳だけど、担当マネージャーから電話もらった時の喜びは、今でも明確に覚えてる。「明日事務所行くんで握手しましょう!」と言って電話を切ったっけ。
稲田徹 @trombe_boss
念願の戦隊レギュラー。しかもまさかの正義の味方のボス。 オーディション合格から第1話収録まであんなにワクワクした日々は今まであっただろうか。 役作りというか妄想というか、いろいろ考えたなあ。 割とその妄想が当たってて、かなり早い段階で役に馴染めたと思う。
稲田徹 @trombe_boss
そんな感じでデカレンジャー1話を迎えるんだけど、明日仕事終わったら速攻帰ってきてDVD視ながら振り返ろう。 ちなみに、オーディションの段階で確信があった他の2役は、『エグザムライ戦国』のヒロと、『魁!クロマティ高校』の前田彰。

コメント

K3@FGO残5.1 @K3flick 2011年3月7日
ボスと狛村隊長のおかげですっかりカッコイイわんこ役に定着した感
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする