2011年3月7日

第二回ツイッター小説大賞 応募作まとめ@jun50r

第二回ツイッター小説大賞応募作の #twnovel まとめです。正直、「応募はひとり10作品のみ」というのは少なすぎます…。他にも気に入ったのがたくさんあったのですが。
3
ジュン @jun50r

#twnovel 好きな子にそっくりなロボットを作った。だけど作る過程で気づいてしまった。本物の彼女に似せれば似せるほど、僕を好きになってはくれないことに。「僕を好きになれ」プログラムで入力すればすむ話。けれどそのキーが打てない。打ってしまったら、僕の恋はお終いだから。

2011-03-07 11:51:14
ジュン @jun50r

#twnovel 好きな子の靴箱に恋文を入れた。つもりが場所を間違えた。その子は嬉しげで、とても間違いだとは言えず、僕等は付き合う事になった。半年後。今度は間違えないよう、靴箱に恋文を入れる。待ち合わせに来た彼女は、「私達もう付き合ってるのになんで?」「…君を好きになったから」

2011-03-06 03:49:56
ジュン @jun50r

#twnovel 「世の中お金よね」彼女は悲しげに呟く。僕は「なら君はいくら?」と尋ねた。彼女は驚いた後、冗談ぽく「1億円」と答えた。僕は「ローン可なら、毎月20万円君に渡して50年で1億2千万円だ。君を買うよ」と、彼女は「貴方はいくら?今丁度1億2千万円手に入ったのだけれど」

2011-02-16 00:47:20
ジュン @jun50r

Xmasの翌日サンタの衣装が捨てられていた。ホームレスの男は、暖かそうだと拾って着た。と、道行く子供達に「昨日はありがとう」と感謝される。何度も、何度も。男は働きを感謝される喜びを知り、怠惰な生活をやめて働き出した。男は思う。あれはサンタの贈り物だったのだと。 #twnovel

2010-12-26 18:58:48
ジュン @jun50r

#twnovel 趣味の鉄道で知り合った彼女と、暇が有れば一緒に鉄道の旅をした。おかげでお金は貯まらない。結婚したいと申し込んだが、指輪は少し待ってほしいと告げた。我ながら情けない。と、彼女は僕の時刻表を奪い、「私はこのダイヤでいいから。ただし…乗り換えと途中下車はナシだよ」

2010-12-04 11:27:43
ジュン @jun50r

魔女狩りの横行した中世。とある恋仲にある男女のうち、女が魔女であると密告された。男は必死に女の潔白を訴えたが、教会は「汝は魅惑の魔法の虜。魔女が死ねば解けよう」と取り合わず、女は火炙りに処された。灰となった女を前に男は「解けぬではないか」と呟き、燃えさかる炎の中へと進んだ。

2011-01-10 21:26:38
ジュン @jun50r

#twnovel 妊娠したことを彼に告げた。彼の反応が怖かった。信じてはいるけれど…。彼は言った。「……おろしてくれ…」「…!」聞き間違いじゃない。私の中の二つの心臓が止まりそうだった。彼はさらに言う。私はもう、聞きたくなかった。「運転手さん、悪いがそこの市役所で降ろしてくれ」

2011-01-17 21:21:07
ジュン @jun50r

#twnovel ストックホルム症候群とは、閉鎖された空間に長期間拘束されるうちに、自分を拉致監禁した犯人に対し好意を抱くことをいう。わかりやすく言うと、あなたになついている犬がそれだ。

2011-01-13 23:39:36
ジュン @jun50r

#twnovel 妻が恐ろしくてたまらない。私は妻を殺してもらおうと、妻の留守中、部屋に魔方陣を描き悪魔を呼び出した。魔方陣から妻が出てきた。

2010-10-15 21:21:38
ジュン @jun50r

#twnovel 病死した私は彼の背後霊になった。私は彼の為、懸命に働いた。悪霊や災厄から全霊で守り、彼の夢の為に霊世界の人脈も広げた。けど…ごめんね。彼に新しい恋人ができたら、きっと私は邪魔をしてしまう。と、彼が私のお墓に何かを置いた。指輪だ。「俺がくたばるまで返事は待つよ」

2011-01-16 22:54:49

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?