「人文学は役に立つのか?」という問題について

「人文学は役に立つのか?」という問題について、KASUGA, Sho(@skasuga)さんと話し合いをTwitterでさせて頂いた時のまとめです。
学問観 エンタメ 哲学 文学 民主主義 学問 人文学 歴史学
naka3_3dsuki 1548view 4コメント
8
ログインして広告を非表示にする
  • KASUGAさんによる2015年の指摘
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-03 02:34:05
    ↓2015年の投稿をRT。もう手遅れっぽいですかね。
  • KASUGA, Sho @skasuga 2015-11-18 18:27:05
    人文社会系学振PDにも博士号が必要となる件、以前から予想されて来たことだし、なにも手を打ってこなかった大学側が悪いんじゃないかな。元々「博士号は研究のための免許みたいなもん」という米国型博士と「博士号はライフワークを完成させたものに出す」という旧欧州型博士が並列していて(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2015-11-18 18:28:40
    (承前)米型にそろえますよ、という流れなのは20世紀後半から判っていたことで、じゃ、人文系の場合「何か新しいことを言えた訳じゃなくても、この程度の能力があれば博士号に値する」というラインをどこに引くか、という議論を早めにしなければいけなかった。言い換えれば(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2015-11-18 18:30:26
    (承前)「博士課程」というのが、入学者にどのような要求をし、それが何年ぐらいかかるか(また学費以外にいくらぐらいかかって、それはどこから調達すべきか)、という議論がまずあるべきで「ゆえに三年では無理なので、たとえば五年間まで博士課程が延長できて、学費や生活費の補助が(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2015-11-18 18:31:23
    (承前)得られる、学振PD以外の制度を設置してください」というような要求を、主要な学会で取りまとめて政府に提出すべき。今からでも遅くはないので、この機会にやらんもんかね?
  • KASUGA, Sho @skasuga 2015-11-18 18:32:54
    目の前で我が国の人文学は滅びていっているように見える訳ですが、それに対してエラい先生方はなんの危機感もないように見えるのが大変不思議としかいいようがない。自分たちの蓄積を受け継ぐ人がいないのは、学者として悲しくないのだろうか??
  • KASUGAさんに「人文学は役に立つのか?」という疑問をぶつけた
  • まとめ者・仲見がKASUGAさんの2015年のツイートを拝読し、KASUGAさんに「人文学は役に立つのか?」という疑問をぶつけた

  • 仲見満月👻経歴「真っ白」博士 @naka3_3dsuki 2017-04-03 02:50:36
    @skasuga 初めまして、このあたりの問題に問題意識を持つ者です。拙ブログで、近いテーマの記事を更新しました。不躾ですが、ご意見を頂けたら、有り難いです。 人文学の「価値」を「正面から問うこと」の一連の議論について - 仲見満月の研究室 naka3-3dsuki.hatenablog.com/entry/2017/04/…
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-04 00:16:20
    @naka3_3dsuki おしらせありがとうございます。ちょっと出先でして、また後日落ち着いて拝読させていただいて、コメントさせていただければと思います。よろしくお願いします。
  • 仲見満月👻経歴「真っ白」博士 @naka3_3dsuki 2017-04-04 00:58:50
    @skasuga お忙しいところ、返信ありがとうございます。ご無理なさらないで、下さい。失礼致しました。
  • 仲見満月👻経歴「真っ白」博士 @naka3_3dsuki 2017-04-04 01:00:56
    @skasuga 年度始めのご多忙なところ、急なツイートをしてしまい、失礼致しました。お時間のあるときに、お読み頂きけたらと思います。
  • KASUGAさんとの話し合い
  • KASUGAさんからのお返事とご意見
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 14:53:45
    @naka3_3dsuki お返事忘れていました。申し訳ありません。この議論に関する、回答は「人文学は役に立つか?」という問いは「Yes/No」で答えられるようなものではなく、この「役に立つ」ということを問い直す契機であるべきだ、ということです。 twitter.com/naka3_3dsuki/s…
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 14:55:40
    @naka3_3dsuki んで、ピンカー流の回答も成立しないわけではないと思いますが、(1)私自身はベイトソン主義者であり、ピンカー的な「進化」概念には元々懐疑的だということもあり(2)いささか過剰に功利主義的であり、それが成立するにしても「人文学」の長い歴史からすれば極めて短い期間のことだろう、と(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 15:01:19
    @naka3_3dsuki (承前)思います。スピノザやトーランドであればそれを「危険思想」だと感じつつ意義を認めるかもしれませんが、それより古くは遡らないでしょう。つまるところ、それらは非常に無神論的な世界観を前提としています。また、ベイトソンであれば、内田樹の立場とピンかーの立場は(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 15:03:07
    @naka3_3dsuki (承前)論理階梯が異なると整理するでしょう。その観点に立てば、もちろん我々の社会・経済的エコシステム内で人文学が生きているのは「役に立つ」からですが、個々のエージェント(専門家や読者)が上位階梯に置いて「役に立つ」ことを構想して人文学に取り組めば、それは「役に立たない」(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 15:05:13
    @naka3_3dsuki (承前)ものになるかもしれません(っていうか、そうなると私は思っています)。社会の制度設計という意味では、この上位階梯のことを考えるのは重要ですが、これはあくまで創発的なものであり、下位階梯の個別の動きを操作することで最適化されるという類のものではないでしょう。という前提を(続)
  • KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-15 15:07:24
    @naka3_3dsuki (承前)置いた上で、各エージェントが誠実に振る舞うとすれば、最初に述べたように「役に立つということ自体を含めて、全てを問い直し続ける」ということだと思います。これがデリダの述べた「条件なき大学」ということだという記事は書きました→。blog.talktank.net/2015/06/blog-p…
  • まとめ者・仲見の意見
  • 仲見満月👻経歴「真っ白」博士 @naka3_3dsuki 2017-04-15 16:27:45
    @skasuga リプ、ありがとうございます。実は、私は敢えて哲学的な議論は避け、「Yes/No」で答えられるようにしました。正直に言いますと、経済的な資金を研究費、若手の雇用問題を引き出すため、一般の人にもセツメイデキルノように、分かりやすい答えを求めたから、です。
  • 仲見満月👻経歴「真っ白」博士 @naka3_3dsuki 2017-04-15 16:33:33
    @skasuga 訂正:セツメイデキルノ➡説明できる 確かに、人文学の長い歴史からすれば、功利主義的に人文学の価値を議論することは、先達の学者たちからすれば、危険でしょう。ただし、それはその偉大な先達たちが学究活動をしても、何とか食べていける環境にいたからではないでしょうか?

コメント

  • 茄子彦 @nasuhiko_ 2017-04-20 17:51:17
    こういう「議論」ができること自体が哲学≒人文科学の成果だと思うの。
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:10:18
    人文学は役に立つかと問われれば、役に立つと答えるが、それを「大学」が担うべきか?と問われれば別に大学でなくても良いと考えている。吉見 俊哉の「大学とはなにか」では、学知を大学ではなくアカデミーが担っていた歴史を紹介している。人文知の歴史の中で、大学がそれを担ってきた時間よりも大学以外がそれを担ってきた時間の方が長いのではないかな?
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:13:11
    様々な留保を除いてラディカルに考えるのが人文知の良さなのに、この種の議論では、全然ラディカルに議論されていなくて、残念。例えば、200年後の人文知は、「大学が担うべきである」、いや「別の組織」が担うべきなみたいな議論の方が面白いかもな。
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:17:26
    大学自体も、今のような施設を持ち、国境に縛られなくてもかまわないのではないかな? ヨーロッパの初期の大学は、「大学は学生や教師の組合団体・互助組織であり、建物を持つわけではなく教師団は自由に移動できる存在」だったと前掲書大学とは何か、で紹介されており、別にそういう大学に戻ってもかまわないのではないかな。

カテゴリーからまとめを探す

「恋愛」に関連するカテゴリー