そうじゃない物語『大きなマンドラゴラ』とその後の話

#そうじゃない物語 に投下した大喜利ネタと、そこから派生したファンタジー用のアイデア集です。TRPGのシナリオネタなどにどうぞ。 その他のファンタジーネタ出し 「姿はオッサン、鏡に映るは美女」 https://togetter.com/li/1338955 続きを読む
16
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

「「「「「「「「「「うんとこしょ、どっこいしょ」」」」」」」」」」やったぁ、とうとう大きなマンドラゴラが抜けました! その絶叫は周囲8マイル四方に届き、範囲内の3つの村が全滅。王都でも死者83名(内60名が即死)、発狂者100名を越える大惨事となった。#そうじゃない物語

2017-04-11 22:00:58
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

当初は何が起きたのかすら不明であり、王都は大混乱に陥った。ある者は王都内の少数民族の陰謀を疑い、凄惨なリンチと焼き討ちを行った。またある者は、裁きの日が到来したと誤解し全財産を教会に喜捨してしまった。

2017-04-11 22:02:54
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

一連の大混乱は、目撃者の発見により真相が明らかになったことでようやく沈静化する。目撃者は旅の行商人で、農民たちが一家総出で畑の大きなマンドラゴラを抜こうとしている光景を偶然にも目にしていたのだ。

2017-04-11 22:05:11
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

行商人はマンドラゴラの生えた畑があった村から別の村へと移動していたため、辛うじて即死を免れていた。だが絶叫により精神を破壊されており、残った人生を纏狂院に収監されたまま終えたという。

2017-04-11 22:07:03
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

事件が起きた日は、現在の王国内では「マンドラゴラの日」とされている。毎年、事件が起きた日時になると街中の教会の鐘が打ち鳴らされ、市民たちは仕事の手を休めて黙とうを捧げるのだ。

2017-04-11 22:08:31
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

この事件後、王国内ではマンドラゴラ取引が禁止され、栽培者は斬首、単純所持者でも鞭打ち100回と厳罰化が図られた。だが、ただでさえ貴重な存在だったのが、流通量の激減により価格が暴騰。密かにマンドラゴラを栽培しようとする者が続出することとなった。

2017-04-11 22:10:01
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

なお、死刑囚の遺体から生えるマンドラゴラは賤業であった死刑執行人にとって貴重な収入源であり、根強い嘆願もあって彼らのマンドラゴラ収穫権は守られた。

2017-04-11 22:11:45
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

事件後の価格暴騰もあって、死刑執行人の一族はマンドラゴラ取引で莫大な財をなし、大豪邸をかまえるほどとなった。その屋敷は市井の人々から、畏怖と羨望を込めて“マンドラゴラ御殿”と呼ばれている。

2017-04-11 22:13:11
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

成金となった死刑執行人の一族はその富により名家に数えられるようになるも、血ぬられた家業により社交界内では遠ざけられ、それでいて富目当ての没落貴族や野心家からはすり寄られるようになった。なお常に一撃で死刑囚の首を刎ねる技量が求められる職業のため、一族は剣の達人ぞろい。

2017-04-11 22:14:08
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

社交界に馴染めずにいる新当主と、それにちょっかいをかける変わり者好きの令嬢。持参金狙いの没落した旧家の令嬢に、玉の輿を狙うメイドさんみたいなハーレムヒロインものとかいけるんじゃね?

2017-04-11 22:15:09
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

当主本人は、まだ死刑執行人が蔑まれていた時代に、普通の人と同じように接してくれて商品を売ってくれたパン屋の娘が好き。だが、借金に追われたパン屋が闇マンドラゴラ栽培に手を出したことで一家そろって斬首刑を宣告され、当主は自分の想い人の首を絶つことに……

2017-04-11 22:15:44
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

処刑台にあがる彼女の顔をまともに見れなくて、どんな表情をしていたのかは思い出せないのに、切り落とした瞬間の生々しい感触だけははっきりと覚えていて、悪夢に悩まされる主人公。

2017-04-11 22:18:01
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

入口はハーレムヒロインものっぽい設定だったのに、気が付いたらファンタジー版『首切り朝』みたいになってきた。たぶんイラストは山口貴由。

2017-04-11 22:18:40
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

自らの手で処刑した恋人の死体から生えたマンドラゴラを世話してアルラウネにするとか? こちらは、悲恋物としてもサイコパスとしても描けそうやね。

2017-04-11 22:19:15
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

このアルラウネを主人公の母親にするか? 自ら手にかけた恋人の遺体から生えたアルラウネ(容姿は恋人そっくり)と子作りするとか、かなり狂気な展開ではある。これでまともな家庭生活を築けたら、それはそれでサイコパス案件くさい

2017-04-11 22:20:13
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

むしろ罪を償うため養子として育て上げるルートか。こちらは息子の方が主人公で、姉妹同然に育てられたアルラウネがヒロインになる。お花が大好きで予言パワーもあるゆるふわ不思議ちゃんや清楚系乙女でもいいし、ナサニエル・ホーソンの『ラパチーニの娘』みたいな毒ガールでも面白そうだ。

2017-04-11 22:21:01
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

財政難に苦しむ王家が、マンドラゴラの収益に目をつけ特権を奪おうとしていて、その陰謀から家を守ろうとする……こんどは隆慶一郎『死ぬことと見つけたり』か『吉原御免状』風味。賤業とそこに与えられた特権とか非常に網野善彦っぽい題材だし、その影響バリバリの隆慶一郎っぽくもなるわな。

2017-04-11 22:22:17
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

特権を奪った後、政治犯や戦時捕虜をまとめて処刑して、その埋葬地から生えるマンドラゴラを収穫する国家事業を始まる……すげえ邪悪な匂いがプンプンするな! 独裁的恐怖政治を行う国家が行っていて、近隣国家もマンドラゴラ欲しさにうるさいこと言わないとか?

2017-04-11 22:24:07
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

弾圧から辛うじて逃れたアルラウネが、血ぬられた稼業に嫌気がさして家出して冒険者になっていたため難を逃れていた義弟と合流。かつての父親の恋人たち(ハーレム篇のヒロインズ)と協力して、国家転覆のため戦うとかもやれそう……こちらは『狼の口』路線。

2017-04-11 22:25:53
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

家業が嫌になった系なら、出家して聖職者となったとかでもやれそう。教誨師となって囚人と歩む道を選んでもいいし、俗世から離れて修道院にこもってしまったというのでもいい。後者だと何やかやあって俗世に戻される展開になりそうだが。

2017-04-11 22:26:54
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

俗世に戻る際、修道院に入る時に捨てたはずの剣を手渡されてもいいし、それでもなお非殺を貫こうとするのでもいい。峰打ちや逆刃刀でも、斬首の要領で延髄をぶっ叩かれたら普通に死ぬと思うけど。

2017-04-11 22:29:39
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

剣の達人な死刑執行人というと、個人的には『必殺仕事人・激突』の山田朝衛門や『絵巻水滸伝』“病関索”楊雄あたりが印象深い。滝田栄演じる山田朝衛門は、演者自身が剣の達人ということもあって殺陣が惚れぼれするぐらいかっこいい。

2017-04-11 22:30:41
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

『絵巻水滸伝』の“病関索”楊雄は、原典での影の薄さはどこへやら。クリティカル特化の首はねキリングマシーンと化していて、こちらも超絶かっこいいぞ。余りにも首を刎ねまくるので、グループ即死攻撃もちみたいになっている。

2017-04-11 22:32:10
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

閑話休題。そんなに巨大なマンドラゴラが生えるとなると、その下に埋まる罪人はいかなる存在なのか? 埋まっている罪人の量がすごいのか、罪人の犯した罪がすごいのか? 白起による大量生き埋めみたいのをやらかしたのか、神をも恐れぬ大罪人が眠っているのか、はたまた両方採用して巨人の大罪人とか

2017-04-11 22:34:37
かあかばあど@2021ゲムマ秋の新刊の通販/DL販売開始しました @kakhabad

事件後、死体の処理が追い付かず、周辺の土地に放置された死体がアンデッド化。立入を禁じられた禁足地となるも、その中心に眠る巨大マンドラゴラを狙った侵入者が後を絶たない。あるいは、アンデッドがウロウロしているせいで脱出できない聾唖者の生存者がいる。

2017-04-11 22:35:25