2011年3月13日

自然災害後の衛生について

まとめました。
2
sentaro @sentaroo

自然災害後の衛生について / Epidemics after Natural Disasters, Appendix Table | CDC EID http://htn.to/eJmL9H

2011-03-13 17:44:34
sentaro @sentaroo

1.水、衛生、安全な場所 2.下痢、急性呼吸器疾患の早期診断・治療、とくに5歳未満 主な伝染病の治療プロトコルの標準化と使用 創部の適切な消毒とケア、外傷後の破傷風トキソイドワクチン(最後に摂取したのが10年以上経過していたら免疫がない) 救急キットで使える薬剤の補給(続く

2011-03-13 17:47:37
sentaro @sentaroo

(前のツイートからの続き)一般の人への教育、メッセージ:手指衛生教育、安全な食材の取り扱い、水の煮沸、消毒、発熱した場合に初期に必要な治療 3.サーベイランス/早期警告システムの構築 流行性疾患の早期発見のサーベイランスが必要、医療機関に働く人は早期に流行疾患を発見、報告(続く

2011-03-13 17:51:06
sentaro @sentaroo

(続き)アウトブレイクの早期発見に使える資材の現地への補給を 4.予防接種 日本国内では麻疹、インフルエンザあたり 5.マラリア、デングの予防なので省略

2011-03-13 17:52:37
sentaro @sentaroo

まとめると、特に流行性疾患(ウイルス性上気道炎、腸炎、インフルエンザ)の流行に注意。流行の早期発見、予防介入のために避難所周囲のアウトブレイク検知システムの構築、検知のための簡易診断キットなどの補給体制が必要そうだ

2011-03-13 17:54:18
sentaro @sentaroo

迅速診断でインフルエンザキットくらいなので、検査サーベイランスよりも症候で(実際はその疾患でなくても)引っ掛ける症候群サーベイランスが有効だろうね。例えば、咳、発熱があって、避難所単位で人数を報告するとか、下痢があったら早めに報告する、などのシステム作り。

2011-03-13 17:55:53

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?