他者と区別をつけるという人間生理について思うこと。

他者と区別をつけるという人間生理について思うこと。
0
えまのん @emanon58123

スペイン旅行中に再会したスペイン人友人と話していた時にイタリアの話になった。私は正直イタリアの(軽犯罪とかの)治安的に独りで行くのを若干躊躇している。 それを友人に伝えたら「イタリアとスペインはほぼ同じレベルだよ。経済も安全も人のも。違うのは言葉だけ」と笑われた。 #世界四方山話

2017-04-16 22:35:39
えまのん @emanon58123

そして、ニヤニヤしながら聞かれる。 「あ、もしかしてマフィアとか怖いの?あんなのシチリアにしかいないから」 「日本にもいるじゃない・・・何だっけ、ヤクザ!」 近いけどだいぶ違う。 ヤクザは少なくとも私の同胞だが、マフィアは人種が違う。

2017-04-16 22:35:51
えまのん @emanon58123

「スペインにもそういう反社会的組織ってあるの?」と聞くと「あるよー。ETAとか」との返答。マドリード出身の彼らは嫌悪を隠そうとしない。 ETAってマフィアと同格に扱われるものだったのか、IRAに近いものだと思ってたんだけどと思う。 折しもETAの武装解除のニュースに沸いてた時期だ

2017-04-16 22:36:31
えまのん @emanon58123

というような話を英国人にしたところ「IRAの方が紳士的だよ(笑)何しろきちんと事前に連絡くれるしね」戦後最大級の爆弾が使用されたマンチェスター爆破事件は予告電話が入り、200人以上の怪我人を出したものの奇跡的に死者は出なかった。民族・地域闘争というの彼らにとって日常的なことなのだ

2017-04-16 22:37:18
えまのん @emanon58123

どこにでも地域ごとのプライドはある。 ヨークシャーとランカシャーは、まるで京都と東京のように互いにライバル意識を持っている。沖縄の民族意識は本土のそれとは違うし、アイヌは全く異なるルーツだ。 けれどそレハ、かつての英国とアイルランドの緊張や、マドリードとカタルーニャのそれとは違う

2017-04-16 22:37:53
えまのん @emanon58123

日本は単一民族といえば齟齬があるが、少なくとも”同じ国の人である”というコンセンサスを持っていると言える。そして地理と言語と人種の境界がほぼ一致するのは稀なことなのだと改めて認識する。 人種・民族の違いの強調は、相手を"Object"としか捉えなくなるという危険性を常に腹む。

2017-04-16 22:38:20
えまのん @emanon58123

残念なことに世界の大部分では”同じ人間だから”はあまり通用しない。肌の色で・話す言葉で人は人を区別するし、いくらこちらが同じ人間だと思っていても相手がそう認識してくれるとは限らないからだ。 先進国でも場所によってはそれがモラルによって覆われているだけなのだと実感することがある。

2017-04-16 22:38:33
えまのん @emanon58123

自分の側とそれ以外を区別すること。これはただ人間の持つ生理的な性質だ。だから良いでも悪いでもない。それをそこにあるものとしてどういう風に認識していくかどういう価値観を善としたいのか、それだけが問題なのだ。区別は人間生理に沿うものでしかないからこそ、モラルの教育が必要なのだと思う

2017-04-16 22:39:20

コメント

ヒジャチョンダラ @citabow 2017年4月19日
「自分は日本人だ」と言われても、だから何? としか思えない。ウチナンチュでも在日でもアイヌでも同じ。ただアイデンティティを大切にする、またはしたい人にとってはそれが都合が良かったり気持ちが良かったりすることなんだろうな。
0
えまのん @emanon58123 2017年4月22日
帰属やアイデンティティを意識しないでいられるのは、違う帰属の集団と相対し摩擦が生じた経験が少ない、ということのように思えます。それは、幸せなことだと思います。「お前は我々の集団ではない」と突きつけられたときにする「自分がどの集団に属しているか」という問いに、ある程度の客観性を持って答られるのが”国家”というアイデンティティのような気がします。
0