ARコンテンツ作成勉強会:HoloLensコンテンツ開発 vol.3 ~ハンドトラッキング編~

HoloLensハンズオンの様子 https://eventon.jp/7180
ガジェット AR HoloLens MR UNITY
0
藤崎優 @youukkari
HoloLendsの勉強会開始!今日はトラッキング!? #AR_Fukuoka ift.tt/2s5FyAb pic.twitter.com/O0izUQ3ArI
拡大
まずはHoloLensとHolotoolKitの基礎
藤崎優 @youukkari
HoloLendsの入力方法は、Bloom、Gaze、Air Tap #AR_Fukuoka
藤崎優 @youukkari
HloLends開発環境:Unity GUI上で視覚的にCGを配置したりできる。 C# でインタラクティブな挙動を記述することが可能。 #AR_Fukuoka
藤崎優 @youukkari
HoloLends開発支援ツール:HoloToolKit ・AirTapやカーソルの挙動、空間認識を僅かな手間で利用可能 ・参考になるサンプルPG満載 ・Unityエディタ上で仮想的にジェスチャ入力する機能 #AR_Fukuoka
藤崎優 @youukkari
Unityではゲームで必要なものがデフォルトで設置されている ・光源 ・カメラ #AR_Fukuoka
藤崎優 @youukkari
Scale:0.05=5cm 指先に立方体を表示するため #AR_Fukuoka
藤崎優 @youukkari
HoloLendsは黒は表現できず、透明. #AR_Fukuoka
手の位置が取得できたことを確認したあと線を描画
TakashiYoshinaga @Taka_Yoshinaga
せっかくの機会なのでHoloLensを2台使った空間共有の体験もやります #AR_Fukuoka pic.twitter.com/BlPAJ3mqEk
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする