10周年のSPコンテンツ!

なぜ「化学調味料」は悪にされたのか?

『化学』調味料っていうけど実際どういうものなのか意外と知られてないかもね 注:現在はうま味調味料という呼称のほうが実は正式なようです。まあ化学調味料って言葉、勘違いしか産まないしな
ログ 美味しんぼ コメント欄が後半から地獄 うま味調味料 味の素 グルタミン酸 コメント欄が本番 化学調味料
304
原田 実 @gishigaku
漫画での化学調味料の扱いといえば『包丁人味平』で同じ味になるから一流めざす料理人は使うべきでない、という程度の扱い『サイボーグ007』で科学調味料の味しかわからなくなった料理評論家を揶揄する話があって、『美味しんぼ』で絶対悪になった感
塵旋風工作員の賃金未払いを許さない会 @Stormbricht
@gishigaku その前にアメリカで化学調味料使った中華料理で体の具合が悪くなった的なニュースが流れましたな
原田 実 @gishigaku
食べなれないもの食べて気分悪くなった、というだけだったんじゃないかと @Stormbricht
原田 実 @gishigaku
ナトリウム化合物だからとりすぎると腎臓に負担がかかるでしょうね…塩と同じで @gyouzaboy
アール・ケイ @arukeiarukei
@gishigaku @gyouzaboy やっぱり「化学」調味料という表現がいけないんですよね。
カスガ @kasuga391
この手の「素材の天然の味がわからなくなるから化学調味料は使うべきではない」系の意見を見る度に、じゃあ塩や砂糖はいいんだろうかと思う。 twitter.com/gishigaku/stat…
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda
美味しんぼや大使閣下の料理人でひたすら貶められてた旨味調味料を「お前の使い方が悪いんじゃ」で粉砕した「ミスター味っ子2」という漫画が(3巻より引用) @gishigaku pic.twitter.com/DZLG5BM7ns
拡大
拡大
カスガ @kasuga391
そういや『美味しんぼ』89巻の「小ビンの謎を解け!」では、「どんな料理にも昆布の粉を振りかける人」が肯定的に扱われてたけど、あれ化学調味料と何が違うのか未だにわからないpic.twitter.com/RuUstkVzHr
拡大
拡大
時雨晶 @sigre210
ミスター味っ子Ⅱで二代目味皇が化学調味料を使って料理する話があったなあ。
高原 @k_takahara
@sigre210 化学調味料について成分に問題はない、というのは美味しんぼが取り上げた後に出てきた話だからなあ
竹田 @takets
で、ラーメン最遊記で化学調味料は肯定されると。 twitter.com/gishigaku/stat…
カスガ @kasuga391
@TogyoAnSyujin 和三盆だろうが伯方の塩だろうが、元の素材にない味を付け加えているのは化学調味料と同じなんですけどね。
Friendboy42 @Friendboy42
前にもどこかでつぶやいた気がするけど『化学』調味料味の素の作り方です 実際には機械で工程をやってるにしろ、やってることって伝統的な調味料と変わんないよねこれ ajinomoto.co.jp/aji/umami/ pic.twitter.com/YRGLpObCUp
拡大
リンク うま味調味料「味の素」 味の素 Q&A|うま味調味料「味の素」|味の素株式会社 うま味調味料「味の素®」は天然の「さとうきび」からつくられています。調理の下ごしらえから仕上げまで幅広く使えて、手軽に料理をおいしくすることができます。味の素に関するQ&Aをご紹介します。

コメント

言葉使い @tennteke 2017年3月30日
砂糖だって塩だって、マヨネーズや七味唐辛子だってそれ自体が味を持っているけど、化学調味料は「うま味」か?これって味がないからこそ問題なんじゃないかしら。
ビッター @domtrop0083 2017年3月30日
最後の味の素の作り方でいうと、3の発酵で出来るのは『グルタミン酸』、4では『グルタミン酸ナトリウム』になってる。4の工程の詳細では、『グルタミン酸をナトリウム塩にする』過程があるので、化学工程があるっちゃある。 でも、別に体に悪くはない。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月30日
ちなみに、旨味調味料を使った味皇は三代目です。三代目って判明するの最後なんですけど。
ビッター @domtrop0083 2017年3月30日
正直、美味しんぼの理論はいろいろ頭おかしいからな。あれはギャグ漫画として読むもの。
儀狄@パブリックエネミー @giteki 2017年3月30日
美味しんぼがいつ頃書かれた回なのかはわからないですが、以前国語の試験問題で『味の素の特許が切れた時、何でもかんでも味の素を大量にかける人が~』的な文章を見たことがあるので、その頃の悪印象が残っていた可能性もあるのでは。(なお、味の素そのものの特許はともかく、主要な特許が切れだしたのは1980年台とのこと) https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2007/11/articles/0711-08/0711-08_article.html
フローライト @FluoRiteTW 2017年3月30日
化学調味料は叡智の味、保存料は技術の愛情。美味しく、安全に、人が人を思い生み出されたものだ。天然信者をみてみろ、”健康的な食べ物”で殺し合ってるじゃないか。
ぶる〜の @shin10276707 2017年3月30日
正直体に悪いもんだとずっと思ってた。 けど色々調べたらそんなことは無かった、マンガの影響って良いことも悪いこともある。
banker@棘アカ @bankerman777 2017年3月30日
同じく長らく悪者にされていた水道水も。鉄鍋のジャンRで課題が水勝負のなか、相手が様々な水をブレンドして一品を作ったが、主人公のジャンは水道水を使って審査員に美味いと言わせていたな。
hironomaru @hironomaru11 2017年3月30日
第5巻の山岡士郎 「第一、本当の野菜なら、ドレッシングなんかかけない方がうまいぜ。 サラダには何かかけるという固定観念も、考え直す必要があるんじゃないかな。」 第34巻の山岡士郎 「おかしいよな、ドレッシングをかけると野菜の味が損なわれるように思うけど、 逆に野菜の味がもっとよくわかるようになるんだよな。」
mere @yoyo_mere 2017年3月30日
アメリカの外食産業が中華料理叩くために作り出した藁人形なんじゃないの、って妄想。確か元々は中華料理症候群とか言って中華食べた人間が体調崩すみたいな都市伝説があって、その原因がグルタミン酸だって話だったと思う。
言葉使い @tennteke 2017年3月30日
人間生きていて、塩や砂糖は入れ過ぎちゃったってのは経験あると思うのよ。マヨネーズや七味唐辛子入れすぎたことが無い人がいても、ビジュアルでやばいってのは解るでしょう、でも化学調味料を入れすぎたことがある人っている?でも味覚が鋭利な(設定の)人は、それが解るんだよ。試しに化学調味料をどっさり入れて、美味いか不味いか確かめてからでもいいんじゃね?私は嫌だけど。
nanasi @nanasi43 2017年3月30日
科学調味料(旨味調味料)の一番のポイントは美味しんぼでも描かれていたように耳掻き1匙単位でも味が大きく変わる調味料と言うところ。 加工食品に味の均質化などの目的で多く用いられたため、これを沢山入れてないと美味しく感じない人が増えた。 更に、他の味複雑さや深みが無いのを覆い隠す目的でも使われていた為自然な味がどんなだか分からない人が増えたこと。 だから味皇のように使用量をきちんと計って、且つ効果的に使えば塩や砂糖と同じで適量使用となり問題ない。
naruto,tousen @narutousen 2017年3月30日
じゃあ何で味噌や醤油、もっと分かりやすく言えば昆布や鰹節はうま味調味料じゃないの、という疑問が答えでしょう。グルタミン酸ソーダは確かに魔法の調味料です。家庭用なら少量の使用で何でもそこそこの味に仕上げます。非常に効率的な調味料と言えるでしょう(続く)
nanasi @nanasi43 2017年3月30日
恐らく調味料として使うなら比率としては砂糖>塩>旨味調味料となり。 計量単位は100mg~10mg単位で計ると砂糖や塩と釣り合うと思う。 これは経験や感が無いとしたら試薬用の計りで計量するのが適当な部類。
naruto,tousen @narutousen 2017年3月30日
(承前)しかし業務用では諸刃の剣です。純粋なうま味なので入れれば入れる程旨くなり、逆に入れなければ旨く感じなくなります。そして店独自の味より化学調味料の量で店の評価が決まってしまうのです。ラーメンのスープが濃厚になったのも化学調味料に対抗したせいだとさえ感じます(終り)
メメタァ @memetaa_77 2017年3月30日
美味しんぼのトンデモ科学が行き着いた先が福島で鼻血だったのかな
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月30日
「サイボーグ009」じゃねえの?
諸葛 均 @policedoog1971 2017年3月30日
『サイボーグ007』は『サイボーグ009』の事かな?
ビッター @domtrop0083 2017年3月31日
味の素の化学工程を拒否する人に、みかんの缶詰の薄皮剥き工程を説明したらショック死するのではないだろうか?
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
張々湖飯店繁盛録編が当該エピソードっぽいですね > 009 張々湖は006ですし...
ろまー @progrommer 2017年3月31日
いわゆる化学調味料だけでなく、食塩や砂糖を始めとする現代の調味料はダメ!、という人もいますね。「必殺!イオン交換!!」
うえぽん @kaorurmpom 2017年3月31日
化学調味料は家庭料理の救世主なんだよね。共働き夫婦でいちいち出汁取ってる余裕なんてあるもんか。
Haruka McMahon @regicat 2017年3月31日
張々湖飯店繁盛録は日本の庶民的な中華料理店で揃うはずのないツバメの巣やフカヒレなどの高級食材(002ら他の仲間たちが各地から調達してきた)を使った本格的な中華料理を提供されて評論家がパニックを起こした、という話だったような。本物の食材の味に気がつけるから混乱したのであって、「化調の味しかわからない」なら本物に気がつかないというオチになるよね。
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
domtrop0083 仮性いや化成ソーダ使ってるんだっけ。
Bぼたん@伊26一発ツモ @omega_b 2017年3月31日
どうも「味の素は石油から作られている」という言説があるみたいなんですよね。調べてみると、アクリロニトリルという石油由来成分からグルタミン酸ナトリウムが生成できるらしいんですが… https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%AB
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
kaorurmpom いや、簡単に出汁取る為の小分けされた出汁から市販されてる出来合いの出汁まであるんで。つゆの元とか。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月31日
「<原料>「味の素®」「うま味だし・ハイミー®」の原料は、さとうきびの糖蜜やでんぷん等です。 <製造方法>みそやしょうゆ、酒などを作る方法と同じ発酵法で製造します。」https://okyakusama.ajinomoto.co.jp/qacate/material/index.html?first
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
肯定的な味っ子2でも批判的な美味しんぼでも化学調味料は使いすぎが問題になるという描き方には変わらない気がする。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年3月31日
「ラーメン界の外からカリスマ料理研究家がタブーを突いてきたあっ!!誰もが知ってて誰もが言わないラーメンの魅力!!それは科学調味料!!略してカチョーーーーッッッ!!」
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
kaorurmpom いや、ここで上がる化学調味料は徹頭徹尾グルタミン酸ソーダの味の素等であって、つゆの元などの濃縮つゆやブイヨンではないでしょう。あと小分けされた出汁というのは、本物のいりこや煮干し鰹節の粉末をティーパックみたいに詰めたもので、簡単に使えるけど本物です。
深井龍一郎 @rfukai 2017年3月31日
nukotama001 それを言うなら苛性ソーダだと思いますけど、現在の日本の缶詰工場では機械で剥いてるそうですよ。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月31日
印象で言えば、イオン膜使って海水濃縮して作る食塩の方がよほど化学調味料だと思うぜ。http://www.shiojigyo.com/a040encyclopedia/encyclopedia2/encyclopedia2_4/
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年3月31日
美味しんぼでは、化調を使うと全部同じ味になってしまうとか手抜きだとかいうレベルを飛び越えて「トゲトゲしく舌を刺すような味」とか「舌が痺れて麻痺する」などと毒物扱いだったもんな。でも実際、化調入りの料理を食べると舌がビリビリするという人よくいるけど、あれって科学的にメカニズムは解明されてるんでしたっけ?
酒を飲むなbot @meng_ghg 2017年3月31日
いわゆる中華料理症候群,古くて酸化した油が原因説があった気がする(ソースはない,調べる気もない)。舌がしびれるも,口内炎ができるも,胃のむかつきも全て酸化した油が原因で起こることを経験的に知っているので,私はこの説を信じてる。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
発酵して濃縮して、って手順だけ考えれば蒸留酒と同じなんですけどね。使いすぎ気になるなら塩と混ぜて一定以上使いにくくすれば。アジシオ。
グレイス @Grace_ssw 2017年3月31日
舌がしびれるのは心因性のもので科学的根拠は無かったような? 舌に残るのはきちんと他の味と親和してないからだと思う。濃度の濃いものを口にすると舌がおかしくなるのは甘味でも塩味でも苦味でも変わらないはず。要は使い方がヘタクソなだけ。イタリアンのシェフだってトマトの甘みが足りない時は砂糖足したりするらしいから、変なこだわりで調味料封印するのは縛りプレイでしかないと思う。
pekoe_tw @peckoe_tw 2017年3月31日
舌がしびれる人だけど、化学調味料に限らないよ。自分で作った昆布たっぷりの出汁でも旬のトマトたっぷり使ったソースでもなるもん。豚や魚系ではならないからグルタミン酸の過剰摂取かな?と予想付けつつ、しびれ感じたり濃いと思ったら薄める。それでも美味しいから一般的な人より舌の刺激に対する許容値が低いだけじゃないかなぁと。
nanasi @nanasi43 2017年3月31日
美味しんぼでもあった科学調味料を使って誤魔化したお茶、実際に飲んでみたら一口で分かる。 爽やかさや甘味より何ともいえない濃い旨味が来てとてもじゃないけど飲めたもんじゃない。
重-オモ- @__oMo__ 2017年3月31日
特に昔の化学調味料は味が明確かつ単純に感じられて、それが不自然、異常、刺激と言う思い込みに繋がり、さらに公害が社会問題化した時期と相まって、工場で作られたもの=体に悪いと言うイメージが定着したのだと想像している。
ばがみ @xxbagamixx 2017年3月31日
>サイボーグ007  ジェームス・ボンドがサイボーグに・・・?
taka @Vietnum 2017年3月31日
食材の味を無視してみんな同じ味になるしね。 でもそれをいったらケチャップもかなり食材の味を台無しにする気がする……(´・ω・`)
これだけ @koreda_k 2017年3月31日
素材と塩加減だけで味を出すのがいかに難しいか。料理初心者は悩んで失敗し続けるより、味の素を遠慮せず使ってみてほしい。チャーハンやペペロンチーノで試すと偉大さがよく分かる
ブロブ状 カラス/AC @D1_DeltaOne 2017年3月31日
meng_ghg あと、「そういうのが起こるケースは入れる量が尋常じゃない」説も聞いたことありますね。試そうとは思わないけど、食塩食べ過ぎたら死ぬくらいだし、ドバドバ入れたら流石に体調おかしくなるとは思う…   一般のご家庭で2,3振りする程度なら体質や心因性の何かでもない限りは危険はないし、選択肢の一つとしてあったほうが可能性広がるよね(個人の感想です)
るいせ @ruise2 2017年3月31日
化学って名前からブラシボ聞いてるだけじゃないかな。 天然凝縮調味料!とかだったらありがたく食ってるよ
たちがみ @tachigamiSama 2017年3月31日
同じ味になるからダメって言うんだったらマヨネーズは化学調味料なんか比較にならないほど邪悪な存在になるのでは 量の問題? 解っているじゃないか、化学調味料も量の問題だ
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月31日
omega_b 実際に味の素を石油由来の成分から作ってたことはあるが、サトウキビが極端に高騰したとき限定。ナフサから精製するのは凄くコストがかかるし、しかもアクリロニトリルはABS樹脂などのエンプラにも使われるので需要が高く、サトウキビがあるならナフサから作るメリットは無い。
転倒小心 @tentousho 2017年3月31日
みなさんと違った角度で覗き込んでみたいと思います。どうにも最近「なんらかのジャンルに特化した漫画の作者がそれに詳しいわけではない」「嘘が多分に混じっていることがある」というのがあちこちで見えてきたと思うんです。当時鵜呑みにし、だれも疑わなかった(疑う人が目立たなかった)事例というのはスポーツ漫画などでも結構多かったようですしね。
転倒小心 @tentousho 2017年3月31日
であるならば戸惑う、後々のことを考えるとそうしたことを減らす、というようなことになるのかと思いきやドンドンやったれってなったのが美味しんぼだったんじゃないかと思うと、後のあの騒動もなるほどなと思ったりします。
大工ストラ @dijkstra_src 2017年3月31日
『美味しんぼ』から更に元を辿れば、恐らく北大路魯山人の影響もありますよね。もっとも北大路魯山人は化学調味料を完全否定しているわけではなく(自身のレシピで使用すらしている)、利便性が高く過度に使われがちで味が画一化されるという点を問題視しているのですが。
亜山 雪 @ayamasets 2017年3月31日
うま味調味料といっても正体はグルタミン酸やイノシン酸だし、ビタミンCはアスコルビン酸、脂肪はトリグリセライド、そこに何の違いがある?
すあま @SanmaShioyaki 2017年3月31日
中華料理症候群はナトリウム中毒の症状に似てるって話は聞きましたね。元々中華は塩分多い上に味の素はナトリウム塩ですし、当時は何か味の素お玉でだぱぁとか信じられない量入れる料理屋がいたとかで。で、頭痛発汗、痺れにめまいと
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年3月31日
用量、用法を正しく守って使うようにしましょう、というだけの話なのだと思う。自分は美味しんぼでいう味の分からない人なのであんまり気にしないけど(笑)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年3月31日
パプアニューギニアの先住民、一番ナチュラルで自然ゆたかな食材をいつも食べている彼らの間で、アジノモトは珍重され通貨替わりにまでなった、とかとか。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
だいたい漫画なんだから正しくなくてもいいんだよ。 巨人の星なんか「体が小さいと球質が軽い、ホームラン打たれるだし(桑田など小さくても別段ホームラン打たれまくってない実例多数) サーキットの狼なんか飛びながら曲がってるし(飛んだらタイヤが地面につかないからまったく曲がれない)
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
あと、「美味しんぼ」の場合、究極の料理、というか手間ひまかけることをよしとする料理が主役だったので(手抜き料理みたいな回もあったけど例外的) そうなると、きっちり本物のダシで料理を作るのが「正しい」ってのも方針としては合ってるわけでさ。
影山影司 @apto117 2017年3月31日
美味しんぼ好きだし昔のマンガに間違いがあるのも分かるけど、メーカーから訴えられてもおかしくないことやってるからなぁ。マンガだからで済ませられる範囲は超えていると思う。
muramasa007 @muramasa0071 2017年3月31日
DHMO(一酸化二水素)でも過剰に摂取すれば死に至るのだから、過ぎたるは及ばざるが如し。
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
rfukai 普段使わないので、普通に間違えました。すいません。
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
美味しんぼは半ドキュメンタリーっぽい上に後半になるほどその傾向が強くなるからなあ、鼻血の件とか、水産庁御用ライターの「裏を取ってない」発言をそのまま漫画にした激闘鯨合戦とか。
ろんどん @lawtomol 2017年3月31日
もう10年くらい前になるけど、テレビ東京だったかな、客の入らないラーメン屋の店主が「無化調でこの味を出すのは大変なんだよ。そこをわかって貰わないとね…」みたいなことをクドクド言ってて「そんなこと言ってるからお客さんがこないんだよ」としか思えなかった。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
apto117 べつに「昔の漫画」でなくても、正しくないことなんかいくらでもありますよ。 むしろきちんと専門家の監修つけてやってる漫画以外は基本的に間違ってると考えていい。
未来派 一尉@No.0のOphelia @kazui_h_razdaz 2017年3月31日
「もやしもん」では味の決まらない鍋の出汁に教授が化学調味料で味を整える場面がありました確か
ぢゃいける@厚真町 @jaikel 2017年3月31日
普段カチョウカチョウうるさい奴でも一振り程度だったら絶対わからんよあいつら。
山中 樵 @kikori2660 2017年3月31日
一番最初に化学調味料を肯定した料理漫画といえば「おなかはすいた?(東城 三起夫)」かな。
シンデン @Shinden28 2017年3月31日
米に書かれてるようなコト色々ひっくるめて、「サイボーグ007」て言うパロマンガがあるのかと思ったら違った。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
「純水は体に悪い」だとみんな納得しそうな気がする。なんであれ(酢酸とか酒精とか)純粋な単一物質はよくない感じ。
成瀬京太郎 @yuugekisen 2017年3月31日
化学調味料は、場合によっては塩分や糖分や油分を少なくすることができるし いいところも悪いところもある 一番大事なのは選択する権利が消費者側にあることだと思う
散散満/阿部市英夫 @til_til_mitil 2017年3月31日
『科学は人類の明るい未来を作る希望』から『科学ばかりでは人類は不幸になる』となったのが食品にも及んだのではないかな。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
漫画といえば「かくし味太郎が行く!」を読むと、うまみ調味料の使い方がいろいろわかるぞ。
田部大輔 @Infantrytank 2017年3月31日
なんだって摂取しすぎるのは良くないだろうが、味の素は医療用アミノ酸でも名が知れている。危険物でないことだけは確か。
真改 @shinden406 2017年3月31日
手間暇かけてダシを取ったら「化調使ってるの?」と言われて愕然としたって話を思い出した
MSどす🌗TL40 @msdos148 2017年3月31日
今の味の素は改心して、適量ふりかけられるのだが。 昭和の時代は容器の穴がドンドン大きくなって、気がつくとかけ過ぎで変な味という事が有ったので、敬遠されていた。メーカー自体は、この露骨な商売で儲けたのを自画自賛していたんだよ。消費者の反発が、後にマンガに反映されて行ったんじゃないかな。
とある金魚 @Preprandial 2017年3月31日
学研とかの発明関連漫画で化学調味料の作られた理由とか過程とか見たら化学調味料自体を批判する気持ちなんぞ一発で吹っ飛ぶ。結局は使い方次第だろう
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年3月31日
「ミスター味っ子2」の「うま味調味料は化学的に合成された分」という表現だけど、「化学的に合成」して作られていたのはごく一時期のごく少量だけ。 1962~1972年の11年間であり、その生産量は味の素KKという一企業がその期間中に製造したMSGの18%に過ぎない(業界全体の生産量のだいたい15%くらい)。 あとは加水分解と発酵だから。 まあ表現の問題だけで、このセリフの趣旨には影響ないけど。
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年3月31日
あと、合成法を採ったのはサトウキビの高騰期、という話がコメントにあったけど、別に原料はサトウキビでなくてもよかったし、原料はサトウキビ自体ではなくてサトウキビの廃蜜なので、そこはあまり関係ないんじゃないかな。上記のとおり合成法の最盛期でさえ味の素KKの生産量の2割なかったわけだし。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
日本酒の「醸造アルコール」も目の敵にされてるな。
石ころ @freeviability 2017年3月31日
謎のアミノ酸液の入った富山新港の中六醤油がおいしい。アミノ酸液ってなんだろうなぁ? http://www.hyakuyoko.com/shopdetail/044002000016/
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
Neko_Sencho でも説明の流行り廃りはありまして、野球だと「4P田中くん」「キャットルーキー」あたりは回転過多なので軽い、という説明がされてます。
JIT_MIRUMIRU @JIT_MIRUMIRU 2017年3月31日
「手間暇かけないと旨くない、安全ではない、上等ではない」という苦労信者が化学調味料をおとしめているのだな。
イマジニア @imaimaeq2 2017年3月31日
まんがで食育をほどこされる我々…
しょーた @shota243 2017年3月31日
あれ? 美味しんぼ って、うま味調味料を堂々と使う実在の大物中華料理人をモデルにした人物出てこなかったっけ?
魚茶 @sakanacha 2017年3月31日
化学調味料をうま味調味料と言い替えたのは何時頃だったか。 85年頃にはもう登場していたと思うが、30年以上かかっても全く定着していないのは興味深い。 スナック菓子やインスタント食品はマストで入っているので、特にうまい棒発売の79年以降に生まれ育った世代はほぼ、うま味調味料無しだと物足りなく感じる舌になってる。
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2017年3月31日
天然素材を酵母で発酵して、砂糖と同じ工程(再結晶)で精製しただけの、天然のアミノ酸なんですけどね>うま味調味料
IJN(うた:少年少女合唱団みずうみ) @JapanNavy_Blue 2017年3月31日
JIT_MIRUMIRU 最底辺のラーメンヲタ同士でも化調の有り無しで罵りあってるしなあw
言葉使い @tennteke 2017年3月31日
一般人が家庭で入れるケースと飲食店で料理人が入れるから客が量をコントロール出来ないケースの混同をやめれ。
吉祥天 @sarutas2000 2017年3月31日
昔家庭科の先生に食品添加物の害悪と一緒に、化学調味料をコーヒーにスプーン一杯入れて飲むと失神するという話を害悪の例として教わったんだけど、皆様のお話からすると実は大量の塩分摂取の結果という事なんだね。
#53 @hsgwkyt 2017年3月31日
味平に出てくる「化学調味料」って絵面から考えて「中華スープの素」なんだよなあ。当時はペースト状の物が多かった気がするが、洋風スープの素に顆粒の製品が出回り始めていたので特に違和感を感じなかったし、味の素的な物という認識はしてなかった記憶がある。
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2017年3月31日
以前「アジシオを炒ったら黒くなった」「だからうま味調味料は悪…」と盛り上がっていた意識高い方達に「炭素持ってんだから当たり前じゃん、砂糖だって炒ったら焦げるだろ?」と指摘したら、「そんなことは指摘されなくても知ってるもん!」と怒り出したのは最高にロックでした。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
塩をスプーン三杯入れて飲んだことがあるけど(出してくれた人が砂糖と塩を間違えた、あるいはイタズラ?)とっさに噴出しはしたけど、失神はしなかったなあ。
梅村直仙水 @777ume777 2017年3月31日
「同一化・均一化という概念を嫌う個性重視の皮を被ったヘイト」の闇は深いなあ。
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2017年3月31日
( ´H`)y-~~一時期食品加工会社で毎日100キロ単位の添加物扱って粉塵吸ってた頃はさすがに気分的に日常生活でうま味調味料使えなかった。医学的な話は別として。
やまぬこ @manul_0 2017年3月31日
やっぱりあじ派はばかだな
水月一人 @suigetsu_ 2017年3月31日
欧米には出汁を取る文化が殆ど無かったから、日本人が新たな味覚、うま味を提唱したらオカルトと呼ばれた。そのうま味成分を抽出した商品「味の素」が大ヒットしても、まだ信じられなかった。化学分析のレベルが上って渋々認めざるを得なくなった時、味の素が石油から作られていたので攻撃された。うま味自体は、他の味覚と違って過剰に摂取しても味が濃くなるわけじゃないから、ついつい食べ過ぎてしまいがちになる。こんなとこらしいです
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年3月31日
うま味は味覚の残留時間が長いので、普通に食事してそこに入ってる分には次に口に入れるものをうま味の相乗効果でよりおいしくする効果があったりする。逆に言えばその残留時間の長さのせいでうま味の強いものは舌にまとわりついた感覚になったりする。多分「舌がしびれる」というのもそういう感覚を指してるんじゃないかと。酸味でリフレッシュするのがいいと思うな。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
うま味は塩分が無いと引き立たないので、化調はうまみ成分と塩分がセットになっているため塩分過多になりがち、という話なんだろうか。脂分でマスキングされて使用量がどんどん増えると聞くし。
masano_yutaka @masano_yutaka 2017年3月31日
味狩り学園では「5味(甘・辛・苦・酸・渋)」に旨味を加える工夫がありましたね。 今はさらに「脂」も含める説もあるようです。
Ragi's Q・装甲竜's A @Ragi_Mari 2017年3月31日
til_til_mitil 心を忘れた科学には幸せ求める夢がない、と神も申されておりまして
BIRD @BIRD_448 2017年3月31日
msdos148 あのアメリカでは、醤油ですら一時危険とみなされたが、(http://www.kikkoman.co.jp/kiifc/tenji/tenji14/america04.html) 化学調味料が販売禁止やリコールになってたかなあ?
Ragi's Q・装甲竜's A @Ragi_Mari 2017年3月31日
hietaro 屁理屈だけど、イノシン酸やグルタミン酸コハク酸を化学的に解析、一番美味しくなるよう配合した調味料、て解釈でいいんじゃないのかな
言葉使い @tennteke 2017年3月31日
間違ってたら申し訳ないけど、美味しんぼで「中華料理症候群」とあってルビに「チャイニーズレストランシンドローム」ってあって、つまりはレストランで起こった騒動でしょう、化学調味料を入れたのが厨房かテーブルかが問題で、客が自分で入れすぎたんならそうそう問題にはならない。
言葉使い @tennteke 2017年3月31日
一方giteki さんが書いているように、日本では一時期やたらめったら何にでも化学調味料を入れている時期があって(うちでも卵かけご飯の卵に入れていた)、止めてみたら特に問題がなく、「別に入れなくてもいいんじゃね?」という風潮になったんだと思う。(もううちでは使ってない)
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
今は出汁醤油がいっぱいあるから、わざわざ味の素+醤油という組み合わせをやらなくなっただけの気がする。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
「絶対悪なので気兼ねせずぶん殴っていい」を安易に投入しすぎて読者に悪影響が
Hide Yamauchi @MC6809EOS9 2017年3月31日
以前にこの件は米国のラジオ番組 http://live-sciencefriday.pantheonsite.io/articles/is-msg-bad-for-your-health/ で取り上げられていて、その出所も明らかになっています。結局、とんでもない実験で害があると騒いだのが原因だったようですね。
Yoshiteru Kawai @yoshikun2009 2017年3月31日
人工甘味料のズルチンで死亡者が出たりしたからそれが拡大したのでは?という気がする。
るちな♡ @ruttina 2017年3月31日
化学調味料はまだ存在意義はあると思いますが、株)味の素に存在意義は無いです。 ウェいパーは手軽ですが、あれ使ってる惣菜は食べる気がしなくなりました。 味の素はピリピリ感じます。
フルグラ美味しい @frugura 2017年3月31日
うま味調味料を使う場合、京料理系のシンプルで薄味の料理だと、味がのっぺりとした単純な感じになりやすい。だけど、現代の濃くて複雑な味付けの料理だと、うま味調味料を使えば、材料や手間・暇を節約して旨味をアップ出来るんで、もっと積極的に使うことを肯定すれば良いのにとは思う。特に主婦が否定的なのは理解できない。
いかおとこ @mororeve 2017年3月31日
美味しんぼのおかげで色んなものに警戒したなあ。煙草を吸う料理人、普通のラーメン屋のラーメン、プラスチック容器の熱いお茶、アサヒスーパードライ、うまみ調味料。他にも色々文句つけてたけど、原作者は食事するの楽しくなさそうだよね。
nanasi @nanasi43 2017年3月31日
調味料や加工食品とかは旨味調味料として、アミノ酸、アミノ酸液、蛋白加水分解物、酵母エキスなどがよく使われている、自分はなるべくそういうのが入った食品は避けている。 というのも、調味料は良い素材で丁寧に作ればそれだけでとても美味しく出来上がるので旨味調味料を使うまでも無く。 加工食品で旨味調味料を使わないでも売れる食品は大抵素材や味が市場から淘汰されない一定水準を越えているから。
いかおとこ @mororeve 2017年3月31日
ruttina 味の素が作ってるの色々あるし、グループの味の素冷凍食品がなくなったら色んな店のメニューが減ると思うよ。
みながわ あおい @Minagawa_Aoi 2017年3月31日
砂糖や塩でも「上白糖は毒!」とか「にがりを含まない塩は体に良くない!」みたいな主張をされる方はいらっしゃいます。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
天然素材だけでしっかりした出汁にしようと思うと金も時間も手間もかかりすぎるから、適度にうま味調味料を使うのは正義だと思う。うま味調味料はあくまでも補助・補強のためのもの。
nanasi @nanasi43 2017年3月31日
醤油、ポン酢、お茶、生ハムなどは、発酵や熟成の過程でアミノ酸が生じるので旨味調味料を入れる必要は無いし。これらの食品で旨味調味料が入っているものは大抵味が濃すぎる。
holozoa @holozoa55 2017年3月31日
グルタミン酸ナトリウムだけではうま味調味料としては充分に機能しない。イノシン酸やグアニル酸が僅かに合わさって強烈な旨味を感じられるようになる。味覚の不思議だ。
pomagi @goraiasu 2017年3月31日
コメントにも変なのいっぱい居てマジで頭とお腹痛い。危険性が後から発覚する場合もあるからそれは別としてだな、『入れ過ぎはなんでもダメ』『科学・化学って単語にアレルギー持ちすぎ』『そもそも天然・自然は都合のいい人間の味方じゃねい』としかいいようがなさ過ぎる
なが @k_watarase 2017年3月31日
ちょっと足りないなっていうときに使ってる。味を引き出し切れなかったときときとか。香りと味のバランスが悪いと食べてて飽きてしまうから。
HANATARAY @hanataray 2017年3月31日
むかし、じいちゃんが漬物にハイミーとお醤油かけて食べてた覚えがある。血圧高かったですわ(・∀・)
ぷらっと @Pratt7Pratt7 2017年3月31日
反逆クールってやつだと思うけど、化学調味料が悪で、高いオーガニックフードが善なのがよくわからない。
roostarz @roostarz 2017年3月31日
結局のところ、自然信仰をこじらせた結果じゃないのかな? 様々な工夫で素材の味を引き出した先人の知恵には敬意を持つべきとは思うが、科学を蔑ろにする必要もないのよね。
nob_asahi @nob_asahi 2017年3月31日
科学調味料が身体に悪いとは思わないけど、旨味とされる各種アミノ酸のうち最も味の濃いグルタミン酸だけを突出して増やすから味の均一化は避けられないよね。最近は均一化した味の方が好まれるみたいだけど。
A- @eimainasu 2017年3月31日
nob_asahi あさりよしとおとか、ねこぢるとか、そういう文脈で化学調味料を使いすぎたラーメンに言及してたよね。
春巻れいじ @KazunePP 2017年3月31日
ここでうま味調味料には複数あってグルタミン酸系ばかりではない、と言う話をするのはきっと「み」派がクソリプをしないと生きていけないせい…
Dally @Dally_Shiga 2017年3月31日
美味しんぼの化学調味料批判の話でさえ(9巻6話)化学調味料を隠し味として使うことは別に否定していなくて、使いすぎて何でも化学調味料の味になってしまうことを批判していたということはもっと知られていてもいいと思います。
ヒート<ざ・おにぎり>マシン @heat_machine 2017年3月31日
apto117 おかしくないっていうか訴えられる手前や、怒ったスポンサーが雑誌から撤退は少なくとも片手分ぐらいは実績が
BUFF @geishawaltz 2017年3月31日
そいや逆に「味の素を食べると頭がよくなる」って噂もあったけど、あの出所はどこなんだろう。
とーこ @ogi_tohco 2017年3月31日
化学だから。の一言で済みそうだ。化学も科学も悪!この大自然こそが善なり! って人ごまんといるじゃない。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
アミノ酸だからな。高たんぱくの食事を妊婦が摂ると頭のいい子が生まれる(あくまでその親にしては、だが)って実験結果はある。 味の素で特に効くとも思えないというか肉とかでいいんだろうが、そこからはよくあるパターンで、伝言ゲームの類だろう。
波平の1本毛をフライにして食べたい @tri_man 2017年3月31日
MSGで検索すると、いまだにグルタミン酸がヤバイと思ってる人がいるみたいだけど、FDAは安全だと説明していますね。 https://www.fda.gov/food/ingredientspackaginglabeling/foodadditivesingredients/ucm328728.htm
節穴 @fsansn 2017年3月31日
何が「化学調味料」じゃ。「化学じゃない調味料」とやらを持ってきてみろよオォン?
CD @cleardice 2017年3月31日
昔の食品添加物で起きた事故を知ってるかどうかでも反応違いそうな気がする
びわまる(提督やめました) @biwawa 2017年3月31日
微生物による発酵で作られてるんだし、みんな「発酵」は大好きなんだから、発酵調味料とか生物調味料とかに名前を変えてはどうでせう。
アンゴル=モア @neko_kapico 2017年3月31日
友達が「初めて自分でおにぎりを握ったの、ちょっと塩を振りすぎたけど食べて!」といってもってきてくれたおにぎりに振りかけられていたのが塩じゃなくて味の素で、食べた瞬間涎がすごく出たのを思い出した…。まずくはなかったんだけどね…。
Leclerc @3adam15 2017年3月31日
美味しんぼは同じ廃蜜糖を原料にしても、ラム酒は努力の成果で、化学調味料は誤魔化しとか言ってるからな。化学調味料を叩くという結論から逆算して理屈をこねる意識高い系。「お前は山に籠ってドングリ食ってろ」ってレベル。
暴君虎 @Tyrannotiger 2017年3月31日
「毒師プワゾン」であらゆる毒に耐性を持っている毒師に効く唯一の毒が「化学調味料」だったなぁ。理由は毒の耐性を持たせるために菜食主義を徹底して、化学調味料に敏感な体質になってしまうという盲点。
Ukat.U @t_UJ 2017年3月31日
インドネシアのスルタンの宮殿だったか、インドのラジャの宮殿だったか、武具や豪華なドレスや食器が展示されている中、ぽつりと見慣れた旨味調味料の小瓶が飾られていてその影響ぶりに驚いたですよ。インド(ネシア)人もビックリだった訳ですよ。
(地球庶民)社会主義者akairoさん[岩間達人] @takashi7zzfe 2017年3月31日
化学調味料は「サボってる」という印象があるんだろうけど・・・そもそも現代人は自炊しなくなってきたのでそれ以前も問題ともいう・・・
滅紫 静駆@甲17 @kesimurasaki 2017年3月31日
植物系旨味成分の代表格で、味蕾に専用の受容体がある(2000年に発見されて大騒ぎ) 害だと判断してたら不味く感じるはずなんだが
うみうし🐑ひつじが1匹 @umiusi45 2017年3月31日
「"化学"と付くとなんでもカッコイイ」の時代(戦前,戦後すぐ)から、「"化学"と付くとなんでも害悪」の時代(高度経済成長・公害問題頻発)になって、その頃のtrendイメージが残っているのではないかと
るいせ @ruise2 2017年3月31日
味が画一的とかいうなら、味噌とマヨネーズも同類だな。 ラーメン発見伝で、味噌は美味すぎてどう作っても大概食えるのが逆に個性を出しにくい欠点って話があった
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年3月31日
kesimurasaki 美味な毒も普通にある。グルタミン酸は脳で神経伝達物質として使われているので、構造が類似してかつ血液脳関門を通るような物質は、旨味を感じつつ神経に作用する(一部の毒キノコの毒として有名なイボテン酸など)。
---------- @yukiokurosaki 2017年3月31日
とりあえず卵かけご飯には醤油しっかり+ごま油少々+味の素たくさんが好きです。健康とか知ったこっちゃない。
@sbayasi 2017年3月31日
以前も別のまとめで書いたが、一時期流行した週刊金曜日の「買ってはいけない」もひどかったな。無茶な分量のマウス実験を元データに「脳細胞が破壊される」とか、「急性の神経毒性を持つ」とか結構無茶なこと書いてあった気がする。
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月31日
当時の技術的に可能かは別として、発酵法によるうま味調味料の製造方法が江戸時代辺りに確立されていたら、伝統的製法として持ち上げられていたんじゃないの。
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2017年3月31日
グルタミン酸ナトリウムってアクリルニトリル由来の100%化学合成ですっげー安価に生産できていたのが、「原材料にタールが混入している可能性がある!身体によくない!!」ってキャンペーン張られて一般家庭には「石油から作った調味料なんて。。。」ってイメージが植えつけられたのも今からざっくり50年前のお話。 協和発酵と味の素が提携組んで廃糖蜜から味の素を量産するようになってからはデマも消えたけど。
顔仁@亜北斎 @kaohito_p 2017年3月31日
「化学」調味料ってくせに、抽出して発酵分解しただけなんだよなあ。味噌や醤油、酒類なんかと同じで全然「化学」じゃない!いや、あれが科学なら、みそも化学だし、醤油も化学。化学調味料忌避するなら味噌も醤油も使わない方が良いよ。
@sbayasi 2017年3月31日
あと、「ほんだし」は、鰹節製造過程で出る廃液(煮汁と書いてたかも?)を元に作られてるみたいなことも憶測でのみ書いてあって、さすがに呆れた。
おちゃづけ @kusarechazuke 2017年3月31日
口に入れてうまけりゃなんでもいーよ(貧乏舌
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月31日
美味しんぼで、日本酒から活性炭に依る濾過で雑味を抜く現代の製法を否定的に描いていたと思うけど、これも昔から行われていれば伝統製法だしな。結局印象の問題だと思う。
おいちゃん @semispatha 2017年3月31日
上でも書かれてるけどグルタミン酸感じる味蕾あるんだから「旨味」て証明できなかったけど実在していていたというのを何十年も前から解ってたという事なんで、ケチつけてる人は情報が20年前から硬直している人ってことなんだよなぁ。
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年3月31日
要するにイシキは高く知能は低い人がようけおると
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年3月31日
semispatha 旨味は別にグルタミン酸に限ったものではないですので……。まあいろいろな物質に含まれていること、単体では感じにくいことなどが相まって、出汁だったりソースだったり組み合わせによるものだと世界中で思われていたわけだな。
Rogue Monk @Rogue_Monk 2017年3月31日
グルメ漫画て、「味覚は絶対」なのが多いなぁ。  現実は添付される情報の影響が大きくて、「昆布粉」と書いたビンへ緑色に着色した化学調味料を入れておけば皆が喜ぶだけだろうに。
冶金 @yakeen4510 2017年3月31日
昔ながらの製法を守った本物の醤油と、添加物を入れまくって醤油みたいにした激安の「醤油風調味料」も全く同じってことでいい?
アル @aruhate 2017年3月31日
ああ「ねるねるねるね」は色が変わるから体に悪い物使ってるとかコーラは骨を溶かすとかそう言う(違う
亜山 雪 @ayamasets 2017年3月31日
粉もん屋で買って食べる焼きそばに比べて、自炊した焼きそばの味が間抜けていると感じたら、味の素をドバッとかけてみるといい。
亜山 雪 @ayamasets 2017年3月31日
ああそっか、グルタミン酸でもナトリウム塩だと高血圧になるリスクはあるね。食塩よりも塩味が感じられないから入れすぎは確かに体に悪い。
もうだめぽ @moudamepo150701 2017年3月31日
化学調味料を忌避する奴ってベジタリアンと同じイタさを感じる
言葉使い @tennteke 2017年3月31日
「味噌や醤油」って書いている人がいるけど、美味しんぼでは初期に鯉こくで味噌が、おせんべいで醤油が、手を抜こうと思ったら不味い味噌や醤油を作れるってやってたけど、化学調味料は美味い不味いないのか?
ぱんどら @kopandacco 2017年3月31日
「好転反応」と同じで、「化学調味料は悪」と単純に書いてる文献やマンガはその程度の内容だと判断できる、ある種のリトマス試験紙に使えると思っとけばいいか(なおリトマス試験紙自体が今は使われていないとは最近まで知らなんだ)
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月31日
yakeen4510 「添加物入れまくった」ら安くなるわけが無いんだが、醤油風調味料がどうやって作られてるのか知ってるのか?
炭礦稲荷 礦夫の絆 @Kohlebergwerk 2017年3月31日
味の素KKの中の人も大変だよな。古くは蛇の粉デマに悩まされ、フリカケ穴を大きくしたという都市伝説は商業高校の授業からビジネス関係のセミナーまで、さも事実のように語られる。
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月31日
「醤油風調味料」てのはその名の通り「醤油風の調味料」というJAS法の分類でしかなくて、ナムプラーとかヌクマムとかしょっつるも「醤油風調味料」なわけだが。
炭礦稲荷 礦夫の絆 @Kohlebergwerk 2017年3月31日
「カガク調味料」を排撃する急先鋒だった「買ってはいけない」関連の面々には、カガク的社会主義を信奉する者が少なくない。バケガクとバカガクは仲が悪いのか? 謎ズラ謎ズラ…。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
本みりんとみりん風調味料とか、ウイスキーとウイスキー風スピリッツとか
まっくろくろすけ @BlackCloudy 2017年3月31日
個人的には廃糖蜜からの発酵より石油由来物質からの化学合成だった方がときめくんだが……。
kkitmur @kkitmur 2017年3月31日
魯山人が批判していたというのは大きいかと(でも魯山人は素材の味・新鮮の味こそ至高、調味料というのは難しい、というのが持論だったから批判の対象にしていただけなので、「味の素が合う料理も、上等なものにはならないだろうが、あるだろう」といった発言も残す程度には認めていました)
儀狄@パブリックエネミー @giteki 2017年3月31日
mtoaki 他はともかく、みりん風調味料:アルコールが入っていないので酒税がかからない 本みりん:酒税がかかる という明確な違いがありますよ。
ウニ友達 @Bonboriman 2017年3月31日
伝統だろうが化け学だろうが、中の物質が同じなら同じなんだよ
TD-M18もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年3月31日
製法が違っても、含有成分と味が全く同じなら私は同じ物の扱いで良いと思うよ。たとえ違わず同じものが作れても、印象への信仰があるから差別化されるのだろうけど。製造コストもね。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
Bonboriman ところが同じ材料でも作り方や混ぜる順番で全く味が違ってきたりするのでなんともいえない。
冶金 @yakeen4510 2017年3月31日
sadscient 詳しい製法なんて知らないけど「入れまくったら」ってのは、「大豆・食塩」ぐらいしか書かれていないようなものと比べればいろいろ入ってるという意味だよ。「激安」って書いてるんだから本物の醤油より高くなるほど「入れまくる」んじゃ意味ないじゃん……。もちろんナンプラーのことを指しているわけでもない。
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月31日
yakeen4510 大豆と食塩だけじゃ醤油はできねえし、そもそも食品添加物が激安で済む程度入ってると何か問題あるんだっけ?
佐渡災炎 @sadscient 2017年3月31日
yakeen4510 「意味無いじゃん」って、そもそも食品添加物を入れる意味知ってるの?
言葉使い @tennteke 2017年3月31日
中華料理店症候群は、際コーポレーションの中島社長が本格酢豚を日本で~と中国から料理人を呼んだらケチャップを使い始めた騒動に通じるものがある。
Rick=TKN @RickTKN 2017年3月31日
xxbagamixx OP(「誰がために」)でトカゲに変わる、変身能力持ったサイボーグですよ(マジレス)。
yoshiko @yosii_0609 2017年3月31日
化学調味料てなんとなく悪いもんだと思ってたwwwほんだしをがんがん使っているのにwww
野乃卯はたいち@呟きがない/しかばねの様だ @deko8uso800 2017年3月31日
池袋ウェストゲートパーク続編の、ツインタワーがラーメン屋やる話を思い出した
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年3月31日
安いカーオイルなんかもしょぼいベースオイルに添加剤入れてあるな。
tejinasi引田 @tejinasi 2017年3月31日
うまみ調味料だって、顆粒出汁だって、濃縮めんつゆだって、使いすぎれはみんな同じ味になっちゃうけれど、上手に使えば便利だと言うことは、自分で料理をしていれば、普通に理解できるとおもうのだが。
斬九桜 @zankurou2014 2017年3月31日
容易に過剰摂取が可能な点に問題があるのではないかな 旨味成分って、ドーパミン放出のキーの1つでしょ。 それが安価にどんどん摂取できるって、味覚の耐性とか受容体の 機能低下とか起こらないのかね。 旨味自体に害がないにしても、その辺はちょっと心配
kn @darks508 2017年3月31日
美味しんぼのドレッシングの話は、「本当の野菜」相手なら「ドレッシングなんかかけないほうがうまい」。でも「本当の野菜」なんて庶民がいつでも食えるわけじゃないから、本物の野菜じゃない野菜を買う場合はドレッシングをかけることで美味しい味にできるって話だったよ。矛盾はないよ。
kn @darks508 2017年3月31日
美味しんぼのドレッシングの話は化調の話じゃなかったと思うけど、化調の話は別の話でよく出てきてたね。ラーメンとか塩とか。美味しんぼは面白いと思うとこを自分でチョイスして読むのが正解だと思ってる
nekotama @nukotama001 2017年3月31日
美味しんぼで一番面白いのは貧乏臭いというか、あまり高級食材とかに関わらない、自分で簡単に出来るタイプの料理の話だと思う。
さかなさかな @yuiyui999 2017年3月31日
とりあえず「化学」調味料だから忌避するような人って、安全だけど安心じゃない、とかいう人とだいたい同じタイプなんだろうな。
君津区 @Dr_KIMMiK 2017年3月31日
nukotama001 豚こまを丸めて天ぷらにするやつは美味しんぼで知って、試したら美味しかった。形考えないと中に火を通すのが難しかったり分解しかかるけどね
スプーキー @xxxspookeyxxx 2017年3月31日
グルタミン酸は神経伝達物質なので質の悪い中華料理に山ほどぶっこまれて「副作用」を出すことがある。まあ、これが原因だろうなぁ。
すど @nocurrynolife 2017年3月31日
言及されてる方も多いようですが、「化学」というネーミングが問題の根源だと思いますが、「文化包丁」「文化住宅」みたいな流行(接頭)語なだけで(化学繊維なんかと同じ)、日本が誇る、品質の安定した、というニュアンスを含んだ「大量生産品」くらいの意味だと思うんですよ、当時の空気感は。(個人の見解であり、ただの戯言です)
nekosencho @Neko_Sencho 2017年3月31日
化学何とかを食べたくないって風潮もまあよくわかるんだよ、カネミ油症だとかヒ素ミルクだとか、有名なとこでは水俣病とか、なんだかわけのわからないもの食わされて病気になったり死んだりってのが普通にたくさんあったんだ。 もちろん化学調味料にとってはとばっちりなんだけど。
中敏悟 @shiwazanin 2017年3月31日
「味の素は蛇から作られている」とかいうデマは大正時代からあったそうだけど、「よく知らないものに対するケガレ感覚」から生まれるヘイトデマが形を変えながら延々と継承されてるんだな
k9cycle @__hage 2017年3月31日
子供の頃味の素を直接舐めてあまりのまずさに吐きそうになってから (うつけ者) いわゆる化学調味料は苦手。昆布だしや鰹だしの主成分が同じものだということを頭では理解しているつもりだけどね。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2017年3月31日
xxxspookeyxxx グルタミン酸そのものは血液脳関門を通らないから、食べ物から吸収されても血管からグルタミン酸受容体には届かないはずだけどな。
氷雨(鴎) @kamome54 2017年3月31日
Neko_Sencho 被本塁打ワーストの年もあった桑田真澄を少ないとするには無理があるように感じますが…
なすひこ @nasuhiko_ 2017年3月31日
化学調味料はよく知らんがアミノバイタルは素晴らしい。スポーツはもとより仕事でも疲れ溜まったときに飲むと疲労回復に役立つ。エナジードリンクみたいに体力前借りじゃないし。
atlan @atlan1701 2017年3月31日
安い中華料理屋で鍋に材料入れて調味料とかをあのでかいオタマで掬いながら入れてく途中で白い粉もどばっと入れるの見るとさすがに通う頻度は下がるな。あれで「ひとつまみ」とかの量は絶対出来ないもん。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年3月31日
コメ欄でも繰り返されているが、「使う量」の問題は大きい。出汁を取れば、手間はかかっても使い過ぎの問題は、ほぼない。化学調味料は、時間の無い人にとって救いではあるが(僕もよく使う)、料理の下手な人にとって救いかどうかは微妙なところ。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年3月31日
塩や酢や砂糖などは、使っていることがはっきり分かるような調理法でも、美味しくなり得る。しかし味の素的なものは、使っていることがはっきり分かる場合、明らかに使い過ぎであって、まずくなる。上手い使い方=目立たない使い方、つまり、成功している時は目立たず失敗している時ばかり目立つわけで、まあ、悪者にされやすい立ち位置なんだな。
と☆てくのん☆ @Toteknon 2017年3月31日
アスパルテームも必須アミノ酸なんだが、これを代謝出来ないフェニルケトン尿症という病がある。 患者さんでなければ別に何も起こらないのに、アスパルテームを悪者扱いして大学生協じゃ一切置かなかったという思い出が…
16TONS@最近ゲームやってねえ @moonintears16t 2017年3月31日
ちょっと歴史がずれれば、近世・近代のサトウキビプランテーションでラム酒ではなく味の素作られてた可能性もあるわけだ。これ、なろうファンタジーのネタになりませんか?
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
ちなみに味っ子IIのこれ、複数の旨味調味料を調合してます。同じ味になる? 使い方が悪(ry
後藤寿庵 @juangotoh 2017年3月31日
アミノ酸系調味料を「化学調味料」と言ったのは、「味の素」という商品名を使えなかったNHK。ただ、これだと調味料の特徴、味を表してないのでのちにNHK自身によって「うま味調味料」に変更されたのだけど、化学調味料絶対殺すマンな人たちは「うま味調味料」は化学調味料のメーカーが「化学」という体に悪いイメージを払拭するために押し付けてる名称だとして、かたくなに「化学調味料」という名称を使うことで貶められると思ってる。
後藤寿庵 @juangotoh 2017年3月31日
味の素の穴を大きくして大儲けって話。以前味の素のFAQに「そのような事実はありません」みたいな記事があったのだけど、いまはサイトの更新で消えてしまったな。これ、カノッサの屈辱で事実として語られたこともあるのだけど、味の素の女子社員が発案し、社内で表彰されたみたいな妙に詳しいディティールがあるんだよね。要するに都市伝説何だと思う。
nanasi @nanasi43 2017年3月31日
添加物で作る醤油で安いのは醤油風調味料の中でもタンパク加水分解(塩酸分解)を用いたものですね。人毛醤油と言うものもあるように蛋白質を塩酸で加圧しながら分解してアミノ酸液を作り、カラメル色素などで着色して食品添加物で味を醤油風に整えるものです。 油や豆乳を採取した後の安い脱脂加工大豆でも出来ること、発酵の手間暇で人件費や保管管理費がかからない事から大幅に安くできる。 ケミカルクッキング https://www.youtube.com/watch?v=pBHPqrgMXLk&app=desktop
だりい @dariidariidarii 2017年3月31日
「化学調味料よりも昆布を使え」これ、反差別の道徳授業の教材であったんですよね。部落で貧乏の家庭が家庭訪問に来る先生のためにお茶菓子を用意したら、先生が食べずに帰りの道のドブに捨てちゃう…って酷い話。んで、それを差別しない慈愛溢れる先生が登場して…(以下略)な話なんだけど、その先生が生徒達に家庭科の授業をするときに「化学調味料はいけません。昆布を使いましょう」いう箇所があったんです。あれは1983年くらいの話だったかなー。…とりあえず思い出したので散文的に書きました。
Jun Okada @ojunn 2017年3月31日
化学工程があるからダメとか言ったら、なんも食べられないでしょ
小城りょう @ryo344 2017年3月31日
domtrop0083 過去に缶詰のみかんを食べてるぼくに「有害物質をたべるなんて! 内臓が溶ける!」と言ってきてめんどくさくなってそれ以来付き合いを控えた人ならいます。
酔うかい?ウオッチ @midalixyseba 2017年3月31日
化学調味料って名付けられたときは、世間が科学って言葉にすごくキラキラした夢を持ってる時代だったんだって。昭和30年というから、天然・自然=その辺にあるもの、科学=暮らしを良くしてくれる凄いもの、未来!ずごい!ってイメージ。そのうち天然や自然のほうが尊重されるようになって、「化学調味料」の名前がマイナスイメージなっちゃったんだって。
李会 @rikaIMur 2017年3月31日
これらの漫画を描いた人が、子供だった時代には、体に悪い調味料どころか、ヤバイ副作用のある薬とかも出回っていたから、「科学」に対して身構えてしまう姿勢になってしまうのも、分からんでもない。デマを擁護するわけじゃないが。
仏塔 ぐでだま亭免堂苦斎 @wheyh 2017年3月31日
化学調味料が悪いとは思わないが、ラーメンに入った化学調味料だけ舌がしびれるので分かる。金払って舌がしびれるラーメンは食べたくはない。有名店に多いのよね。
ヤマケン(山学校の) @gcyn 2017年3月31日
7〜80年代とかの、手元での味付けには醤油しかない、中華だけじゃなくておひたしとか漬け物とかに掛けすぎと言って良いくらいかけるのが当然だった食卓の感じや料理屋の状況を挙げずに語るのは片手落ちというか景色になってない感じがするし、それは大都市の出現に伴うおふくろの味の誕生とか、戦後に大いにしぼんだ日本の食卓とか、雑誌などメディア経由でのレシピの広がりがあったというのがそれぞれ前段になるだろうし、そうじゃないとグルメブームの出現も顔つきが見えないしで、ここでの話は雑談の範囲の話じゃないかなー。
ぐれさま @guresama 2017年3月31日
最強の猛毒はマイトトキシン、最強の発がん性物質はアフラトキシン どちらも天然産だ!人間がどう逆立ちしてもこれ以上のは作れない と天然産信者に言うと大抵黙るw
はなやん @hati77la 2017年3月31日
たんぱく加水分解物の方が安全ではないと思うけど……よほどうまく使わないと安くて均一化された味になりがち(砂糖も塩も脂もそうなんだけど)だから、安っぽい加工食品以外じゃ扱いが難しいんじゃないかな。
アルミ缶(肉)✩*⋆ @toolazytobegood 2017年3月31日
食って美味かったらそれでいいわ。それ以上の贅沢はないもの。
坂東α @bando_alpha 2017年3月31日
おっ、ナウなTwitterキッズの間では科学がブームなんだね!味の素を置いてないと迷信深い天然信者扱いされそうだ
坂東α @bando_alpha 2017年3月31日
美味しんぼは30年前の時事漫画なので、当時の時代精神を掴み難いところはある(他のコメントにあるように、「科学」が「天然」より語感が良い時代も長かったのだ)
史子 @NqREagGLWbwil4F 2017年3月31日
以前味の素の工場見学に行った際に聞きました。製造初期、「化学」は 明るい未来を感じさせるプラスイメージの言葉であったと。それが時代の変遷とともに公害問題などと結びつき、いつしかマイナスイメージのものになってしまったそうです。爆発的なヒットで圧迫された他社からの原材料は蛇などというネガキャンも行われ、味の素の社員たちは泣くほど悔しい思いをしたのだとか
MSどす🌗TL40 @msdos148 2017年3月31日
味の素の穴を大きくして大儲けって話は、都市伝説じゃなくて真実ですよ。アラフィフ以上の人なら、実際の商品の穴がどんどん大きくなるのに衝撃を受けた経験がある。普通に振ったらすぐに瓶の1/3位出ちゃう時代が有った。 塩の取り過ぎはダメだが出過ぎない。味の素の取り過ぎもダメと思われるのに出過ぎる。この辺から消費者の反発を招いていた。適量なら問題無いのに、ネガティブイメージが定着してしまった訳。
MSどす🌗TL40 @msdos148 2017年3月31日
むかし子供のお菓子に使われていた甘味料でチクロっていうのが有ったけど、身体に悪いというので禁止になった。 画期的発明といわれた石油タンパクにも、発がん性が有った。 化学的に合成したものが悪いというのは、そういう経験から何でもかんでも悪いと思い込んでしまったから。 最近の似非科学信奉者とはまた別だ。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年3月31日
で、チクロの発癌性って追試験で全然出てこなくて、欧州では普通に使ってるそうですね。
DavyLockhart @DavyLockhart 2017年3月31日
hietaro 11年をごく一時期、業界全体の15パーセントをごく少量だけといえることに驚愕するわ。うま味調味料云々は置いといてな。
DavyLockhart @DavyLockhart 2017年3月31日
団地の近所の奥様方曰く。子供はまだ血液脳関門が完成しておらず、過剰摂取したグルタミン酸が直接脳に入り興奮や発汗の症状を引き起こすのだそうです。かれこれ30〜40年近く前の話か。彼女たちは生協でグループ?購入してる人達だったからそういう教義の人なのかと思ってた。真偽は不明だ。
ルル @after_zero 2017年3月31日
放射線は天然もの(ラドン温泉や宇宙線など)はいいけど人工もの(原発など)は危険だ!と言っていたイシキたかいたか~い系を思い出すなど
真砂 @okayasumasa 2017年4月1日
質の悪い中華料理は純度の低い乾物や、その戻し汁の感覚で味の素をお玉で突っ込んでるんだから、単純に量の取りすぎで体によくないだけなんだよな。 塩だって砂糖だって過度の摂取は体によろしくないし、味の素だって同じ。というか、美味しんぼで持ち上げてた北大路魯山人は「てんぷらを味の素で食うと超美味い」的な事を言ってて、普通に味の素を調味料として扱ってるんだよなw
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月1日
msdos148 発端は「買ってはいけない」という本なんだから紛うことなくニセ科学でしょ。チクロなんて完全に冤罪じゃねえの。
しなうす @shinau_ 2017年4月1日
要は本質を捉えようという話なわけで。ただ、本質の理解や実感には結構なコストが掛かるから、二元論的結論で済ませたい人が多くなるのは仕方がない。
和田名久司 @sysasico1 2017年4月1日
美味しんぼは全然読まなくなったなあ。まあ中身の偏りもあるけど、山岡さんの狭量さについて行けなくなったと言うのが大きいなあ。それよりアニメ版の「英国一家日本を食べる」のうま味の回が微笑ましく思い出されるなあ。
空弁者 @scavenger0519 2017年4月1日
原発由来の放射線は体に害を及ぼし、ラドン温泉など自然由来の放射線は体に益となる、ってやつですか。はっはっは!
冶金 @yakeen4510 2017年4月1日
sadscient 「添加物を入れる意味」? そもそも添加物がなぜ使われるようになりましたかみたいな質問を俺にしてんのか?(笑) そんなの自分で調べろよ(笑)。スーパーの激安醤油(風)はみんなゴテゴテなんか入ってる。昔の製法じゃ高いものしかできないから安く売るためにそういうもので似たような味を作り出してるんじゃないのか?? 違うのなら他に何の理由があるんだね。
冶金 @yakeen4510 2017年4月1日
sadscient 「大豆と食塩だけじゃ醤油はできねえし」…んなこと言ったって「大豆・食塩・小麦」しか書いてないんだからそれでできるもんだと思うだろ(笑)。「そもそも食品添加物が激安で済む程度入ってると何か問題あるんだっけ?」…何それ? 俺は「ながらの製法を守った本物の醤油と、添加物を入れまくって醤油みたいにした激安の醤油風調味料も全く同じってことでいい?」と書いただけ。「問題がある」って何?
SANTANA @maninthepillar 2017年4月1日
これからも私はうまみ調味料のお世話になります。 至高、究極は勝手にやっててください。 .
森羅万象を迷走する地方の会計屋 @Meisou_AK 2017年4月1日
既出かも知れないけど「リバースエッジ大川端探偵社」のオチを思い出した。病床のヤクザの親分がどうしても食べたいと言う昔食べたワンタン麺の味をどうやって作るのかという話。
ろんどん @lawtomol 2017年4月1日
darks508 そんな話でしたっけ?
ろんどん @lawtomol 2017年4月1日
darks508 山岡「おかしいよな、ドレッシングをかけると野菜の味が損なわれるように思うけど、逆に野菜の味がもっとよくわかるようになるんだよな」岡星「美味しくなるうえに、生の野菜に感じる一種の抵抗感がなくなって、たくさん食べることができるんです。それが生野菜とサラダの違いです。ドレッシングがあってこそ、生の野菜がサラダになるんです」…どこが「本物の野菜じゃない野菜を買う場合はドレッシングをかけることで美味しい味にできるって話」なのでしょうか。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
lawtomol 美味しんぼでドレッシングについての言及がある話はいくつかあってですね、 darks508 は第5巻第7話「サラダと美容」。山岡のセリフは「第一、本当の野菜なら、ドレッシングなんかかけない方がうまいぜ。サラダには何かかけるという固定概念も、考え直す必要があるんじゃないのかな」
ろんどん @lawtomol 2017年4月1日
[c3600479] ああなるほど、34巻「サラダ勝負」の話をご存じない方の書き込みだったわけですね。失礼いたしました。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
ちなみに山岡と岡星のドレッシング談義があるのは第34巻第5話「サラダ勝負」。第5巻の初版発行が1986年、第34巻が1992年。
ろんどん @lawtomol 2017年4月1日
ただまあ、美味しんぼにおけるドレッシングについて最初にご指摘なさった@hironomaru11さんの書き込みで、5巻と34巻それぞれの山岡の発言であることは明示されているところです。
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
なんかこんな時間に目が冴えてしまったので、美味しんぼで化学調味料について言及している箇所をピックアップしてみるか。第17巻「餃子の春」。山岡「化学調味料もかなり使ってますね」 山脇(餃子チェーン社長)「最近のお客さまは、化学調味料の味にならされてしまっているようだから、もし入れないと、文句を言われそうなので、恥ずかしながら使っています…」 山岡「その風潮を変えていかないと、日本の食文化も先がないな」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
第5巻「味噌の仕込み」。山岡「悪い材料を使って、一ヶ月やそこらで速成醸造するから、味は落ちるし、本来保存食であるはずの味噌なのにすぐ悪くなる。そこで『大銘加』社はさまざまな化学調味料と合成保存料を加えている。これで自然の風味が味わえるだろうか…(中略)だが、さっきみたいに焼いてしまうと、そうした処理も役に立たず化学調味料は破壊される。あとには味噌の残骸が残るんです」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
第5巻「牛なべの味」。海原雄山「ぬうう、このくどくて鈍重な味はどうだ!問題は、この割りしただ。醤油と水と少量のまずい酒と、そして大量の化学調味料と砂糖をぶち込んである。甘ったるくしつこい味だ」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
第6巻「江戸ッ子雑煮」。山岡「ところが、大部分のカマボコメーカーは、本来カマボコに向かない腰の柔らかい質の悪い魚を使うので、粘りが出ないから、粘着力を出すために品質改良剤を入れたりでんぷんを混ぜたりしてるんだ」 栗田「それじゃ味が落ちるのが当然だから、化学調味料を入れるのね」 山岡「質の悪いカマボコは、添加剤が多くってね(このセリフが、初期の版では「まったく、市販のカマボコは添加剤の固まりだよ」となっていて、業界団体から抗議を受けた)」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
第8巻「スープと麺」。山岡(銀座で一番という冷やし中華のスープをすすって)「まずスープが駄目だ、ろくにダシを取ってない。使っている酢は科学的に作った酢酸や氷酢酸を水にといて糖類などを添加して作った合成酢だから、香りがきつくて味がベシャベシャだ」 栗田「山岡さんやめてっ…」 山岡「そしてこの化学調味料の使い方のすさまじさときたら舌が麻痺するぜ!」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
「スープと麺」の続き。 山岡(日本一豪華だという冷やし中華を食べて)「駄目だ…具がどんなに豪華でもスープと麺が駄目なら何の意味もないよ」 中松「全くだ!砂糖たっぷりで大甘、化学調味料たっぷりで舌べろマヒ、出来の悪い酢のせいで鼻にツンツン、これじゃどうしようもない」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
「スープと麺」のさらに続き。「岡星」での中華麺試食会にて。 山岡「そこらのラーメン屋のラーメンは油ギトギトで香辛料がたっぷり、それを熱いうちにフウフウ言って食べるだろう。しかもスープの中には大量の化学調味料が入ってる。舌を鈍らせる要素が重なりすぎていて、麺の味には鈍感になってしまう」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
「スープと麺」のまたまた続き(笑)。 山岡「粗悪な中華そば屋はブロイラーのガラでダシを取るが、育て方も与える餌も不健康だからくさくてまずい。それに生後二ヶ月そこそこで肉にしてしまう。それはスープを取っても充分な味が出ない。二年から三年育てると肉は固くなるが、スープのダシは素晴らしく美味しいのが取れるんだ」 栗田「そうか… ラーメン屋さんのスープはダシがよく出ないから、それを補うために大量の化学調味料を入れる訳ね」 山岡「今の世の中、安全で美味しい物を食べようと思ったら大変だよ」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
第9巻「食べない理由」。 稲森(デパート社長)「中華料理なんか食べたいとも思わない」 栗田「どうしてですか?」 稲森「化学調味料のせいらしいんです。もともと中華料理にはなじみが無かったんですが、以前に中華料理を食べたあと、気分が悪くなったりしたんです。調べたところ化学調味料の使いすぎらしいんです」 山岡「『中華料理店症候群』として、アメリカでも騒がれましたね」 稲森「化学調味料を使いすぎると、舌にしびれるようなイヤな感じと、しつこいあと味が残る気がする」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
稲森「それに化学調味料を入れると、化学調味料の味が勝ってしまって、いったい何の味を味わっているのかわからなくなる。そんな料理は食べるに値しないと思います。だから私は中華料理については何も知らないんです」 周大人「稲森社長の言う通りです。今の中華料理は化学調味料に頼り過ぎています。中華料理で化学調味料が使われるようになったのは、わずかこの四五十年のことですが、わずか四五十年で中華料理四千年の歴史は大きくゆらいだ」
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
ふう、引用にしてはやり過ぎてしまったな。第9巻には、他にも「化学調味料の使いすぎは味を画一化してしまう」ことを山岡が力説する話があるのですが、もうやめときましょう。
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月1日
美味しんぼが非難するのが「大量の」化学調味料ってことなら、まあ妥当じゃない? 少しでも入れるとダメって表現ではないようだし
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年4月1日
ただまあ、カマボコの件もありますし、現状を語るのにやたらと「大量」を強調するのはいかがなものかって感じです。
きーもぐ @bndyk 2017年4月1日
化学調味料の対の概念は、物理調味料かな?素粒子レベルで見れば化学も物理のように思われる。
hilowmix @hilowmix 2017年4月1日
とにかく「かくし味太郎が行く!」を読もう。とくに第七話は感動もの。https://www.ajinomoto.co.jp/foodservice/useful/ajitaro/
ふじぽんぽん @hirofujiponpon 2017年4月1日
有機化合物は天然由来、無機化合物は天然じゃないから見たいな発想が今も残っているんだろうなあ。 無機化合物から有機化合物を初めて合成したフリードリヒ・ヴェーラーに謝れ。
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年4月1日
DavyLockhart そうか? グルタミン酸ナトリウムは1909年に現味の素KKによって商品化されて、もうすぐ110年だぜ。その中の11年間で合計93,000tのMSGが合成法で生産されたわけだけど、2005年の1年間で全世界で生産されたMSGは推定1,700,000tだよ。統計が古いのは新しいのを持ってないからで申し訳ないが。「ごく少量」で問題ないと思うがなあ。
じゃりねこ@10/20五号す44a @jyaricat 2017年4月1日
手元にブツがないので裏がとれないのですが、暮しの手帖第一世代に当時(戦後まもなく)の世相を反映した記事「サッカリンは体によくない」「味の素を使いすぎるのはやめよう(味が画一化する?)」というものがあった記憶があります。前後して森永のヒ素ミルク事件があったり、「健康優良ベビー(実はただの肥満)コンテストの賞金目的で粉ミルクを使うのはやめよう」というものもあったので、そのへんでごっちゃになったのでは、と。
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年4月1日
まあでも、感覚がおかしいのかもなあ。「そんなに多くない」くらいでいいかい?
jpnemp @jpnemp 2017年4月1日
hirofujiponpon 石油は「天然の有機化合物」なのに、石油由来のもの(シャンプーとか)を嫌がるよね……
にづかこたろう/こーたんP @kota110131 2017年4月1日
子供の頃、味の素舐めてたらおじいちゃんに「そんな事してたら味がわからんようになる(たぶん味覚障害的な事を言いたかったんだと思う)」みたいなこと言われた記憶あるわ。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月1日
「蛋白加水分解物で均一な味に」って醤油disらないで
DavyLockhart @DavyLockhart 2017年4月1日
hietaro 分母をでかく持ってきたら相対的に小さく感じるだけで、ごく少量とは言えないわ。大体110年のうちの11年つったら10パーセント。数字扱ったことあるならこれをごく一時期なんて発想できないけど。
君津区 @Dr_KIMMiK 2017年4月1日
ラーメン発見伝で、かつて書かれてたラーメンの作法として「胡椒をうんと振り撒く」というのがあったというネタがあったな。その回自体はレンゲで飲むと美味しいようになってる多重構造のスープを初手でドンブリから飲み、美味しくないと言った人を説得する話になってる
葉風 @higanzaka 2017年4月1日
多分、合成化学調味料と化学調味料をごっちゃに考えている人達がたくさんいそうw
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月1日
フリードリヒ・ヴェーラーが泣いちゃうのでやめて > 合成化学調味料と化学調味料の違い
深井龍一郎 @rfukai 2017年4月1日
geishawaltz グルタミン酸は脳内でも作用している神経伝達物質の一つ(本当)→体内濃度が上がれば神経伝達物質が増えるのだからより円滑に神経伝達が行われるに違いない(間違い)→つまり脳機能が活発になるに違いない(間違い)→頭がよくなる(間違い) という論理の流れですね。出所がどこかまでは知りませんが、グルタミン酸が神経伝達物質であることが解明されたタイミングで出てきた説だと思われます。
重-オモ- @__oMo__ 2017年4月1日
化学調味料を大量に入れるとその味が強くなって云々はわからなくもないのだがebcdic_ascii 「焼いてしまうと、そうした処理も役に立たず化学調味料は破壊される。」この部分は実際どうなのだろう。加熱調理されることも多い化学調味料、熱でそこまで変質するものなのだろうか。そもそも焼くと味が破壊される物質は少なくないだろうに、あたかも化学調味料の悪しき性質であるかのような表現にも疑問。
ひえたろう@笑顔と上機嫌こそが最高の化粧 @hietaro 2017年4月1日
DavyLockhart そうか。なるほどわかった。ありがとう。評価は別として、事実関係だけみといてくれれば。 あと、分母を大きくして、とあるけど、合成法を使ってMSGを生産したのは味の素KKだけなので、歴史上、この世の中で生産された全部のMSGの中で合成法由来のものはそれだけ(だからそれを代表させて化学調味料と呼ぶのはどうか)、って意味で書いたんだよ
skerenmi @skerenmi 2017年4月1日
調味料は何種類かをバランスよくいれないと、それだけが強調された味になります、という話だね
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
「1962〜1972年の11年間だけ」 ここがむしろ問題なんだと思う。時期的に公害が大きく問題になってた時代で、「食品公害」がトピックスになった時代。食品公害を論ずる本の中で工場の中の人も安全性は自信を持てない、みたいなことが書かれたりしてそれが今の評価の下敷きになってるんじゃないかな
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月1日
ベースにあったのは高度経済成長時代の風潮としての「進歩」観。そのころは「科学技術の発展で人類がもつすべての悩みや苦しみはやがて解放されていくのだ」という漠然とした楽観的な未来観と、もういっぽうで化石燃料の枯渇問題(オイルショックを契機とする)や公害問題など、進歩や発展によって過去にはなかった新しい問題が生まれてきている事実から、終末論的な悲観的未来観が同時に重なるような時代だった
Hornet @one_hornet 2017年4月1日
__oMo__ グルタミン酸ナトリウムは225℃で分解するらしいですね(Wikipediaより)。その回は味噌をおたまに塗って直火で焙ってたと思うので、温度条件はクリアしてると思います。
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月1日
「人工」「合成」というのはそういう「科学技術の成果」という印象を強く与えるワードであり、それがつまり上記の悲観的未来観のもつ暗いイメージと結びつきやすくなった。だから「人工的なものは悪」といううっすらとした定理のようなものが醸成されていった。そういうものを深く考えずに大衆の意識に乗っかる形でメディアや文筆家、その他表現者が安易に思想家してしまった、そんな感じがする
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
これが「1952〜1962年の11年間」ならここまで根強く残らなかったと思う。 うえのほうで買ってはいけないを元凶のように言ってる人がいるけど、あれは渋谷系に対するテトラプルトラップみたいなもので、おそらく郡司篤孝の「危険な食品」がルーツです。ロジックもだいたいこのとき出尽くしてる
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
美味しんぼ初期は時代背景はまだまだ高度経済成長末期に近いので、自分含めリアルタイムで生きてたわけじゃない人にとってはおかしさしか感じない、みたいなのはあるんだろうなあと思います 結婚後は作者本人による二次創作みたいなもんだと思えば90年代に終わってる漫画だし(暴言)
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月1日
こっちがメインまとめか。 https://mobile.twitter.com/dragonchicken19/status/848039646931992578 化学調味料を積極的に使った作品、おなかはすいた?(1995)
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
「人工物」「化学物質」がこわい、というのは今60代70代くらいの人だと異常に見受けられるんだけど、この世代の人は身の回りのものが自然の産物からよくわからん石油製品に置換されていく時期に人格形成が行われてるわけで、そりゃあそうなるでしょうと 自分が未だに「大事なものは紙で持つようにしてる」なのと似ている
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月1日
昔はね、ファンタ飲むと着色料で口の中が鮮やかな色に染まったもんです。オレンジジュースは果汁10%未満が大半でした。コーラ飲むと骨や歯が溶けるぞーなんて脅かされたもんです。あとまあ食品添加物などで安全性に問題があって事故になった例もいくつかはあったからその記憶が強く残ってる人も多いんでしょうね
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月1日
「科学技術に依存するのは人類の未来にとって危険だ」という当時の認識が出ているものとしては、たとえば「銀河鉄道999」とか「新造人間キャシャーン」もそうだし、日本だけでなくアメリカでも「ターミネーター」とかがありますね
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
当時は禁止された添加物が使われてた例とか、基準値を上回る添加物が入ってる食べ物が「変な味がする」で回収とかあったようで、敏感になる背景はいろいろあったようだ あと基本インフレ期なので、「便利になったというけど安くなってないじゃないか=企業の都合で入れてるだけだろ」に説得力が今よりあったのかもね
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
grayengineer 末期のサザエさんも意外とそのへん伺えるものがある 今素知らぬ顔で絵柄かくしてプロットと「朝日の四コマ」とだけ言って読ませたら「アサヒガー」「漫画に政治をモチコムナー」な人が大喜びで食いつくと思われるようなのが多数
きたはら @kitahara220 2017年4月1日
「コーラ飲むと骨や歯が溶ける」、こないだ理学部物理学科出の若い人が大真面目に口にしてて白目向きたくなったぞい……
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月1日
msdos148 「穴を大きくなんかしてません。広口瓶にして穴増やしたけど」って言ってますね。正直。 https://www.ajinomoto.com/jp/aboutus/history/chronicle_2014/11.html
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月1日
味狩り学園(チャンピオン)で金属製ロブスターだか伊勢エビに電池仕込んでエレキ味、とかいう料理(?)があった。鉄鍋のジャンよりイカれてる。
araburuedamame @rpdtukool 2017年4月1日
「安全より安心」とか言うアレですよ、ええ。感情を盾に利権をチュウチュウしてた連中が昔からいたんでしょうな。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年4月1日
bndyk マイクロ・ブラックホールのお茶漬け!
かめあたま さおたろう @yamasan73 2017年4月1日
味の素もハイミーもばあちゃんが良く使っていたので、自分にとっては、ばあちゃんの味なんですよねえ(・∀・)
重-オモ- @__oMo__ 2017年4月1日
one_hornet ありがとうございます。味が変わることは間違いないようですね。
おせん⋈ @osenoseno 2017年4月1日
1992年に「ビタミーナ王国物語」というRPGが発売されていて、人物名、地名、アイテム名などが食べ物関係で統一されているんだけど、ラスボスの名前が「天下仏(てんかぶつ)」となっていて、いかにも当時、食品添加物がどういう目で見られていたのかを物語っている。
坂東α @bando_alpha 2017年4月2日
ebcdic_ascii これもまた20年以上前の(さほどオープンそうでもない)業界の事情なので実際どうだったのか分かりにくい(80年代から「化学調味料不使用」の店が生まれたそうなので、それまでは比較的無頓着だった可能性も高い)
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月2日
そういえば少し前にニュースになっていた話で、栄養成分表には長い間ひじきに鉄分が含まれるように記載されていたけれど、よく調べたらひじきを煮るときに鉄鍋を使った場合だけしか検出されないということがわかって、その鉄分が鉄鍋由来だと判明したので、成分表も訂正されたのだとか。鍋の鉄分を食べているなんて思いもしなかったので驚きました
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 「安くするために添加物を入れている」という認識がまず全然間違ってんだよ。中学校の理科レベルで。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2017年4月2日
美味しんぼ が 何故あれだけヒットしたのか?の背景を考えると? ネットなんて無い時代の代物で、パソコン通信やってた連中では、その信ぴょう性が疑問視されてたという背景もあるから で、末期の雁屋哲の 所業なんて、今じゃネット民に総スカン食らってる昨今。 やはりそこは 「提示された理念が本当かどうか?」ということが大事になってきていますね。自分は日頃、塩コショウぐらいしか使いませんが、 湯豆腐においての こんぶからだす だし ではなく、その時に味の素を使うと?良い味でますからね。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2017年4月2日
昆布からだす だしだけでなく 味の素も併用する に訂正。そういや あの雁屋哲も相当な年配になってきていることから?味覚も大きく後退してるんじゃないでしょぷかねえ?だれでもこれは避けられません。年取れば、味覚は減少します。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2017年4月2日
peckoe_tw うん 僕はコストコで売ってる。 明石焼き が大好きなんだけど、掲示板には、その出汁に使われる粉末の量が多すぎて、舌がしびれるって書いてる奴がいて、 だったら量少なくすればいいじゃねーかと思ったが、自分はその量で美味しく頂いてますからねえ。舌での感じ方は人それぞれなんだから、自分で作る料理は、量を調整すればいいだけの話なのは、多くの賢明な方々はアタリマエのことなんですけどね。
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2017年4月2日
このまとめは、なぜ「化学調味料」は悪にされたのか? ですが、副題 「美味しんぼの功罪を今だから検証しよう」ですな(笑
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2017年4月2日
美味しんぼ の功罪は 酒造メーカーにも大きく影響を与えました。 この漫画の嘘は 「美味しんぼの嘘」で検索すれば山のように出てきます。
深井龍一郎 @rfukai 2017年4月2日
一般的には、その他の五味と違ってうま味は「強すぎて不愉快に感じる」現象が起きず(これは塩味が一番実感しやすい)、感覚が飽和するだけなので調味料の使いすぎにつながりやすい、と説明されてますね。おそらく感覚が飽和するだけの人とその状況で痺れを感じる人がいるのでしょう。
ちょっとずつ生きている人 @pokemonGOblue40 2017年4月2日
味の素大好きだぜ!\\\└('ω')┘////マヨラーケチャラー?が居るならうま味調味料好きもいていいだろーっw
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月2日
美味しんぼは「本村の家で食わせて貰った飯」(金が無いので米やシジミの粒を揃えて作った)の回で「人の心を感動させるのは心だけ」とか言ってたから、「安全よりも安心」という指摘は望むところ。
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2017年4月2日
山岡「ちゃんとした会社のマヨネーズだったら合成保存料なんて入ってないよ!」
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient 「安くする」がなぜ理科の問題なの? 売上の問題だろ?→Q2:なんのために使うの? A : たとえば豆腐の「にがり」のように、どうしても必要な食品添加物もありますが、それだけではありません。おいしくしたい、きれいに見せたい、しっとりさせたい、ふんわりさせたい、ラクに手早く作りたい…。そして、加工食品として販売する場合は、製造効率やコスト削減の他、保存性の向上も求められます。食品添加物はそのために使われています。
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
yakeen4510 http://seikatsuclub.coop/safe/additive-free02.html そこに書いてある「製造効率やコスト削減」のことを俺は「安くするため」って言ってるんだけど、製造効率やコスト削減がいつから「中学校の理科の問題」になったの?(笑) 「いや俺はそこの最初に書いてある豆腐のにがりのようなものについての必要性をいってるんだ」なら、そもそもこっちの文章をまるで読めてないだろうそれ。日本語勉強しろな(笑)。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 そこにも書いてあるように、食品添加物にはいろいろな目的があるのに「コスト削減のための食品添加物」だけを取り上げる意味なんて無いという話なんだが。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 で、「醤油風調味料の食品添加物はコスト削減のためにたくさん入れられてる」というソースはあるのかね?製法も知らんのに?
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient だからそれ問題のすりかえね。俺は「昔の製法じゃ高いものしかできないから安く売るためにそういうもので似たような味を作り出してるんじゃないのか??」と書いた。つまりは「コスト削減・製造効率」要するに「安くするため」に使われているってことを指摘したまで。それに対して「それだけのためではない」って答えは必要ないだろ。暴漢がバット持ってたらそりゃ人を殴るためだろ。「バットは野球にも使う。人を殴るためだけじゃない」といちいち注釈つける必要がどこにある?(笑)
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 「昔の製法」っていつの製法のこと?製法も知らんのに?
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient 製法知らなくたって「小麦・食塩・大豆」ぐらいしか書かれてない醤油よりもゴテゴテ使ってる醤油(風)の方がほとんどの場合安いんだから、「安くするために使ってるな」ぐらいのことは小学生でも想像できるんじゃないの?(笑) 君にはできないの?(笑)
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 「安くする」ってのは、どこのコストのこと?原料コスト?製造コスト?物流コスト?販売コスト?例えば「安定して高品質の製品が大量に作れる」ようになればほぼ全てのコストが削減されるわけだが、「コスト削減のため」ってのは具体的に何がどう安くなるの?製法も知らんのに?
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 それはお前の思い込みですよ→昔の製法じゃ高いものしかできないから安く売るためにそういうもので似たような味を作り出してるんじゃないのか??
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient 添加物入れることはどう考えたってトラックの運賃じゃなくて製造にかかる費用に関係することだろ? 製法知らなくたってそれぐらいわかるけど? なぜそんな馬鹿なことを質問するの?
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient 思い込みだってんのなら、なぜ「小麦・大豆・食塩」ぐらいのものがゴテゴテ入ってるものより高く売られているのか説明してくれ。
グレイス @Grace_ssw 2017年4月2日
。o0(散々長いことレスバトルやってる奴がいるけど、これ多分食品添加物の意味が解ってないんだろうな……
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
上の方で酒の話も出てるけど、発酵食品に関しては「100年前の製法」で作った物が「近代的工業製法」で作った物より優れてる所なんてほぼ無いんだよ。味も品質も安全性も。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 なんで俺が無償でお前に講義してやらなきゃいかんのだw それこそ「自分で調べろよw」(yakeen4510
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient なぜ「小麦・大豆・食塩」ぐらいのものがゴテゴテ入ってるものより高く売られているのか説明してくれ、と書いたことの説明になってない。
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient トンチンカンだね。俺は「安くするために使ってる」と思ってる(し、引用したサイトにもそう書いてあった)んだから、別にこっちは調べる必要なんかないんだよ。「違う」って言ってる(言いたい?)のはそっちだろ? だったら「なぜゴテゴテ入ってる方が安いんだ」の説明がそっちができなきゃ議論にならん。
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
Grace_ssw http://seikatsuclub.coop/safe/additive-free02.html Q1:食品添加物ってなに? A : 加工食品を作るとき、見栄え良く、安上がりに作るために、あると便利な化学合成品、または天然由来物です。全部で約1500品目もあります。(下記参照)
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
これが「ぜーんぜん違う」ってんのなら、俺は知らんよ(笑)。
グレイス @Grace_ssw 2017年4月2日
なんか返ってきたけど、そういうことじゃねーんだよなあ。まあ後はガンバレやw
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 「ゴテゴテ入ってない方」とやらは「昔の製法」なの?製法知らんのに?
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 そりゃー「安くするために使ってる」という思い込みで検索すればお前と同じ勘違いしてるサイトはいくらでも見つかるよw
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient 何やってるの? 「なぜゴテゴテ入ってる方が安いのか」にそっちが答えられない・答える気がないのなら、もう議論は進まない。後は何言っても無駄だよ。お前のいう「勘違い」サイトって、たとえばこれね。http://b-chive.com/life/health/meal/food-additive/food-additive5.html 俺はこういうふうにほいっと引用できるけど、お前はできないんだろう?(笑)
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 だから、「ゴテゴテ入ってる方が安い」という事実がそもそもお前の勘違いなんだよ。ただ安い方を「何かがゴテゴテ入ってるからに違いない」と思い込んでるだけで。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
「ゴテゴテ入ってる」ってそもそも何がどれだけって提示もしないで議論とかヘソでカレーが煮えるわ。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
「高い方が優れているはずだ」という根本的な勘違いもあるかなー。「売価が高い」ってのは単にそれだけコストがかかってるというだけで、それは必ずしも品質や味や安全性が優れていることを意味しない。やたら手間暇かけたからってそれで旨くなるとは限らん。
冶金 @yakeen4510 2017年4月2日
sadscient ただ安い方を「何かがゴテゴテ入ってるからに違いない」と思い込んでる→俺はラベル見て言ってるんだよ!!(笑) ラベルに書いてることの何がどう「思い込み」なんだよ!! もういいわ。笑わせてもらいました。じゃ、後は一人で勝利宣言をどうぞ。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月2日
https://togetter.com/li/922656 無化調の伊藤園の味噌汁と発酵オルニチンがが入ってる永谷園の味噌汁がお手軽に比較できたんですが、最近伊藤園のほうを見掛けません。
佐渡災炎 @sadscient 2017年4月2日
yakeen4510 ラベルに書いてある意味も知らないのに「ラベルに書いてある(ドヤ」とかいい加減恥ずかしすぎるぞ。原材料ラベルには原材料の分量まで書いてないし「書いてない物は入ってない」というわけでもない。
nanasi @nanasi43 2017年4月3日
・食品添加物 - 容器包装に入れられた加工食品では原則としてすべての添加物名を表記する。JAS法では原材料欄に、重量の多いものから順に記載するよう規定されている。栄養強化の目的で使用するものや加工助剤、キャリーオーバーについては表示が免除される場合がある。 食品表示 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E5%93%81%E8%A1%A8%E7%A4%BA
nanasi @nanasi43 2017年4月3日
発酵調味料は元々材料を微生物や黴などの菌類が発酵させることにより複雑な風味や栄養、消化の良さなどの効果が出るもので。 食品添加物をあれこれ使って作るのは原材料や熟成環境、熟成期間が取れないときなどの代用品か、食品添加物の開発や加工技術が進んだ時などに○○風調味料として本物に似せて作るもの。 発酵調味料は元々保存していた食材が発酵して偶然美味しくなったみたいな起源が多く、よって食品添加物の少ない方がより原始的な事が多い。
nanasi @nanasi43 2017年4月3日
食品表示についても、表示しないのはキャリーオーバーなどの検出が難しい微量のものなどで完成品の味などにほとんど影響はない。 対して表示する義務のあるものは旨味調味料やアスコルビン酸など、全体に対する重量こそ微量でもきちんと表示されている。 過去にユウキ食品がトレハロース、蛋白加水分解物、酵母エキスなどの表示を微量な隠し味で企業秘密だからとしていなかったのが問題になったりした。 食品添加物は大量に作れる上、極微量で風味や色合い、食感などを素早く整えられる為に価格が安く、低コスト化の際に使われる。
nanasi @nanasi43 2017年4月3日
食品表示は使用された重量の多い順に記載されているが、醤油風調味料はタンパク加水分解(塩酸分解)・アミノ酸液が一番に表示されており発酵した原材料が主体ではない。 ○○風調味料は発酵調味料が発酵などの手間暇や職人の人件費がかかり高価な為に、より安価に大量に作れるように調合されたものである。 また、発酵調味料は食品添加物を加えて風味を調える必要も無く、後に作られた○○風調味料は発酵調味料を手本としており。 実際に料理に使用して効果があり、完成品も美味しいと評価されているのは今も発酵調味料である。
ephemera @ephemerawww 2017年4月3日
アメリカを中心に、MSG悪玉論が今も根強いが、それが熾火になって何度もこういう話が巻き起こるんじゃないかと思ってる
タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @TATukoma1987 2017年4月3日
そもそも、料理自体が化学であり科学なんだよなあと。梨を冷やすと甘味成分が変化して甘くなるとか熱化学じゃんと。
吾刃 @Thunder_Path 2017年4月3日
スイーツは科学です!
AstLayer @Cyrfy_AstLayer 2017年4月3日
食べて美味しければそれでいいの、ただ化学調味料が舌に残るような料理はまずいものなの、ただ料理下手なの、誤魔化しになってないという面はあると思うの
ぽこぼこ @cddvguio 2017年4月3日
???「強くなりたければ毒をも喰らえ」
naruto,tousen @narutousen 2017年4月3日
昆布や鰹節がうま味調味料でない時点で化学調味料は化学調味料と呼ぶしかあり得ない。ここで化学調味料を擁護している人はそれこそ『美味しんぼ』で化学調味料が入った漬け物を入っていない方より美味しいと判断した人たちと同じ、ラーメンにコショウ、漬け物に醤油を必ずかける人と同じで別に悪くもなんともない。ただラーメンに何もかけない人を非難する資格もないってだけのコト。
まっくろなねこ @blackcat009 2017年4月3日
化学調味料が悪にされやすい原因は、成分が特定されているからに他ならない。例えば脂溶性のビタミンAなんか過剰摂取すると中毒を起こすが、食品でそれをやろうとするとかなり大変だし、原因物質の特定もとても困難。だけど、錠剤のビタミンAを大量摂取するのは簡単だし、原因の特定もできる。
きのこ@引退につき近日アカ消します @KinocoNoco_Sch 2017年4月3日
narutousen ケミカルな工程を踏まずにできてるものに化学ってつけるのは普通に考えておかしいでしょう 今は化学はネガティブイメージですが、仮に良いイメージだったら優良誤認がどうこうって問題視されるレベルですよ ラーメンに胡椒うんぬんの喩えもズレてますね 旨味調味料否定派が批判されてるのは事実に反する内容で旨味調味料を否定しているからであって、単なる個人の嗜好の胡椒とは全く違う
bun🍃 @bun3559 2017年4月3日
narutousen その昆布や鰹節の抽出物(※抽出は化学反応ではない)は、うま味調味料ですよ。この違い、つまり食品と加工物の違いがわからんのか。
Hornet @one_hornet 2017年4月3日
一般論で言うと「なぜ安く手に入るのか」の答えは大抵「たくさん作れるから」だよね。
白河清周@MGTOW @shirakawa_kiyo 2017年4月3日
ビジネスジャーナルなんかで糞記事を書いている郡司和夫の父の郡司篤孝、反添加物の元祖みたいなもので、『買ってはいけない』も郡司父のフォロワーと思われますが、とにかく味の素(調味料の味の素も、会社も)と山崎製パンを目の敵(それも『買ってはいけない』に受け継がれた路線)。
白河清周@MGTOW @shirakawa_kiyo 2017年4月3日
shirakawa_kiyo この手の輩は、業界トップ企業を目の敵にして、同じような作り方をしている同業他社は無視という傾向がありますが、郡司父はマヨネーズに関しては、「添加物が多い味の素よりもキユーピーの方が無難」と言っていたはず。どんだけ味の素が憎いんだ。
sahama @sahama 2017年4月3日
味の素には「かくし味太郎が行く」っていう科学調味料漫画もある https://www.ajinomoto.co.jp/foodservice/useful/ajitaro/index_login.html
happy_world @happy_world2 2017年4月3日
味の素がうま味調味料の発酵の時に使う酵素がブタ由来だってんでインドネシアのムスリムから「ハラール的に問題がある」という指摘があったので、イスラム圏向けには植物由来の酵素に切り替えたんだよな。
白ぱんだ(低濃度) @whitepandajp 2017年4月4日
グルタミン酸に水酸化ナトリウムを反応させてグルタミン酸ナトリウムを生成する工程は「化学反応」だよね。
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
shirakawa_kiyo 当時の郡司本読むとわかるけど、味の素とはかなりやりあったっぽいし、50年近く前のことだから結構やばい対応もあったように読める(片方サイドからしか見えないのでなんともいえんが) 山パンはあんま覚えてないけど…… 添加物の危険性の煽り方もだいたい郡司本がお手本みたいなものになってるね
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
一応、一番シェアが大きいところを取り上げて危険性をアピールすれば、右にならえで使わなくなるだろうみたいなロジックはあったんじゃないかな 全部名前をあげてたらキリがないしそれはひとつのやり方だと思う(有効性があるかは知らない)
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
「買ってはいけない」はどっちかっつーと、そこで「対案」として自分が関わってる自然食品や代替医療に誘導していくスタイルが問題 だから、「化学物質を避けようとする人が選びそうな、彼ら的には選んでほしくない”ニセモノ”」も結構とりあげられてたりする(ほんだしとかアルカリイオン水とか中途半端な有機食品とか)
kumonopanya @kumonopanya 2017年4月4日
美味しんぼは真面目に読んでいた普通に面白いし為になる 個人の感想にいちゃもんを付けるのはkzだと思っている 表現の自由を認めない土人なのだから
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
郡司本も美味しんぼもそうなんだけど、「日本の大事な食文化が、経済成長に伴い企業によって破壊されている」ってのが根底にあるんだよね そういう意味では非常に「愛国保守」的な人たちなんだけど、その食文化が大正から昭和中期くらいの古くない時代の独自のものということには気づかなかったし、むしろだからこそ広い支持を得た(この人たち現役のときの日本人はほとんどそこを共有してたので) そこを見間違えるとよくわからないことになる
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
味の素を目の敵にするのも、こういう人たちの原風景のひとつはダシをとってつくる味噌汁の香りであって、それが伝統であり守っていきたいものである、というところはあるのかなと思う
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
多分だけど俺の明治以前くらいの先祖はダシなんて知らなかったと思う
nekotama @nukotama001 2017年4月4日
美味しんぼのなかでも激闘鯨合戦だけは信奉者多いな。あれも鼻血ぐらい裏がとれてないのに。味の素は否定的な中でも使いすぎるのがいけないという趣旨だから、裏もとれない捕鯨話よりはマシだとは思うんだけど。
きゃっつ(Kats)⊿11/17乃木坂大阪個別 @grayengineer 2017年4月4日
個人の感想を批判する自由も表現の自由に含まれます
naruto,tousen @narutousen 2017年4月4日
KinocoNoco_Sch なんで化学ってついたかは今まで化学調味料を擁護している人が絶対口にしない名前、池田菊苗が化学者だからじゃない? それに砂糖も塩も煮詰めただけじゃ不純物が多くてあんなきれいな結晶にならない。あのきれいな結晶が逆に化学調味料と呼ばれる所以でもある。
naruto,tousen @narutousen 2017年4月4日
bun3559 【その昆布や鰹節の抽出物(※抽出は化学反応ではない)は、うま味調味料ですよ。この違い、つまり食品と加工物の違いがわからんのか】あなたの理屈だと板前の引いた出汁もうまみ調味料になりますがそんなこといった人未だ見たことないんですけど。それに化学的手法を使わずに(たとえば煮詰めるとか)出汁のうまみ成分だけを結晶になるほど純粋に取り出せるの?
mickey_trust @mickey_trust 2017年4月4日
協和発酵がコラーゲン系美容サプリ開発しようとしてコラーゲンを分析したら、コラーゲンそのままより構成アミノ酸をブレンドしたほうがよくね?って結論になって、アミノプルミエが産まれた話を思い出した。
mickey_trust @mickey_trust 2017年4月4日
肉や脂が苦手なぐらい消化器系が弱く、コラーゲン系のやつだと消化に負担がかかるので、アミノプルミエは負担なく飲めて良いという感想を聞いた。消化後のアミノ酸を飲んでるんだからそりゃそうだ。効果は基礎化粧品にかける金額ががくんと下がった。(アミノプルミエが高いのでプラマイゼロな感はあるが)
グレイス @Grace_ssw 2017年4月4日
ここでぐだぐだぬかしてる人達は何を以て「化学」と定義づけてるの? 出汁を取るのは昆布から特定成分を「抽出」してるだけだし、煮炊きのほとんどは「加熱」「加水分解」「中和」「乳化」などの科学用語に言いかえられるよ? 精度が低く不純物が多いものや雑な作業を「自然」だと思い込んで有難がってるだけじゃない? 基礎教育からやり直してきたらどうかね。
mickey_trust @mickey_trust 2017年4月4日
美味しんぼは中学生当時は面白かったし役に立ったこともあるけど、25歳までに済ませておく類だと思うなぁ。今の感性だとフードファディズムでフード・ファシズム(笑)って感じる。
mickey_trust @mickey_trust 2017年4月4日
ナントカ道の所為か、(唯一絶対の)究極系を追求って形式は割と多いよね。宗教的には多神教系の筈なのに妙にそこだけ唯一神原理主義的なのが不思議というか。皆が『正解』を求めているということなのかなぁ?
