まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

本が売れない理由って、リスト化した人いる?

作家さんが本の売れ行きについて語ると炎上することがよくあるけど、それは何故なのかに興味があって、思ったことを書きました。 他にもまだあるでしょうけど。音楽CDにもあてはまるだろうな。
文学 書籍 出版業界
6659view 11コメント
14
言葉使い @tennteke
書店業界「新刊書店で売り上げは減ったが、本は読まれている」図書館が新刊ベストセラー本を大量に仕入れるせい、ケータイにカメラ機能が付いて電脳万引きのせい、ブックオフなど新古本屋が増えたせい、違法ダウンロードのせい、

実は量の問題、桁違いに増えたときに「ちょっと待て」となる。

言葉使い @tennteke
書店業界「新刊書店で売り上げが減って、本も読まれていない」趣味が多様化されて本以外が買われる、読書能力の低下、日常生活で本から始まる話題が減った、店に犯罪者が来るようになった、

基準となる「本が売れていた、読まれていた」時期が正常だったのか異常だったのか、正常だったとしてどんな時代だったのか、そこまで持っていった先人達の努力はどんなだったのか。

言葉使い @tennteke
書店業界「新刊書店で売り上げは減ったが、本は売れている」既刊本が映画化など再評価され売れ始めた、人気作家のイベント、ご当地イベントの成功、嫌○運動や反アベ運動など主義者が買う、

特別な労力を費やすことになる。

言葉使い @tennteke
一般購買者「新刊書店で買わないが本は読んでいる」立ち読み、図書館だのネットで落としたりして読む、電子書籍web小説ケータイ小説、手元に置いておきたくなるほどのものがない、

以前橋本治が「マンガや雑誌をいくら読んでも、それは読書をしたうちに入らないのが謎」と書いていた。

高校生まではマンガしか読まなくて、東大に入ってからいわゆる本を読みだしたら、何故か知ってる話ばかり。何故だろう?と考えてみたら、マンガでパターンとして使われている故事や仏教説話などが物語の骨子として使われている話が多いからだ、と気がついたんだそう。

言葉使い @tennteke
一般購買者「新刊書店で買わないし本も読まない」場所を取る、お金がない、読みたくなるような本がない、そもそも他人の自己主張自己表現がむかつく、内容が難解かスカスカかの二極化、背表紙陳列による発見の困難、

内容はともかく、紙の束という「書籍」という物体が多すぎ、世に溢れすぎ。

言葉使い @tennteke
「売れる本がいい本」と言えるのは、「カネ出す人が正義」という土台があるから? twitter.com/toyozakishatyo…
言葉使い @tennteke
これは売れないという判断って、出版社側にとって自分の経験で、フィーリング、作家との距離、時代の空気、いろいろあって〝勘〟なんだろうけど、「本が売れない」は時流の変化で売れるようになるのは「実物があるから」、時流の変化で「その本出しましょう!」と断った注文を出すようになるのかな。
言葉使い @tennteke
どうして1+1が2になるのかは、本当はとても難しい問題ということに賛意を示す人が多いのに、どうして欲しい物を手に入れるのにお金を払わないといけないの?にはバッシングしかない。togetter.com/li/1090948

本の価格設定は内容よりも必要経費の積み重ねという理由が多い。書店は再販制があるから新刊本の販売価格を変更できないが、内容ではなく量で価格が決まるのは、不思議といえば不思議。版元が必要経費で赤字を覚悟して安くすれば売れるかもしれない、高くすれば高級志向の人が買うかもしれない、やってみないと解らないけどやってみてもケースバイケースで参考になる事例は現れないかもしれない。

あと以前「新刊書店でも安く本を買えることは可能」と書いたら「新刊本は再販制があるんだからそんなことできるわけがないだろう!」と言ってきた人がいるが、再販制って民事契約を保証する物であって刑法じゃないんだから、やったら逮捕拘束されるのではなく、版元や取次からペナルティが課せられるだけ。隠れてやったり「まぁそれくらいなら」ということはある。「出版業界の裏事情を暴露すんな!」と怒るなら解るけど、そういうわけでもなく再販制を錦の御旗の如く振り回してやっきになる人がいる理由が解らない。

言葉使い @tennteke
電脳万引きのことなんだけど、ケータイにカメラ機能が付けられる以前から、雑誌の情報をメモして買わずに帰る人なんて大勢いた。それはそれで書店も迷惑だったんだけど、筆記用具出して書くのはいくつもの動作をとらないといけないハードルがあって、写メ撮るほど人数は少なかったんだろうな。想像。

