10周年のSPコンテンツ!
16
精液を糧にするサキュバス多摩湖♡ @tamako_han
海外のラディフェミはともかく(少なくとも海外のラディフェミは緊急避妊薬の市販薬化に反対することもないしセーラームーンの性感染症検査に対してブーブー言わない)日本のガラパゴスったラディフェミは本気でリプロダクティブヘルスライツの前進の邪魔。女性の権利の向上の邪魔。権利の獲得の邪魔。

  
エミコヤマさん(米国在住)のコメント

エミコヤマ @emigrl
アメリカにも緊急避妊薬の解禁に反対したラディカルフェミニストはいたけど。けっこうなキャンペーンやってたよ。なんでもかんでも自己決定権を主張するのはリベラルフェミニズムで、ラディカルフェミニズムは「形式的な自己決定により、女性の真の自由が失われることに反対する立場。 twitter.com/tamako_han/sta…
エミコヤマ @emigrl
ラディカルフェミニズムにおけるアンチ・リプロダクティブチョイスの論理をおさえたうえで、「アンチ・トランスジェンダー」やら「アンチ売買春」の主張を読むと、賛否はともかくその論理はよく分かるようになるはず。それらを、保守派が唱える性役割や性道徳の延長だと叩いても、全然届かない。
精液を糧にするサキュバス多摩湖♡ @tamako_han
ふむ。ありがとうございます。ところで、女性の真の自由とは具体的になんでしょうかtwitter.com/emigrl/status/…
エミコヤマ @emigrl
知りませんが、おそらくそれは、経済的文化的その他の制約がなくなってみないと分からないのでは。 twitter.com/tamako_han/sta…
精液を糧にするサキュバス多摩湖♡ @tamako_han
女性の真の自由にせよ、男性の真の自由にせよ、誰かが定義する事でもなく、その自由は人がいれば、人の数だけあるので、選べる社会になるといいですね。 twitter.com/emigrl/status/…

  

ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
Review of The Morning After: A History of Emergency Contraception in the United States, by Heather Munro Presc. digitalcommons.fairfield.edu/cgi/viewconten…

 →▼Review of The Morning After: A History of Emergency Contraception in the United States, by Heather Munro Presc.|Fairfield University http://digitalcommons.fairfield.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1063&context=sociologyandanthropology-facultypubs

ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
レーガン政権のリプロ政策は、ラディカルフェミニストと穏健な専門家の共闘をもたらし、それは緊急避妊薬の市販化の達成まで継続した。 pic.twitter.com/iWReKkzO6M
拡大
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→アメリカの緊急避妊薬の歴史についてまとめられた本でラディカルフェミニストの役割は肯定的に評価されているけど、将来日本のそれについてまとめられる事があったらどう評価されるだろうか。 twitter.com/emigrl/status/…
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→ピルのボストン茶会事件は、ピルの歴史にとってもフェミニズムの歴史にとっても重要な事件なのでしばしば言及してきた。75年全米女性健康ネットワーク(National Women's Health Network)の結成は、ピルのボストン茶会事件の延長線上にある。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
ラディカルフェミニストのリプロ問題についての見方は、全米女性健康ネットワークの主張に集約されていると言ってよい。ピルのボストン茶会事件以来の一貫した主張は科学的根拠に基づかない企業の/政治の/男性の論理で女性の健康が弄ばれる事への反対だ。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→闇雲にピルの普及推進を叫ぶ普及推進派に私は与しなかった。「プレ更年期」にピルがよいなど科学的根拠がなく、女性の身体を弄ぶものだからだ。私と全米女性健康ネットワークの主張は重なっている。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→全米女性健康ネットワークはホルモン避妊やホルモン補充療法に否定的/懐疑的/反対の立場だ。ただし、彼らの主張があくまで科学的エビデンスベースのものであることに留意する必要がある。それを「『アンチ・リプロダクティブチョイス』の論理」と評価されることは迷惑だろう。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
全米女性健康ネットワークの主張が「『アンチ・リプロダクティブチョイス』の論理」などではなく、企業の/政治の/男性の論理で女性の健康が弄ばれる事への反対であることは、緊急避妊薬をめぐる対応に表れている。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
全米女性健康ネットワークは、緊急避妊薬が科学の論理に基づかない政治の論理で政策決定がなされ、女性の身体が弄ばれることに強く反対した。同ネットワークが主張してきたことは、日本で我々が主張していることと寸分も違わない
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
ラディカルフェミニズムが、「アンチ・リプロダクティブチョイス」であり緊急避妊薬の認可や市販薬化に反対であるかのような誘導を行う人がいるのかもしれない。しかし、それはラディカルフェミニズムを破滅に導く事にならないか。他人事なので、どうぞどうぞとしか言えないが。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
ラディカルフェミニズムは緊急避妊薬に反対だというミスリーディング早速乗ってきている。エミコヤマ氏が言っているんだからそうだよね。ラディフェミの皆さんは、緊急避妊薬にどうぞ反対して下さいな。そして歴史の審判を受けるとよい。 archive.is/zDeW2
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
出羽の守論法でミスリードするのは、日本のフェミニズム界隈お家芸だ。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→例1 萌え絵は「女性差別」であり海外なら一発アウトだとミスリードする人がいる。しかし、萌え絵そのものはどの国の基準でも「女性差別」にあたらない。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton
→例2 80年代、ヤンソン柳沢由実子氏は、スウェーデンをはじめとする先進国では堕胎罪は廃止されているとして、堕胎罪廃止運動を煽った。しかし、実際はスウェーデンを含む先進国の堕胎罪は廃止されておらずミスリードだった。
残りを読む(236)