kumanokodo @kumanokodo_kuma 2017年4月4日
dariidariidarii 「きみはダックス先生がきらいか」ね。生徒が自分の家の味噌汁を「お湯が沸いたらハイミー振って味噌溶かしておしまい」って説明したのに仰天した先生が特別授業で皆に出汁から味噌汁を作らせて「本当の味噌汁はこうです」と言ったら味の素だかタケダだかに訴えられた的なエピソードじゃなかったかな。
kumanokodo @kumanokodo_kuma 2017年4月4日
実際化学調味料排斥が起こった頃は「ほんだし」どころか味の素をお湯に溶かして味噌汁作ったりとか家庭で茹でた野菜には既出のでかい穴からどばどば出てくる味の素をきらきら光る位かけるのが当然だったりとか街の中華料理屋ではチャーハンにレンゲ一杯分くらい味の素ぶち込んでたりとか「頭が良くなる」といってスプーン一杯味の素を飲むのが流行ったりとか、あまり記憶が定かではないが今にして思えばあまりまともな光景ではなかった。
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2017年4月4日
イリコや鰹節だけで出汁とろうとするとちょっとびっくりするくらいの量がいるんだよな。最近の味噌はだいたい出汁入りだから風味付け程度で十分ぽいけど。
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2017年4月4日
味の素はアクリロニトリル由来の化学合成法採用していた一方で、旭化成も同時期に旭味って名前のグルタミン酸ナトリウムを化学合成で量産化していたはずなんですが合成経路が判らない。。。
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2017年4月4日
sbayasi そもそも週刊金曜日が買ってはいけないと思うが…いくら自由があるといってもあれはアカン…
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
「きみはダックス先生がきらいか」は、先生自身が貧しくて子供の頃そういう目にあったという話だよ 部落という明確な記述はなかったんじゃないかな。
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
それはともかく化学調味料の部分は、正確には「お湯沸かしてハイミーたっぷり、けちけちするとおいしくない。その後味噌と具を入れて、最後に味の素を入れて終わり」みたいな表現で、要するに化学調味料二回(しかもたっぷり)入れてたわけで、味の素が排斥されるようになった時代に育った自分の目だと確かにちょっとまともじゃない ほんだしじゃないから香りもなかったろうし、かなり不味かったんじゃないかなコレ
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
「きみはダックス先生がきらいか」、子供の頃は道徳じみてて嫌いだったんだけど、今思うとかなりきわどい問題まで子供に読ませるように扱われててなかなか良い児童文学だったんだなあと思うようになった
きなこダイバー@PokeGO/7169 4557 8008 @ironleager 2017年4月4日
うま味調味料(メーカー品)を店で出す料理で使うのを避けるのはわかる(家庭との差異を出すため)。で、それを店がウリにするのもわかる。でも、(主に)ラーメン通や、それを取り上げた雑誌で「無化調」をワッショイする意味がわからない。そもそも化学調味料の定義すらフワッフワしてるのに…うまくて害がないならいいじゃない
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
ironleager ラーメン屋と雑誌や「ラーメン通」は癒着関係みたいなもんだから…… 店がウリにしたいポイントを持ち上げるというのはあると思うよ まあそれ以前に化学調味料の悪イメージができてたと思うけど
きたはら @kitahara220 2017年4月4日
俺はすがきやラーメンが大好きだけど、親は化学調味料たっぷりの味が嫌い、気分も悪くなる、っていってすごい嫌がってたからね うまくて害がない、じゃなくて「おいしくないし、害もある」人は結構いるんだろう(化学調味料の問題じゃなくて使い方の問題だとは思うけど) 中華料理症候群がなんで欧米で問題になるかっつーと、あちらの人は海産物をあまり食わんのでグルタミン酸塩の味にそんなに親しみがない分というのがある。それがドバドバかかってたら気分悪くなるよね
ユーコン @yukon_px200 2017年4月4日
放射脳「天然の旨味と化学調味料の旨味とではウェーブが違う。天然物のウェーブは角が丸い」
ユーコン @yukon_px200 2017年4月4日
mickey_trust 人は正解がない不安定さに耐えられない。神道が儒教を取り入れたのはそこに「正解とされるもの」があるから。
白ぱんだ(低濃度) @whitepandajp 2017年4月4日
再度訊くが、グルタミン酸に水酸化ナトリウムを反応させてグルタミン酸ナトリウムを生成する工程は「化学反応」だよね? 化学調味料は化学じゃないという人からの反論を求む。
ユーコン @yukon_px200 2017年4月5日
人類10万年の歴史において、天然やら自然やらは「人を殺すもの」。天然を有り難がる事こそ非伝統的な価値観である。
白ぱんだ(低濃度) @whitepandajp 2017年4月5日
「さとうきびから味の素」という有名なコピーも嘘に近い。「廃糖蜜から味の素」が正しいでしょ。アスファルト舗装を“原油舗装”と言うが如し。
coman @coman072 2017年4月5日
「漫画だから間違ってていい」 ものによるだろ。ばかか。歴史モノの漫画で「信長が百姓にカマ掘られて自殺した」って書くようなもんだ
<NAO> @naotosi_ap 2017年4月5日
Toteknon アスパルテームは必須アミノ酸ではありません。アミノ酸ですらありません。
渡志郎 @watarishirou28 2017年4月5日
どんな調味料でも使いすぎれば誰が作っても同じ味になるからな。でもうま味調味料の味しかしない塩ラーメンはやだ。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
どのくらいまで化学なのかなあ。こんにゃく芋のシュウ酸をアルカリで抜くのは? 豆乳のコロイドを塩析で豆腐にするのは?
barubaru @barubaru14 2017年4月5日
whitepandajp 卵を熱湯に入れタンパク質を変性させるのと同じぐらいの意味で化学反応でしょうね。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
温泉水の代わりに重曹で温泉湯豆腐作るのと、イースト菌でなく重曹を使ってソーダブレッドを作るのに、化学という線引きはできるのか。
いくた♥️なお/レイフレ21 E40 @ikutana 2017年4月5日
有機化合物なんて色んな原材料を使いうるってだけだと思う。石油だって植物由来なんだし。(違う説もあるが)
いくた♥️なお/レイフレ21 E40 @ikutana 2017年4月5日
化学調味料のない時代にできた最適解とある時代の最適解は必ずしもイコールではない。 醤油がなかった時代の味付けは味噌ばっかりだったし、味噌ができる前は塩ばっかりだったんだよ。
内藤 聡/naitou-sou @naitousou 2017年4月5日
「化学調味料」というネーミング自体、悪いイメージしかなかったからな。
nekotama @nukotama001 2017年4月5日
yukon_px200 日本の捕鯨の歴史でも南極海の捕鯨なんて新参で歴史とも言えないのと一緒だね!。
nekotama @nukotama001 2017年4月5日
まあ、使いすぎなきゃええねん、使いすぎが問題ってのは既に統一見解なんだけどな。
nekotama @nukotama001 2017年4月5日
coman072 そこまでぶっ飛んでいれば、それはそれで凄い。
呉紋@おっさん @gomonz 2017年4月5日
槙村先生のおいしい関係の、調味料は全部人体には毒だ。毒が強心剤にもなり毒がうまみにもなる。生かすも殺すも匙加減次第ってセリフを思い出す
白ぱんだ(低濃度) @whitepandajp 2017年4月5日
barubaru14 グルタミン酸に水酸化ナトリウムを反応させてグルタミン酸ナトリウムを生成する工程は、酸にアルカリを反応させて塩を生成するという意味で、「化学反応」ということでいいですか。
naruto,tousen @narutousen 2017年4月5日
Grace_ssw 【煮炊きのほとんどは「加熱」「加水分解」「中和」「乳化」などの科学用語に言いかえられるよ?】逆に伺うんですが市井の人たちは加熱したものを「化学メシ」「化学味噌汁」と呼びますか? 呼ばないのはそれが伝統的な手法だから。しかし化学調味料は化学的手法を使って伝統的手法では出来ないきれいな結晶体を作り出しています。それを化学調味料と呼んで差し支えがありますか? しかも作ったの化学者だし。あなたこそ【基礎教育からやり直してきたらどうかね】
言葉使い @tennteke 2017年4月5日
考えて見れば「うま味調味料」は潰しが効かないんだよな。砂糖は甘みの他に膨らませるとか焦がすとかあるし、塩は味を引き立たせるとか保存料とかあるけど、「うま味調味料」ってそれ以外の使い方出来ないでしょう。そして量も「極める」ってほど真剣でもないし。象徴として、菓子作りに「うま味調味料」が使われるようになるまでは“一歩劣る”って感じ。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
ラー油に「辛みをつける」以外の用法ってあるかしら。
きのこ@引退につき近日アカ消します @KinocoNoco_Sch 2017年4月5日
narutousen てか貴方のその理屈だと発明者が発酵屋さんなら化学合成で作られた調味料も発酵調味料って名乗れそうですが大丈夫ですか…?
きのこ@引退につき近日アカ消します @KinocoNoco_Sch 2017年4月5日
tennteke 旨味には塩味を増強する効果があり、多くの減塩食品で使われています 家庭でも出汁や旨味調味料をうまく使えば薄塩でも満足感のある味付けの料理が作れます こういう事例では不足ですか?
mickey_trust @mickey_trust 2017年4月5日
yukon_px200 生き様とかならともかく、娯楽に『正解』を求めて楽しいんでしょうかねぇ。例えばアニメの至高はディズニー、ジャパニメーションはエログロナンセンス!とか言う人には近づきたくないなあと思うのですが。
mere @yoyo_mere 2017年4月5日
narutousen 水酸化カルシウムや二酸化炭素、遠心分離機や真空釜というような「伝統的」でない手法や機材を使って作る市販の砂糖は化学調味料扱いということで良いでしょうか?
naruto,tousen @narutousen 2017年4月5日
KinocoNoco_Sch 【てか貴方のその理屈だと発明者が発酵屋さんなら化学合成で作られた調味料も発酵調味料って名乗れそうですが大丈夫ですか…?】上手いこと言ったつもりでしょうけど化学合成法を考えられる発酵屋さんってつまり化学者しかいませんよね? 「語るに落ちた」の良い見本として語り継がせていただきます。
naruto,tousen @narutousen 2017年4月5日
yoyo_mere 個人的には精製しすぎの砂糖は化学調味料に限りなく近いと思いますが、砂糖は植物の中に本来あるものを取り出していますが、化学調味料は微生物がグルタミン酸を作りだした後それを水酸化ナトリウムで化学反応を起こさせてナトリウム塩にします。昆布のうまみはグルタミン酸なので、化学反応を使って出来た、あくまで天然素材と似た物質を化学調味料と言うのがおかしいことですかね?
銀華 @ginka_k 2017年4月5日
化学調味料自体は否定しないけど、アセスルファムカリウムだけは個人的に許せない。不味いから。
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2017年4月5日
カップ麺育ちの人には、化学調味料がおいしく感じられるというのはよくわかる。精製し過ぎた砂糖や塩も貧民向けの調味料というのは大昔からの常識。
Hornet @one_hornet 2017年4月5日
グルタミン酸ナトリウムにはもう100年を超える歴史があるのに「最近のもの」扱いされるあたり、日本の歴史の深さを実感します。
きのこ@引退につき近日アカ消します @KinocoNoco_Sch 2017年4月5日
narutousen 池田菊苗博士の当時は塩酸による加水分解でできてたグルソーが、今は微生物的な手法でできていることを踏まえた発言とは思えませんな?
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
narutousen 氷砂糖って紀元前からあるそうですが。砂糖にせよ塩にせよ、ゆっくりゆっくり結晶化するのがコツです。
えびとろあなご蒸し@ロボガZポセス鯖 @ebitoro 2017年4月5日
味の素の穴が大きくなった理由は「穴が詰まる」の一言に尽きるんですよ。事実、初期のCMでは湯気立つ食材の上からかけてるのを鵜吞みにしてそれやっちゃって湿気っちゃって詰まってた家庭が多かったわけで。本来であれば計量スプーンの上に振り出してから入れるようにすべきなんですが大抵の家庭は「CMでやってるから」ってめんどくさがってやらなかったもんだから「じゃあ、詰まらないように大きくするしかない」ってなったわけです。味の素系はほんと、すぐ湿気ますよ。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2017年4月5日
Neko_Sencho policedoog1971 『サイボーグ007』は『サイボーグ009』の番外編の一つで、007(グレート・ブリテン)と006(張々湖)が珍道中を繰り広げる話です。この二人はいつも一緒の良ひコンビで、本編でも迷コンビとして扱はれています。『サイボーグ007』のメインはイギリスで俳優として活躍してゐる007で、件の話は舞台の後で006の店で食事をする時の逸話だった記憶が。元々ある番外編シリーズの一エピソードの副題です。最初見た時は噴ゐた。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
共沸ぎりぎりまで濃度高めたスピリタス作ったポーランド人に失礼なコメントがついてるような
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2017年4月5日
regicat これだ。話の内容としてはさふだ。見た記憶がある。唯、この副題の時は、元ネタ宜しく007がスパイみたいに働くんですよねぇ。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2017年4月5日
regicat この食材調達話の一つが確かこの副題だった。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2017年4月5日
nukotama001 確かに海原雄山でも「隠し味程度に用いれば味付けの補助になる」旨述べてそこは肯定的であり、使い過ぎと"中華食品症候群"への警鐘として警告の為に美食倶楽部では使用禁止にしてると云ってゐました。
もひーとΔ @unskillfulness 2017年4月5日
narutousen つまりプレッツェルは化学菓子。わくわくしてきた。
Vostok @vostok7777 2017年4月5日
whitepandajp ラム酒をサトウキビから作った酒ってコピーは山ほど見るよ。
諸葛 均 @policedoog1971 2017年4月5日
siu_long 教えていただいてありがとうございます。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
乳酸によりアンモニアを中和し発酵グルタミン酸を味わう料理(納豆に醤油かけて混ぜる)
ウェポン @weapon2011 2017年4月5日
「美味しんぼはネットで叩かれてる漫画だから、うろ覚えでも又聞きでもとりあえずソース不足で叩いて良い」と言う風潮。美味しんぼが全部正しいとは言わない(間違いも確かに多い)が、批判するならせめて原典当たるとか、当時の時勢を考える(美味しんぼが広めたのか、広まった世論を美味しんぼで取り上げたのかを知る)とかしようぜー。
mere @yoyo_mere 2017年4月5日
narutousen なるほど、ありがとうございます。やはり砂糖の類いも同類ということですね。化調の呼び方については、個人的には特に思うところはありません。ちなみにグルタミン酸ナトリウムは天然でも存在します。作りやすいから使われているだけです。
言葉使い @tennteke 2017年4月5日
KinocoNoco_Sch 貴重な情報でとてもありがたいですが、書店で売られているレシピ書にどれだけそういうことが書かれているかとか、「クックパッド 化学調味料」で検索してみても「不使用」「無添加」「無し!」がヒットします。ゼロでは無いと解っていますが、ランダムに手にとって目に出来る〝確率〟を考えると、まだ一般的な使用法ではないのではないでしょうか?
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
他でもない味の素KKがこういうの出してます。 https://www.ajinomoto.co.jp/yasashio/about/ 40Kのほうでガイガー鳴らすのに重宝されてましたね。
ハチマキくろだ @hatimaki_kuroda 2017年4月5日
そういえば、MSGはナトリウム含まれてるから減塩にならない、ってのもたまに見かけますが、そんなの気になるほど大量に使う時点でおかしいですよね。