日本の大学で常勤の教育・研究職に着任されている方、着任されたことがある方に質問させてください。着任日までに正式な採用内定通知書の送付を受けましたでしょうか?

これ、もらった常勤教員ポジションの内定を取り消されそうになっている人がいまして、質問させていただいてます。
法律
85667view 25コメント
63
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
日本の大学で常勤の教育・研究職に着任されている方、着任されたことがある方に質問させてください。着任日までに、機関の長などからの正式な採用内定通知書の送付を受けましたでしょうか?「その他」の方はもし差し支えなければ具体的にお教えください。(よろしければリツイート、お願いします)
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
これ、もらった常勤教員ポジションの内定を取り消されそうになっている人がいまして、質問させていただいてます。家族や関係者に内定を伝え、研究室の鍵をもらって採寸もし、引っ越しの準備もし、送られてきた講義用教科書の予習などしている段階で、その状態に。↓の質問のRTのご協力、ぜひ。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
Yo Ehara @yo_ehara
えっ…普通は機関印入の雇用契約書が入っているものじゃないの…? twitter.com/tsuyomiyakawa/…
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@yo_ehara そういう正式のものを着任前に送っている大学は実は少ないようなのです。
石井晃 @ishiiakira
私は現在、採用する側ですが、教授会で常勤教員の採用が決まっても、何も出ないです。出るのは着任日に学部長から渡される辞令だけです。ただ、学科長が連絡したり、庶務係から内定証明書を発行することはウチでは可能です。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@ishiiakira 有難うございます。うちの大学や、京大でも着任した後の辞令が最初の正式な書類だったように思います。
こんなげっ歯類のハム @RatHamHam
それはひどすぎる。。。ハシゴはずしにも程がある。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
原基晶 @motoakihara
いまはもうなくなった大学なので書いても良いと判断し、呟きます。学長派と理事長派で争っている大学に決まった知人で、初回授業中に理事長派の職員が来て教室からロックアウトされ、結局追い出された方がいます。かなり著名な研究者です。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
MKurita @sociolog2
「その他」(面接等はあったが口約束)と「正式な通知書の送付を受けた」と両方あります。後者は設置認可がらみなので就任承諾書も出しましたが、前者は「一度来てください」と言われて面接「いつから来られますか?」(年度途中だったので・・・これで本当に採用?)という感じでした。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa
@HirokoBannai そうなんですよね。立ち上がれないくらいのショックを受けて、かろうじて何とか生きているくらいの感じです...。
MKurita @sociolog2
「じゃ来週からきてね♡」「ええーっ!?」という事例(私ではなくまた別の組織の人)、「うち来る気ありますか?」「はい」「じゃ決まり」(すべて電話)事例も知っています。
Hiroko T. @hiroko
@tsuyomiyakawa 内定通知書、もらったことないです。着任当日に「労働条件通知書」(←なんつう上から目線な名称)をもらっただけです。(某国立大)
luc_p @Dr_lucP
事前の連絡はメールだけでしたね。着任当日、辞令を貰うまでずっと半信半疑でした。民間企業に転職する時、内定連絡後にオファーレターが送られてきて、こういう条件で採用しますので良いですか?と聞かれて、ああ、これが普通の採用手続きなんだなと感動しました。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
たなさん @tana3yo
何故か、研究職のときは、採用通知がない事が多い印象。 大学でも、研究職でなければ、ちゃんと採用通知来たし、なんだか、よく分からない。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
森岡正博 @Sukuitohananika
私の場合、4回の研究機関・大学への就職がどうだったか思い出そうとしてるが思い出せない。それがすべてを物語っているとも言える。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
時安邦治 @opalpanda
私のところでは、原則として公募でしか専任教員を採用しませんので、審査の後に採用決定の通知を出し、内諾書を返送してもらっています。でないとお互い不幸なことになりかねませんから。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
mio @mtkyf
着任当日に任命書を手渡しされるまでは口約束状態。渡される瞬間まで決して油断するべからず、と院の先輩に繰り返し言われていました。変な文化。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
tatarina @tatary
@tsuyomiyakawa なかったような気がします
BANNO, Tetsuya こんな・ああいう変な人 @t_banno
内定通知書もらいました。引っ越し先を契約する時に見せたので記憶しております。ただし、給与額がわからず、家賃の想定金額を設定できず物件探しに困りました。 twitter.com/tsuyomiyakawa/…
残りを読む(191)

コメント

delphinus @Delphin_apterus 2017年3月28日
某独立行政法人も、研究者として雇用契約書を交わすのは初日で、内定書などはなかった。
Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2017年3月28日
研究室の鍵をもらっていて、講義用資料も送られているのなら、それらの材料を持って弁護士にGO!しかないのでは。
おくしもろん @oxymoron_hy 2017年3月28日
大学って外のルールと全然違うルールに基づいて動いてることよくあるよね……
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2017年3月29日
まとめていただき、有難うございました。
barubaru @barubaru14 2017年3月29日
大学の自治だからね、仕方ないね
殻付牡蠣 @rareboiled 2017年3月29日
自治でも枠内での自治だからな。
umigoki @umigoki 2017年3月29日
これこそ「河野太郎案件」なのでは、、、
online_cheker @online_checker 2017年3月29日
そもそも事務長ら事務方が一切登場しないこの話、眉唾物(賃貸物件、只の内見でも、部屋の採寸くらいはする)。契約交渉過程での破談は、珍しくないし、それを奇貨に履行利益まで、、、なんて図々しい。
第四惑星人 @daiyonwakuseim2 2017年3月29日
義務教育で労働基準法を教えよう。
cLaCFF @cLaCFF 2017年3月29日
命を刈り取る形をしてるだろう?
OKI Yukihiro @ykhroki 2017年3月30日
河野太郎さん案件では……
空弁者 @scavenger0519 2017年3月30日
「大学の自治だからね、仕方ないね」とのコメ、どんなつもりなんだろうね?刑法や民法など日本の法の支配が及ばない治外法権地域とでも?
空弁者 @scavenger0519 2017年3月30日
コメに「河野太郎さん案件」と指摘するものが複数あります。@konotarogomame として河野先生に届かせないと意味無いよ。
Tsuyoshi Miyakawa @tsuyomiyakawa 2017年3月30日
ykhroki umigoki scavenger0519 ご意見、有難うございます。河野太郎議員に今回得られましたデータなどについてまとめてご説明しましたところ、直接お返事をいただき、文科省にお話をしてくださるとのことです。本当、有り難いことです…。
marmot1123 @marmot1123 2017年3月31日
こんなことがあるのか。将来気をつけよう。
幸箱亭ミミック(妖怪はげまーき) @happys_toolbox 2017年3月31日
知ったかの逆張りタマゴは出て来るなよ。
ざめでぃぼーる @Zamedi_Ball 2017年3月31日
院生時代に「大学教員や研究者は893な商売」などと年輩の複数の方々から聞いてたけどこんなに例があるとは驚き.
@nikoneko99 2017年3月31日
鍵もらったりとか色々物的証拠や口約束でも内定の話があったのなら弁護士連れて多少なりとも戦えそうに思えるけど、学術界は他の業界とは信じられない常識がまかり通ってたりするしなー
空弁者 @scavenger0519 2017年3月31日
「学術界は他の業界とは信じられない常識・・・」と考える人が学術界にいるとしても、日本の法の支配が及ぶ筈なので、単なる労働係争案件として司法は扱えば良いのです。労働局・労基署の判定がまとめ内のツイで紹介されておりますし、平均的能力を持つ労働専門の弁護士ならば裁判でも内定認定を取れるでしょう。雇用側が「学術界は他の業界とは信じられない常識・・・」と考えている場合には裁判も長期化するでしょうがまず負ける事はありません。
空弁者 @scavenger0519 2017年3月31日
雇用側の常識が世間の多くと異なるものだとしても、地裁・高裁・最高裁と三回裁判を受ける権利はあります。被雇用側も恐れることなく戦えば良いのです。それが「学術界は他の業界とは信じられない常識・・・」を変えていく事にもなります。「学術界は他の業界とは信じられない常識・・・」が変だ!と思うのなら、それを変えて行かないと!ね。(^_-)
ねこ博士 @kazukazu_ex 2017年11月14日
scavenger0519 それたぶん単なる皮肉やで
デムパ(Poisonous_Radio) @Poison_R 1月13日
僕が助手になった時は、何ももらった記憶ないなぁ。
sakai @SkiMario 3月2日
私も内定とかの書類はもらったことが無い。お世話になった先生からは「事例が出るまで誰にも言うな」って言われてた。ギリギリで覆されたのを見てきたんだと思う。
sakai @SkiMario 3月2日
更新年度だと、4/1に辞令を職場でもらうんだけど、契約してないのに4/1に出勤するのっておかしくないかとか、出勤したけど辞令が出なかったらどうなるんだとかいろいろ考えてしまう。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする