10周年のSPコンテンツ!
16
Noriko Osumi @sendaitribune
始まりました! この番組制作に関わりました。リアルタイムでツイートが取り上げられるようです>発達障害プロジェクト NHKの複数の番組で結成した「発達障害プロジェクト」公式サイト。当事者にも、家族・周囲の人にも、役立つ情報満載! www1.nhk.or.jp/asaichi/hattat…
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 今、音に対する反応を眼輪筋の収縮で測定していますね。発達障害の方の感覚過敏を測定しています。国立精神・神経医療研究センターも取材されたのですね。シグナルノイズの比が悪いのも特徴ですね。雑音が多いところでは音が混ざり合って聞き取りが悪くなります。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 ロンドン大学認知神経科学のハッペ先生による「慣れhabituation」の話。トップダウンのノイズを下げる制御が働きにくいと考えられます。当事者の方々も出演。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 この間お目にかかった綾屋さんも当事者として出演されていますね。別の男性の方、視覚的にも。周囲の背景から顔の輪郭を取り出すのにも困難があるとのこと。顔の中でも黒子などが気になってしまって表情がわからない。エネルギーをたくさん使ってしまう。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 当事者かつタレントの出演者(誰だったかな?)、どの程度、顔を見たら良いのかがわからない。普通の人よりもエネルギーを使ってしまう。他の意見として、嗅覚(きゅうかく)や触覚の過敏もある。頭が痛くなったり吐き気がするなどの身体症状が出る。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 専門家としては、信州大学の本田秀夫先生が出演。だんだん成人の発達障害当事者が増えてどのような感覚なのかがわかるようになってきた。ADHDの子どもの感覚の内面再現。なるほど……。いろいろなことに目移りしてしまう。
Satoko KOMATSU @SatokoKOMATSU
順序通りやるのニガテ…待つのはできる。や、これほんと辛いんです。やりたい事を我慢せず先にやってしまいたくなる。ただ、こーやって本人の中では色々困ってはいるが他の人から見るとせいぜいただのおっちょこちょいクラスタらしい。#Nスペ発達障害
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 読字障害のメカニズムについて。3文字を超えると認識が困難。焦ると文字がぼやけて感じる。FAXやメールが3700件! すごい。どこまでが「個性」でどこからが「障害」なのか、というメッセージも。
t.matsuda【休止中】 @matsuda_take
3,700通のfaxが来ているということはそれ以上に世の中で埋もれている(押さえ込まれている)声なき声があると理解すべきかもしれない。俺を含めたマジョリティが彼等に我慢や抑制を長年強いてきたということであろう。#Nスペ発達障害 #NHKスペシャル
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 社会がどのように受け入れられるか。健常者がマジョリティなので、発達障害の当事者はマイノリティになってしまう。本田先生「本人と環境のあいだの問題」。二次障害としてのうつ、不安障害なども問題となる。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 綾屋さん>自分のどこが「普通」ではないかがわからない。普通のフリをするために司令を出している自分と、それを俯瞰している自分で疲れてしまう。栗原さん>自分の意見が理解してもらえないことが多かった。信頼できる親・医師に打ち明ける。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 視聴者からのコメント>「見えない普通」のプレッシャー。なるほど。綾屋さん:多数派のルールは無自覚なので説明できないのだろう。英国マンチェスターのスーパーで、「Quiet Hour」を設定し、ノイズを下げて感覚過敏の客を受け入れる。これはイイね!
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 米国の例、細部へのこだわりの強い人材を活かすマッチングの仕組み。プログラムのコーディングのチェックなど。新しいモノの見方ができる人材も求められているとも。発達障害の方に「適当に」という伝え方は難しい。「コップ何杯」の水を植木鉢に、と伝える。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 数字には細かいので、小さなことに気づきやすい。経理は得意。でも業務の巾を広げたところ、困難に陥った。綾屋さん:2倍の正確さがあったとして、同じだけ働くと疲れてしまう。得意不得意の線引はやってみないとわからない。違うやり方でゴールを目指しても良いはず。
Luke0629 @Luke_629
#Nスペ発達障害 これを見ても、小学時代の奇異な言動で、今もネタにされたり恐れられたりしているものって、ADHD的だなと。今は自分でネタにしているし、できるだけ強みになるようにしている。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 栗原さん:他の身体的な障害者と異なり、発達障害は外見からはわからないところが困難。自分をわかってくれる人を探す。支えてもらう。メール、FAXは5500通とのこと。お疲れ様でした。この後、HPでライブストリーミングとのこと。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 「アスペ」が間違った使われ方をしている。「コミニュケーション」がより重要視されているのが現代。綾屋さん「普通と呼ばれている人もプレッシャーを感じている」。当事者の片岡さんは、ぬいぐるみを抱いていることによって気持ちを落ち着かせている。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 綾屋さん:発達の「障害」と捉えてほしくない。司会:ではどのような言葉が良いか、フォームで募りたい。 www1.nhk.or.jp/asaichi/hattat…
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 視聴者より「普通になろうと思わなくなったら楽になった」。「もっと重度の自閉症なども扱ってほしかった」>NHKではこれから1年かけて発達障害について扱っていく予定。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 当事者の片岡さん、支援学級に行くと、自分の方が重度の発達障害の方の気持ちをわかるので、貢献できる面もある。発達障害に代わる言葉は?>「発達多様性」「ワードを変えても線引は変わらないのでは?」「せっかく広まった名前なのに変える必要があるのか?」
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 綾屋さんは「まとめあげ困難」と捉えている。視聴者より>「発達凸凹」などのワードも。「発達障害」の旗を振ることによって当事者が集まるが、その人々も多様。10代の視聴者「今は面白いと思われているが、社会に出るとどうなるか、コワイ」
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 綾屋さん:早く診断されていると早く対応する知恵が付く。片岡さん:発達障害であろうがなかろうが、共通する楽しい趣味などがあれば交流できる。社会を楽しんで欲しい。
Noriko Osumi @sendaitribune
#Nスペ発達障害 「ハートネットTV」「あさイチ」でもこのサイトへの意見を取り上げられる予定とのこと。こちらの「カキコミ板」などへ。www6.nhk.or.jp/heart-net/voic…
残りを読む(32)

コメント

Noriko Osumi @sendaitribune 2017年6月2日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする