カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
2
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
法政大学外濠校舎へ。 ギリギリなので、昼は若葉駅のヤオコーで調達。 間もなく池袋、そして有楽町線で飯田橋まで。 jourei.jp/pdf/flyer_2017… jourei.jp/pdf/flyer_2017…
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
市民と議会の条例づくり交流会議2017春の総会企画 新公会計制度と議会の予算・決算審査 ー審議納得していますか?市民に説明できますか?ー 開会挨拶 廣瀬克哉法政大学教授 新しい会計制度で、ストックの状況どこにどう現れるか。など肌でわかること。事務事業評価、どう政策に活かせるか。 pic.twitter.com/hfxoEODXsN
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
ノウハウを活かす出発点となるそんな1日に。 この秋からは、否応無しに取り組むことになる。ー司会 基調講演 新公会計制度と導入へ〜議会は予算決算審査にどう活かすべきか。 宮澤正泰習志野市会計管理者 現金主義会計は、お小遣い帳?ー実は、すごく分かりやすいもの。 pic.twitter.com/SLFgYzOXdV
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
大福帳ー悪い意味で使われるが、現金主義いいもの。その上で、複式簿記にしていく必要ある。 憲法85条に支出ー財政法第2条第1項、支出とは現金を支払うこと。 だから議会で審議。その上での発生主義会計。 発生主義会計とは、儲けの会計。寅さんの行商。富山の薬売り。 pic.twitter.com/6xqEKtAo14
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
寅さん、相手によって安くしたり、高くしたり、帳簿つけないと儲かったかどうかわからない。 薬売り、信用取引。 会計年度独立の原則ー背景は、発生主義。3月31日までに納品、支払い後だと具合が悪いー出納整理期間3月31日が2カ月間ある。修正現金主義で対応。 pic.twitter.com/Yoq7sQ1dTZ
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
複式簿記を多くの人が賞賛(^^; ルイ14世、ゲーテ、福沢諭吉、日本公認会計士協会は坂本龍馬〜会計大事なりを押す。 行政が複式簿記を導入する契機は、夕張市の破綻ー実際には破綻していない、させていない、粛々と返済中。 なぜ破綻状態に。人口減少、投資の失敗、不適切な会計処理。 pic.twitter.com/adwHqQhvhF
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
従来、資産により財政の破綻状態になるというのは想定されていなかった。 行政改革推進法が公会計の根拠法令、第62条2項地方公共団体における取組。企業会計の慣行を参考、財務書類(財務諸表が一般的) 昭和37年3月23日地方財政会計制度の改革の答申 でもあったが、反対意見が多かった pic.twitter.com/Ne4BE9TBlR
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
総務省には、これまで述べた背景を飛ばして、統一的基準を示したので、理解が広まらない。 総務大臣通知という強い要請。やる気になってやった(^^;人口減少、施設の老朽化ー法制化は、時間がかかり、ハードル高いので、強い要請で実施。 発生主義・複式簿記 固定資産台帳 比較可能性の確保 pic.twitter.com/alanisbgVb
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
事例ー習志野市 下水道事業 埋め立て地、道路とか上下水道全部作ってもらって移管されて、帳簿に載らない。 それでも老朽化。ー固定資産台帳つくり対応。 小学校 一気に転入、学校つくり、一気に老朽化。 公民館講座の見直しーフルコスト情報、事業費は僅かだが、人件費と減価償却膨大。 pic.twitter.com/cdB8pEqWly
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
減価償却分への税金は、取るのはおかしいので、その分は内部留保しておく。 500億円規模の財政で1億円の基金積立義務づけ。 pic.twitter.com/WlNGC0EPXf
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
施設の見直しなどでの公会計は、もはや、感情とかの問題で一緒にやりすぎるとかえってグチャグチャグチャに(^^; バランスシートー難しくない。ゴク普段の生活で活用している。 縁日で亀かタコ焼き。タコ焼き食べればお終いだが、亀は今後いくらかかるか分からない。 pic.twitter.com/fvQdMGzzi5
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
次年度に影響をもたらす亀は資産 消費のための支出タコ焼きは費用 もらったものも資産に入れるが、更新しないなどの条件づけ大切。 ライフサイクルコスト 施設には、事業もついてくる。 習志野市 伝票切るときにナンバー付けて整理。施設マイナンバー。施設ごとの経費を出す。 例:津田沼小学校 pic.twitter.com/5wxl257GJ1
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
最後に先生の著書の宣伝。 第4章 議会で活用しよう(((o(*゚▽゚*)o)))♡チェック 場内の質問 から。 固定資産税台帳、将来更新費用推計など役に立たない。昔の費用。でも延べ床面積などは使える。 住民との合意の為ー総論をデータ使い説明。関心低いが…。 pic.twitter.com/A0jqOmY3Of
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
減価償却費ー費用の方。費用、自治体は、ほぼほぼ、支出という意味。 これからは、費用という概念入ってくる。1年間にかかったもの、2つ、現金の収支そして費用。例えば退職金、年ごとに費用として計上。 建物毎年資産の減少、費用として目に見えてくる。 ポイント、資産が将来の負担になる。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
道路とか、金額情報入っていない。ー固定資産台帳作る。 本当は、固定資産台帳そして公共施設保全計画だけど、総務省がそれまで待てないということで事を急いでいる。 以上で、基調講演終了。
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
実践報告 予算決算委員会の政策サイクル 目黒章三郎会津若松市議会議長 議会改革ー議会活性化と言うようにしていますが、議員条例、議会報告会など、「それがどう住民の福祉の増進につながっているか」が課題。 そういう中で、政策形成サイクル。三重県議会、飯田市議会が参考になった。 pic.twitter.com/hCNxsRSZ9g
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
予算審査は、分科会方式。事前準備会ー事前審査にあたらないか。それまでの市民意見聴取を行い課題をそれぞれの委員会で検討している中で、予算に対応できるところを揉むので、それには当たらない。 反対するまでもないけどちょっと問題ー要望意見、附帯決議。委員間討議普段してるのでできる。 pic.twitter.com/8jGAwMBvJP
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会でできる「行政評価」を考える 多摩市議会 岩永久佳(ひさか) 自治基本条例2004年3月制定ー議会への市民参加が謳われていないかった。 説明責任の時代、無駄よりも無理ー決算事業評価、事業カルテを職員が作成。 ー行政が頑張っているのに議会はどうなんだ。 pic.twitter.com/tFi78yN21w
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
議会が評価へ。 時期の見直し11月から9月へ。 議員半分ごとから全議員へ。 議会評価ー言いぱなしからの脱却。 事務事業評価 黎明期から15事業それぞれでABCを言うだけ、揺籃期。評価シートを作成し、発言希望制にすると発言激減。 2007から点数評価へ。評価をする事は重労働。 pic.twitter.com/NtEn3kKTlU
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
2012年平成23年。事前に評価、事後の評価。会派ごと 2015年h25、会派で事前に、分科会(委員会)で。 点数評価からコメント重視へ。 理事会の存在大きい 評価を執行部へ提案、執行部側から回答を得て、翌年の予算で質疑に生かす。 行政とは共通の言語を持つこと。 pic.twitter.com/9vbXuEXfN7
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
施策の中での優先順位から、施策同士の事務事業評価へ。多摩市議会は、進んでいきます。 pic.twitter.com/gBtomztJiT
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
自治体議会の予算修正 塩見牧子生駒市議会議員 生駒市議会24人 分科会方式の全員参加の予算決算常任委員会。 委員外議員からの発言もできる。 事務事業評価始めたが、1年のみ。労力の割に成果が得られない。 ダメダメ議会の生駒市だが、予算修正は、中本元市長(汚職)-山下市長へ。 pic.twitter.com/PixkHi8WiE
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
そこで、初めて当初予算否決ー暫定予算だと土木関係からも批判受け、次の選挙で現職5人落選ー以後、予算は、修正するけど秘訣はしない。で修正へ。山下元市長2期目からの思いつき的な提案増え、修正案連発。 やってみると議会の限界ー 当初予算で減額した事業を補正。 pic.twitter.com/hMECUhEMn5
 拡大
 拡大
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
再議ー市民生活を人質に取られた形で、付帯決議で妥協。 今は、新しい市長で、与党会派も増えて、大人しい議会になっている。 ただ、予算修正は、ハードルさほど高くないと研修などに取り組んでいる。 pic.twitter.com/d3jwlfOuxN
 拡大
山中基充 (もとみつ)鶴ヶ島市議会議員 @yamanaka_
パネルディスカッション 目黒氏ー議員間討議、委員会において温度差。統一したフォーマット作成。 新人議員も慣れやすいツール。 岩永氏ー事務事業評価シート、施策評価へ。 塩見氏ーこの事業を削って財政調整基金に入れるぐらい事務局でもつくれるが、それ以外は、慣れ(^^; pic.twitter.com/vYMbmf6Zjn
 拡大
 拡大
 拡大
残りを読む(4)

コメント

柴犬セブン @Seven_C_MT 2017年3月27日
おまとめ有難うございます。パソコンの大画面で良く読めます(笑)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする