2017年4月26日

ざっくり解説 人工子宮

BioBagを使用した、ヒツジの胎児の生育実験のざっくり解説です。この分野の専門家では無く、また図表を大幅にカットしましたことにご留意ください。『An extra-uterine system to physiologically support the extreme premature lamb』の解説となります。
43
新薬たん @ShinHiroi

【ざっくり解説:人工子宮】 An extra-uterine system to physiologically support the extreme premature lambnature.com/articles/ncomm… pic.twitter.com/iY0FIMPofA

2017-04-26 19:38:26
拡大
新薬たん @ShinHiroi

【Nature comのざっくり解説となります】 かなり省略した部分(敗血症が多い失敗例など)があるので、詳細は原著を参照してください。

2017-04-26 19:45:26
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮①】 論文の最後にVideos(1~5)がついているので、Windows Media Playerで見れます是非見て下さい。百聞は一見にしかず。

2017-04-26 19:51:18
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮②】 動静脈はへその緒羊水はポンプを使用して供給しています。この辺の流量や組成もかなり厳密に検討されているのですが、グラフばっかりなので割愛します。 pic.twitter.com/0qNUCRq0RN

2017-04-26 19:56:58
拡大
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮③】 なぜ実験動物にヒツジを使用したかというと、人間と肺の発達が似ているからだそうです。今回の実験結果では、特に異常は無かったということでしたpic.twitter.com/N4Z9QXSwZK

2017-04-26 20:00:25
拡大
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮④】 人工子宮で生育されたヒツジと、そうではないヒツジの死後の脳や体重を比較した結果、統計的な有意差は見られなかったpic.twitter.com/bZZvtlJqfa

2017-04-26 20:02:26
拡大
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮⑤】 脳も免疫学的に染色した。これも特に異常無しpic.twitter.com/zMpbOvkwbI

2017-04-26 20:06:23
拡大
新薬たん @ShinHiroi

【人工子宮:結語】 ①この技術が確立すれば、妊娠23~25週の胎児を救うことができるかもしれない。 ②この時期の胎児は、肺や脳の発達(リファレンス56辺り)が重要なので、今回の成功の意義は大きい。

2017-04-26 20:14:25

コメント

新薬たん @ShinHiroi 2017年4月26日
まとめを更新しました。
0
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2017年4月26日
胎盤は使ってないってことか?
1
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月26日
Dam_midorikawa コメントありがとうございます。論文によると妊娠105日目の胎児を人工子宮に移したとあるので、着床はこのシステムでは難しそうです。あくまで早産対策の技術だと思ってさしつかえないでしょう。また、人工羊水は使用しております。
1
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月26日
ちょっと補足。発生学は不可能で、あくまで超未熟児の保護、育成装置という表現が適切だと思います。
6
デストロイヤー @ZopPure 2017年4月26日
早産か、或いは発育途中での母体死亡とかそういう用途かねぇ今のところ
3
箱 ミネコ 5月13日新刊発売!「引き寄せたくないのにスピ体験がとまりません」 @hakomine 2017年4月27日
妊娠で子宮がんが発見された女性というのも少なくないのでこういう技術は必要だと思う
8
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月27日
ZopPure コメントありがとうございます。基本的には早産を想定しているようです。リファレンスを全てチェックした訳ではありませんが、妊娠30週未満の胎児死亡率が高いとありました。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2017年4月27日
子宮ってよりは保育器みたいなもんか。
0
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年4月27日
レトルトパック感すごい。
0
デストロイヤー @ZopPure 2017年4月27日
ShinHiroi なるほど、この辺見ると確かに30週未満だと自力で生存するのが難しそうな成長度合いですよね。 勉強になります。  https://moomii.jp/birth/fetus-growth.html
1
ToLets @ToLets2004 2017年4月27日
親子で抗体が反するとか血液型が合わないとかいうパターンでも使えるかもね。
1
ToLets @ToLets2004 2017年4月27日
あと、最近データがそろってきた低体重出産の害(アレルギー体質や軽度の過食に反応して糖尿や成人病を発症する)と似たような結果が出そう。
1
もっこㄘん @Mokko_Chin 2017年4月27日
少し前はクローン羊が話題になっていたが、今度は人口子宮で羊を育てるのか。医学の進歩を感じる。
1
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月27日
ZopPure こちらこそ、分かりやすいサイトのご紹介ありがとうございます。
0
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月27日
ToLets2004 コメントありがとうございます。血液型不適合妊娠などには有効な治療法になりそうですね。
0
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月27日
ToLets2004 コメントありがとうございます。こればっかりは「やってみないと分からない」ので、実用化の前に十分な検討が必要かと思われます。
0
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月27日
Mokko_Chin コメントありがとうございます。医療従事者の端くれですが、技術の進歩についていくのがやっとです。今回はNICUの特別版のような機器でしたが、これが「着床可能な子宮」となると倫理やジェンダーなどの技術以外の問題も出てくるだろうなと予想します。
1
九十九 @hakqq 2017年4月27日
入り口試験管、従来より短期の代理母、そしてこれというディストピアが見えたぞ・・・
1
新薬たん @ShinHiroi 2017年4月28日
hakqq コメントありがとうございます。代理母問題も途上国を中心にビジネスになっているので何とも。妊娠中絶に関しては揉めそうです。
0
なると帝国@新連帯ブレイクブレイブ頒布中 @narutoteikoku 2017年5月11日
SFでよくある円柱形のガラス管の中で眠ってる動物とか人間みたいなのが現実になるのか・・・?
1
新薬たん @ShinHiroi 2017年5月11日
narutoteikoku コメントありがとうございます。SFのガラス管ですが、実現したとしても浸透圧調整や栄養素などで満たされるため、中身はベタベタになるんじゃないかなと思います。
0