コメント

匡(たすく)⚡️ ⋈色々勉強ちう司書さん@FGO @tusk_saihate 2017年5月11日
(´-`).。oOのっけから申し訳ないけれど、私とチコラブさんのツイートは、エミコヤマ氏とも、このラディフェミ関連の議論とも、全く関係ない方とのツイートで出てきたものですので、出来ればまとめからは抜いて頂きたいなぁと…
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
タイトル"ピルつき(公式)さんの「ラディカルフェミニズム」論"に苦笑した。ラディカルフェミニズムとは何か、は簡単に論じることができないし、答えも1つではないと思う。まとめにある私のツイはラディカルフェミニズムについて論じる意図でなされたものではなかった。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
ラディカルフェミニズムについての私見は、折に触れツイしてきた。多面的で流動的な概念だと考えるので、固定的に考える方とは話が噛み合わない。ラディカルフェミニズムの始祖を1人だけ上げるとすれば私はボーヴォワールを上げるが、彼女自身をラディカルフェミニストとは思わない。ことほどさように複雑なのだ。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
ラディカルフェミニズムのラディカルは急進の意味ではなく、根源の意味だという議論にも与することはできない。このことについても何かの折に私見をツイしたことがある。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
原始ラディカルフェミニズムの【急進】には、2つの意味があると思う。1つは議会制民主主義による制度改革の否定であり、もう一つは自助的超法規活動だ。前者については与することはできないが、後者については肯定的に評価している。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
ラディカルフェミニストが中絶非合法下にあって非合法な中絶の相談・斡旋活動を行ったのは、自助的超法規活動としての【ラディカル】だ。女性の身体についての啓発・自己教育運動も、自助的超法規活動としての【ラディカル】だ。ピルのボストン茶会事件も自助的超法規活動の延長線上にある。これらの【ラディカル】については肯定的に評価する。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月11日
私とピルとの関わりや言行は、原始ラディカルフェミニズムの2番目の【急進】を継承するものであり、そう言う意味で私は誰よりもラディカルフェミニストだ。しかし、ラディカルフェミニズムに【急進】の意味がないと解釈する「ラディカルフェミニズム」、さらには日本で独特の進化を遂げた「らでぃかるふぇみにずむ」について、はたしてそれはラディカルフェミニズムと言えるのか疑問に思う。
Hikichin ⋈ @hikichin 2017年5月11日
私は下記の日本国憲法第13条の「個人の尊重」が、フェミニズム(ネオリブ)の根幹だと思っている。個人として尊重されるからこそ、個人の自由・選択が実現すると思っている。 日本国憲法第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
かもしたゆうすけ @KamoshitaYusuke 2017年5月11日
「私(とコヤマさん)に対して批判的な感想を述べられたということになるのではないですか?」という点に拘泥しまくった直後に、「戯画化された「敵」への中傷を「味方」内で消費してその画を強化することだけ皆がしてたらマイノリティが割を食う」とか言い出す展開に全く理解が追いつかないので誰か説明してほしい(無茶振り
かもしたゆうすけ @KamoshitaYusuke 2017年5月11日
つか、ピル子さんは既に見解を示している(「定義化がもたらす運動の疎外については、それを問題と考えています」)のだから、わざわざリプ送るならその見解に対し賛同するのか反論するのかこそが実りある議論だろうし、ピル子さん自身もまたそう指摘しているのは運動家であればこそでしょうか。まあ、論点そのものより自分自身に対する批判的態度を気にする学者というのも、私はこれまであまり見たことなかったですけど、それは幸運だっただけなのか。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年5月15日
