方法論より、アドバイスより、労り

よかれと思ってアドバイスしても空回りする。そんなときは「頑張れ」ではなく労りの言葉の方が劇的に改善することがある。
ShinShinohara 5612view 4コメント
50
ログインして広告を非表示にする
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:27:52
    嫁さんは子どもの接し方が実にうまいのだが、一時期、もう少しこうした方が…と偉そうに思う時期があった。それを伝えると「分かってる。でもうまくいかないの。」 後日、伝え方を変えてみたが「分かってるの。でもどうしてもできないの。」泣かせてしまった。これではいけない。でもどうしたら。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:31:22
    私に言われるまでもなく、嫁さんがひどく悩んでいることが分かった。私は素直に「君はすごいよ。よく頑張ってるよ。僕には無理なほど。本当に、ありがとう。」 翌日から、嫁さんの子どもの接し方が変わり、実に上手に戻っていた。私は反省した。何を偉そうにアドバイスしようとしたのだろう?
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:33:44
    嫁さんはすでに必死だったのだ。どうすべきかも分かってたが、体力の限界で気持ちがついていかず、悪循環に陥っていた。私の要らぬアドバイスは単に嫁さんを追い詰め、責めるものにしかなっていなかった。私が嫁さんから余裕を奪っていたのだ。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:35:43
    嫁さんが後で教えてくれた。「頑張ってる、って言ってくれたでしょ。私、何でもっと頑張れないのと自分を責めていたんだけど、その言葉で、そうか、私頑張ってるよね、これ以上無理ってとこまで頑張ってたんだよね、と思えるようになった。」
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:38:33
    嫁さんは体力気力の「余裕」を作らなければ、頑是ない子どもに対応する余裕を持てなくなると気づき、「ごめん、家事の手を抜かせてもらうね。散らかったままかもしれないけど、子どもと接する余裕を優先させて。」あー、ますます申し訳ない。本当に頑張ってたんだね、気づかなくてゴメン。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:40:34
    ありきたりのことを言うようだが、子育ては本当に思うようにいかない。家事がたまっているのに昼寝してくれない、少し座りたいのに立ち抱っこし続けろと泣き叫ぶ、昼寝もできす、茶をすする余裕もない。そんなハードな中で家事も完璧になんて、疲弊して当然。余裕を失ってしまう。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:43:40
    子育てで重要なのは、当たり前だが子育て。家事は子育てを行うための手段であって、重要性は低い。子どものグズリを笑顔で受けとめる「余裕」の方が家事より大事。嫁さんはそれに自分に気づき、私にきちんと言葉で伝え、実践した。実に舌を巻く。真の賢さとはこういうのを言うのだろう。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:46:54
    私にできることは、嫁さんに「君はすでにもう、よく頑張ってる。これ以上頑張りようがないくらいに。」と事実を伝えるだけだった。しかし、男親ができること、しなければならないことは、声だけであっても嫁さんの応援団になることであり、その頑張りを承認することだと気づいた。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 10:48:59
    子どもは分かりやすい。母親の精神が安定していればものすごく安定する。ちょっとでも不安定になれば不安定になる。男親ができるのは、子供への接し方を偉そうにアドバイスすることではなく、母親の心を健やかに保つにはどうしたらよいのか、ということ。ああ、知らんかったな。
  • shinshinohara @ShinShinohara 2017-04-23 11:10:59
    百の方法論よりも、千のアドバイスよりも、労りの言葉がたったひとつ紡がれるだけで、事態が好転することがあることを知った。他人から言われて「頑張ってる」と思えたとき、初めて「頑張りを少し減らして、力こぶの入れどころを変えてみよう」という余裕が生まれるのだ。

コメント

  • 九銀@半bot @kuginnya 30日前
    疲れてるところに「もっと疲れろ」なんて言われたらもうやだってなるよな。「頑張れ」はそういう言葉。
  • 原ノイア on a diet @nyaccy 30日前
    私もどっちかっちゅうと男脳というか、相手の悩みにアドバイスで答えがちなんだけど、相手に何かを「してあげられる」と思っていること自体が思い上がりなのかもしれない。誰だって自分の心は自分で救うしかないし、他人はそれを支えて見守るしかないのだ、きっと。
  • 謡遥@提督 @singsonghalca 30日前
    話をしてくるあいては解決を求めて相談しているだけじゃないので(そもそも相手の方が考える時間が長いのは当たり前である)、その辺共通認識があればよい結果になれるし、ないなら話の前に確認した方がいいのかな。
  • the loyaltouch @theloyaltouch 28日前
    人間、直接動かそうとしても動かず、内在的な動機に働きかけるしかないからなあ。

カテゴリーからまとめを探す

「ラジオ」に関連するカテゴリー