その「大勢」が「さらに大勢」になったんだと想像。

言葉使い @tennteke
電脳万引きという言葉が作られたけど、法律の窃盗にあたるのは、ブツを持って行っちゃうことで情報は保護されないから、書店がいくら電脳万引き言ったって警察は動かない。覚えて外に出るのと変わらないから?
言葉使い @tennteke
でも「映画泥棒」はちゃんと法律になってるんだよね。映画関係者の努力はどれほど凄かったんだろう?
言葉使い @tennteke
でこの「電脳万引き」なんだけど、許せるか許せないかって問題だったら許せないって人に聞きたいんだけど、開店前閉店後に書店員がそれやった場合、電脳万引きとして扱われるの?

田嶋陽子センセが神奈川知事選挙に立候補したときだったと思うけど、カメラではなく携帯電話で撮影されることへの嫌悪感を言っていたのは、片手で突き出すポーズからかな?と思ったものでした。

言葉使い @tennteke
映画「マルサの女」で、雑貨店の店主だっけ、会社化したのに個人経営の感覚で、店の物を自分の物と思って消費したら主人公に指摘されたシーンがあった。本屋が「電脳万引き」言っていて、自分の(働いている)店の商品に書かれた情報をメモしたり写メに撮るのは、どうなんだろう?
言葉使い @tennteke
オーナーなら自分の会社の業績に自分の責任をと思うことはできるけど、雇われてる人はねぇ。
言葉使い @tennteke
そうそう、「本は図書館で読む」を公言する読書好きに苦言を呈する人って、ブックカフェをどう思うか気になる。飲食物を買えば、店にある本を読んでいいというサービスが、著者にお金が少しでも還元されているのかよく解らない。

コメント

公然秘密結社社員 @higrik 2017年3月16日
まとめには直接緩解しないが、原因の一つとして「インターネットの普及により雑誌等からの情報収集の重要性が減少した」というのもあります。また、「大規模書店の増加により地域の小さい本屋が駆逐され逆に本に触れる機会が減少した」ということも考えられますね。
文里 @wenly_m 2017年3月16日
higrik 大規模書店が地域の小さい書店を駆逐した例はあまりないんじゃないかと、個人的な感覚では。データがないので申し訳ないが。地域の小さい書店が消滅したのは、大きな収入源だった週刊少年ジャンプなどの漫画雑誌がコンビニが置く+少子化で書店で買われなくなった&出版点数の増えすぎで並べられないというのが大きいのではなかろうか?
文里 @wenly_m 2017年3月16日
しかし、改めて見ると理由は多すぎるかも。新刊ベストセラーは図書館側としても将来の不良在庫確実なんだけど
言葉使い @tennteke 2017年3月16日
買いたいときに店にない、とかまだまだ理由はありそうです。higrik wenly_m
言葉使い @tennteke 2017年3月16日
以前「今の地方には車2、3台持ちは絶対条件」という人に、モータリゼーション以前の暮らしは?と質問したら、「その頃(1950年代以前とか)はまだ個人商店があって、車を持たなくても移動圏内に店がいろいろあったんだよ」と教えてもらえました。車社会になって地域の小さなお店が駆逐され、大規模店に集約された流れならあるかもしれません。もちろん取次の配本の偏りも問題ですが。higrik
Épouvante @epouvante 2017年3月17日
結論: 本は時代遅れ
わいばぁん @wyvern_ooharai 2017年3月17日
配本の偏りも他地域の状況を知ることが出来なければ顕在化しないと推測。インターネットによる情報拡散は小型の書店にとっては色々不利益な材料が多い印象。
港区にある会社の代表取締れ役@病み中 @as681700 2017年3月17日
本屋で本を買うと履歴が残らないから、「この本、前に買ったっけ?」とわからない時がある。また、書店で取り寄せをすると2~3週間とか普通にかかるので、どうしても書店で買うのを敬遠してしまう。特にちょっとマイナーな本だともっとかかるし・・。
ざわ @zawayoshi 2017年3月17日
スペースの問題もあるんじゃないかな。電子書籍の誕生で本に居住スペースをとられるより電子書籍で…という人も増えている気がする。
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年3月17日
量と時間がネットにどうしても劣るから。専門書はまだ本のほうがいいけど、情報系はネットに勝てないしね。
降鷹 @Oritaka365 2017年3月17日
epouvante この発想は無かった。考えさせられる。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする