2017年6月1日

ザ☆ウルトラマンについて

ザ☆ウルトラマン全50話の視聴感想を予定しています。過去にファミリー劇場の再放送で見ていました。それ以外のウルトラシリーズについてはかいつまんで見たぐらいであまり詳しくはありません、ご容赦を
9
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

そんな訳でベターマンから代わりましてザ☆ウルトラマンについて今日から書いていくことにします。今月で完走しないといけないので大体12回のペースで3~5話ぐらいずつ書いていく。視聴感想初のウルトラシリーズとの事になり、私も結構思い入れがある作品なのだが #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/mUbmsSsJ1S

2017-06-01 11:56:08
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

正直な所、私自身ウルトラシリーズを何作かつまんで見てそこまで記憶に残っていないというか、ウルトラシリーズより当時のサンライズアニメとして見てる所が結構あるので……まぁウルトラシリーズの視聴感想との点であまり期待しないようにはと前もって。正直これは題材が #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 11:57:26
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

題材なので多分途中から裏で書く可能性もあると思う。とりあえず第1~3話まで書いていくことにする。#ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:02:24
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第1話……導入として所謂怪獣退治の専門組織が結成される所から取り扱っている点は珍しいのではないかと思う(何やらAが前例にあるらしいとしても)。地球上空に現れた謎の宇宙文字から防衛軍が科学警備隊結成を発表して、瞬く間に世界各地に支部が設立され #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/VyNODms8AW

2017-06-01 12:05:56
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

アキヤマキャップの元にマルメ、トベ、ムツミ、そしてヒカリ隊員がスカウトされる経緯が描かれている。余談ながらマルメ役の兼本さんとサポートロボット・ピグ役の滝口さんは、ボーンフリーやアイゼンボーグでもそれぞれレギュラー(それも後者ではチームメイト同士)と #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/2dlhmt36UH

2017-06-01 12:07:29
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

所謂、円谷作品の御用達声優っぽいとか?それはともかく、主人公・ヒカリ超一郎隊員がウルトラマンとのファーストコンタクトの過程もそれまでと若干異なる印象はある。所謂何らかの事故で瀕死または死亡した所をウルトラマンと一体化して救われるとか、#ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/mh9wTNSF6F

2017-06-01 12:09:33
拡大
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ウルトラマンが地球人を装っている訳でもなく、宇宙ステーションから科学警備隊へ転勤して地球に向かう際にジョーニアスから地球の危機を知らされて一体化する経緯をとっている。早い話ヒカリが特に危機もなくウルトラマンと一体化した地球人のような描かれ方がされている #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:11:00
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

何故ヒカリがジョーニアスに?との背景は、2クールぐらいで描かれるのだがこの第1話ではヒカリがジョーニアスに変身して怪獣を倒した後に「何故僕が……」と力を与えられた事への戸惑い(ただ臆病風のような意味ではない)に対して、ジョーニアスがいずれ君も分かると #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/l86pS0TIwF

2017-06-01 12:12:53
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

暈されて終わっているが、この辺りでヒカリが何故自分がウルトラマンなのかと葛藤していく作風が既にあったような気がしなくもない。それはそうと第1話の冷凍怪獣シーグラは最初から4匹登場してくる辺り、1stガンダムの第1話でのザク3機と似たような #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/n5GBXOtKjv

2017-06-01 12:15:32
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ノリを感じる所は気のせいだろうか(笑)ただアニメでの怪獣描写がまだこなれていないというか、怪獣デザインもさほど本家と差がない分、今一つ怪獣の迫力がアニメでは表現しきれていない所は惜しい。 #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:17:00
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第2話……竜巻怪獣スパイラルに捕まったムツミ隊員を救えといった話。こちらのコア以外の実体をもたず竜巻で己を包むコンセプトの怪獣デザインは、アニメならではの表現を意識しようとしていた所は感じなくもない。 #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/FlLi9mm6er

2017-06-01 12:19:39
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ムツミの危機が描かれる回だが、今回はマルメ隊員の方が目立っている。ただその目立ち方は彼女の誕生日プレゼントをトベ隊員に作らせて、誕生日に関わらずヒカリと一緒に調査にでかける事を、ヒカリがムツミをナンパしたと勘違いしてしまい #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/TMYqJB3rsO

2017-06-01 12:23:00
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

実際の所誕生日に任務へ出動しなくても……とヒカリは寧ろムツミを案じていたようだったが、そんな事を知らねぇとマルメが彼を更衣室に閉じ込めたうえで勝手にムツミと一緒に出撃。そんな折にプレゼントを渡すのだが、ムツミから今は任務を優先しなさいと指摘された際に #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/B3Fqvj6Fgh

2017-06-01 12:24:28
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

受け取れねぇのかよ!とムツミ相手に逆切れする訳で、その上ムツミが捕まった原因は彼にあり……大分マルメが自分勝手のような気がする(汗)吉川氏の脚本回繋がりでガイキングのヤマガタケも吉川氏の回でやたら自分勝手なような気がしたが…… #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/zTEd6aoELc

2017-06-01 12:26:02
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

第3話……引き続きマルメ回だが、前回と大分印象が異なるエピソードともいえる。分裂怪獣ワニコドンを単身で撃破した彼だが、研究班の島田主任から撃破された際に細胞が分裂して生き残っているかもしれないと意外な事実を知らされる。#ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/u9RprIA70G

2017-06-01 12:29:25
拡大
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

今回もマルメがスタンドプレーに走ってしまうが、自分が倒しそこなった怪獣の細胞が分裂、再生して誰かを襲ったらとの不安から飛び出してしまった点はまだやむを得ない所が大きい。その細胞の一部から生まれた子供をタカシ少年が見つけてペロと名付けていたのだが #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/BAZjjuNMcK

2017-06-01 12:31:04
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

その情報を知ったマルメがタカシ少年に接触して、ワニコドンの子供をペットとして飼ってはいけないと説得する。この辺りのシーンでマルメがペットを飼うには責任を最後まで持たないといけないと、自分の友人が熊の子供をペットとして飼っていたが、#ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/nbg4yg2zF1

2017-06-01 12:34:43
拡大
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

脱走して人を傷つけてしまった前例をあげたり、また怪獣として成長してしまったワニコドンをペロじゃない!と否定するタカシへ、可愛ければペットにして、手に負えなくなれば責任を放棄するのか!と飼い主としての責任を最後まで果たせと諭したりと #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:35:58
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

前回と打って変って大分まともな人物として描かれている。そんでもって最初ペットが好きな人物として警察の人間ではないと装ってタカシに接触していたマルメだが、その嘘がばれた際に土下座して謝っている姿も印象深い。責任感の強さを感じられる #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/eKe9IQuDdN

2017-06-01 12:36:57
拡大
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

あと余談ながら、ふとこの話でギンガイザーにも似たエピソードが存在している。第9話がそうで過去に滅びた海獣の子供が放射能実験で蘇生していた所両親を失った少年が心のよりどころとして育てていたのだが、ゴローから獰猛な海獣をペットとして育てる事は無理だと #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:39:53
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

諭される訳だが、両親のいない寂しさを埋める存在として少年が海獣を手放せず、それどころか外に飛び出した事をゴローの仕業だと少年が誤解してしまう。そちらは成長して凶暴になったというより、ザゾリカオスを注入されて暴走してしまい #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:41:17
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ザ☆ウルの方はタカシ少年が飼い主として責任を取る為、ワニコドンが好きだった草笛の音色を聞かせて動きを止めた隙に、ジョーニアスがとどめをさす展開だったが、ギンガイザーの方では史郎少年が飼い主として説得するのは、ペットの不始末の責任をとるというより、#ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:42:33
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

ペットとの関係は終わっていないはずだと信じたいニュアンスの方が強いかもしれない。そしてその海獣が彼を踏みつぶそうとしたので、ギンガイザーがやむを得ずとどめを刺して彼を救ったような描かれ方と異なり、ザ☆ウルの場合マルメがタカシは飼い主としての責任を #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:44:05
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

果たしたのだと説く終わり方だったが、ゴローと史郎の場合やむを得ずとはいえ殺してしまったことに言葉をどうかければいいかわからないゴローへ、史郎は友達として迷惑をかけたくなかったから殺される事を選んだのだと達観したような終わり方になっており #ウルトラマンジョーニアス

2017-06-01 12:45:08
名無し・ボーガー・一郎(ネイティブ・カブトボーグ) @nanashiborger

続いてザ☆ウルトラマンについて第4~7話までについて書いていく。この辺りでは第4話のような全身雲のような気体のレッド・スモーギもそうだが、スーパーマードック号が水中で戦う事が結構多い。この辺りは特撮で出来ない事をやろうとするこだわりを感じなくもない #ウルトラマンジョーニアス pic.twitter.com/Bkty66SPsT

2017-06-04 22:02:42
拡大
拡大
拡大
残りを読む(302)

コメント

コタ-2 @kota2yukiwo 2017年6月1日
TOKYOMX2「円谷劇場」ウルトラセブン終了後に放送してくれないかな、「ザ☆ウルトラマン」。
0
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2017年6月1日
本編はロクに観たこと無いけど、主題歌が好きでねえ。♪けっしーて許しておけないとー ウルトーラマーン
2
nekotama @nukotama001 2017年6月1日
ザマンリアルタイム世代だけど、ウルトラマンは実写でなければとは思ってなかったから、普通に楽しんでいた。実際話自体は面白いと思ってる。DVDBOXも買ったよ。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2017年6月2日
誰でも知ってるんじゃなかったのか
2