68
ログインして広告を非表示にする
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 07:57:22
    体調が思わしくないので、休憩がてら黒澤明監督の「七人の侍」を観る。 昔某所にあった古美術商の親爺さん(故人)から聞かされていたのだが、実はこの作品に出てくる陶器、その親爺さんの店が監督からの依頼で集めた古丹波の名品揃いだという話だった。 …確かにエラい上物がさりげなく置いてある。
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:01:40
    で、その親爺さん曰く、「ああ出てきたと思ったら三船敏郎氏が乱暴に扱って割れたり砕けたのを劇場の大画面で観て叫びそうになった」と。 一流の映画監督は、一流の作品を創るためには鬼になる人種だとよく判る話だが、確かにあれ程存在感のある逸品でないと、あそこまで締まった画面にはならない。
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:13:42
    見る者が見たら息を吞むような古丹波の壺や酒器・食器を平然と、あるいは乱雑に扱い、時にたたき割ったりするのだから豪儀な話だが、下に挙げたシーン1つとっても、中央奥に置かれた壺の存在感や緊張感が尋常ではなく、やはり「本物が要った」のだろうと思う。 pic.twitter.com/LG755CcKfR
     拡大
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:25:57
    まぁ、黒澤監督は新築した木造天守閣1つを映画撮影のために燃やしてしまえる人だから、古丹波程度は大したことはないかも知れないが。
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:31:56
    なお件の親爺さんに聞いた限りでは、「黒澤監督の映画撮影に使うから古丹波の器を用意して欲しい」とだけ言われ、黒澤監督の映画に出るならということで張り切ってかなりの上物を集めた由だった。それだけに、映画での必要あってのこととは言え、そういう扱いを受けたのは流石にショックだったそうな。
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:37:06
    なお、念のためにお断りしておくが、ここまでの古丹波関係の話は今から四半世紀ほど前、件の親爺さんが健在の頃に聞いた話で、きちんと裏は取れていない。だが、作中に出てくる陶器が片っ端から某古陶館で拝んだことがあるのとそっくりなのを考えると、多分大きく外れてはいまい。
  • 靖間 誠 @SEI_YASUMA 2017-04-20 08:52:36
    ともあれ、そんな逸話を聞かされていた作品なので「七人の侍」は以後何度見てもあそこの壺はウン百万、そこの酒器なら何十万とそんなろくでも無いことばかり考えてしまって、素直に楽しめなくなってしまったのであった。 人間、裏話を知らない方が楽しめることはままある。

コメント

  • 尿道ニルヴァーナ @nyorvana 2017-04-21 02:22:41
    個人的には黒澤監督すごいね、ではなく「ふざけんなクソが」としか思えない内容だった。金をかけて壊すための高級品を作らせる、ならばわかるが数百年前の貴重な名品を映画のために壊すのは許せない。金の問題ではないし賞賛する奴もカス。しかしこの映画が後の世に与えた影響も大きい。
  • 楯鬼 @tateki_x 2017-04-21 12:43:09
    やはり黒澤は映画キチガイだな。箪笥の出てくるシーンで箪笥の中に衣類を全部入れた(開けるシーンはない)とか、或る人物を出すシーンで母からの手紙を懐に入れていたとか(勿論開けて読んだりしない)。エド・ウッドみたいないい加減な奴は殴られていそう。
  • marumushi @marumushi2 2017-04-21 12:55:52
    黒澤なら、農民の衣服の着古した感じを出すために衣装を一年泥水で洗い続けたみたいな話があるのに、なんで本物使うのが凄いみたいな話を賞賛しちゃうんだろ。それならリアリティを出すために真剣で斬り合えみたいなことになるよ(それを本気でやって死者を出したのが勝新の座頭市)
  • だいむ @jun_dime 2017-04-21 17:48:10
    いい仕事してますねぇ
  • nekosencho @Neko_Sencho 2017-04-21 17:49:41
    黒澤映画に、伊賀の地酒が出てくる。 出てきたシーンはその酒を造っている酒屋に誇らしげに掲げられている。 そしてその写真を指差すと、店主の「たまたま名前が一致しただけで関係ないんですよ」という自慢話も聞けるのだ
  • はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 2017-04-21 17:50:14
    年中略奪に合っている寒村にそんな良い焼き物があるって逆にリアリティだけを言うならおかしくない? 画面に深みを与える為って言うなら別の話だけど
  • 天野譲二@3/25新刊が徳間書店より発売 @TOKYOMEGAFORCE 2017-04-21 17:52:12
    貴重な資料や公文書を平然と処分して、霞ヶ関が煙に包まれるような事が容認される国のお話ですなあ。
  • 夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2017-04-21 17:56:35
    haipa2000 奮発して買った高級な日用品扱いだったとか(作中だと室町時代だし)それが買える村だから略奪に遭ってたとか?(野武士の集団の規模で襲う村が決まってるとか)
  • Boeq @Boeq 2017-04-21 18:22:23
    映画見るまでに壊れたのを、気づかないのは不思議な話だ。
  • 葉月レオ@再臨 @AugustLeo84 2017-04-21 18:30:30
    これは良い話としてツイートされてるの? 他人の作品は大事にしないカスという印象しかないんだけど。
  • トリニガス @torini311 2017-04-21 18:40:52
    まぁ、凄い人でもあり、畜生でもあると
  • イグナチオ @7oolong 2017-04-21 19:12:50
    haipa2000 制作側としては時代に合っていればよく、高級な焼き物を求めていたわけではないように読めるけど
  • イグナチオ @7oolong 2017-04-21 19:29:11
    しかし、これが博物館級という認識があっても「黒澤ならやりそう」って気しかしないし、農民(民衆)が勝利する映画なんだから別にそれでもいいという気もするし、だからこそ黒澤も敢えてやっている……という可能性も微粒子レベルで
  • 聖夜 @say_ya 2017-04-21 21:01:56
    丹波焼というのは日用雑貨に使われる消耗品で、だからこそ普通に使われ捨てられたので現代では貴重なのです。箱に入れられて保管された茶器などとは価値の意味合いが違うのです
  • 安庭やよい @yayoy_amber 2017-04-21 21:03:44
    そんなスリリングな映画鑑賞はイヤだw
  • 空家の恵比寿様(aka ココロのポス) @ebcdic_ascii 2017-04-21 21:21:33
    真偽のはっきりしない話でよくカスだのクソだの言えるね
  • 緑蒼呼は早起きしてラジオ聴く @verdi_horimoto 2017-04-21 21:26:18
    なんというか・・・まあ・・・一つの物事に身も心も捧げるってのにはこんな面もあるかもしれないが、それで失われた陶器たちの歴史、それらがまさに「身を以て」伝えてきた歴史を思うと、言葉もないな
  • ぢゃいける @jaikel 2017-04-21 22:05:28
    haipa2000 上にもあるように雑器が後に勝手に名品とされただけなので何もおかしくはないです。
  • BLACK @BlackBlack0013 2017-04-21 22:35:33
    逆もまたしかりで。「セルロイドの溶けたのが釉薬に使える」とか、そんなことになったら、焼き物に命かけてる人は黒澤だろうがなんだろうが、惜しげもなく映画フィルムを溶かすだろう。一芸を極めた人はそんなもんだ。
  • Ukat.U @t_UJ 2017-04-21 22:52:58
    鎧の話は、明珍に作らせた話がいろんなところで出ていて(重文クラスの鎧使ったっていう話になってるのも含めて)黒澤映画の制作話はいろんな関係者が語ってるのでここだけの話みたいなのはちょっとにわかには信じがたいです。
  • Leclerc @3adam15 2017-04-21 23:07:47
    当時はありふれたものだったのに、のちに名品になるのは色々とあるしね。浮世絵とか。黒澤は「実物」が欲しかったのだろう。
  • 言葉使い @tennteke 2017-04-21 23:48:20
    ちゃんと値段を言ったのかが書かれてない。
  • イエーガー[V8を讃えよ!] @Jaeger75 2017-04-21 23:54:55
    古物商がどうなったか知らなかったのは「貸出し」じゃなく「買い取り」だったからだろ。 最近の糞テレビ局絡みの話で「借りたものを~」見たいのが多いからそう思ったんだろうが、黒沢映画でそんなせこいまねしないだろ。 「まとめて買い取られたものだから、そのあとどうしようが持ち主の勝手だが、撮影の為とは言え派手に割られたりしたのはショックだった」って話だろ。 ケーキ屋が綺麗に作ったケーキ納品したらパイ投げに使われてた的な話
  • 神 長門 @kannnagato 2017-04-22 00:48:08
    nyorvana 名品たって、映画の名誉と違って金で買える程度の貴重さなんじゃ
  • イグナチオ @7oolong 2017-04-22 00:50:45
    しかし、「七人の侍」に出ているのなら、別の形で永遠の命を得たとも言えるのだけど。
  • イグナチオ @7oolong 2017-04-22 00:51:42
    それと、「だから黒澤はすごい」って誰が言ってるの?
  • 枝毛上げ @edageage 2017-04-22 01:42:24
    子猫物語の話を思い出した
  • 尿道ニルヴァーナ @nyorvana 2017-04-22 05:57:01
    kannnagato 頭弱いんですか?ピカソもウォーホルも北斎も金で買えるんですけど。
  • inu @inu1122 2017-04-22 06:09:42
    なんかおかしいよねこの話。黒澤明は「こういう小道具用意してくれ」としか言ってないんでしょ?伝聞では。 で、小道具係が発注したと。黒澤明自体は最初から壊すこと前提だったかもしれないじゃん。本人も書いてるけど、上物をわざわざ集めたのも黒澤明の指示ではないし、なぜ黒澤明が非難されるのか全く意味不明。意思疎通ができてかなっただけじゃん。 キューブリックも完璧主義とか勘違いされてるし、こういう話は本当に尾ひれがつきやすい。
  • KUMI_Kaoru @KaoruKumi 2017-04-22 07:14:58
    「国宝級の品を使っているね」と映画公開後に前田青邨か誰かから言われたという話は、宮崎駿との対談のなかで黒澤本人が語っていたと思いますが(書籍化されているので念のためどなたか確認しておいてください)、国宝を叩き壊したという話ではなかったような…
  • kaimenhoi @kaimenhoi 2017-04-22 07:32:13
    確かくみかおるさんって宮崎駿本書いてる人じゃなかったでしたっけ?専門家なのにそれを人に振りますかw黒澤に関してはカスとののしりたい行為ではあるんだけどなぁ・・・
  • うまみもんざ @umamimonza 2017-04-22 09:09:03
    これを否定しちゃうと、貴重な1932年型フォード・デュース・クーペや1937年型プリマス・ロックを何台も(予備車含めて最低3台改造したんだっけか)原型とどめないほど改造してぶっ壊した「マッドマックス 怒りのデス・ロード」も否定せんとならん。そんなん俺には言えん。
  • 冴吹稔 @seabuki 2017-04-22 09:51:55
    是非についてはコメントする視覚も見識も持ち合わせないが、めまいのするような話である
  • 原ノイア (生タイプ) @nyaccy 2017-04-22 10:29:25
    この映画、高額な打ち掛けが燃えちゃったエピソードもありますよね。火事のシーンで思ったより火の勢いが凄くて、スタッフが慌てて取りに行こうとしたけどダメだったってやつ(役者も軽く火傷した)
  • uheho @uheho 2017-04-22 16:05:13
    日本ではアニメに人材が集まるわけだ。 みんな同じ絵だからな、実物にそんなに金掛けられなくなったし。
  • marumushi @marumushi2 2017-04-22 16:21:54
    個人的には映画は「壮大な作り物」であるからこそ素晴らしいと思っているので、それが作品を彩るためにどうしても必要な場合(ラストエンペラーの紫禁城ロケとか)以外で本物を使ってるから凄い!みたいな話には感慨を覚えない
  • × @cv45ValleyForge 2017-04-22 19:41:35
    昔の戦争映画とか見ると貴重なアレやコレやが爆発炎上木っ端微塵で泣きそうになるミリオタ多数(爆)
  • あっきぃ。@なろう @akkiy_ya 2017-04-22 23:05:33
    歳月を経るごとに創作界隈の巨匠キチガイ説がどんどん補強されていく。ネジの一つや二つは外れてないと、他人の価値観を裏切るものは生まれないのかね。
  • シン・世界の片隅のスゥ。 @_2weet_sue 2017-04-23 10:50:01
    say_ya なるほど元原稿と資金があれば再販可能な単行本より発売当時は読み捨てられていても著作者が多く口絵やカラーの特集などが再現できないうえ逸失率が高い雑誌の方が古本屋で高価な値が付いたりするようなものですね。
  • 仏塔 ぐでだま亭免堂苦斎 @wheyh 2017-04-23 22:33:46
    映画全盛期の監督なら誰でもやっていそうな気がする(笑)
  • 天龍父 @dragonsky_say 2017-04-24 11:52:46