まとめ冒頭のコヤマさんのツイート(3つ)を読む限り「ラディフェミのなかには緊急避妊薬の解禁に反対した人もいた」としか読めない。どう考えても「緊急避妊薬への反対がアメリカのラディフェミの主流」とは読めないっすね。ピルつきさんの解釈はピントがずれてます。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年5月15日
小宮さんのツイートだって、そもそもは「ラディフェミ」という言葉で指し示しているものが違うから話が食い違っているのでは?というごくごく穏当な指摘に始まり、下手に「○○フェミは、~という政策に関し賛成(反対)の立場」とか言わずに議論すればいい、というごくまっとうなことを言っているに過ぎない。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年5月15日
「○○フェミは~な立場」とか決めつけてしまえば、○○フェミを排除できるし、学者が言ったことは何でも「頭でっかちな(運動から出発していない)学者ならではの発言」にしちゃえば、排除できる。どちらも議論する前からレッテルを貼って排除しようという姿勢以外の何ものでもないっすね。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月15日
mesikuwanuinu 「・・・としか読めない」のは当然です。「・・・としか読めない」書き方はおかしいのではないですかという話ですよ。実際のラディカルフェミニストたちは反対どころか、大賛成で主導したではないかとの指摘は私の指摘です。流れをつかめていないのではないでしょうか。ちなみに、ラディフェミの思想について「アンチ・リプロダクティブチョイス」と表現することも一般的でないと思います。
ゆり @mesikuwanuinu 2017年5月16日
ruriko_pillton https://twitter.com/ruriko_pillton/status/857090534556479490 ←「ラディカルフェミニズムは緊急避妊薬に反対だというミスリーディング」と書いていますね。でも、そんな風には全然読めないと僕は言っています。「ラディフェミの中には緊急避妊薬に反対した人もいた」(コヤマ氏主張)と、「ラディフェミは緊急避妊薬に反対だ」(ピルつきさん解釈)では、全然違います。
金鳳花 @buttercup8109 2017年5月16日
ぼくには学術的なフェミニズムの事はわからないけど「~を読めば理解出来る、理解出来たなら私と意見は同じになるはずだ、そうでないなら正しく読んでない」って言うエミコヤマの言い逃れが「まっとうな議論なんて無理ぃ、お願い見逃してぇ~」って言う自白なのはわかるよ
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月20日
ラディカルフェミニズムとは何か、の問いに対する解の導き方には二つある。私はラディカルフェミニストの活動/運動の中に一貫する思想を見出そうとする。つまり、リブの時期の活動(たとえばピルのボストン茶会事件)と現在の緊急避妊薬市販化活動には一貫した論理があると見る。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月20日
.ruriko_pillton 一方、フェミニズム哲学の人はラディカルフェミニズムとは何かを思弁し、ラディカルフェミニズムの論理なるものを導く。しかし、大々多数のラディカルフェミニストは、その導かれたラディカルフェミニズムの論理では説明できない活動(たとえば緊急避妊薬の市販化活動)を行っているのであれば、ラディカルフェミニズムの論理なるものは怪しくないか。そういう話だと思っている。
ピルとのつきあい方(公式) @ruriko_pillton 2017年5月20日
.ruriko_pillton 運動/活動の中にラディカルフェミニズムを見出そうとする私からすると、アメリカにはアメリカの、フランスにはフランスの、日本には日本のラディカルフェミニズムがあると考える。一方、フェミニズム哲学の人は多分、アメリカとフランスと日本のラディカルフェミニズムは同じものと見えるのだと思う。
うしょかさ🍤🦐 @sakasyou0875 2017年10月28日
つい読み返してしまったけどホントひどい。あれだけ真のフェミガー言ってた人たちが学者になんか言われたら「地べたはいずるフェミズムをばかにするんですカーー」って
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする