面倒臭いメカミリ&飛行機クラスタの筆者が考えるメカとか可変機とかに関する考察まとめ

(´・v・)タイトル通りというか、もう本当タイトル通り。 VF等の可変機に限らず、筆者雪梟が考えるメカに対する考え方やデザインの順序とか世界観の作り方とか色々雑多なものを随時適当に纏めていきます。 また、それに対する他方の意見も一部纏めていきますので、よろしくお願いします。 暇で興味がある方におすすめ。
78

# 関連まとめ

同じ筆者のまとめ。こちらはどちらかと言うと「こんなのできそうだよね」という主張が強め。

まとめ 軽量単発可変戦闘機/軽単発VFという概念 (´・v・)筆者雪梟の妄想が元になっている架空VFの話。賛否両論あったのでまとめてドン。 #単発VF 2017年3月24日追記:  まとめ作成から4日が経ち、またイラストに造詣のある方やモデラーの参加もあり、単発VFというあまり派手とは言えない論題ながらも盛り上げて頂きました。ありがとうございます。  VF-25のメインエンジンを使う案をはじめ、補機にゴーストAIF-7Sのエンジンを組み込む等スペック面の地固めも済み、変形機構も 「VF-22系の主機と脚を分離する案」 「メインノズルを分割して脚に通す案」 「エンジンを前後に分割して脚に入れては」 「ペガサスエンジンをモデルに」 「片足にだけエンジンをつける案」 「そもそも一本脚でも良い」 「ガウォークまでを基本形として、スーパーパックに頭と腕をつけた.. 30988 pv 120 6 users

可変ロボにおける、可変機構の必然性について。

雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

(´・v・)先日までのVF論に関連してちょっと思い出したのでRT。可変戦闘機の意義の一つとして「関節の固定と保護」もあるんじゃないかと。 twitter.com/GufoNeve/statu…

2017-03-27 12:48:56
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

(´・v・)今ガンダムUCを見ててぼんやりと思いついたのだけど、人間や動物における最大の弱点って「関節」な訳で、これはロボにおいても同じ事が言えるはずだよなぁ……? と。パーツを分割して軸で繋ぎ、モーターの出力を加えて動かすという都合上、関節の補強には限界がある。

2016-06-22 15:56:56
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

承前)で、これは外部からの攻撃に対する脆弱性の他にも、自重を受けて負荷を生じるパターンも十分にある。体操の選手が関節を痛めるのと同じ理屈。そうなると、特にこまめなメンテナンスが必要なロボを、長期間「関節が可動可能な状態で動かす」には無理がでる。

2016-06-22 15:57:22
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

承前)そこで考えた。「長時間の活動や、戦闘などの機動を必要としない条件において、脆弱な関節を保護する目的で固定する設計」を盛り込めば良いのではないか。これは外部からの負荷を低減すると共に、機体をコンパクトに、かつ抵抗の少ない形状に再成形する意味もある。

2016-06-22 15:57:43
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

承前)そう。“変形”だ。変形させるのだ。あえて歩いたり、空気抵抗に四肢を晒して負荷を掛ける必要はない。それぞれの運用条件に合った形態に“変形”すれば良いのだ。これだ! 可変ロボを現実味たらしめる要素はこれなのだ!! フハハハハハハハハハ!!!!!

2016-06-22 15:58:05
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

(´・v・)ちなみに飛行機の脚も、外に固定したままの時代から「抵抗を減らす為」に格納式にしてきた歴史があるから、使用しないときは大きな抵抗源であり被弾面積でありレーダー反射材である、ロボの腕や足も、次期に格納して綺麗に納める時代が来ても何ら不思議ではないのだ。可変機万歳。

2016-06-22 23:12:06
こばやしみちとも @M_kobayashi_960

@GufoNeve 逆に液体金属製のフレームで補充しておけば勝手に関節の磨り減ったぶんを修復できる……とか考えたことが。

2016-06-22 23:14:54
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

@M_kobayashi_960 (´・v・)あー。なるほど。いっそその金属で関節包に当たる部位を制作して、動作中は衝撃吸収と潤滑を、停止中は固形化させて固定装置に。ってのもありですね。

2016-06-22 23:41:12
こばやしみちとも @M_kobayashi_960

@GufoNeve えぇ。しかしそうやって考えると『無機物で作られた巨人』が理想になってくるのかな、とも。(関節のブレーキ機構は人工筋肉として)

2016-06-22 23:43:43
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

@M_kobayashi_960 (´・v・)どうでしょう。機械である以上はメンテナンスが必須になりますから、いっそクロムクロみたくナノマシン製の生物的自己完結を行うスーパーロボットにするか、あるいは技術的限界と運用をすりあわせて設計したリアル寄りロボットにするかになっちゃうかと

2016-06-22 23:47:45
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

@M_kobayashi_960 (´・v・)んまあ、関節部に液体金属(電圧を掛けると液化する。とか)を充填して、高機動時は関節を動かし、それ以外の巡航時や移動時は関節を固定して変形する。とかなら。割とアリな設定だと思いますよー。変形時に折り曲げる箇所も、戦闘時は固定できますし。

2016-06-22 23:55:11
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

(´・v・)戦闘機から人型ロボに変形するって時点で某可変戦闘機ブランドに真っ向からぶつかるから難しい。今のところそこまでやるつもりがない(作品世界の技術基盤がそのレベルに到達していないのもある)から、ガウォーク的な形態に留めてるのだけどね。

2016-03-12 16:41:58
雪梟@9月22日砲雷撃戦 4F G-20 @GufoNeve

なぜ世の中に戦闘機が変形するメカはあっても、戦車が変形するメカが無いのか考えてみたんだが。 結論、変形させてもあまり戦術的な運用が変わらなくて意味がないからなんだな。何ともロマンのない話である…

2015-05-27 22:57:19
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

変形メカの事例自体としては、トランスフォーマーやマシンロボ、その他当時のスパロボ含めた様々なものが存在する。変形ギミックのアイデア自体はかなりいろいろ出ているので、オリジナリティあるギミックを考えたいならばあの時代はサーベイすると良さそう。

2017-03-28 12:36:36
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

ある程度練られたSF世界観で、人類が量産を想定して開発した変形機、ということでいくと、…飛行機以外… うーん、戦車ってどっかでみた気がするんだけど思い出せない。 脚車輪ハイブリッドがキーワードになる。 …アイアンギアはどうですか。 あとはライドバックあたり。

2017-03-28 12:41:58
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

ライドバックのあれを「バイクへの変形」と見るかは意見が割れるかもしれませんが、いやはや、ほぼそのままのスペックのものが世に出てきてましたね。 早かったなあ。

2017-03-28 12:50:49
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

あとは四脚への変形はいくつかありますやね。

2017-03-28 12:55:22
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

とはいえ、マクロスの大成功以後、(それ以前の商戦から継続の形ではあるが)カンブリア大爆発のように変形ロボが出た中で、やはり空飛ぶ形態への変形が一番多かったし、いまでも主流とは思います。飛行形態での強さの演出がやはり自由度たかく、やりやすいからですかねー

2017-03-28 12:56:43
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

単発エンジンなのに人型へ、ってどっかでみた気がするんだけど、勘違いかなあ…

2017-03-28 12:57:37
kyu190a4(サブキュッチャン) @kyu190a4

(ヽ´゜ω゜)ニルゲンツにはエンジン背負式で結構居た気がする RT @FET_SHIZAIBU: 単発エンジンなのに人型へ、ってどっかでみた気がするんだけど、勘違いかなあ…

2017-03-28 13:01:03
資材部の懲りない面々 @FET_SHIZAIBU

ガウォーク形態は凄まじい発明だよなあ。かっこいいし、鳥っぽいし、理にかなってそうっぽい (実際は、主エンジンをあれだけふりまわしての安定化制御は、制御則書く人があまりの不安定さに噴死するのではと心配)

2017-03-28 13:02:30
残りを読む(431)

コメント

ヒジャチョンダラ @citabow 2017年3月27日
Zガンダムだったかな、モビルスーツの手首が360°回転してハッチのハンドルを回したのがなんか萎えたなあ。『ボール』のマニピュレータならそれで良いんだけども(映画2001年みたいで)関節の動きは人間に倣って欲しかった、人間の手足の延長にあるものがモビルスーツだと思っていたから。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月27日
おいらはあの手首回るの、ちょっと感心したけどなあ。 あの当時はむしろアニメでは人間的な動きをするロボットだらけだったわけで、「ああ、ちゃんとメカとして描いてる」と思ったよ。
13
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月27日
むしろファーストのMSが人体に近すぎて「メカらしくない」という批判があって、「手足はあるけど人型ではない」というのを徹底したのがΖであって。
9
ıɥsoʎıɾnℲɐɹıʞ∀ @DukeSillywalker 2017年3月27日
それこそ、FSSのGTMを見ていただきたいな。永野護が示した一つの答えなのではないでしょうか。
0
やし○ @kkr8612 2017年3月27日
永野護は「人型ロボットの関節が人間の真似である必要ねぇだろ」ってのはずっと考えてたような気はしますね。エルガイムの頃から既に腕関節の曲げ方が違うし露出する腕装甲の先で相手を突く武装(アキュート)をつけてるし。GTMは今のところの極致(全く人間らしい動きをしないのでむしろ何で人型にしたんだ状態)
9
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月27日
フルメタル・パニックの作者が本当に「どこまでそれっぽくできるか」に挑戦してたんやなぁ、という。
0
青霊夢@ゲイツファイズアーマーコス作りたい @Blue_Reimu 2017年3月27日
ガンダムF91ではビームサーベルを持った手首を回転させてたけど、よくよく考えたら手首関節内の電装系どうなってんだろう…
0
ぴかっ太 @Pikatta 2017年3月27日
戦車の変形はMS IGLOOのヒルドルブがありますね。あれはハッタリが効いてて大好きですw
0
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
MSって1stの頃から人型からかなり逸脱してて(特に水泳部)その極致がMAだと思うんですが。で有名な足なんて飾り云々ですけど、シャアは実際にビグロやグラブロを見てきたわけで、実は本音は「サイコミュな、私にも使えるか」だと思うのです。人型=トレースや脳波コントロールというのは個人的には疑問です
4
Chariot @BLACK_RX_24 2017年3月27日
関節部の構造を極限まで簡略化すると∀のIフィールドビームドライブ方式に
0
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月27日
say_ya 人型だからトレース・脳波コントロールするというより、トレースや脳波コントロールしか操縦系がない世界観(そもそもレバーやペダルだけで思い通りに多関節機構を動かすには限界はあるんで)だから人間に近い人型にせざるを得なかった、というのもありそうかなあ、とか。人型から逸脱してるとトレースや脳波コントロールは難易度あがりそうやし。
5
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月27日
say_ya (´・v・)そうですね。人型ではないMSやMAも確かに多く存在しますし、サイコミュ等の設定も含めて「作品世界のリアリティを高める要素」だと思います。ただ、件の文脈で私は「“人型ロボ”の操縦法として最も簡略なもの」の例としてトレースを提示していたつもりです。またBDIに代表される思考操縦は、創作としては88年のR-TYPEⅡの時点で既に登場していますから、最近の流行と言う物でも無いと思います。まぁ、既に述べている通り「それが成立しうる世界観であること」が前提となりますが。
0
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
Kagura_d34272 GufoNeve 例えばGガンダムだとMFはモーショントレース以外ありえないと思いますし、それはそれでありだと思います。ただUCのMSとかVFでは主流にならないんじゃないかなあとも思うわけです。ギャラクシー船団みたいな例もありますけどね
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月27日
Kagura_d34272 (´・v・)その発想はありませんでした。≫操縦系に制約がある世界観。少しスチームパンクやファンタジー系の話だと違和感なく出来そうですね。現実で実際に脳に電極を入れて読み取り、フライトシミュレータでの飛行に成功した例があるので、案外と人間の脳の適応性は高いかもしれません。代償に色々持っていかれる可能性もありますがw
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月27日
say_ya (´・v・)VFは操縦席スペースをあまり広く取れないコンセプト上の壁がありますからねー。ただ、VB-6ケーニッヒモンスターは、デストロイドとバトロイドモードでモーショントレースを採用しています。またEXギア搭載機についても、部分的にモーショントレースで姿勢制御やマニピュレータの制御を行っていたので、要求仕様によるのではないかなと思います。かなり特殊例だと思いますが、NT-D発動時のRX-0は半思考操縦と定義できないでしょうか。
1
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
GufoNeve VB-6とかYF-21の存在は承知してますけど、VF-22では従来型に近いものに戻されたりとやはり過渡期の試行錯誤が見て取れますね。RX-0のNT-Dはサイコミュでしょうね。実際にはAIのアシストとかを超えたあっちの世界に行きかけてる代物ですけど
2
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
将来的というか最初からそういう訓練を受けた兵士だけによる部隊(もしくは競技)が設立できるようになれば可変機には脳波操縦が最終的には理想ではあるはずだとも思うのですが、整備インフラを含めた環境構築には1世紀単位の時間が必要なんじゃないかとも思います
2
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
あとやはり代償にいろいろ持っていかれるといえば今やっている鉄血のオルフェンズの阿頼耶識なわけですが、正規軍として運用するにはあまりにもアレなので、人体側の定着率や運用中の後遺症のケアは不可欠でしょうしそれができないからギャラルホルンでは封印されたのではないかと思います
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月27日
say_ya (´・v・)YF-21のBDIは当時としても「安易な雑念を抱けない」等の脆弱性を指摘されていましたからね。細かい描写だと思います。ただEX-ギアはVF-25等に搭載されていた操作インターフェースと耐Gスーツを合体させたものの方で、こちらはBDIではなく手指のジェスチャーを取り入れた半トレースのものです。
1
聖夜 @say_ya 2017年3月27日
GufoNeve EX-ギアは操縦/脱出システムとしても物語上のギミックとしても面白いしよくできてると思います。コアファイターとかVF-1の脱出システムって大掛かりすぎて気軽に出入りできないんですよね
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月27日
say_ya (´・v・)可変機に限らず、機動メカのインターフェースの一つの到達地点と考えることができますねー。パワードスーツとしても機能する便利具合は今までになかったと思います。一応過去にVF-11でコクピットブロックを分離する脱出装置が実装されていたのですが、VF-19以降コクピットを胴体内に格納するようになってしまったので、装備する意義が無くなってしまったんですよね。
2
muramasa007 @muramasa0071 2017年3月28日
関節なんて一切無し。「球」でいいんでないの? 無重力ならなおさら。大怪球フォーグラーみたいに。サイコミュだのミノフスキークラフトみたいな不思議パワーがまかり通る世界観ならばなおの事。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
muramasa0071 (´・v・)無重力だからこそ手足が必要。という言説も存在します。と言うのは、完全な球だと方向転換で常に推進剤を消費せねばならなくなりますが、手足のような一定の質量を持った振り子が外にある場合、それらを回す反作用で省エネに姿勢を変えることができます。まぁボールのような例外もありますから、これだけだと説明しきれないんですけどねw
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
(´・v・)「球」って小型に収める場合は確かに耐圧設計もできて楽な構造なんですが、耐圧とするとあまり開口部を設定できないから装備を内蔵することができないし、当然電波は真正面に反射するし、部品精度が求められるから大型になればなるほどコストが上がる傾向があるのです(例としては潜水艦が近い)。それぞれの任務に応じた適切な形状とすると、球は内部容積やコストの面からも不適格になってしまうと思います。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
GufoNeve (´・v・)あ、楽園追放のアーハンシリーズがありました<球体ロボ ただあれはどちらかと言うと本文中の「未使用時の関節部保護、降下時の耐熱」を前提にした設計に見えますし、コクピットブロックも個別に球状設計で耐圧気密構造を組まれてるので、設計思想として間違ってないと思います。
1
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
ガンダムでは宇宙で戦う兵器に手足があることについて「可動肢の反作用で姿勢制御をする」という理屈を考えた(AMBAC)わけだけど、これが実際に有効であることは実際に宇宙で船外活動する宇宙飛行士が実証してるんだよね。
2
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
ちなみに宇宙飛行士の油井さんのツイート。リプ欄がガノタばかりw https://twitter.com/Astro_Kimiya/status/636999704547561473
4
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月28日
神経接続で色々もっていかれるというと、ACfaのCUBEさん(フラジールに搭乗してた人)のイメージが強いですのぉ。フィードバックがないと接触や被弾に気がつけずに適切な対処できないし、かといってフィードバックしすぎると本当におかしくなりそうで、こう。さじ加減って難しいよねえとか。
2
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月28日
それはそれとして、制御コンピューターが発達して、レバーやらペダルだけで機体側が操縦者の意思を把握して、適切な機動を取ってくれるようなスタイルでの操縦できる世界観であれば、どんどん人型に近いメリットが薄くなって「何か関節もある最適化された奇天烈な形」に向かうのがリアルかなぁ、なんて。 その場合の人型のメリットはどちらかというと「自機の機構を熟知してなくてもパイロットが必要な動きをイメージしやすい」なので、熟練兵向けの機体ほど人間から遠ざかって工学的・力学的な最適化がされていく、とか?
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
sadscient (´・v・)そうそう。AMBACと言うのですね、自分はMSについては素人なので、新たな知見が得られました。現実だと衛星などの大型機材はリアクションホイールで姿勢を変化させていますが、AMBACと併せて複合的に扱う案も良いですね。戦闘中は手足を姿勢制御のみに充てられない事情もありますし。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
Kagura_d34272 (´・v・)人型を諦めて最適化された機械の現実における代表例は「建設重機」が示してますねー。あれの電子制御をさらに進めた形と捉えると、割合リアリティのある話だと思います。恐らく想定される任務に特化しつつ、ある程度作品世界内で並行する技術に沿って統一化された形状になっていくと思います。戦術機シリーズとか結構近いかもしれないですね?
1
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
GufoNeve 一応ボールも腕振ってAMBAC姿勢制御する。ただ用兵的には支援火器であることが多いのでドッグファイトみたいなのはあんまり想定されてないはず。IGLOO第3話では複雑な三次元機動をするヅダと、直線的な機動のボールが対比されてたね。
2
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
Kagura_d34272 ガンダムではむしろ人型を大きく逸脱した機械にこそ脳波コントロールが適しているという考え方で、ファンネルとかは「無線で繋がってる無数の手足」という扱い。
2
創世王 @souseiou 2017年3月28日
MSの設定はともかく、ディティールアップの方向は陸戦兵器というより航空機の系譜で、各所に注意書きやら点検ハッチがあるのだけど、人が扱うにはあの大きさはどうなんだろう・・・?人が扱うなら、ハッチより出入り口じゃね?とか、一番被弾しやすそうな所にコクピットハッチやら冷却スリットみたいなのが付いてたり、それマズイんじゃね?とか思う。
1
Karasu @karasu15794066 2017年3月28日
ウォーカーマシン、遺伝子改造されて脳波強化したジロン達シビリアンしか乗れない説を提唱。 劇中イノセントがウォーカーマシン乗ってた描写無かったよね(自信無し)。
1
Daregada @daichi14657 2017年3月28日
アフタヌーンで連載している「シンギュラリティは雲をつかむ」(園田俊樹)に出てくる人型飛行機は、可動部が多すぎて制御用スライダが数十個におよび、普通の人間には直接扱いきれないので、操縦桿とペダルで間接的に動かしている、という描写がある
2
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月28日
sadscient ガンダム世界のサイコミュ/ファンネルはニュータイプ専用なんで、単純な脳波コントロールと比較するのはまた違うような・・・。原理はあまり明確にされてないけど「人間の意図をある程度把握できるコンピューターありきで誰でも(それこそジオンの習熟期間が短い少年兵でも)操縦できる、但しファンネルのようなぶっ飛んだ射程の兵器は、兵器の状況を正しく知覚できるかどうかに加えて、ミノフスキー粒子でも阻害されない索敵能力を持つニュータイプじゃないと使い物にならない」という話かと。
1
Chariot @BLACK_RX_24 2017年3月28日
GufoNeve そこで出てくるのが百式などの特徴的なバインダースラスターですよ。あれはAMBACの補助として使えるんです。
2
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
karasu15794066 脳波云々以前にイノセントはウォーカーマシンには数分と乗っていられないはずです。機密さえあればホバギーなどの操縦はしています。またB-25や現代でも旧式に属する銃のレプリカが現役であることからも、イノセントが自力で生産/整備する能力は案外低いと思われます
2
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
あと根本的に、WMはハンドルで動くというのは主役メカであるザブングルを基準にした時に生じる錯誤で、トラッド11、ギャロップ等もっとも流通しているタイプは現代のショベルカーと同じレバー型です。またザブングルタイプですら増設装備の発射に有線式スイッチをコックピットに引き込んだりしていることからも脳波操縦の可能性は低いと思われます
2
Karasu @karasu15794066 2017年3月28日
say_ya そういや、イノセントって外気に触れると病気発症して死んじゃうんでしたね。そういやザブングルもポストアポカリプス物でした。
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
sadscient ボールの腕はAMBACには使えません。というかできてしまうとアームを使った作業に致命的な悪影響が出る(これは究極的にはMSも同じ)ので、リックディアスや百式のようなバインダーが生まれたんだと思いますよ。ボールの姿勢制御は本体底部とアーム付け根のサイドにあるスラスター群で行うと思われます
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
karasu15794066 です。シビリアンの一つ前の人工種族であるハナワン族も水中では活動できるが大気中では長時間は活動できないので、惑星ゾラの大気汚染が相当にひどいのではないかと思います。海も泥みたいな茶色ですし
1
kartis56 @kartis56 2017年3月28日
ミミズみたいな全身が関節だと最弱なのかな? デビルガンダムのしっぽの方みたいなの
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
kartis56 外殻と関節部の距離にもよりますが直接戦闘向きではないでしょうね。ただ原発内の検査ロボットなどとしては実用化されてるようですし、用途次第だと思います。暗殺用ロボットにしてハイテクミステリー密室殺人とか
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
kartis56 say_ya (´・v・)メガゾーン23に「対人攻撃弾」という触手状の攻撃兵器が出てきてますね。着弾した艦や構造物内部に居る生物を、優先的に判別して殺傷する悪質な兵器でした。強度次第ですが、配管類や構造物内部に浸透する事ができる構造特性は活用の幅があると思います。
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
GufoNeve ありましたねえ。F91のバグよりかなり早かったですしかなり印象に残ってます。デカけりゃいいってものではない見本ですね
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
say_ya (´・v・)ですねー。バグと違って単体だとロボに対処できるサイズを下回るので、艦内に入り込まれるとどうしようも無くなりますし。サンダーバードAGにも蛇型の探査装備が出てきていますから、触手メカは主力と言うよりは補助/特殊装備に該当する使われ方が多いと思います。
3
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
(´・v・)今日の分更新しましたー。高周波振動カッターの件とかウィッチの装備に自壊機能を付ける話とか。
1
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
say_ya いやちょっと意味がわかりません。可動肢が存在する以上はその反作用を利用して姿勢制御をすることは可能です。宇宙飛行士ががそうであるように。
0
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
sadscient 四肢を動かすことで姿勢制御が可能ということは、逆にアームで物を動かしたりライフルを目標に向けるだけでも機体は静止していられなくなるということです。これを打ち消すには結局肩などのアームの付け根部分にスラスターを付けたりする必要がありますし、現にボールにもゼータ以降のMSにもほぼついてます
0
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
宇宙服を着て手足の動きで姿勢制御するのと、宇宙服に姿勢制御用のジェットがついてることは何ら矛盾しません。MSも同じです
0
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
say_ya そうですよ。反作用を打ち消したいときは別の可動肢を振るとかスラスターを使用するかという話で、「可動肢による姿勢制御ができない」というのは違いますよね。
0
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
sadscient ボールの腕がなぜAMBACできないのかといえば軽くて動きが遅い上に可動域が極めて限定的なので目的とするエネルギーを得ることが難しいからです。逆にこれはアームを使った作業においては利点であり、ボールがどちらを優先して設計されている(べき)かはそれほど難しい話ではないはずです
0
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
say_ya sadscient (´・v・)どうしてこんな簡単に地獄の釜が開いてしまうのか……。ざっくりとボールで画像検索をしてみましたが、一般的なボールの腕部は胴体直径と同じ程度の長さが有るように見えますし、ゆっくりでも精密作業を必要としない場合はAMBACに転用する事が可能なように見えます。場合に応じて使い分けていると言う理解ではいかがでしょうか?
0
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
(´・v・)蛇足で。ボールは胴体サイズの割にコクピットが小さいので、空いている内部構造にリアクションホイールを突っ込んでいる可能性はあるんじゃないかなと。現実にも宇宙望遠鏡の角度を微調整するのに使用されているくらい精密な動作が可能なので、作業機械にはお誂え向きの装備だと思いますし。
0
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
GufoNeve まあぶっちゃけ個人的にはどちらでもいいのですが、公式設定にできないと明記されていること、AMBACの目的が主に戦闘機動であることを前提にすると上記のような考察になるわけです。ただあえてボールとその前身になる作業ポッドの違いを無視してきましたが、ボールの上部主砲の仰角に合わせてアームを上下に振るくらいはできると思いますよ。左右は可動域の関係で無理だと思いますけど
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
ボールのデザイン上の致命的欠点は、機能上の前と主推進装置の向きが90度ずれているため、パイロットが認識する前方に移動するのが極めて困難だということです。塹壕などの遮蔽物や母艦から垂直に上昇して主砲を撃ちつつ離脱する以外の機動はほぼ不可能なんじゃないかと思います。カトキ版では多少ましにはなってますが
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月28日
say_ya (´・v・)あー、公式で否定されているなら、特殊設定でもないと難しそうですね……。アームを回転させれば左右に振る事も出来なくはないと思いますし、スラスターやジャイロが故障した際に緊急避難的に「泳ぐ」程度はできそうに見えます。 余計な一言ですが、単一作品に対する発言への反論を出す場合、先にソースを提示する事をお勧めします。論拠のない否定系の言い合いは不毛になりがちですので……。
1
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
GufoNeve 個人的には「〇〇にだめって書いてあるからだめ」は考察ではないと思っているので、それっぽい理由も考えているのですが、不毛な水掛け論を望んでいるわけではないので今後は自重します。失礼しました
0
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月28日
say_ya いや実際IGLOO3話でアーム振って姿勢制御してる描写があるんで、「設定で否定されてる」とか言われても、映像のみが公式なわけで。
2
聖夜 @say_ya 2017年3月28日
sadscient 「映像が公式」ではあっても「映像のみが公式」とは言われてませんよ。というか映像のみが公式だとMSVやセンチネルは架空の存在ということになるのですが
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
say_ya (´・v・)それもそうですし、同意します。個人的には「ソースに基づく考察」も必要だと思いますので、ご参考までに。ご無礼をお許しください。
0
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
(´・v・)ガンダムはシリーズも派生作品も、デザイナーや監督ですら沢山存在しますから、「どの段階で明示された情報」か「どのシリーズに向けて設定されたものであるか」が重要だと思います。なので、一概には言い切れない分が多いと思いますし、作品ごとの世界観で理解を進めるのが平和的かと思います。
0
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
(´・v・)このまとめに関連して『過去事例を横断的に俯瞰して話するとき「○○は無い」というには慎重さがいる』とのコメントを寄せて下さった方がいらっしゃいます。 こういった場所なので、どこの誰が「未知の情報」で殴ってくるとも限りませんから、相互に「知らない情報がある可能性がある」前提でご意見を寄せ合っていただければ幸いです。
0
Rota @rota_ator 2017年3月29日
ロボの関節ですが、例えば戦車や軍艦の砲塔なんかだと「敵弾のかすったショックで故障」なんて例もあるので、ハードな戦闘をこなすメカと関節など可動部の多い構造は相性が悪いと思います。そこで逆に故障のリスク込みで考えると、ミミズ状の多段関節は一ヶ所故障しても残りの関節で機能をカバーできるのでむしろアリなんじゃないかと。(あと関節一個分にかかる力も小さくなるので負荷を減らせるし)
4
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
rota_ator (´・v・)ボスロボットやゲッター3で知られるタイプですね。アレを現代風に再考証するのは面白い案かも知れません。リアルよりとすると整備コストや部品点数の問題が出てきてしまいますが、いっそ流体関節にしてしまうと言う手もありますし。
2
初瀬 神楽 @Kagura_d34272 2017年3月29日
AMBACの利点って「重心をある程度変えられる」ことで、腕をぶんぶん回して反作用を得るのとは別やと思うの。何かしら推進剤を噴射しながら腕を動かせば姿勢制御できると思うけど。
0
Rota @rota_ator 2017年3月29日
GufoNeve 整備の問題については、通常の人型の腕や足だと上腕と前腕・腿とふくらはぎと二種類のパーツが必要ですが、多段関節だと手足含め全て同じパーツで済み、破損してもその部分を交換するだけでいいのでむしろ楽にできそうな気がします。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
Kagura_d34272 (´・v・)一応AMBACの基本概念に近いことはむにむに教授が示してますね。タグにもある通り、基本的には慣性モーメントを用いて向きを変える技術なので、これまでの話に齟齬は無いと思います。ただまぁ、もちろん実践では推進剤を使用していると思いますが。向きは変えられてもベクトルまでは偏向できないですし。 http://nico.ms/sm22452769
0
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
rota_ator (´・v・)なるほど。確かに一定のサイズで採算ラインが見える代物だと思います。あまり大型だと整備性やアビオニクスとの兼ね合い、また配線の複雑化等運用面の問題が出てくるように思えますし、比較的小型から中型程度の、汎用に動き回る機体に向く構造かもしれません。体重を支えるとなると無理があるので、ゲッター3方式や水中型ですかね。重量の心配がないので。
2
Rota @rota_ator 2017年3月29日
GufoNeve あ、さすがに腕と同じパーツで脚にするのは無理がありましたね…。ゲッター3方式や水中型もいいですが、細かい微妙な動きができるのでAMBACに向いているかもしれません。
1
Chariot @BLACK_RX_24 2017年3月29日
コメント欄がタイトル通り面倒くさくなりつつある...
5
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
BLACK_RX_24 (´・v・)こういう方向の面倒くささは求めてなかったんですけどね……w まぁアレについて言いたいことは既に述べたので、あとは静観したいと思います。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
rota_ator (´・v・)宇宙型は勿論向いていると思いますよー! となるといっそマトリックスのセンチネルみたく、無数の作業アームを備えた機体としてデザインしても良いかもしれません。腕が多ければ、宇宙空間で何かに胴体を固定することもできますし、流体中であれば鰭として使うこともできます。
2
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年3月29日
変形機構よりもネーミングがアウツだったGT4とザクスピード
1
Rota @rota_ator 2017年3月29日
GufoNeve センチネルは知らなかったのですが、カッコいいですねコレ…!リアル系でもメイン機はほぼ人型(首無し・足無しぐらいで極端な人外系はあっても敵メカな印象)ですが、用途や使用環境から逆算した結果の異形デザインのリアル系主役ロボもあっていいと思うんですよ。(商業的には厳しいですが…)
2
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年3月29日
センチネルと言えば「宇宙空間なのにあ◯のま◯ひこがドヤ顔で『お前ら空気遠近法って知ってっか?』とか言ってた」と言ったらセンチネラーに「あ◯のさんがそんな事言うはずないし、しっかり考証も付いてるから空気遠近法なんてあり得ない」とか言われた。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
rota_ator (´・v・)まぁ、マトリックスの登場メカもリアルかと言うと微妙な所ですが、この子達劇中だと結構可愛い動きするんですよw ここまで異形にしなくても、無人のサポートメカとして登場させるのも一つだと思いますー。腕の数が増えるほど人の手に負えなくなるので。
1
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月29日
ガンダム世界の関節については、急造機であるνガンがあれだけサザビー殴り倒しても指マニピュレーターが故障しなかったので、時期や機種にも拠るのだろうけど、相当頑丈に作れる技術が確立しているのではと予想。
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年3月29日
(´・v・)誠に勝手ながら、編集者権限で一部の攻撃的、あるいは不必要な争いを招く恐れがあると私が判断した発言を消去させて頂きました。私自身も含めて、今後くれぐれも「自分の知識で相手をマウンティングしようとする」行為はご遠慮下さいますよう、よろしくお願いします。作品の垣根を超えた自由な考察、話題は今後とも歓迎致しますし、喜んで参加させて頂きたいと思います。以上です。
1
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年4月1日
ヾ(´・v・)ノこっちも性懲り無く更新ー! そもそもが「筆者の意見を中心に適当にまとめた」のがこのまとめの本質なのだし、今後ともその方針に変わりは無いつもり。
1
r1h3 @r1h33 2017年4月1日
AMBACの有用性はフィギュアスケートの回転時姿勢、特に腕の位置を見よと何かでありますな高速回転時には腕をたたみ回転停止時に腕を開くこれもAMBACなりね
2
雪梟@10/25砲雷 B-10 @GufoNeve 2017年4月22日
ヾ(´・v・)ノ久し振りに更新ー
0
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2018年12月10日
ここ迄『キスダム』のコクピットアーマーに対する言及なし…。同じ河森メカなのに…。
1