    後世に残して行くべき物を、預かって管理する事ができるかどうかを、それに見合った金が出せるかどうかで持ち主をフィルタリングする事を「金で買える」という。 持ち主は好きな時に愛でる事が出来るのがメリットで「その時代での管理者」以上の事はするべきでは無いと思うな。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-25 23:28:27
    一方、大映で助監督をやっていた藤森義一は「浮草」の時に選んだ高級な皿を小津安二郎に悉く却下され、困った挙げ句に撮影所の近くの定食屋で見つけた皿に目を付け、それを紙やすり等で剥げチョロにして小津監督からオッケーを貰っていた。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-25 23:35:12
    まぁ、壺や皿なんかもそうだけど、七人の侍で凄いなと思うのはボロ屋のセットの材料なのよね。今の大河の農家のセットとかの材木、いかにも製材所から買ってきたような正確さでしょ。ところが引用されている写真を見ると材木は凸凹してるし、合わせ目には隙間が出来てる。これ、全部手作業で製材してるんです。手で切り出した板を軽く薪にくべて表面を焦がし、金ダワシで焦げた部分を削ってから麻布で磨いて大道具に渡している。板一枚あたりの人件費が物凄いんです。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-25 23:40:11
    燃える家屋になると「表面だけ作っておけば良い」ってものじゃない。ちゃんと内部構造までミッチリ作らないとああいう燃え方にはならないから凄くお金が掛かる。じっ様の水車小屋はもちろん、小杉義男が「何だ、あんなボロ小屋!(涙」って言う掘っ立て小屋、今の人件費で作ったら大変ですよ。今の時代、ちゃんと作ろうと思ったら製材所の材木で作れる武家屋敷より、貧農の家の方がずっとお金が掛かるんですw
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-25 23:43:49
    すっげーな、この写真の右手の格子戸。建具の縦線、定規で描けないでしょ。全部で作業だからこうなる。で、映画を観れば分かるけど、これでちゃんとスムーズに開け閉め出来るんですよ。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-25 23:56:08
    ちなみに、昔の映画と今の映画の「金のかけ方」を比較するのはあまり意味が無いかな、と思う私です。昔は機材もスタッフも全部会社持ちだった。だから「次のシーン、ちょっと大変だからスタッフ回して」とか「あのクレーン、ちょっと使わせて」という融通が違う作品同士で出来たのね。新人は内線で「ちょっとあっちの組の応援に行って来い」とか走り回されて大変だったそうです。人材は給与+少々のお手当、機材は会社の備品である上にセットの使い回しだって出来た。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-26 00:00:09
    今は「映画会社の社員スタッフ」なんて希少動物ですw シン・ゴジラだって珍しく東宝の単独制作だけど、東宝映画の社員なんて両手ありゃ数えられますよ、あれ。後はフリーランスを集めてるし、機材もレンタル会社から借りてる。もちろん、他の映画には使えません。契約外ですから。セットを建てたりする前の時点で物凄い金が掛かっちゃうんです。そういう違いがあるから「昔の日本映画は金のかけ方が違う」ってのは少々不正確かな、と思うのですよ。
  • Katana Edge @amiga2500 2017-04-26 00:09:59
    まぁ、お金が掛かる場所が違うので「かけ方が違う」はある意味正しいんでしょうけど。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017-04-26 00:10:15
    『七人の侍』確認したんだけど、たしかに壺は三船敏郎投げてるんだけど、壊れてるところは映像として残ってないんだよね。黒澤明監督のことだから当然壊してると思うんだけどね。
  • Hoehoe @baisetusai 2017-04-27 12:57:07
    現代の価値観でいうとカス監督ですね

カテゴリーからまとめを探す

「ラジオ」に関連するカテゴリー