【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

侵入者を撃退するたび生前の記憶を取り戻すスケルトンを遊ぶ未訳TRPG『The Skeletons』プレイレポ

墓所を守る呪いに囚われたスケルトン。それぞれが特徴的な武器を有しているが生前の記憶はない。中には骨格の違うものや、首のないものまで。一体彼らは何者なのか? それをみんなで決めていくTRPGを遊びました
ゲーム スケルトン リプレイ skeletons TRPG 骨に歴史あり
6922view 1コメント
26
ログインして広告を非表示にする
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 21:02:45
未訳洋ゲー「スケルトン」。遺跡を守るなんらかのスケルトンとなって侵入者を倒し、その度に自分が何者だったのかを思い出していくTRPG。選んだ骨によって思い出す記憶の内容が違う。めちゃくちゃ面白かったです。俺はみんなと少し骨格が違いゴリラみがある、アウトサイダーという骨をやりました pic.twitter.com/XgXG7civ6g
 拡大
 拡大
 拡大
Hidetoshi Hayakawa @hayakawa74 2017-04-03 05:53:51
昨日は「The Skeletons」で遊ぶ試み、2回目でした。参加者各位には感謝の極み。 twitter.com/isikusu/status…

以下、参加者によるプレイレポート

一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:20:57
本日集まった骨PCは5体。それぞれの特徴から通称がついています。錆びついた鎧をまとい槍を構えた、ラスティッド・シャツ。矢がいくつも刺さった盾と斧を持つ、アローシールド。他の骨と若干骨格が違う、アウトサイダー。聖印とメイスを持ち頭がない、ヘッドレス。明らかに人外の存在の骨、ホラー
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:26:18
彼らが守る遺跡に一体何があるのか、誰が侵入してくるのか、侵入者を倒すと戻る記憶とは何か、次の侵入者が訪れるまでにどれだけの日数や年数が経過するのか。これらをサイコロも一切振らず、一覧からざっくり方向性を選んで、各自が持ち回りで好き勝手に肉付けしていって話を作るTRPGでした
ありま@宇宙キターッ! @arimatter 2017-04-02 23:08:35
未訳洋ゲーの雄、はやわかさんの案内で(便宜上の進行役はいるけどGMレスで遊べる判定ルールなしゲー)『スケルトン』!楽しいメンツのおかげで超楽しかったです!多謝!……自PCは頭のない『ヘッドレス』。キャラ個性&マクガフィンとしての"失われた頭"をどう使うか頭をひねりました(どや顔) twitter.com/isikusu/status…
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:31:12
参加者一同めちゃくちゃ楽しかったんですが、「これ、それぞれが考えたスケルトン設定をぶつけあうゲームですよね。やれる人を選び過ぎでは」とGMに伝えたところ、「だから遊べるメンツを選んで呼んだんだよ!」と言われ、ぐうの音も出なかった
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:33:58
でもこれ、ネタが自然と出てくるようにシステム組んであるのよね。ただの自設定語りになりそうなのに、そうなってない。いい感じにネタが出そうな要素があちこちに設置されてて、それらを複数名で順に口に出すと物語になる。スケルトンたちの関係性が生まれる。遊ぶ価値ありの貴重ゲーです
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:40:40
守るべき遺跡に何があるのか最初に順番に決めるんですよ。「地水火風の四つの像がある」「西壁には光るガラス状の窓のようなものが」「その窓の周りは今にも崩れそう」「東壁には地獄絵図のフレスコ画が」「亡くなった貴人に通じる謎の通信機器が」なんかもう色々やばいぞこの場所!何を守ってるんだ!
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:43:36
そんな遺跡に訪れた最初の襲撃者であり被害者は、自信満々の駆け出し盗賊三人組。「噂の遺跡とやらも楽勝だったぜ!」「さあお宝はどこだあ?」「なんか怪物が出るとか言われてたけど何もいなかったなハハハハ」盗賊三人組のロールプレイでめちゃ盛り上がるプレイヤーたち。スケルトン始動。侵入者排除
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:46:33
なお、侵入者がやってきてスケルトンが動き始めるという状況をプレイヤーが体感するために、このゲームでは一旦部屋の電気を消して、スケルトンが眠りについていた時間に相応する暗闇の時間を過ごします。十秒程度~時には数分。全員暗闇で黙る。侵入が来るまで動けない骨どもをロールプレイするために
ありま@宇宙キターッ! @arimatter 2017-04-02 23:36:56
一石さんが『スケルトン』レポを投下し始めてくれた!(歓喜)いいなと思ったルールは、目覚めと目覚めの間の時間選択(すぐ~千年以上)に併せてリアルに数秒~数分、部屋の明かりを消して全員が沈黙する時間を実際に取るところ。スケルトンの感覚の万分の1にも満たないけれど、すごく意味がある…。 twitter.com/isikusu/status…
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:51:04
かくしてようやく動けた我々は侵入者を倒し、それと同時に記憶を取り戻していく。俺は真っ先に他のスケルトンに「あんな連中、このブラッド・バトンの鉄球で蹴散らせて見せまさあ!」と告げ、『過去の偉業を表すあだ名を思い出す』にチェックを入れた。アウトサイダーの通称はブラッド・バトン
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:53:52
なんでこんな通称なのかというと、アウトサイダーはその変な骨格にふさわしい独特の武器と、身の毛もよだつ鎧を持っているという指定があったので、ゴリラ並みの握力でしか扱えないヒョウタンみたいなバーベルをぶん回すという設定を付けたのだ。鉄のヒョウタンのスペアをいっぱい背負っていてこれが鎧
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-02 23:57:28
このようにして各自記憶を取り戻していく。盗賊を斬り殺したアローシールドは、自分の名前が“ミンチメイカー”シグムントだと思い出す。ラスティッド・シャツは、亡国の王女を愛していたことを。ヘッドレスは、自分がフレスコ画職人であったことを。ホラーは名前がホラーであったことを。そのままかよ
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-03 00:01:06
その後も休眠時間(部屋を実際に暗くするアレ)を迎え、侵入者の種類を決め、どうやって追い返すかを決め、それぞれ記憶を取り戻していく。当然のように「その設定おいしいから俺に組み込む」というやりあいがプレイヤー同士に生まれ、関係性が複雑になっていった末に物語の答えが見えてくるという
皿品肉記 @trappybunny 2017-04-02 16:05:44
みんなで墓所を守るスケルトンになって侵入者たちを撃退しながら、自分が生前何者だったかを思い出していくTRPG「THE SKELETONS」終わりました。段々墓所の謎と各スケルトンの過去が明らかになり糸が絡み合っていって楽しかった! twitter.com/trappybunny/st… pic.twitter.com/k3x0ZnZPUU
 拡大
 拡大
 拡大
 拡大
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-03 00:06:33
我々を縛る侵入者撃退の呪いが、唯一解け始めるヘッドレス。かつて神や生き物を愛していた彼は、侵入者に対して平和に接しようとする。しかし遺跡に迷い込んだ家族をホラーが残忍に呪い殺し、「私は異界神に仕え、混沌の死者と呼ばれていたのだ」と宣言した辺りで、我々の雲行きが変わってくる
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-03 00:10:33
我々が守るべき石棺の中に、ラスティッド・シャツに関わる伝説の槍があることが発覚し、「私はホラーと戦う英雄であったのだ」と宣言。アローシールドことシグムントは「ホラーによって作られた人工生命だった」と思い出し、勇者と魔王の二台派閥決戦であったことが明らかになっていく
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-03 00:13:53
またアウトサイダーのブラッド・バトンは、自らがヘッドレスの従者であったことを思い出すが、あだ名ではない自分の本当の名前が「人でなし」という悲しい名であったことも思い出し、卑屈な態度で戦いの行く末を見守ることに。だが悲しいかな、我々スケルトンは誰かが侵入しないと争うことも出来ない
一石楠耳@脚フェチバトルラノベ剣脚の作者 @isikusu 2017-04-03 00:16:39
愛憎と関係性が渦巻く中、ようやく殆どの記憶を取り戻した我々のもとに訪れたのは、我々がスケルトンになる前の、生前の姿のときの末裔たち。お互いの立場に決着を付けつつ、あるものは末裔に立ち向かい、あるものは倒され、長きに渡る骨の物語は「末裔に倒される」と言う形で幕を閉じました
残りを読む(5)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする