アースラ覚え書き

ディズニーヴィランのアースラについての自分用覚え書き。
2_1736 202view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • にし @2_1736 2015-09-30 23:38:30
    ファウルフェローとギデオンのコンビがヴィランの括りに入るのは納得できるんだけど、本編で実際にピノキオを不当に扱うのはストロンボリや「馬車屋の旦那」だからヴィランズの中にいると周りのヴィランの悪事と比べて少し見劣りするのは否めない。分類的にはサイドキックスなのだろうか?
  • にし @2_1736 2015-09-30 23:46:12
    正確にはフェローの歌はフェロー自身を紹介する内容でなく、ピノキオを誘惑している歌だからテーマソングとはいえない?
  • 生態
  • にし @2_1736 2015-09-17 14:59:20
    人魚は何食べてるんだろう。海の生物は駄目だろうし、人魚伝承の基になったジュゴンは海藻食べるから海藻かな。 アースラはプリプリした小海老?食べてるシーンがある。海の世界にも捕食のヒエラルキーがあって、それに従いつつ例外的に友人となる捕食者と被捕食者がいるのかな。
  • にし @2_1736 2015-10-08 21:13:47
    そういえばアースラ様登場時「あたしが王宮に居た頃は飲めや歌えやの毎日だった」という旨の発言をしているが、octpidであるアースラ様にとっての御馳走は他の海洋生物なので基本的に人魚とは嗜好が合わないのに、その日々が恋しいってまずくても無いよりマシってこと?そこまで飢えているのか?
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:30:45
    アリエル達人魚(Merpeople)とアースラのような蛸型の人魚(Octpid)は別種の生物なのか?ミュージカル版と設定の辻褄を合わせるなら何故Merpeopleの王からOctpidが生まれたのか。先代の王はMerpeopleとして正体を隠したOctpidを室に迎えてしまった?
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:36:26
    TVシリーズではMerpeopleとOctpidは互いに敵対している。先代の王は敵対する種を超えてOctpidの女性を愛したのか、Octpid側が差し向けたスパイを側室に迎えてしまったのか。Octpidは海の生物を食べることに何の良心の呵責も無い種だと言われるので後者かな?
  • ポリプス
  • にし @2_1736 2015-10-03 23:23:11
    ポリプスってなんだと調べたら古代ラテン語でタコの意味だった。もうエイトフットこれで良くないか?アースラと契約したがあまりに大きな望みであったために対価を払えずタコになる。アースラの気まぐれで仮初の自由と体を与えられリクルーターに。彼がポリプスに戻るかはアースラの気分次第。
  • にし @2_1736 2015-10-03 23:58:27
    残念!ポリプス(polypus)は蛸という意味のラテン語だが何故蛸を意味するのかというと「たくさんの足をもつもの」というギリシャ語に由来する。より直接的にオクトパスという蛸を示すラテン語が存在することからも、polypusはたくさんの足をもつ生物達の総称の意味合いが強い?
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:02:43
    またポリプスの名称はどこで書かれているのか調べたら小説版リトルマーメイドで記述されていたらしい。そちらではpolypus(蛸)ではなくpolyps(刺胞動物)という意味でのポリプス。やっぱり蛸じゃなくてイソギンチャクのような洞窟に固着して動くことができない人魚のなれの果てか。
  • にし @2_1736 2015-10-03 23:29:38
    対価を払えない人魚はアースラによってポリプスにされる。ポリプス(polypus)は古代ラテン語でタコ。本編のポリプスはタコの足のような形をしている。エイトフットはアースラの手足。という所まで妄想が進んだ。気まぐれにポリプスの中から使い捨ての手足を選んだアースラ様。
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:12:21
    終盤のアリエルやトリトンが変身させられた姿もヒドラ(hydra)と呼ばれるポリプの一種で、6~8本の触手を持つ無脊椎動物。ただし淡水生の生物なので何故海に存在できるのかはつじつまが合わない。環境に適応できず弱っていくトリトン達がじわじわと海に殺されるのを楽しむつもりだったのか?
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:17:10
    基本的には契約した人魚を海水性のポリプにして庭の花として気まぐれに愛でるけれど、憎いトリトンとその血を引く人魚だけは淡水性のヒドラに変えて、愛する海にじわじわと殺されていくのを楽しもうとするアースラ様の闇が深すぎるね。
  • にし @2_1736 2015-10-04 00:40:28
    ヒドラは触手に毒針を持つからアースラ様は自ら触れずとも勝手に海水によって徐々に弱っていって苦しむ様子を眺めるだけのつもりだったのかもしれない。
  • 魔法
  • にし @2_1736 2015-10-30 02:12:13
    今までアースラ様の呪文『ベルーガ セブルーガ カスピ海のチョウザメ』をあまり気にしていなかったんだが、左から順に、カスピ海に生息するオオチョウザメ、同種では最小のチョウザメ、そしてやはりチョウザメということで終始チョウザメについて語っている呪文だった。
  • にし @2_1736 2015-10-30 02:16:46
    この適当さ。ジャファー様の『ナイスシュート!』と『ブンブンババーン』に通ずるものがある。魔術を行使する際に必要なのは呪文ではなく魔力なのだろう。白雪姫の女王様も呪文らしきものは唱えているけれど、あれは材料名の羅列だったな。アースラ様の薬も色々入れるが肝心な物はチョウザメなのかも。
  • にし @2_1736 2015-10-09 00:44:49
    アースラ様の凄い所は本編中で自ら変身を解いた魔女である点。マレフィセントのドラゴンへの変身が奥の手だったように、女王様が返信を解かずに小人から逃げたように、シンデレラの変身が12時までの期限つきだったように、変身するというのはとてもハードルの高い魔法。
  • にし @2_1736 2015-10-09 01:54:51
    @2_1736 あらら、また誤字。返信→変身
  • にし @2_1736 2015-10-09 00:46:55
    そんな魔法を自由自在に使えるのは恐らくアースラ様が蛸の人魚だから。蛸は極めて変身能力が高い。だから、アースラ様は変身に関する魔法に長けた魔女なんだと思う。実際に本編でアースラ様が使う魔法は水晶玉の透視を除けば変身する・させるものばかり。彼女は自分の魔力の適性を知っている。
    • 声の魔力
  • にし @2_1736 2015-10-09 00:50:47
    そんな彼女でも声だけは変身させることができず、アリエルの声を奪い返されてからは自身の声を発していたことから、声は魔法で唯一偽ることのできない領分なのか、もしくは声が人魚にとって重要なものだから偽ることができないのか。
  • にし @2_1736 2015-10-09 02:47:11
    話の流れからして、アースラ様は最初はアリエルの声を利用してエリックを誘惑する予定は無かったはず。それなのにアリエルの声を求めるということは、彼女の恋の成就を阻むと共に、声自体に利用価値があるのでは?人魚の声は美しく人を惑わせる。声自体が魔力を含んでいるのだとしたら。
  • にし @2_1736 2015-10-09 02:52:10
    陸の人間を惑わす人並み以上に美しい声をしているのが通説の人魚達の中でも美しいといわれるアリエルの声。彼女は叔母以上の素質を持っていたのかも。彼女の魔力の源である声を奪うことでアースラ自身は力を高めることができるとか?末の子がお伽話で何かしら一番のものを持っているのはよくある話。

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「ファッション」に関連するカテゴリー