2017年の流行語大賞はどうなるのか?

もう「アベ政治を許さない」人たちだけでやりゃいいんじゃないかな?スポーツ・エンタメガン無視で。 ↓ 結果:有名人が会場に来ませんでした。
国内
0
MUNEGASHI Isako @isako134
現代用語の基礎知識TL、23日夜ついに『文春砲』入りました。流行語大賞選考委員からの都知事選候補を守るため徹底抗戦の模様です。 pic.twitter.com/nLWPA0egKW
拡大
MUNEGASHI Isako @isako134
現時点での現代用語の基礎知識TLと、リンク先の現代ビジネス記事をご覧ください。 pic.twitter.com/yVX6ooLei1
拡大
拡大
拡大
拡大

MUNEGASHI Isako @isako134
2016ユーキャン新語・流行語大賞発表(全文1)前選考委員長の鳥越氏は辞退(THE PAGE) thepage.jp/detail/2016120… 流行語大賞授賞式にて鳥越についての話を聞きだそうする司会者に対して、女性の選考委員たちが一切沈黙しているあたり、お察し案件ですわな。
リンク THE PAGE 1 user 293 2016ユーキャン新語・流行語大賞発表(全文1)前選考委員長の鳥越氏は辞退 | THE PAGE(ザ・ページ) 今年を象徴する言葉を選ぶ「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表された。ノミネートされているのは、バンド「ゲスの極み乙女。」ボーカルの川谷絵音さんとタレント・ベッキーさんの週刊文春による交...
MUNEGASHI Isako @isako134
やくみつる:《今、ネガティブな語で選ばれた方もお出ましいただいてはうんぬんという話だと、今年は不倫系でね、たくさん名前が挙がりました。その方たちが、この表紙を模した扉を開けると『Gメン'75』のオープニングみたいに、横に一斉に並んで出てくるっていうシーンをどれほど夢見たことか。》
MUNEGASHI Isako @isako134
鳥越俊太郎の選考委員辞退に関して。 《生島:やくさん、やっぱりこの、いろいろとね、鳥越さんも出たおかげでというか、せいですごいテレビでもなんだかんだ言われて大変でしたけどね。出ていただくと今日また、水に流せるいい機会だったかもしれないですね。》
MUNEGASHI Isako @isako134
《やく:何を言わせたいんですか。ですから本当にそういうことでご辞退なさったのではないというのだけはもう、しかと申しておかねばいけません。 生島:立候補の段階でこれはご自身が。 やく:はい。私もそういうふうに伺いました、はい。》 ところで、野球の話は全くしてなかったんですが。
忘八映画道 @sasniggle
現代用語の基礎知識2017購入。裏表紙に、やくみつるの何の捻りもないマンガもどきが載っていて目が冷えた。 pic.twitter.com/URFzf0VYwA
拡大
拡大
MUNEGASHI Isako @isako134
で、昨年は流行語大賞の選考委員を辞退した都知事選落選候補者を、授賞式壇上で必死に「そういうことで辞退したのではない」と庇っていた某「漫画家」はどうすんのかね?現代用語の基礎知識2017で描いた「文春砲」を題材にした1コマ漫画で、そいつの姿を「やられた」側に決して入れなかったよな?
MUNEGASHI Isako @isako134
今年の流行語大賞がとにかくちぐはぐだという件は、1989年の新語、流行語それぞれの部門で金賞を獲った「セクシャル・ハラスメント」「オバタリアン/オバタリアン(旋風)」には、「女性問題を抱えるような汚い男ではなくクリーンな女性に政治を担わせよう」の反映でもあったのと比較してみても、
MUNEGASHI Isako @isako134
色々と味わい深いものがありまして。そもそも1989年当時、週刊誌のサンデー毎日の編集長として、宇野首相の女性スキャンダルを暴いて退任に追い込むことになったのが鳥越俊太郎だったからである。なので今年、週刊文春(だけにではなく)に書き立てられたのはブーメランといわれたわけで。
MUNEGASHI Isako @isako134
昨日RTしたように、現代用語の基礎知識の公式アカウントでは今年7月当時は「文春砲」を否定的に解説したのだが、流行語大賞選考委員のひとりは夕方のニュースでレギュラーの芸能コーナーやゲスト出演するワイドショーのコメント、漫画にて週刊文春が提供した「ゲス不倫」の話題を嬉々として扱った。
MUNEGASHI Isako @isako134
gendaiyougo.jp 《相模原施設事件を考える【武田砂鉄/木附千晶/森達也】》 《くまモンの魅力【姜尚中】》 現代用語の基礎知識2017にはこのような記事がありながら、「死ね」が入る言葉を流行語大賞トップテンに選び、「くまモン頑張れ絵」を選外にした。
リンク gendaiyougo.jp 2 users 654 現代用語の基礎知識 『現代用語の基礎知識』2017年版は11月16日発売!大きな文字で読みやすい大字版(B5判サイズ)と、コンパクトで引きやすい通常版(A5判サイズ)の2種類がございます。ぜひお手にとってご覧くださいませ。
MUNEGASHI Isako @isako134
ちぐはぐさといえば、現代用語の基礎知識2017は熊本復興を願いくまモンを表紙にし、選考委員のひとりである姜尚中氏が書中でくまモンに好意的なコラムを書いたにもかかわらず、やくの「(運動は知っていたがノミネートの)『くまモン頑張れ絵』という言葉は知らなかった」が反映され選外になった。
MUNEGASHI Isako @isako134
現代用語の基礎知識ではツイッターアカウントにおいて週刊文春に否定的であり、くまモンを表紙にしたはずが、実際の権限はどこまでかは不明だが、メディアへのコメントを率先して出し、「漫画嫌い」を自称し、書中で「文春砲」を1コマ漫画にしたやくみつるの意向が流行語大賞に反映された印象が強い。

MUNEGASHI Isako @isako134
現代用語の基礎知識、および流行語大賞のスポンサーのユーキャンにとって今回の賞はイメージアップになるかといえば現状は厳しい。「時の人」をノーギャラで集めるイベントとしても、すでに選考委員のひとりが罵倒していた受賞語もあり、当然会場には来ずにコメントで済ませた受賞者も出る寂しい状況。
MUNEGASHI Isako @isako134
なので、「時の人」を集めるイベントとしてはすでにYahoo!検索大賞のほうがその用を果たしているので、そちらに任せてしまい、流行語大賞のほうはすでに「やくみつる大賞」と揶揄られているとおりに開き直ってしまえばいい。その代わり、プロ野球含めたエンタメを好意的に表彰はしないで欲しい。
MUNEGASHI Isako @isako134
まあ、前々から言ってるようにこんな奴が選考委員やるような賞に野球関係者が送り込まれてしまうのを二度と見たくない、という感情が強いのですが。帝国ホテルで受賞者とのパーティーも伴うイベントとして行うのも、もったいない。(鈴木選手は飛行機の都合で18時過ぎには会場を離れていたけれど。)
MUNEGASHI Isako @isako134
2016年12月1日放送分、NHK総合・ニュースウオッチ9より。ユーキャン新語・流行語大賞2016ノミネート語に対する渋谷と巣鴨での街頭アンケートの結果。「神ってる」、5名しか票入れてないんですがそれは。 pic.twitter.com/FU05Bul1W9
拡大
拡大
MUNEGASHI Isako @isako134
RT> まー、でもあんなことになって「時の人」を集めたイベントとしての機能は失われつつあるし、NHKだって大河や朝ドラがスルーされて当日の各ニュースで取り上げるにも翌日には冷めてましたから、明るい話題取り上げるの一切やめて根暗なイベントに徹底的にシフトすればいいんじゃないですか?
MUNEGASHI Isako @isako134
現代用語の基礎知識を売り込むためのイベントとしても、2017版は相模原障害者施設大量殺傷事件についての複数氏によるコラムを載せたり、くまモンを表紙にして熊本の復興を願っているだなんて、あんなゴタゴタになっては注目されるはずもない。真面目に宣伝イベントするなら普通は練り直しますよ。
残りを読む(1395)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする