40
北部九州在住 @hokubukyuushuu
幼女戦記を参考にしつつ魔法兵を考える。まとめて小説のネタにでもする予定。 まず魔法の発生がどこからかを考える必要がある。たとえば、神代からの奇跡なのか何かの技術的ブレイクスルーなのか。前者だと確実に宗教が絡むからだ。宗教から科学を持って魔法を取り戻す。それだけで妄想が捗りそうだ。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
では、技術的ブレイクスルーで魔法を発見した場合、待っているのはおそらく産業革命並のイベントになる。下手したら産業革命が起こる前に魔法革命が発生するかもしれん。魔法ってのはだからこそ夢があり厄介なのだ。あー。産業革命国家VS魔法革命国家というのも面白そうだ。CIV的に考えて。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
とまあこういう前提のもとで、第一次大戦の前に、数度の戦争で魔法兵が投入されて、ドクトリンが作られることになる。このドクトリンが作られそうなのは…………多分ナポレオン時代の前か後で変わるんだよなぁ。つまり、航空偵察と単身における機動性に優れた砲火力ってそれだけやばいのだ。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
……あれ?これだとナポレオン砲兵士官でなく魔法兵士官じゃね?それはそれで面白いからいいか。たぶんどこぞの白き魔王みたいな魔力を持ったコルシカ出身のフランス軍人が、その力を持って欧州を征服するか。悪くないな。そうなると魔法を前に持ってきたいからルネッサンスあたり荒れるんだろうなぁ。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
話がそれた。こうなるとかなり早い時期に戦場が3D感覚になり、空軍が発生する訳で、魔法が適正者にしか使えない場合、資本家の台頭の前に魔法貴族ってのができる。で魔法貴族に対抗する形での銃の登場、つまり科学による量による質の圧倒が始まる訳だ。それが帝国主義の植民地獲得戦争なんだろう。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
で、現地魔法適正者との交戦で魔法兵戦力のリソースが足りなくなって、銃と大砲と機関銃の投入……筋は通るな。なるほど。幼女戦記では魔法によるシールドで押し切ったが、あれを機関銃にして圧殺できれば落ちる設定にすると、あの大戦が魔法兵最後の栄光みたいになるわけだ。それはそれで面白いな。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
とどめが飛行機の投入。あまりに拡大した戦線に魔法兵が足りず、彼らの独占していた空に大量に投入される航空機という鉄の鳥たち。これが魔法兵の特権的地位からただの兵科に叩き落とす決定的な一撃となるわけだ。幼女戦記だとターニャがいたから目立たないが、兵科としての魔法兵はあの時詰んでいた
北部九州在住 @hokubukyuushuu
見えるぞ……B-29めがけて竹槍ならぬ伏龍みたいなものつけた魔法兵が「畜生!届かねぇ……あの高さに届かねぇんだ……」って泣きなが本土爆撃に向かうB-29を見送ってゆくシーンが。誰か書かないかな……後で適当にまとめておこう。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
次に花形の飛行魔法で、多分こいつらがトップエリートになるのは言うまでもない。魔法貴族あたりはここに来る。次が召喚魔法。何が呼べるかによって変わるが、これも集めての運用……『皇国の守護者』まんまだな。あれには魔法(導術)通信が確立しているからそっちでも兵科ができると。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
幼女戦記をベースに魔法兵について考える - Togetterまとめ togetter.com/li/1108033 @togetter_jpさんから の続き。 今度は魔法の種類によって色々と考えてみるテスト。 分かりやすいのは攻撃魔法で早い時期に魔法兵として集められるだろう。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
確実に需要があるけど目立たないのが運搬系。ゴレーム使役魔法とかなんだが、荷物が持てる量の拡大はそのまま行軍距離の増大に繋がる。第二次大戦時ですら馬車が使われていたのだから、これがあるのとないのでは話が違ってる。 回復系は言うまでもない。部隊消耗の改善が図れると。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
やばいのが実は精霊系。 風や水の精霊と仲良くなるというのは航海や航空において大きな利があるし、大地の精霊は塹壕戦で使うより鉱業に欠かせない。火の精霊も火力で考えたら前線より後方の工場とかに配置したほうが役に立つかもしれん。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
まとめると、魔法がなまじ万能なので戦争時は各所で取り合いが発生するのだろう。中世あたりは貴族や大名家のお抱え魔術師というのがその家の手勢として加わっていた感じなんだろうが、鉄砲よろしく、王(大名)がその魔術師達をひとまとめにして運用しだすのがいつか?考えると楽しい。
北部九州在住 @hokubukyuushuu
魔法兵の存在で劇的に展開が変わるのが、海戦だよなぁ。航空偵察ができるから、何処でできても歴史が壊れる。例えば、サラミスとかレパントとかアルマダとか。 というか、どこぞのライダーさんがいるだけで勝敗決まるんですけど。せっかく魔法兵考えているのだから、ペガサスとかドラコンも出したい。

コメント

達句英知 @tac9999 2017年5月7日
そしてその内、統合兵科が誕生する。(移動を飛行機に任せ、魔法兵は攻撃防御にのみ専念する等)
N.Willowstreams @willowstreams 2017年5月7日
同志とお見受けいたします。まぁ、結局は核の傘が登場するでしょうね。発達した科学は魔法と同じ
arabiannightbreed @a_nightbreed 2017年5月17日
魔法がアニメのアレみたいに派手な視覚効果を伴うなら、戦闘職種より通信兵の方が先に普及しそうな気がする
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2017年5月17日
こうしてみると、産業革命/明治維新前後に擬させる時代設定で、魔法を知覚及び通信に限定してしまった(戦場の3D化は別途翼竜族で実現したが)「皇国の守護者」は非常に上手く範囲設定をやったんだなぁ、と。#大サトー
skerenmi @skerenmi 2017年5月17日
幼女戦記もたぶんアレが最期の栄光として書かれてるよ 航空機に機動力と高度で劣る兵科だし、ヘリの代替ユニットみたいな感じ んで戦後は魔法兵の主戦場は非正規線に移行してるような感じなので
qhqh123 @qhqh123 2017年5月17日
SS投稿掲示板 http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=tiraura&all=24734&n=2 “演算宝珠抜きでは、人体発火や、不思議パワーでテレビを騒がす程度の干渉しか世界には行えない。 逆に、適切な演算宝珠と一定以上の魔力があれば、個人で重火器並みの火力を行使し得る。 この発見は、この世界における軍事革命とも言うべき大発見であった。” 幼女戦記、Web版の第一話から引用です。
qhqh123 @qhqh123 2017年5月17日
qhqh123 書籍版とアニメ版でどう改訂されたかはあまり詳しくないですが、幼女戦記世界の魔法についてはこのあたりを絡めて考えてみると面白い気がします。
北部九州在住 @hokubukyuushuu 2017年5月17日
>>qhqh123 そうか。幼女戦記の元ネタの一つになのはさんがあったんだな。という事は、演算宝珠=デバイスの発明が魔法革命のキーアイテムになったと。詠唱の省略とデバイスに呪文をセットできるのはそれぞれの魔法使いを均一化させ大量生産への道を開く……うん。筋は通っているな。
キケリキー @KIKERIKI17 2017年5月17日
魔法が存在するヤバさは、飛べるとか高火力とかじゃなくて、遠隔通話できることだと思うんだよな。
風見 圭治 @keiji_kazami 2017年5月17日
魔法兵の前時代として使い魔とかいたらその時点で情報収集・伝達には転換が発生するよな。 船にはカモメ(?)専門の憑依術者が乗り込んでるとか。 騎士団には鷹や梟と行った猛禽類の憑依術者が何名か居て偵察や防諜(敵の偵察鳥類を発見撃墜)に活躍するとか。 本物の狼と組んだ狼旅団とか。 ドリトル先生みたいな「会話できる」レベルでも結構変わりそうだなぁ。
キケリキー @KIKERIKI17 2017年5月17日
ちなみに、魔法で保護することで人体の限界を超えられるなら、機械の側の挙動制限がだいぶ緩和される。作中でも魔法で敵の攻撃を防いでいるのだから、あの世界の魔法をサポート方面で使用すれば、かなりの事ができそう。
@mouth0717 2017年5月17日
技術的ブレイクスルーで魔法が発見されるならそれは「科学の一部」では? 普及するかどうかは他の科学技術と比べてコスパがどうかというだけの話に収斂しそう。
@mouth0717 2017年5月17日
魔法貴族階級の誕生も面白いけど、逆に魔法使いは危険なので戦場で戦わせている時以外は檻の中にぶち込んで厳重に管理しましょうみたいな方向性に行く可能性もありそう。古代ローマのグラディエーターみたいな感じで、奴隷や貧民の子供のうち適正のあるものが志願すると戦場で闘い続けていられる限りそこそこ贅沢な生活が保証されます的な運用をされるとか。
muramasa007 @muramasa0071 2017年5月17日
「幼女戦記」の魔法ってオートガードとかそれなりに万能なので、作中のように便利な兵士としてこき使われるだけというのはかなり不自然だわな。おぞましい存在として徹底的に差別・迫害・虐殺される。もしくは、上位種族として貴族階級として君臨するかのどちらかだろう。
職人/げるびらりあ @gervillaria 2017年5月17日
幼女戦記のWeb公開版で、同サイトのリリなの二次創作の影響を云々とあります。同じようなシーンが描きたい、というモチベがベースにあったのなら、滲み出る部分もありそうな感じがいたします。
芹沢文書 @DocSeri 2017年5月17日
(魔法の位置付け問題ではあるのだが)もっと原始的な体系であって古代の文明創始期に既に革新が為されてしまうのでは、という方向で考えている。特に通信あたり。
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2017年5月18日
砲兵じゃなくて、法兵になるのか…
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2017年5月18日
「連邦」では科学技術による航空機の方が有用であり魔導士の上位互換であるのだから代替え可能、それに宗教も魔導士も旧体制の象徴だからとヨセフおじさんが徹底的に弾圧した結果帝国の魔導兵部隊にひどい目にあわされてたな